ファンタスティックMr.FOX

ファンタスティックMr.FOXの画像・ジャケット写真

ファンタスティックMr.FOX / ジョージ・クルーニー

全体の平均評価点:(5点満点)

41

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

映画賞受賞作品

ジャンル :

「ファンタスティックMr.FOX」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

「チャーリーとチョコレート工場」の原作者ロアルド・ダールのロングセラー児童文学『すばらしき父さん狐』を、「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」のウェス・アンダーソン監督がパペットを使用した手作り感あふれるストップモーション・アニメで映画化したファンタジー・コメディ。子どもが生まれて以来、泥棒稼業から足を洗い、妻と息子と家族3人で平穏な穴暮らしをしてきたMr.FOX。しかし、人生も折り返し地点に差し掛かり、貧乏で退屈な穴ぐら生活への疑問が芽生え始める。そして、近くに悪名高い3人の農場主がいるから危険だとの友人の忠告にも耳を貸さず、丘の上にそびえる大木の家へと引っ越してしまうMr.FOXだったが…。

「ファンタスティックMr.FOX」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ/イギリス
原題: FANTASTIC MR. FOX
受賞記録: 2009年 NY批評家協会賞 アニメーション賞
2009年 LA批評家協会賞 アニメーション賞

「ファンタスティックMr.FOX」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

スリー・キングス

ER 緊急救命室 3rdシーズン

アントブリー 特別版

ビッグスターへの軌跡 1

ユーザーレビュー:41件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全41件

大好きすぎて気が狂いそう。

投稿日:2011/11/12 レビュアー:みみあて

最初の1秒でもろウェス・アンダーソン。
ウェスのワンダフルワールド全開。
ブラボー。ブラボー。
鼻血ぶー。
なんかずっと、にやにやにやにや。
気持ちわるいくらいに、にやにやにやにや。
わたし、すっごい幸せそうな顔してると思います。

色も音も匂いも空気も音楽も肌触りもスピードも、すべてがウェスの世界。
人生、こんなにもうっとりすることがあるのだろうか。

マントをつけてズボンのすそを靴下の中に入れる。
これは絶対に外せない。
お母さんのりんご柄のお洋服。
これも外せない。
しっぽの行方についての被害妄想。
これも外せない。
いちいち書き出したら3日半くらいかかっちゃうのでもうおしまい。さらりと流します。


作品の中で、フォックスが
「われわれ野生動物はそれぞれ固有の強みと弱みを持つ。
       そのすばらしい違いを力に変えれば甥を救い出せる・・・」
と、不可能を可能にすることを教えてくれるのです。
それは人間もおなじじゃないですか。
誰が上でも下でもない。
100人いたら100人それぞれが主役の人生。
その人らしい輝きが必ずあるんです。
うっとりするほどのウェスワールドの中でそんなメッセージを感じ取ったのでした。

そして
おおかみとの拳のシーンで泣きそうになるわたし(笑)


『ダージリン急行』で初めてウェスを知り、『ザ・ロイヤルテネンバウムズ』で一生ウェスについてゆくと心に決めた。
この『ファンタスティックMr.FOX』はウェスの使命さえ感じ取れる作品です。
これは、ウェスの使命です。


以下、タランティーノについても『ジャッキーブラウン』のレビューで同じように語っていますが、どうしようもなくそう思うので書かせていただきます。

世の中にはウェス・アンダーソンが全然だめな人がごまんといるわけじゃないですか。
そんな中、こんなにもウェスの世界にしびれている自分がいるわけですよ。

ウェスにしびれることができる自分に心底しびれます。
ウェスにしびれることができる自分が心底かわいいです。
ウェスにしびれることができる自分が心底いとおしいです。

まあ、結局のところ、それでいいじゃない。

ほんとに、気が狂いそうなくらいだいすき。

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

ぜーんぜん、ワクワクしなかったんすよね〜(σω-)。o ○

投稿日:2011/09/25 レビュアー:KASPAR

ウェス・アンダーソン監督がアニメーション!?アカデミー賞ノミネート!?
っつーことで、『ファンタスティックMr.FOX』を観てきました♪

・・・?
おもしろい?
おもしろいのかな〜?

