SPACER17の画像・ジャケット写真

SPACER17 / トワネット・ラキエール

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「SPACER17」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

航空機事故を発端に次々と不可解な事件と謎の現象が襲い掛かるSFミステリー第1巻。80年6月20日、パリ発マルセイユ行き173便が一時レーダーから消滅した。それから約20年後、とあるミステリーサークルが畑に現れ…。第1話から第3話を収録。

「SPACER17」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

フランス/ベルギー/スイス

原題:

MYSTERE

「SPACER17」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ザ・セル

裸のめざめ

猟犬たちの夜 オルフェーヴル河岸36番地―パリ警視庁

エージェント ID:A

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

まだまだ謎は解き明かされない(VOL1啓示のレビュー)

投稿日:2012/07/19 レビュアー:ぽんぽん玉

フランス/ベルギー/スイス制作の作品という事でアメリカ作品とは少し毛色が違います。ただし、フランス映画らしいまったり感も少なく、イライラさせられる感じはしません。
そしてアメリカ作品とは違い、広大な自然と景色が楽しめるので目にも楽しい作品となっています。
ストーリーは。。。
出だしは飛行機の中。正体不明の揺れで急降下する飛行機。絶体絶命の状況。。。。
そして場面は26年後に飛びます。
主人公はロールという名前の女性。36歳。26年前、10歳の時に失踪した母親の家を売る為に里帰りする途中、トウモロコシ畑に巨大なミステリーサークルを見つけます。
久しぶりに戻った故郷で知る事実。彼女の周りでは、母親だけではなく幼なじみ達も失踪していたのです。
その内の1人が13年ぶりに戻ってきて事態は一変。【母親も生きているはず】という思いから失踪事件を調べる事になります。

当初、母親は出だしで映った飛行機に乗っていて、そのまま行方不明になったのかと思いましたが、どうやらそうではないらしい。
そもそも、飛行機は無事に到着したのです。
ミステリーサークルにまつわる宇宙人による誘拐説と現実の失踪事件。これが、今後どういう風に絡んでくるのか、まだまだ謎が多い。
3話見た時点でも謎だらけなので、食いつきは悪いかもしれませんが、じっくり鑑賞したい方には良いでしょう。
ただし、吹き替えはありませんので、本当にじっくり見たい方だけです^^;

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

総評

投稿日:2012/07/24 レビュアー:ぽんぽん玉

とってもまとまりのある作品でアラは少ない。
とはいえ、伏線が直線的でわかりやすく、どんでん返しも前もって見抜けてしまうくらいのひねりの無さ。
これがアメリカ作品ならもう少しワクワクドキドキ、おぉ〜!そうきたか!!と思わせてくれたのではないかと思ってしまうのは、フランス作品に慣れていないせいだろうか。
スピード感や謎解きを求める方にはおすすめできません。
まったりじっくり鑑賞し、お約束の流れとお約束のラストを求める方には良いでしょう(そんな人がいるのかは疑問ですが^^;)
ただし、しっかりと作られているので【時間を無駄にした!】と思うような作品ではありません。
もう少しして、秋の夜長にでも鑑賞してみてください。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

運命なのかな?(VOL4終結のレビュー) ネタバレ

投稿日:2012/07/24 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ロールの出生の謎も明らかにされ、きれいな終結を見せた今ディスク。
でも、これって運命なのかなー。愛する人達と別れてまでも星に帰る。みんな納得して帰って行ったけど、ほとんど洗脳されている感じ。
残るか否かの選択肢くらい合っても良いのにね。まぁ、異星人にとっては死活問題なわけだけど。。。
ただ気になるのは、異星人の星についての謎解きは一切なかった事。それに、そもそも、彼らはインプラントとして保有者に寄生していた。要するに、保有者が異星人と共生していたわけだ。
なのに、子供の世代が星へと帰り、彼らは取り残されてしまった。これって一体。。。?
子供達が星へと帰れば自分達も肉体を取り戻せるって言ってたけど、実際はどうやるんでしょうね。
その辺が謎のままだったのが残念。
全体的には良くまとまっていたので満足感はありますが。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

枝分かれしました(VOL3再会のレビュー) ネタバレ

投稿日:2012/07/24 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

謎の失踪事件とミステリーサークルの二本柱で作られてきた物語が、ここに来て枝分かれ。
ロールの恋人グザビエの謎の行動と隠された過去が怪しげな雰囲気を醸し出しています。
とはいえ、いきなり始まり、いきなり終わるといった感じの出来事なのでついて行きづらい。。。
一瞬、1話飛んだか?!と疑ってしまったほど^^;
全体的に見て、伏線が直線的なので頭は使いませんが、飽きやすいかも。
この辺からどんでん返しがあると盛り上がるんだけど。。。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

とうとう出たか?!(VOL2約束のレビュー) ネタバレ

投稿日:2012/07/20 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ミステリーサークルと失踪事件がつながるのかつながらないのかヤキモキのVOL1。
VOL2ではその辺の謎が解け、しっかりと一本線につながります。
最後には、異星人らしき人物(?)の登場!
とはいえ、謎多き人物も何人かいるのでまだまだ怪しい雲行きですが。。。
どうでも良いが、フランソワ(ロールの兄)と母親の関係がキモイ。。。
あちらではあんなにベタベタするものなのだろうか。マザコン?!と思いきや、父親の愛情も熱望していたりして、今ひとつわからん。要するに子供で器のちっさい男って事ですけどね。
それと時系列が今ひとつわかりづらいのも難。
26年前にロールが10歳の時に母親が失踪したと言っていたので36歳かと思ってたけど。。。
26年前には幼なじみの女の子は生まれてなかったという台詞があったり、14歳で失踪した初恋の相手が13年後に戻ったとか?
考えるに、字幕の間違いのような。。。
26年前に飛行機事故があり、16年前に当時10歳で母親が失踪したとすれば、現在26歳。あれ、1歳ズレるぞ。
どちらにしても、フランス語なので間違いを正すだけの言語能力は私にはありません^^;

