マノレテ 情熱のマタドール

マノレテ 情熱のマタドールの画像・ジャケット写真

マノレテ 情熱のマタドール / エイドリアン・ブロディ

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「マノレテ 情熱のマタドール」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

スペインの国民的闘牛士“マノレテ”ことマヌエル・ロドリゲス・サンチェスの生涯を、エイドリアン・ブロディとペネロペ・クルス共演で描いたドラマ。天性の才能を持つマノレテは、マタドールの掟を破って奔放な美女・ルペとの愛に溺れていくが…。

「マノレテ 情熱のマタドール」 の作品情報

作品情報

製作年: 2008年
製作国: スペイン/イギリス/フランス/アメリカ/ドイツ
原題: MANOLETE

「マノレテ 情熱のマタドール」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

キング・コング

ズーランダー NO.2

マリリン・モンロー 瞳の中の秘密

ハリウッドランド

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

実在の人物に対して、特にコメントはありませんが…

投稿日:2012/04/04 レビュアー:オリーヴ


この愛し方は、なんというか、答えてあげようがないですね。



久しぶりの映画は、私を特別な世界にいざなってくれます。

二ヶ月間、ずーっと、集中して仕事をしていました。
結果はそれなりながら、成果はあって、次につなげていくことになります。

この世で、泥くさく“生きてる〜”
そんな感じです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

純情エイドリアン

投稿日:2012/02/02 レビュアー:まぐのりあ

闘牛士の素養とは死に憧れる事だ という事で
自分の不幸な生い立ちが闘牛士として成功する要因となったマレノテが
恋を覚えて生きる事の喜びを掴んだ時に心が揺れて
闘牛が元で無くなってしまうというストーリーで
書けばシンプルな物ですが
マレノテ役のマヌエル ロドリゲスが大変好演しています
特にペネロペになんとか話しかけたいシーン等
背が高く清潔な印象で シャイなあまり何も出来ない所等
大変良かったと思います
ペネロペもこれ以上無いくらい良い雰囲気を出していて
最後闘牛で死んでしまうシーンが本当に見ていられませんでした
地味におすすめな一本。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

キャストが抜群!

投稿日:2012/01/09 レビュアー:タニッコ

今も語り継がれるスペインの英雄マタドールの実話。
19歳でデビューして30歳の若さで死んでしまう伝説のおはなし。
天才っていつもそうだけど、この天才闘牛士は本当は内気でかわいそうなくらい純。
女に惚れてしまったから破滅しちゃうのだけど、
惚れて破滅しちゃうしまうほどの女をペネロペクルスが好演。
彼女以外にこの役をやれる人はいないでしょう。
エイドリアン・ブロディのあのはかない瞳と少年みたいなあのかんじ。
すばらしかった。


このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

マノレテ 情熱のマタドール

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

実在の人物に対して、特にコメントはありませんが…

投稿日

2012/04/04

レビュアー

オリーヴ


この愛し方は、なんというか、答えてあげようがないですね。



久しぶりの映画は、私を特別な世界にいざなってくれます。

二ヶ月間、ずーっと、集中して仕事をしていました。
結果はそれなりながら、成果はあって、次につなげていくことになります。

この世で、泥くさく“生きてる〜”
そんな感じです。

純情エイドリアン

投稿日

2012/02/02

レビュアー

まぐのりあ

闘牛士の素養とは死に憧れる事だ という事で
自分の不幸な生い立ちが闘牛士として成功する要因となったマレノテが
恋を覚えて生きる事の喜びを掴んだ時に心が揺れて
闘牛が元で無くなってしまうというストーリーで
書けばシンプルな物ですが
マレノテ役のマヌエル ロドリゲスが大変好演しています
特にペネロペになんとか話しかけたいシーン等
背が高く清潔な印象で シャイなあまり何も出来ない所等
大変良かったと思います
ペネロペもこれ以上無いくらい良い雰囲気を出していて
最後闘牛で死んでしまうシーンが本当に見ていられませんでした
地味におすすめな一本。

キャストが抜群!

投稿日

2012/01/09

レビュアー

タニッコ

今も語り継がれるスペインの英雄マタドールの実話。
19歳でデビューして30歳の若さで死んでしまう伝説のおはなし。
天才っていつもそうだけど、この天才闘牛士は本当は内気でかわいそうなくらい純。
女に惚れてしまったから破滅しちゃうのだけど、
惚れて破滅しちゃうしまうほどの女をペネロペクルスが好演。
彼女以外にこの役をやれる人はいないでしょう。
エイドリアン・ブロディのあのはかない瞳と少年みたいなあのかんじ。
すばらしかった。


1〜 3件 / 全3件