FRINGE/フリンジ<サード・シーズン>

FRINGE/フリンジ<サード・シーズン>の画像・ジャケット写真

FRINGE/フリンジ<サード・シーズン> / アナ・トーヴ

全体の平均評価点:(5点満点)

74

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「FRINGE/フリンジ<サード・シーズン>」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「LOST」シリーズのJ.J.エイブラムス製作総指揮による科学サスペンスのサードシーズン第10巻。オリビアの体に乗り移ったベルの意識を別の体に移すという実験が失敗に終わり、ピーターは苛立ちを隠せない。第19話「LSD」と第20話「序曲」を収録。

「FRINGE/フリンジ<サード・シーズン>」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: FRINGE

「FRINGE/フリンジ<サード・シーズン>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

スリーピー・ホロウ シーズン2

2dogs エルキュールとシャーロック

クワンティコ シーズン2

HOSTAGES ホステージ

ユーザーレビュー:74件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全74件

ピーターが見事二つの世界を繋げるが、まさかのラストに不安を感じる ネタバレ

投稿日:2011/12/14 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第21話 最初の人々 THE LAST SAM WEISS
☆こちら側の世界です。
マサチューセッツ州、落雷が異常発生し車が次々とクラッシュ、死傷者が続出し緊急搬送される。
2つの装置が世界をまたいで互いに引っ張り合っていることで起きた現象らしい。
オリビアはサムの先祖の墓から回収した箱を二人で苦戦しながらも何とか開ける。
そこにはオリビアの顔の絵が入っていた。装置の絵の片割れらしい。装置にはオリビアの力も必要だと言う。
つまり、オリビアの念動力で装置を止め、その隙にピーターが中に入るのだとウォルターは言う。
その頃、装置はリバティ島に運ばれていた。一方、意識を取り戻したピーターもリバティ島へ向かう。
その後、リバティ島でオリビアが装置を静止させピーターが装置の中に・・・。

第22話(最終話) 終焉 THE DAY WE DIED
☆赤でも青でもなく黒です。
2026年の近未来にピーターはワープしたらしい。世界終焉のテロで負傷したピーターが病院に運ばれる。
15年前、向こう側の世界が崩壊し、こちら側の世界が生き残ったらしい。ピーターはオリビアと結婚している。
何とウォルターは留置場に入っていた。ピーターはこのテロ事件を解決するのはウォルターしか居ないと上院議員のブロイルズを訪ねる。
そしてウォルターは仮釈放される。ヒゲモジャで原始人のようだったが、ラボに戻ると普段のお茶目なウォルターに戻っていた。
世界終焉のテロはモローの犯行だが操っているのはウォルターネイトだった。彼はこちら側の世界を崩壊させるため潜んでいた。
ピーターは、ウォルターネイトに導かれるように会い、お前が私の世界を崩壊させた。今度は私がこちらの世界を崩壊すると言われる。
話し合いが続き、最後にウォルターネイトは怒り、お前の最愛の人を殺すと・・・。その直後、オリビアは銃で撃たれ死んでしまう。
悲しむピーターにウォルターは、今度は違う選択をすればいいと。そして、15年前オリビアの前で装置に入った時の状態に戻ったピーター。
と同時にピーターは両方の世界に穴を空け繋げた。2つの世界の人たち、2人のウォルター、2人のオリビアなどが顔を合わせます。
そんな様子を数人の監視人たちが見て何か呟いています。
「君は正しかった。誰もピーターを覚えていない」「当然だ。元から存在などしてない」「彼は役目を全うした」と。
これは一体どんな意味なのでしょうか・・・。元から存在してない!? そんなバカなーーーー!(~_~;)
4シーズンが待ち通しいです。。。