う〜ん。。。
これが評判良いんやもんな〜。。。
う〜ん。。。

アニメーションについて詳しくないし、
しかもストップモーションアニメーションなんて、
クレイ系のウォレス&グルミットとか、
シュヴァンクマイエルがチョクチョクやってるぐらいの知識しかないし、
チェブラーシカとかもこのジャンルかな?

まぁそんな感じなんで、細かいところはなーんもわかんないんで、むっちゃザックリした感覚的な評になるっすけど・・・

個人的にはね〜

ぜーんぜん、ワクワクしなかったんよね〜(σω-)。o ○ネムー

チェブとかヲレスとかシュヴァンクマイエル作品では、ワクワクできたし、かなり面白く観れたんやけど、
この作品は、個人的には、全く面白くなかったんすよね〜┐(´ー`)┌ヤレヤレ

なので、全くオススメはしませんが、非常に評価が高い映画なので、まぁ気になったら観てみてください(・〜・)

個人的満足度 51点! オススメ度 60点!(評判がいいのでコレぐらいにしておこうw)

このレビューは気に入りましたか? 15人の会員が気に入ったと投稿しています

ファンタスティック☆縦横無尽

投稿日:2011/11/12 レビュアー:ぴよさん


 何しろこの美術センスに、心が躍らずにはいられない。ちまちまと作りこまれた
ハンドメイド・テイストな画面。建物や装飾や小物、それらのデザインがいちいち
タマラナイのだ。実写作品においても、その造形と色使いには定評のあるウェス・
アンダーソンが、存分にそのデザイナーセンスを炸裂させている。
 極端な話、ストーリーなんかどうでもいいから、この画面だけ見て萌えていたい。

 無理に立体感を強調せず、フラットな背景を縦横無尽に走りぬけてゆくキツネ達。
パースのついた画面でも、あえて角度はつけず、中心に一点だけ消失点を作っての
シンメトリーな画面。(ちょっと昔のファミコン画面っぽくも見える)
 こういうテイストが好きな人にはたまらない一方、ダメな人には、ただ退屈な画面
に感じられるかもなぁ。

 ロアルド・ダールの原作『 Fantastic Mr. Fox』は、ほんとに普通の児童小説だ。
さしてブラックなわけでもない原作を、ウェス・アンダースン風に換骨奪胎している。
元が元だけに、とんでもない驚きがあるわけではない。これはオーソドックスな寓話
を、原型はそのままに、如何にクールに作り変えるかという狙いなのだろう。


 一点、どうかなと思うのは、日本語吹き替えの件。ここでは日本の声優が当たり前
の様に「巧く」、そして感情豊かに声を当ててしまっている。ジョージ・クルーニー&
メリル・ストリープは、徹底的に感情を抑えて声をあてた。これは当然、演出意図に
沿ってのもので、このことが「ただの子供向けアニメ」では無くしている。
 というわけで原語と日本語とでは、全く別の趣きの作品といっていい。どちらを選
ぶか、これはもう、観る人の趣味だけど。(出来れば原語で観る方をお薦めする)

 というわけで、緻密で芳醇な秋色アートを、存分に愛でて欲しい♪ 



このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

ファンタスティック!!

