ソウ

ソウの画像・ジャケット写真
ソウ / ケアリー・エルウィズ
全体の平均評価点:
(5点満点)

365

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ソウ」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「ソウ」 の作品情報

製作年: 2004年
原題: SAW

「ソウ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

SAW ソウの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
103分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:DTS/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 ACBR10246 2005年03月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
67枚 8人 3人

【Blu-ray】SAW ソウ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
103分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 ACXE10246 2011年11月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
17枚 1人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:365件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全365件

だから映画ファンはやめられないネタバレ

投稿日:2006/06/16 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

パブリシティではB級を感じさせたが、作品は安っぽさを感じないバツグンの面白さ。低予算と言っても、ケーリー・エルウェスやダニー・グローバーが出演している訳で彼らも作品のレベルが脚本を読んで理解出来たからこそ、の汚れ役だったのだろう。
残酷描写も多いがスプラッターの様に血を直接見せるわけではなく、音楽やカメラワークで見ている者の想像力に委ねている演出は素晴らしいと思う。犯人の語るメッセージも映画としては珍しく、只の屁理屈に聞こえない点も新鮮だ。今作は極限状態に置かれた人間の描写に終始している、故に安全な環境の「最前列」で見ている観客が「ここで、その行動はおかしい」などと野暮な事を言っては、この作品は楽しめない。「外科医が目の前の死体に不審を抱かないのはおかしい」等と思う貴方は、自分が同じ状況だったら果たしてそう思うだろうか?私なら無理だと思う。アダムはともかく、Dr.ゴードンは私の見る限り「アレ」も含めてベストな行動だと思う。日本語字幕の問題も有るが、劇中の脚本は非常に緻密に作られているので、英語が少しでも分る方なら、より楽しめたのでないかと思う。 (例:タイトルのSAWがなぜ、The SAW では無いのかなど) 見ている間に「?」と思う事は、劇中でほとんど説明されていますが1度見ただけでは無理かもしれません。それぐらい脚本は近年に無く良く出来ていると思う。目立ちませんが音楽や音響効果も中々だった。こんな映画と出会えるのだから映画ファンはやめられない、と言った感じの作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 31人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まさにゲーム感覚ムービー。(ちょっとネタバレ)

投稿日:2005/08/15 レビュアー:JUCE

映画が始まってしばらく経って思ったのは、まさに謎解きゲームの世界観そのものだなということ。主人公が犯人のいろんなヒントからゲームを進めて行く。

真犯人登場まではとても面白いと思いました。
でもそのオチは正直反則だと思います。
確かにあとで考えると若干の伏線はありましたが、やっぱり犯人の動機とかが伏線として純分に描ききれていないので、他のレビューにもあるように犯人の動機が弱いという印象になるのだと思います。
そのあたりをもう少しうまく描いて欲しかった。
全体的には狭い空間がメインの舞台であるにも関わらずテンポもあり、演出的にも面白いので惜しいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 24人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

推理が正しいと確信した瞬間その確信を破壊される驚きと快感!ネタバレ

投稿日:2005/03/11 レビュアー:RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


「(CUBE)meets(セブン)」と言われるほどのソリッドシチュエーションサイコスリラーの傑作です。ラストの度肝を抜く結末は「してやられたぁ!」と見る者に思わせます。色々物議をかもし出した作品ですがめっちゃおもしろかったです。

オープニングの老朽化したバスルームに監禁された2人の男と死体がひとつ。僕はてっきりアダムとゴードンが殺し合いをするものだと思っていましたが、ゲームを要求されるのはゴードン一人でした。アダムは話の中で出てくるアマンダ事件時に殺される男と同じ扱いなのでしょう。ゴードンは妻子を人質にされ人質を救いたければアダムを6時までに殺せと究極のゲームを強要されるのです。おもしろかったのはジグソウが直接殺人に手を下さないことです。人間の心理を限りなく読んだかのような用意周到な計画の元にジグソウからゲームのプレイヤーに選ばれた人達は生死の極限状態に追い込まれます。ジグソウはプレイヤーを生死の極限状態に追い込むことで、日常に埋もれがちな「生」を強調させ、生きる力を取りもどさせようとしているのです。それは映画の中でも唯一の生き残りの女性アマンダがジグソウに感謝していたことで表現されています。この辺が今までの犯人像と一線を画す所であると共におもしろさを倍増させる要因にもなっていると思います。

この作品はバスルームの2人の物語と猟奇殺人事件を追う2人の刑事の物語で構成されています。全て犯人が仕組んだ事なのですが、ジグソウが仕組んだ殺人がどれも異様なものなのでそれだけで恐怖感が沸いてきて犯人像を色々想像させます。アダムとゴードンの会話の中で初めてジグソウの話が登場しますが、それだけでも恐怖感や緊張感が倍増されました。終盤のゴードンの狂気は作品を盛り上げ見る者を恐怖のどん底へ突き落とします。そしてその結末に待っていたものは強烈な驚きと「コイツが犯人だ!」とそれまで思っていた確信が一気に壊された快感でいっぱいになりました。そしてその後に僕は「くやしぃ〜!やられたぁ〜!」という感情に支配されてしまいました。

「なぜゴードンは足を切るのがタイムリミットを過ぎてからだったのか?」「犯人は何故ゴードンを選んだのか?恨みか救いか?」「その後2人は助かったのか否か?」などの疑問が残りますが、久々に味わうハードコアサイコスリラー作品でした。是非お奨めします!

このレビューは気に入りましたか? はい 23人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

kenichiさんのレビューに

投稿日:2007/02/20 レビュアー:こんちゃん

あるように、映画はアイディアですね。「CUBE」を見たときほどのめり込みはしませんでしたが、予算が無くても、有名な俳優を使わなくても、アイディアと発想でおもしろい作品はできるもんだと納得しました。
 人によって感じ方は様々なのは当然で、この作品をチープと感じる人もいるでしょう。ふんだんに予算を使ったスペクタクル物の興奮は無いかもしれません。でも、こういう限られた予算、時間の中でも工夫によって、緊張感のある楽しめる作品を作ることは可能なんだと評価したいし、こういう制作者が、今後もっと出てくることを期待したいです。
 ちなみにkenichiさんのレビューは私と感性が似ているので参考にさせてもらってます。私もkenichiだということはあまり関係ないですけど・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

私は見た(saw)何を?

投稿日:2005/03/17 レビュアー:裸足のラヴァース

DVDで見直してからレヴューを書くならまだいいんだが 映画館で見たものをそばから 忘れちゃう俺にとって こうゆうのは厄介な映画だ
とりあえず色んな伏線がしっかり張られて あらゆる読みのできる見事な脚本の作品だとは言っておこう

映画館で見た後 人は面白かったとかくだらなかったとかの印象は残ってるのだが 実際本当にしっかり画面を見ているのだろうか? この映画は人の見る事に関して意地悪な仕掛けをしてるのじゃあないか
無意識に見逃す物に周到な 意味を持たせている気がする
だからオタエドンが言う 冒頭のシーン一発でオチがわかるは 俺も同じかつ そのヒントは言っちゃあいけねえいけねえ

でこのお話の教訓は 体だけは大事にしてください 林家三平
なわけなんだけど(そうだろ?)

ダリオ・アルジェントにオマージュを捧げて人形の引用があるけど このダリオの持つ流血のエロチシズムが この映画にはないのが俺の最大の不満なんだ

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全365件

ソウ