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

ベルの帰還でオリビア休眠&ヘンリーの活躍に一応拍手かな・・ ネタバレ

投稿日:2011/12/13 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第17話 魂の救済 STOWAWAY
☆こちら側の世界です。
やっぱりベルはオリビアを通じてやって来た。オリビアの口からベルが語りかける。
「すべて計画通りだ」と、そして「数ヶ月前彼女と会った時、紅茶を出した。”ソウルマグネット”入りのね」と。
他の体を見つけるまでオリビアの体に住むと言う。ブロイルズは48時間以内にオリビアの体から出て行けと約束をする。
ベルが体に入っている時、オリビアは休眠状態で何もわからないのです。
ウォルターは「ベルが帰って来た。一緒に仕事が出来る」とはしゃいでいる。
また、ラボで飼っている牛のジーンの前でベルが「この子の体に住みつこうかな」とふざけている。
ベルはアストリッドに興味があるのか、何かとからかっている。とにかくウォルターは嬉しそうだ。
いつものように事件が起きフリンジチームが駆けつけるのですが、今回はオリビアの姿をしたベルも事件解決に挑みます。
事件は、男女がビルから飛び降りるが女性だけ助かる。その後も何度か同じように女性だけ助かり現場から居なくなるのです。
なぜ女性は死なないのか。ウォルターはその場所がソフトスポットではないのかと言う。いや、魂を吸う優しいヴァンパイア!?
ラストで、私の考え過ぎなのかもしれませんがこんなことがありました。
帰宅したピーターにオリビアが話しかけて来た(もちろんベルですが)、ウォルターはすでに眠っている。
ベルはピーターに紅茶を飲まないかと勧める。まさか”ソウルマグネット”入りじゃないよねー(~_~;)

第18話 保因者 BLOODLINE
☆向こう側の世界です。
妊娠中の偽(にせ)オリビアが誘拐される。手術室に監禁され助産婦達に寄り注射など薬品の投与が行われる。
そして、何もわからないまま数日で臨月になる。身の危険を感じた偽オリビアは、危機一髪脱出しフリンジチームに助けを求める。
リンカーンらと共に駆け付けたタクシー運転手のヘンリーが赤ん坊を取り出し、偽オリビアは無事に出産する。
実は偽オリビアは婦人科での検査の結果、ウイルス性子癇に感染していて母子共に助かる確率は低いと言うことだった。
しかし、今回の件で早く出産したので感染が広がらずに済み母子共に無事だったのだ。
あーーーでも、この誘拐犯の黒幕が〇oル〇〇ネ〇〇だとは・・・。どうして裏でこんなことをするのか真意がわからないです。
それにしても、ヘンリーよくやりましたねー。そんな特技(?)があったとは・・・。
でも、ヘンリーって偽オリビアをオリビアだと思っているのですよ^^;

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

2つの世界が交合に描かれて行きます。 ネタバレ

投稿日:2011/11/06 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第3話「連鎖」THE PLATEAU
今回のオープニングは赤いので向こう側の世界です。
ニュージャージー州で、連鎖に寄り人々が次々と事故に遭い死人まで出ると言う事件が発生。
犯人は、未来が予測出来る超能力を持った男です。止めなければ次々に人々が危険な目に遭うのです。
薬物で洗脳され偽(ニセ)オリビアになった本物のオリビアがフリンジチームに加わり事件の解決に挑みます。
(オリビアを分かり易くするために、向こう側のオリビアを”偽オリビア”、実際のオリビアはオリビアと呼ぶことにしました)
プライベートで、偽オリビアにはフィリップと言う恋人がいます。とても仲が良さそうな恋人同士です。
気になるのは、オリビアの前に幻覚なのかゴーストのように現われるピーターとウォルターです。
ピーターはオリビアに優しくキスをします。オリビアの潜在意識が瞬間映像となって現れたのでしょうか・・・。
ウォルターネイトがオリビアにある実験をしようと計画しているが近々実行されるのでしょうか・・・。

第4話「シェイプシフターは電気羊の夢を見るか?」DO SHAPESHIFTERS DREAM OF ELECTRIC SHEEP?
今回は、オープニングが青いのでこちら側の世界です。
自動車事故に遭った議員から流れ出た液体が水銀だったため、シェイプシフターであることが判明する。
今回、ウォルターは自分のラボには運ばずマッシブ・ダイヤモンド社のラボに運んだ。
なぜなら、前回ベルの遺言でマッシブ社の株や権利を譲り受け社長になったので、こちらの設備の整っているラボにしたのです。
偽オリビアがウォルターを監視しニュートンと密に連絡を取っているのが超ウザイ。誰も気づかないのが不思議です。
ウォルターがシェイプシフターの体に埋め込まれていた記憶装置を見つけた瞬間、侵入者に持ち去られてしまう。
ニュートンに命令されたシェイプシフターの仕業だ。人間に姿を変えこの時を待っていた筈のシェイプシフター・・・。
今回は、シェイプシフターの悲しい一面が描かれていて同情してしまいました。
オリビアの性格が変わったと言いながらも、偽オリビアに気づかず誘惑に負けてアンナことちゃったピーターはサイテイ!!
そういえば、監視人を見つけました。ウォルターやピーター、ブロイルズ、偽オリビアたちの横を通り過ぎて行きました。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