投稿日:2011/12/02 レビュアー:まみもぉ

すーファミのあのゲームをしているようで、観ながら時々親指が動いてしまいました。
アニメは、こういうことができるからステキなんだっていう、昨今、やたら、最先端高度技術に羽交い絞めされ、
ナマナマしく不気味なアニメもどきな作品が多い中、初シン心を萌えさせていたでけました。

あっちもこっちも緩んでいるようにみせて、その奥でしっかり締めてあるウェス監督らしい丁寧さもあって、
もちろん、クスッと笑わせながらホロッとさせてくれて、
FOX一家とその仲間達、ぬいぐるみとフィギア、
ずら〜っと揃えて遊びたくなりました。

三人のニンゲン代表もよかったです。チビデブノッポ…わかりやすい。
どっちも悪くて悪くない、共存は難しい。
ニンゲンは”超イカした野生っぷり”がない動物だから。

ちっちゃくてパパみたいに運動神経もよくないアッシュに
「みなと違うのは、寂しいものよね。でもそれってステキなこと…」ってママ、なんて奇麗なひとみ。
これといった特性のないオポッサムのカイリ。
みながそれぞれの際立つ特性を生かして闘うぞっていう時、ぼくは何をしたら…
「君のように頼りになるやつは、いっしょにいるだけでいい」ってFOX。
じんっとくること、ぽろぽろ言ってくれます。

声の出演でも楽しめました。FOXのジョージ・クルーニーはそのまんま。
妻のミセスFOXのメリル・ストリープはわかりませんでした。
衝撃的な「アンチクライスト」で耳に新しい、ウィレム・デフォーの声には一時停止。
役柄がまたぴったり。最期は潔かった。

ビーンの奥さんお手製のアップルクッキーが、とっても美味しそうで、
食べれるわけはないのですが、それがちょっと心残りなファンタジーなRPG、
懐かしの音楽に乗りながら全クリの気持ちよさ満喫の、ファンタスティックなアニメでした。


このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

シュールなおきつねさま

投稿日:2011/11/30 レビュアー:飛べない魔女

きつねにはきつねの言い分がある。

人間さまはエライと思っているのかもしれないが、
それは人間が勝手に地球生物の頂点だと思い込んでいるだけで
大自然の猛威には到底たちうち出来ないし
猛獣たちの驚異では始終あたふたするだけで
人間さまとはなんともよわっちい生きものじゃぁござんさせんか。
そこにおいらたちの好物が置いてあるから頂くまでよ。
人間さまのルールだかぁ、なんだか知らないが
それを頂いたからと言って、盗人扱い、悪者扱いは、人間さまの都合だけの考えじゃぁござんせんか?

と、まあそんなきつねのぼやきな聞こえてきそうな作品です。
シュールなきつねと人間の戦い。
ウェス・アンダーソンの独特な世界がここにも展開されます。
笑えるようで、そうでもない、
悲しいようで、決してそんなことはない
結局見終わったあとに残るものは、完成度の高い映像の綺麗さでしょうか。
まあ、ジョージ・クルーニーさまの素敵なお声を堪能出来たことも良かったです。

ああ、あと、自分の子供を他人の子と比較するのは自由だけど、
本人の前で、よその子を誉めるときの誉め方には気を付けないと!
フォローが大切ってことを肝に銘じました(;^_^A

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全41件

ファンタスティックMr.FOX

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:41件

大好きすぎて気が狂いそう。

投稿日

2011/11/12

レビュアー

みみあて

最初の1秒でもろウェス・アンダーソン。
ウェスのワンダフルワールド全開。
ブラボー。ブラボー。
鼻血ぶー。
なんかずっと、にやにやにやにや。
気持ちわるいくらいに、にやにやにやにや。
わたし、すっごい幸せそうな顔してると思います。

色も音も匂いも空気も音楽も肌触りもスピードも、すべてがウェスの世界。
人生、こんなにもうっとりすることがあるのだろうか。

マントをつけてズボンのすそを靴下の中に入れる。
これは絶対に外せない。
お母さんのりんご柄のお洋服。
これも外せない。
しっぽの行方についての被害妄想。
これも外せない。
いちいち書き出したら3日半くらいかかっちゃうのでもうおしまい。さらりと流します。


作品の中で、フォックスが
「われわれ野生動物はそれぞれ固有の強みと弱みを持つ。
       そのすばらしい違いを力に変えれば甥を救い出せる・・・」
と、不可能を可能にすることを教えてくれるのです。
それは人間もおなじじゃないですか。
誰が上でも下でもない。
100人いたら100人それぞれが主役の人生。
その人らしい輝きが必ずあるんです。
うっとりするほどのウェスワールドの中でそんなメッセージを感じ取ったのでした。

