Dororonえん魔くんメ〜ラめら

Dororonえん魔くんメ〜ラめらの画像・ジャケット写真
Dororonえん魔くんメ〜ラめら / 山口勝平
全体の平均評価点:
(5点満点)

9

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「Dororonえん魔くんメ〜ラめら」 の解説・あらすじ・ストーリー

巨匠・永井豪の名作コミックをアニメ化したTVシリーズ第6巻。天国からやって来たナントモ天使が仕える弁天様と、地獄を代表する閻魔大王による「天地首脳会談」が開催される。第11話「あたしにはかかわりのないことでござんす」と最終第12話を収録。

「Dororonえん魔くんメ〜ラめら」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: 日本

「Dororonえん魔くんメ〜ラめら」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

Dororonえん魔くんメ〜ラめらのシリーズ商品


1〜 6件 / 全6件

Dororon えん魔くん メ〜ラめら 第1巻

  • 旧作

巨匠・永井豪の名作コミックをアニメ化したTVシリーズ第1巻。70年代の東京・下町を舞台に、地獄から遣わされたえん魔くん、雪子姫、カパエル、シャッポじいら“妖怪パトロール”が大暴れする。第1話「昭和だ!えん魔だ!妖怪集合!」と第2話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA906R 2011年06月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 0人

Dororon えん魔くん メ〜ラめら 第2巻

  • 旧作

巨匠・永井豪の名作コミックをアニメ化したTVシリーズ第2巻。ちィ子先生が突然凶暴になって大暴れし始めた。大妖怪・怒黒の吐く毒の息を吸ったのだ。しかも、その息を吸った者は3日後には怒黒に食われる運命にあり…。第3話と第4話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA907R 2011年07月29日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

Dororon えん魔くん メ〜ラめら 第3巻

  • 旧作

巨匠・永井豪の名作コミックをアニメ化したTVシリーズ第3巻。ハチの巣入道に脳みそを吸われたえん魔くんは赤ちゃんのようになってしまう。えん魔くんの脳みそを取り返すため、雪子姫たちはハチの巣入道との十番勝負を受けて立つ。第5話と第6話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA908R 2011年08月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
5枚 0人 0人

Dororon えん魔くん メ〜ラめら 第4巻

  • 旧作

巨匠・永井豪の名作コミックをアニメ化したTVシリーズ第4巻。ある日突然、世界中の人々や動物や乗り物がすぐに転んでしまい、這って動くことしかできなくなった。すべてはえん魔くんの幼馴染みだというすってん童子の仕業で…。第7話と第8話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA909R 2011年09月30日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
5枚 0人 0人

Dororon えん魔くん メ〜ラめら 第5巻

  • 旧作

巨匠・永井豪の名作コミックをアニメ化したTVシリーズ第5巻。突如、大妖怪・炎天狗が地獄別荘に攻撃を仕掛けてきた。さすがのえん魔くんも炎天狗には太刀打ちできず、地獄別荘は灼熱地獄に陥る。第9話「ホッカホカだよ天狗さん」と第10話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA910R 2011年10月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
4枚 0人 0人

Dororon えん魔くん メ〜ラめら 第6巻

  • 旧作

巨匠・永井豪の名作コミックをアニメ化したTVシリーズ第6巻。天国からやって来たナントモ天使が仕える弁天様と、地獄を代表する閻魔大王による「天地首脳会談」が開催される。第11話「あたしにはかかわりのないことでござんす」と最終第12話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA917R 2011年11月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
4枚 0人 1人

1〜 6件 / 全6件

関連作品

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全9件

“昭和ネタギャグ”と“お色気”の怪作アニメ作品!?(笑)

投稿日:2011/08/20 レビュアー:黒猫と白猫

TV放映を全話視聴しての感想です。

それにしても、この『Dororon えん魔くん メ〜ラめら』のターゲットは完全に30〜40代の男性アニメ世代限定ですね(苦笑)。

ただ、一応注意事項がっ! 

他のレビュアーの方も書いてますが、昔のアニメ『ドロロンえん魔くん』を見ていた人は、あのイメージでこの『Dororon えん魔くん メ〜ラめら』を見るとエライ目に合います(笑)。

というのも、(元々の原作はギャグ漫画だったけど)アニメ『ドロロンえん魔くん』では、妖怪物のオドロオドロした怪しげな雰囲気の中、繰り広げられる“ギャグ”や“人情話”や“社会風刺”などドラマチックな展開が人気だった作品なのです♪(私も大好きでした)

しかし、この『Dororon えん魔くん メ〜ラめら』は、完全に“ギャグ&お色気アニメ”♪です(笑)。

物語としてのストーリー性は皆無です!!(爆) 視聴者に見せたいものは「昭和ネタギャグとお色気♪」で全話徹底しております!!!!(笑)

「チョットだけよ〜♪」や「銭湯のビン牛乳」や「つまみ式チャンネル白黒テレビ」など昭和ネタがあちこちに散りばめられ、「雪子姫」は“チラリズム♪”では済まないお色気シーンで大活躍していますよ(笑)。

なので、その点を押さえてからレンタルするかをご判断下さいませ。

30〜40代でアニメ世代の男性、しかもお色気大好きな方(私みたいな人)は大丈夫(?)かも知れませんが、それ以外の方はスル−された方が無難かも知れません。



黒猫のひとり言:

今回「えん魔くん」のお声は「山口勝平」さんが担当。確かに「野沢雅子」さんっぽい感じですが、時々声を出すのが苦しそうに聞こえてきてしまった…。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

旧アニメ版への思い,原作版への思い。

投稿日:2011/09/19 レビュアー:MEGANE−03

この作品,少年サンデー掲載時にリアルタイムで読んでいました。よってこの新作版はかなり原作を生かしているように思います。確かに旧作の「えんま君」との違いはありますが,作品が作られた時代背景が違います。前作は高度経済成長期,公害や交通戦争が声高々に叫ばれていた時代で,世相を反映した作品が多く作られていました。また,当時のTVアニメの場合,スポンサー側からも勧善懲悪のヒーロー物が要望されていました。さらに,旧作の前番組は第2期の「ゲゲゲの鬼太郎」でしたので,同様のヒーロー物の継続が期待されていました。そのような大人の事情から,当時はいくつもの作品が原作の作風とは違うアニメ作品にすることが当然の事として行われてきました。このようなこと,現在のOVA販売を前提に作られる,原作の雰囲気を大切にされる幸福な今の作品群とは全く事情が違います。もちろん旧作の「えんま君」を否定する気はありませんし,そのような制約の下,アニメを作り続けた先人の努力あってこそ,現代の制作環境が出来たことはすばらしいことであると思います。さて,他のレビューの方々の新作に対する厳しいご意見についてですが,それも旧アニメ版への思い入れがあってのことと思います。ですので,それらを否定する気は全くありません。しかし,そのレビューによって新作を見る機会が失われる様に思えましたので投稿させていただきました。確かに最近の米たに監督の演出にはややくどいかなと思える場面もありますが,今回の作品には初期の頃(昭和45年前後)の永井豪の他の短編作品のキャラや台詞,えんまの番外編や後日談ネタのてんこ盛りです。それらをここまで詰め込んだ熱情はすごいの一言です。また,原作についてですが,最近復刻本も出ていますのでお確かめください。旧テレビ版をイメージして読むと,逆にギャップに驚くと思います。多くの永井キャラ同様に主人公は人間の存在を微塵も気していません。そして,健康的なエロが満載です。旧アニメ版への思いを大切にする方が多いと思いますが,機会があれば是非原作の方をご一読なさってください。

PS,ゲスト声優ですが1話に「兜甲児」,最終話に「旧作のえん魔と雪子姫」とはイキでげすな。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

オタクに媚りすぎ

投稿日:2011/08/03 レビュアー:(●(人)●)

旧作は私が好きでDVDは全巻持っている。
その影響で家族全員えん魔くんのファンであるw
それがリメイクで登場となれば、まずは見てみるのがファンたるもの。

まずパッケージで不快感。。。。こんなんじゃないだろ・・・・。
もっとダークな・・・・。

映し出された映像はかなり綺麗で動きも良く、直ぐにしたの娘はハマっていた。

私が鼻についたのはオタク狙いなのか女性キャラにエロさを加えすぎ。
ロリエロ全開なので不快感を覚える人も多いと思う。
永井先生の作品にエロは付き物だが、こういうエロじゃないんだよ先生のエロは。

えん魔くんは長ズボンになり、ブリーフ丸出しは無くなった。

雪子姫の変化が大きすぎて私には受け入れることが出来なかった。
声が幼くなり、ブリブリの妹キャラっぽくなっている。
原作の気の強い尖った部分に優しさが見え隠れする難しいお年頃が良かったのにコレはダメ。
えん魔大王もキャラがおかしくなっている・・・やべ・・こえぇ・・・という威厳がなくなった。
カパエルが全くの原作デザインになったのは2話で慣れる。

深夜層を狙いすぎたブリブリ路線への変更は不愉快。
安いボケツッコミがしつこいほど繰り返され、えん魔くんならではのドロドロした恐さがない。
舞台は昭和初期で、かかるBGMや看板などにも徹底した拘りを感じるが、キモさが無い。
明るいドタバタお化け退治になってしまっている。

そして何より大好きな、地獄へ連れ帰る棺おけ担いだ魔物が出ない・・・・・。

えん魔くんのアクの強い世界観が全くなくなっているので別物としてみるしかない。

私としてはガッカリの局地。。。。エロ過ぎて子供も苦笑い。

縁取りを茶色にするなど、見易さや迫力など、映像への拘りは感じる。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

大人には古きよき昭和だが・・・・

投稿日:2011/08/27 レビュアー:(●(人)●)

子供に見せるにはエロ描写がドギツイので注意です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

落ちてきた・・・。

投稿日:2011/11/27 レビュアー:(●(人)●)

相変わらずの昭和のズッコケテイストとエロテイスト満載。
好きな人は好きだが、ダメな人は徹底的にダメだろうね。

まぁ、娘のご希望だから借りているが、私個人的にはNGです。
オドロオドロしい昔の雰囲気皆無なので嫌。

娘に見せるのもどうかと思うが・・・実際勢いは4巻にして落ちてきている。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全9件

Dororonえん魔くんメ〜ラめら

月額課金で借りる

都度課金で借りる