随分待たされましたが、いよいよ待望のサードシーズンに突入です。 ネタバレ

投稿日:2011/11/04 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

セカンドシーズンは、こちら側のオリビアと向こう側のオリビアが入れ替わってしまったところで終わりました。

第1話 オリビア OLIVIA

向こう側の世界に取り残されたオリビアは監禁され薬物を打たれていた。
しかし、なんとか逃げ出しマンハッタンに行きタクシー運転手を脅しこの世界から脱出しようとしますが・・・。
なんと、最後に辿り付いた家にオリビアが14才の時に亡くなったはずのママがいた。
オリビアを追っていたチャーリーに見つけられてしまうが、なぜかオリビアが一変しチャーリーに心を許し懐かしむ。
ウォルターネイトは薬物が効いて来たことを実感する。向こう側のオリビアの記憶が植えつけられたと・・・。
一方、こちら側の世界のピーターは向こう側のオリビアだとは全く気づかず、チューなんかしてるし・・・。

第2話 箱 THE BOX

今回はこちら側の世界だけのお話です。
面に登場するのは、ウォルター、ピーター、向こう側のオリビア、アストリッド、ブロイルズです。あっペットのジーンもいました。
事件は”箱”を掘り起こしていた2人が奇妙な死に方をした。その後、その箱を持ち出した1人が不思議なことに生きている。
死体をラボに運びグロテスクな脳と戯れ(?)ウォルターが原因を突き止める。更に箱を持ち出した者が死ななかった理由も解明される。
そして、ピーターの勇気ある行動により解決される。向こう側のオリビアとピーターの関係が親密そうなのが気になる・・・。
さて、ウォルターとマッシブ社のニーナにベルからの遺言状が読みあげられた。
そして、ウォルターには一通の封筒が渡され中にはキーが入っていた。引き出しを開けるとそこには・・・。
向こう側のオリビアは何か部品を確保したことを報告をしているが、今回はピーターから?次はウォルター博士だ・・・と。
因みに、向こう側のオリビアは金髪で口紅も赤く積極的な感じがするので、こちら側のお馴染みのオリビアとは見た目ハッキリ区別出来ます。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

Vol.3 ネタバレ

投稿日:2012/04/12 レビュアー:まみもぉ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第5話 『アンバー』

アンバー=ブラックホールを修復するための化学物質。
あちら側のウォルターが発明しました。ただ、
ホールが出現した場所が即、隔離されアンバーで固めるためそこにいた人々もいっしょに固めてしまう。
世界を救うためにすでに多くの犠牲者。
でもそのアンバーに固められた人が、仮死状態にあることが今回わかりました。

仮死状態から目覚めた彼が、あの時点で止まってしまった記憶と感情の辛さを言っていましたが、
それでは死んだ状態で生きていたことに…それが仮死? なら、今まさに仮死状態の自身。

ピーターの幻覚がひどくなったオリビア。
幻覚のピーターに言われたことを確かめるために再度、危険なタンクへ。
幻覚ピーターの言っているがほんとうだったということがわかります。

洗脳されたオリビアが見る鮮明な幻覚が”ピーター”っていうところが、
人間らしい。洗脳しきれない潜在意識の最強部分はやっぱり愛。
生存、存続する命のための異性愛なんだろうな。 因果な本能です。


第6話 『6955kHz』

一瞬で記憶がなくなる。ここはどこ?私は誰?の考察の間もない瞬間のことなら、それって究極の拷問だと思いました。
さっきまで私がいた部屋に私がいる。
飾られている家族の写真の中で笑っているのは私。
編みかけの子供の服、触ってみて呆然とするしかない。これを編んでいた私の記憶はない。
子供を抱きかかえ私に話しかける男、たぶん、その子の父親で私の夫なのだろうけど、記憶が無い。
恐ろしさに震えながら話していた被害者のベッキー役の女優さん、上手でした。
目がつり上がっているようで逆さ人物画のようでこわかったです。
それでそれから、彼女はどうなったんだろう。お話しとは関係がないその後の彼女が気になってしょうがなかった回でした。