そして
おおかみとの拳のシーンで泣きそうになるわたし(笑)


『ダージリン急行』で初めてウェスを知り、『ザ・ロイヤルテネンバウムズ』で一生ウェスについてゆくと心に決めた。
この『ファンタスティックMr.FOX』はウェスの使命さえ感じ取れる作品です。
これは、ウェスの使命です。


以下、タランティーノについても『ジャッキーブラウン』のレビューで同じように語っていますが、どうしようもなくそう思うので書かせていただきます。

世の中にはウェス・アンダーソンが全然だめな人がごまんといるわけじゃないですか。
そんな中、こんなにもウェスの世界にしびれている自分がいるわけですよ。

ウェスにしびれることができる自分に心底しびれます。
ウェスにしびれることができる自分が心底かわいいです。
ウェスにしびれることができる自分が心底いとおしいです。

まあ、結局のところ、それでいいじゃない。

ほんとに、気が狂いそうなくらいだいすき。

ぜーんぜん、ワクワクしなかったんすよね〜(σω-)。o ○

投稿日

2011/09/25

レビュアー

KASPAR

ウェス・アンダーソン監督がアニメーション!?アカデミー賞ノミネート!?
っつーことで、『ファンタスティックMr.FOX』を観てきました♪

・・・?
おもしろい?
おもしろいのかな〜?

う〜ん。。。
これが評判良いんやもんな〜。。。
う〜ん。。。

アニメーションについて詳しくないし、
しかもストップモーションアニメーションなんて、
クレイ系のウォレス&グルミットとか、
シュヴァンクマイエルがチョクチョクやってるぐらいの知識しかないし、
チェブラーシカとかもこのジャンルかな?

まぁそんな感じなんで、細かいところはなーんもわかんないんで、むっちゃザックリした感覚的な評になるっすけど・・・

個人的にはね〜

ぜーんぜん、ワクワクしなかったんよね〜(σω-)。o ○ネムー

チェブとかヲレスとかシュヴァンクマイエル作品では、ワクワクできたし、かなり面白く観れたんやけど、
この作品は、個人的には、全く面白くなかったんすよね〜┐(´ー`)┌ヤレヤレ

なので、全くオススメはしませんが、非常に評価が高い映画なので、まぁ気になったら観てみてください(・〜・)

個人的満足度 51点! オススメ度 60点!(評判がいいのでコレぐらいにしておこうw)

ファンタスティック☆縦横無尽

投稿日

2011/11/12

レビュアー

ぴよさん


 何しろこの美術センスに、心が躍らずにはいられない。ちまちまと作りこまれた
ハンドメイド・テイストな画面。建物や装飾や小物、それらのデザインがいちいち
タマラナイのだ。実写作品においても、その造形と色使いには定評のあるウェス・
アンダーソンが、存分にそのデザイナーセンスを炸裂させている。
 極端な話、ストーリーなんかどうでもいいから、この画面だけ見て萌えていたい。

 無理に立体感を強調せず、フラットな背景を縦横無尽に走りぬけてゆくキツネ達。
パースのついた画面でも、あえて角度はつけず、中心に一点だけ消失点を作っての
シンメトリーな画面。(ちょっと昔のファミコン画面っぽくも見える)
 こういうテイストが好きな人にはたまらない一方、ダメな人には、ただ退屈な画面
に感じられるかもなぁ。

 ロアルド・ダールの原作『 Fantastic Mr. Fox』は、ほんとに普通の児童小説だ。
さしてブラックなわけでもない原作を、ウェス・アンダースン風に換骨奪胎している。
元が元だけに、とんでもない驚きがあるわけではない。これはオーソドックスな寓話
を、原型はそのままに、如何にクールに作り変えるかという狙いなのだろう。