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

SPACER17

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

まだまだ謎は解き明かされない(VOL1啓示のレビュー)

投稿日

2012/07/19

レビュアー

ぽんぽん玉

フランス/ベルギー/スイス制作の作品という事でアメリカ作品とは少し毛色が違います。ただし、フランス映画らしいまったり感も少なく、イライラさせられる感じはしません。
そしてアメリカ作品とは違い、広大な自然と景色が楽しめるので目にも楽しい作品となっています。
ストーリーは。。。
出だしは飛行機の中。正体不明の揺れで急降下する飛行機。絶体絶命の状況。。。。
そして場面は26年後に飛びます。
主人公はロールという名前の女性。36歳。26年前、10歳の時に失踪した母親の家を売る為に里帰りする途中、トウモロコシ畑に巨大なミステリーサークルを見つけます。
久しぶりに戻った故郷で知る事実。彼女の周りでは、母親だけではなく幼なじみ達も失踪していたのです。
その内の1人が13年ぶりに戻ってきて事態は一変。【母親も生きているはず】という思いから失踪事件を調べる事になります。

当初、母親は出だしで映った飛行機に乗っていて、そのまま行方不明になったのかと思いましたが、どうやらそうではないらしい。
そもそも、飛行機は無事に到着したのです。
ミステリーサークルにまつわる宇宙人による誘拐説と現実の失踪事件。これが、今後どういう風に絡んでくるのか、まだまだ謎が多い。
3話見た時点でも謎だらけなので、食いつきは悪いかもしれませんが、じっくり鑑賞したい方には良いでしょう。
ただし、吹き替えはありませんので、本当にじっくり見たい方だけです^^;

総評

投稿日

2012/07/24

レビュアー

ぽんぽん玉

とってもまとまりのある作品でアラは少ない。
とはいえ、伏線が直線的でわかりやすく、どんでん返しも前もって見抜けてしまうくらいのひねりの無さ。
これがアメリカ作品ならもう少しワクワクドキドキ、おぉ〜!そうきたか!!と思わせてくれたのではないかと思ってしまうのは、フランス作品に慣れていないせいだろうか。
スピード感や謎解きを求める方にはおすすめできません。
まったりじっくり鑑賞し、お約束の流れとお約束のラストを求める方には良いでしょう(そんな人がいるのかは疑問ですが^^;)
ただし、しっかりと作られているので【時間を無駄にした!】と思うような作品ではありません。
もう少しして、秋の夜長にでも鑑賞してみてください。

運命なのかな?(VOL4終結のレビュー)

投稿日

2012/07/24

レビュアー

ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ロールの出生の謎も明らかにされ、きれいな終結を見せた今ディスク。
でも、これって運命なのかなー。愛する人達と別れてまでも星に帰る。みんな納得して帰って行ったけど、ほとんど洗脳されている感じ。
残るか否かの選択肢くらい合っても良いのにね。まぁ、異星人にとっては死活問題なわけだけど。。。
ただ気になるのは、異星人の星についての謎解きは一切なかった事。それに、そもそも、彼らはインプラントとして保有者に寄生していた。要するに、保有者が異星人と共生していたわけだ。
なのに、子供の世代が星へと帰り、彼らは取り残されてしまった。これって一体。。。?
子供達が星へと帰れば自分達も肉体を取り戻せるって言ってたけど、実際はどうやるんでしょうね。
その辺が謎のままだったのが残念。
全体的には良くまとまっていたので満足感はありますが。

枝分かれしました(VOL3再会のレビュー)

投稿日

2012/07/24

レビュアー

ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

謎の失踪事件とミステリーサークルの二本柱で作られてきた物語が、ここに来て枝分かれ。
ロールの恋人グザビエの謎の行動と隠された過去が怪しげな雰囲気を醸し出しています。
とはいえ、いきなり始まり、いきなり終わるといった感じの出来事なのでついて行きづらい。。。
一瞬、1話飛んだか?!と疑ってしまったほど^^;
全体的に見て、伏線が直線的なので頭は使いませんが、飽きやすいかも。
この辺からどんでん返しがあると盛り上がるんだけど。。。

とうとう出たか?!(VOL2約束のレビュー)

投稿日

2012/07/20

レビュアー

ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ミステリーサークルと失踪事件がつながるのかつながらないのかヤキモキのVOL1。
VOL2ではその辺の謎が解け、しっかりと一本線につながります。
最後には、異星人らしき人物(?)の登場!
とはいえ、謎多き人物も何人かいるのでまだまだ怪しい雲行きですが。。。
どうでも良いが、フランソワ(ロールの兄)と母親の関係がキモイ。。。
あちらではあんなにベタベタするものなのだろうか。マザコン?!と思いきや、父親の愛情も熱望していたりして、今ひとつわからん。要するに子供で器のちっさい男って事ですけどね。
それと時系列が今ひとつわかりづらいのも難。
26年前にロールが10歳の時に母親が失踪したと言っていたので36歳かと思ってたけど。。。
26年前には幼なじみの女の子は生まれてなかったという台詞があったり、14歳で失踪した初恋の相手が13年後に戻ったとか?
考えるに、字幕の間違いのような。。。
26年前に飛行機事故があり、16年前に当時10歳で母親が失踪したとすれば、現在26歳。あれ、1歳ズレるぞ。
どちらにしても、フランス語なので間違いを正すだけの言語能力は私にはありません^^;

1〜 5件 / 全5件