幻覚ピーターが、もう君は用済みだ戻るようにあちら側のオリビアに言います。
こちら側にばらばらに埋まっている装置の場所もわかりました。
掘り出して組み立てる…オリビアは戻ってくる…
わくわく な今後です。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全74件

FRINGE/フリンジ<サード・シーズン>

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:74件

ピーターが見事二つの世界を繋げるが、まさかのラストに不安を感じる

投稿日

2011/12/14

レビュアー

mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第21話 最初の人々 THE LAST SAM WEISS
☆こちら側の世界です。
マサチューセッツ州、落雷が異常発生し車が次々とクラッシュ、死傷者が続出し緊急搬送される。
2つの装置が世界をまたいで互いに引っ張り合っていることで起きた現象らしい。
オリビアはサムの先祖の墓から回収した箱を二人で苦戦しながらも何とか開ける。
そこにはオリビアの顔の絵が入っていた。装置の絵の片割れらしい。装置にはオリビアの力も必要だと言う。
つまり、オリビアの念動力で装置を止め、その隙にピーターが中に入るのだとウォルターは言う。
その頃、装置はリバティ島に運ばれていた。一方、意識を取り戻したピーターもリバティ島へ向かう。
その後、リバティ島でオリビアが装置を静止させピーターが装置の中に・・・。

第22話(最終話) 終焉 THE DAY WE DIED
☆赤でも青でもなく黒です。
2026年の近未来にピーターはワープしたらしい。世界終焉のテロで負傷したピーターが病院に運ばれる。
15年前、向こう側の世界が崩壊し、こちら側の世界が生き残ったらしい。ピーターはオリビアと結婚している。
何とウォルターは留置場に入っていた。ピーターはこのテロ事件を解決するのはウォルターしか居ないと上院議員のブロイルズを訪ねる。
そしてウォルターは仮釈放される。ヒゲモジャで原始人のようだったが、ラボに戻ると普段のお茶目なウォルターに戻っていた。
世界終焉のテロはモローの犯行だが操っているのはウォルターネイトだった。彼はこちら側の世界を崩壊させるため潜んでいた。
ピーターは、ウォルターネイトに導かれるように会い、お前が私の世界を崩壊させた。今度は私がこちらの世界を崩壊すると言われる。
話し合いが続き、最後にウォルターネイトは怒り、お前の最愛の人を殺すと・・・。その直後、オリビアは銃で撃たれ死んでしまう。
悲しむピーターにウォルターは、今度は違う選択をすればいいと。そして、15年前オリビアの前で装置に入った時の状態に戻ったピーター。
と同時にピーターは両方の世界に穴を空け繋げた。2つの世界の人たち、2人のウォルター、2人のオリビアなどが顔を合わせます。
そんな様子を数人の監視人たちが見て何か呟いています。
「君は正しかった。誰もピーターを覚えていない」「当然だ。元から存在などしてない」「彼は役目を全うした」と。
これは一体どんな意味なのでしょうか・・・。元から存在してない!? そんなバカなーーーー!(~_~;)
4シーズンが待ち通しいです。。。

ベルの帰還でオリビア休眠&ヘンリーの活躍に一応拍手かな・・

投稿日

2011/12/13

レビュアー

mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第17話 魂の救済 STOWAWAY
☆こちら側の世界です。
やっぱりベルはオリビアを通じてやって来た。オリビアの口からベルが語りかける。
「すべて計画通りだ」と、そして「数ヶ月前彼女と会った時、紅茶を出した。”ソウルマグネット”入りのね」と。
他の体を見つけるまでオリビアの体に住むと言う。ブロイルズは48時間以内にオリビアの体から出て行けと約束をする。
ベルが体に入っている時、オリビアは休眠状態で何もわからないのです。
ウォルターは「ベルが帰って来た。一緒に仕事が出来る」とはしゃいでいる。
また、ラボで飼っている牛のジーンの前でベルが「この子の体に住みつこうかな」とふざけている。
ベルはアストリッドに興味があるのか、何かとからかっている。とにかくウォルターは嬉しそうだ。
いつものように事件が起きフリンジチームが駆けつけるのですが、今回はオリビアの姿をしたベルも事件解決に挑みます。
事件は、男女がビルから飛び降りるが女性だけ助かる。その後も何度か同じように女性だけ助かり現場から居なくなるのです。
なぜ女性は死なないのか。ウォルターはその場所がソフトスポットではないのかと言う。いや、魂を吸う優しいヴァンパイア!?
ラストで、私の考え過ぎなのかもしれませんがこんなことがありました。
帰宅したピーターにオリビアが話しかけて来た(もちろんベルですが)、ウォルターはすでに眠っている。
ベルはピーターに紅茶を飲まないかと勧める。まさか”ソウルマグネット”入りじゃないよねー(~_~;)