 一点、どうかなと思うのは、日本語吹き替えの件。ここでは日本の声優が当たり前
の様に「巧く」、そして感情豊かに声を当ててしまっている。ジョージ・クルーニー&
メリル・ストリープは、徹底的に感情を抑えて声をあてた。これは当然、演出意図に
沿ってのもので、このことが「ただの子供向けアニメ」では無くしている。
 というわけで原語と日本語とでは、全く別の趣きの作品といっていい。どちらを選
ぶか、これはもう、観る人の趣味だけど。(出来れば原語で観る方をお薦めする)

 というわけで、緻密で芳醇な秋色アートを、存分に愛でて欲しい♪ 



ファンタスティック!!

投稿日

2011/12/02

レビュアー

まみもぉ

すーファミのあのゲームをしているようで、観ながら時々親指が動いてしまいました。
アニメは、こういうことができるからステキなんだっていう、昨今、やたら、最先端高度技術に羽交い絞めされ、
ナマナマしく不気味なアニメもどきな作品が多い中、初シン心を萌えさせていたでけました。

あっちもこっちも緩んでいるようにみせて、その奥でしっかり締めてあるウェス監督らしい丁寧さもあって、
もちろん、クスッと笑わせながらホロッとさせてくれて、
FOX一家とその仲間達、ぬいぐるみとフィギア、
ずら〜っと揃えて遊びたくなりました。

三人のニンゲン代表もよかったです。チビデブノッポ…わかりやすい。
どっちも悪くて悪くない、共存は難しい。
ニンゲンは”超イカした野生っぷり”がない動物だから。

ちっちゃくてパパみたいに運動神経もよくないアッシュに
「みなと違うのは、寂しいものよね。でもそれってステキなこと…」ってママ、なんて奇麗なひとみ。
これといった特性のないオポッサムのカイリ。
みながそれぞれの際立つ特性を生かして闘うぞっていう時、ぼくは何をしたら…
「君のように頼りになるやつは、いっしょにいるだけでいい」ってFOX。
じんっとくること、ぽろぽろ言ってくれます。

声の出演でも楽しめました。FOXのジョージ・クルーニーはそのまんま。
妻のミセスFOXのメリル・ストリープはわかりませんでした。
衝撃的な「アンチクライスト」で耳に新しい、ウィレム・デフォーの声には一時停止。
役柄がまたぴったり。最期は潔かった。

ビーンの奥さんお手製のアップルクッキーが、とっても美味しそうで、
食べれるわけはないのですが、それがちょっと心残りなファンタジーなRPG、
懐かしの音楽に乗りながら全クリの気持ちよさ満喫の、ファンタスティックなアニメでした。


シュールなおきつねさま

投稿日

2011/11/30

レビュアー

飛べない魔女

きつねにはきつねの言い分がある。

人間さまはエライと思っているのかもしれないが、
それは人間が勝手に地球生物の頂点だと思い込んでいるだけで
大自然の猛威には到底たちうち出来ないし
猛獣たちの驚異では始終あたふたするだけで
人間さまとはなんともよわっちい生きものじゃぁござんさせんか。
そこにおいらたちの好物が置いてあるから頂くまでよ。
人間さまのルールだかぁ、なんだか知らないが
それを頂いたからと言って、盗人扱い、悪者扱いは、人間さまの都合だけの考えじゃぁござんせんか?

と、まあそんなきつねのぼやきな聞こえてきそうな作品です。
シュールなきつねと人間の戦い。
ウェス・アンダーソンの独特な世界がここにも展開されます。
笑えるようで、そうでもない、
悲しいようで、決してそんなことはない
結局見終わったあとに残るものは、完成度の高い映像の綺麗さでしょうか。
まあ、ジョージ・クルーニーさまの素敵なお声を堪能出来たことも良かったです。

ああ、あと、自分の子供を他人の子と比較するのは自由だけど、
本人の前で、よその子を誉めるときの誉め方には気を付けないと!
フォローが大切ってことを肝に銘じました(;^_^A

1〜 5件 / 全41件