第18話 保因者 BLOODLINE
☆向こう側の世界です。
妊娠中の偽(にせ)オリビアが誘拐される。手術室に監禁され助産婦達に寄り注射など薬品の投与が行われる。
そして、何もわからないまま数日で臨月になる。身の危険を感じた偽オリビアは、危機一髪脱出しフリンジチームに助けを求める。
リンカーンらと共に駆け付けたタクシー運転手のヘンリーが赤ん坊を取り出し、偽オリビアは無事に出産する。
実は偽オリビアは婦人科での検査の結果、ウイルス性子癇に感染していて母子共に助かる確率は低いと言うことだった。
しかし、今回の件で早く出産したので感染が広がらずに済み母子共に無事だったのだ。
あーーーでも、この誘拐犯の黒幕が〇oル〇〇ネ〇〇だとは・・・。どうして裏でこんなことをするのか真意がわからないです。
それにしても、ヘンリーよくやりましたねー。そんな特技(?)があったとは・・・。
でも、ヘンリーって偽オリビアをオリビアだと思っているのですよ^^;

2つの世界が交合に描かれて行きます。

投稿日

2011/11/06

レビュアー

mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第3話「連鎖」THE PLATEAU
今回のオープニングは赤いので向こう側の世界です。
ニュージャージー州で、連鎖に寄り人々が次々と事故に遭い死人まで出ると言う事件が発生。
犯人は、未来が予測出来る超能力を持った男です。止めなければ次々に人々が危険な目に遭うのです。
薬物で洗脳され偽(ニセ)オリビアになった本物のオリビアがフリンジチームに加わり事件の解決に挑みます。
(オリビアを分かり易くするために、向こう側のオリビアを”偽オリビア”、実際のオリビアはオリビアと呼ぶことにしました)
プライベートで、偽オリビアにはフィリップと言う恋人がいます。とても仲が良さそうな恋人同士です。
気になるのは、オリビアの前に幻覚なのかゴーストのように現われるピーターとウォルターです。
ピーターはオリビアに優しくキスをします。オリビアの潜在意識が瞬間映像となって現れたのでしょうか・・・。
ウォルターネイトがオリビアにある実験をしようと計画しているが近々実行されるのでしょうか・・・。

第4話「シェイプシフターは電気羊の夢を見るか?」DO SHAPESHIFTERS DREAM OF ELECTRIC SHEEP?
今回は、オープニングが青いのでこちら側の世界です。
自動車事故に遭った議員から流れ出た液体が水銀だったため、シェイプシフターであることが判明する。
今回、ウォルターは自分のラボには運ばずマッシブ・ダイヤモンド社のラボに運んだ。
なぜなら、前回ベルの遺言でマッシブ社の株や権利を譲り受け社長になったので、こちらの設備の整っているラボにしたのです。
偽オリビアがウォルターを監視しニュートンと密に連絡を取っているのが超ウザイ。誰も気づかないのが不思議です。
ウォルターがシェイプシフターの体に埋め込まれていた記憶装置を見つけた瞬間、侵入者に持ち去られてしまう。
ニュートンに命令されたシェイプシフターの仕業だ。人間に姿を変えこの時を待っていた筈のシェイプシフター・・・。
今回は、シェイプシフターの悲しい一面が描かれていて同情してしまいました。
オリビアの性格が変わったと言いながらも、偽オリビアに気づかず誘惑に負けてアンナことちゃったピーターはサイテイ!!
そういえば、監視人を見つけました。ウォルターやピーター、ブロイルズ、偽オリビアたちの横を通り過ぎて行きました。

随分待たされましたが、いよいよ待望のサードシーズンに突入です。

投稿日

2011/11/04

レビュアー

mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

セカンドシーズンは、こちら側のオリビアと向こう側のオリビアが入れ替わってしまったところで終わりました。

第1話 オリビア OLIVIA

向こう側の世界に取り残されたオリビアは監禁され薬物を打たれていた。
しかし、なんとか逃げ出しマンハッタンに行きタクシー運転手を脅しこの世界から脱出しようとしますが・・・。
なんと、最後に辿り付いた家にオリビアが14才の時に亡くなったはずのママがいた。
オリビアを追っていたチャーリーに見つけられてしまうが、なぜかオリビアが一変しチャーリーに心を許し懐かしむ。
ウォルターネイトは薬物が効いて来たことを実感する。向こう側のオリビアの記憶が植えつけられたと・・・。
一方、こちら側の世界のピーターは向こう側のオリビアだとは全く気づかず、チューなんかしてるし・・・。

第2話 箱 THE BOX

今回はこちら側の世界だけのお話です。
面に登場するのは、ウォルター、ピーター、向こう側のオリビア、アストリッド、ブロイルズです。あっペットのジーンもいました。
事件は”箱”を掘り起こしていた2人が奇妙な死に方をした。その後、その箱を持ち出した1人が不思議なことに生きている。
死体をラボに運びグロテスクな脳と戯れ(?)ウォルターが原因を突き止める。更に箱を持ち出した者が死ななかった理由も解明される。
そして、ピーターの勇気ある行動により解決される。向こう側のオリビアとピーターの関係が親密そうなのが気になる・・・。
さて、ウォルターとマッシブ社のニーナにベルからの遺言状が読みあげられた。
そして、ウォルターには一通の封筒が渡され中にはキーが入っていた。引き出しを開けるとそこには・・・。
向こう側のオリビアは何か部品を確保したことを報告をしているが、今回はピーターから?次はウォルター博士だ・・・と。
因みに、向こう側のオリビアは金髪で口紅も赤く積極的な感じがするので、こちら側のお馴染みのオリビアとは見た目ハッキリ区別出来ます。

Vol.3

投稿日

2012/04/12

レビュアー

まみもぉ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第5話 『アンバー』

アンバー=ブラックホールを修復するための化学物質。
あちら側のウォルターが発明しました。ただ、
ホールが出現した場所が即、隔離されアンバーで固めるためそこにいた人々もいっしょに固めてしまう。
世界を救うためにすでに多くの犠牲者。
でもそのアンバーに固められた人が、仮死状態にあることが今回わかりました。

仮死状態から目覚めた彼が、あの時点で止まってしまった記憶と感情の辛さを言っていましたが、
それでは死んだ状態で生きていたことに…それが仮死? なら、今まさに仮死状態の自身。

ピーターの幻覚がひどくなったオリビア。
幻覚のピーターに言われたことを確かめるために再度、危険なタンクへ。
幻覚ピーターの言っているがほんとうだったということがわかります。

洗脳されたオリビアが見る鮮明な幻覚が”ピーター”っていうところが、
人間らしい。洗脳しきれない潜在意識の最強部分はやっぱり愛。
生存、存続する命のための異性愛なんだろうな。 因果な本能です。


第6話 『6955kHz』

一瞬で記憶がなくなる。ここはどこ?私は誰?の考察の間もない瞬間のことなら、それって究極の拷問だと思いました。
さっきまで私がいた部屋に私がいる。
飾られている家族の写真の中で笑っているのは私。
編みかけの子供の服、触ってみて呆然とするしかない。これを編んでいた私の記憶はない。
子供を抱きかかえ私に話しかける男、たぶん、その子の父親で私の夫なのだろうけど、記憶が無い。
恐ろしさに震えながら話していた被害者のベッキー役の女優さん、上手でした。
目がつり上がっているようで逆さ人物画のようでこわかったです。
それでそれから、彼女はどうなったんだろう。お話しとは関係がないその後の彼女が気になってしょうがなかった回でした。

幻覚ピーターが、もう君は用済みだ戻るようにあちら側のオリビアに言います。
こちら側にばらばらに埋まっている装置の場所もわかりました。
掘り出して組み立てる…オリビアは戻ってくる…
わくわく な今後です。

1〜 5件 / 全74件