CSI:NY シーズン6

CSI:NY シーズン6の画像・ジャケット写真

CSI:NY シーズン6 / ゲイリー・シニーズ

全体の平均評価点:(5点満点)

35

全体の平均評価点:

DVD

「CSI:NY シーズン6」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

N.Y.を舞台に科学捜査班のメンバーが犯罪現場の物的証拠を分析し、事件の真相を推理する人気サスペンスドラマ第6シーズン。女性を刺殺して起訴されたアントニオ・レイエスが、証拠に問題ありとして保釈され…。

「CSI:NY シーズン6」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: CSI: NY

「CSI:NY シーズン6」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

カリフォルニケーション ある小説家のモテすぎる日常 シーズン1

スウィート・ノベンバー

ストーカー

ロイヤル・ペインズ 〜救命医ハンク〜 シーズン3

ユーザーレビュー:35件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全35件

たいした事件にはならない筈

投稿日:2011/12/17 レビュアー:ぽんぽん玉

とうとうフィナーレです。
CSIの中にはたくさんのカップルがいました。
たくさん破局しました^^;
唯一、実ったのがダニー&リンジーのカップル。(マイアミのホレイショも結婚したけど、マリソルは殺されてしまったしT_T)
なかなか、扱いが難しいようで、職場では夫婦感はほとんどなし。
でも、お気づきでしょうか?
ダニーがリンジーを呼ぶ時の呼び名。色々な呼び名で呼んでいます。
なんだか、そこに愛情を感じる。個人的に、その【呼び名】が楽しみでありました^^
元々は【モンタナ】。結婚してからは【ベイビー】とも呼んでた。
でも、前回は【リンジー・メッサー】って呼んでいます。
この呼び方好きです。結婚したんだな〜って感じで。
そして今シーズン最後を飾るのは、メッサー一家とシェーン・ケイシーの対決!
どーでも良いが、ダニーもっとしっかりしろよ。。。
そもそも、バッチもろもろ盗まれて、シェーン・ケイシーの影がちらついているんだから標的は自分だって気付きそうなもんだ。
なのに、携帯を置いて出かけるし。(ケイシー逃亡の件を聞いた後で!)
まぁ、ケイシーは【最大の敵】としてはなかなか不敵で良い。
他の犯人と違って、ただの薄気味悪い殺人者ではなく、本気で【ヤバイ奴】ってところが◎
最後はダニー最大のピンチ!ってところで終わり。
まぁ、CSIの中でもNYはシーズン最後の大事件が、シーズン最初で簡単に終わるのが定説。
マックの爆破事件もなんの怪我もなく終わったし、大事件かと思われたダニーの怪我も簡単に治った^^;
なので、次シーズンも冒頭でリンジーがシェーンを撃ち殺して終わるでしょう。
多分、この大事件も5分程度で終結の予想。
なので、ヤキモキする事なく気長に次シーズンを待ちましょう。
それにしても、シェーン・ケイシー役のエドワード・ファーロングは悲しい成長を遂げてるな。
【ターミネーター】の頃はそこそこのイケメン。皮肉な表情も小憎たらしくて、そこが魅力だった。
でも気が付けば、ふてぶてしい顔のチビでポヨポヨのオッサン(T_T)
歳月は過酷だ。。。
そして気になった事がもうひとつ。
オープンカーにチャイルドシートって変じゃない?!

今回のゲスト。
第21話【放課後の銃声】
ニッキーとサムの母親は【アリーmyラブ】のサンディー・ヒングル。
第22話【覗き見】
ケヴィンは【デスパレートな妻たち】のジャクソン。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

独特な雰囲気が漂っています

投稿日:2011/12/14 レビュアー:ぽんぽん玉

今回の見所は、第14話【血族】でしょう。
一見、最近流行のヴァンパイア物で引く方も多いでしょうが、実は今エピソードの脚本はダニー・メッサーことカーマイン・ジョヴィナッツォが担当しています。
一種独特な雰囲気と世界観は個人的に好きです。
それに、【写真の現像を知らないアダム】と、それに対して【殴っといた?】と返したステラの軽口の下りがお茶目で面白い。
役者自身でいえば、アダム役のA.J.バックリーとカーマインは5歳しか違わないのでそれ程ジェネレーションギャップはないと思うが^^;
それと、今作品の中で、カーマインがボーカル&ギターを担当するバンド【シーソー】の曲も使われています。(タトゥーショップのシーン)


今回のゲスト。
第12話【捏造】
クレイグ【ジェリコ〜閉ざされた街〜】のジョン・ゴッツ。
判事は【グレイズ・アナトミー】のメレディスの父ザッチャー。
第13話【ファウル・プレイ】
メレディスは【スーパーナチュラル】のベラ・タルボット。
第14話【血族】
ヴァンスは【24】のモリス・オブライエン。
エステルの母親は【チャームド〜魔女3姉妹〜】のパティ・ハリウェル。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

これって続いてないの? ネタバレ

投稿日:2011/12/11 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

波乱の幕開けを遂げたシーズン6。
NYはいつもド派手なラストを見せる割に、スタートはいたってあっさりとしている。
要するに
【えぇ?!一体どうなるのぉっっ?!】
と期待させておいて
【え?種明かしはそれだけ??】
みたいな。。。
今回も結局は警官狙いというわけでもなく、力を誇示したいだけの若者の犯行。。。
まぁ、ダニーの件はもう少し後引く感じで良いですけど。
とはいえ、この一件はこれで終わりなのだろうか?
ジェイクが事件の経緯を自供するシーンで、【奴らが】と言ったところ、マックが【奴らとはウィルソンとメンローか?】と聞きます。しかしジェイクは【違う】と答えた。
これって、黒幕の存在を示唆しているのでは?
それとも私の聞き間違い?

今回のゲスト。
マックの父は【LOST】のジャックの父クリスチャン・シェパード。
マックの母は【CSI マイアミ シーズン7】のデルコのカウンセリングを担当する精神科医。
ベントンは【アリーmyラブ】のリチャード・フィッシュ。
リサは【ダーティ・セクシー・マネー】のメイリン。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

早く見たかったんだよ〜 ネタバレ

投稿日:2011/09/27 レビュアー:ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「エピローグ」
シーズン5のラストで、エンジェルが殉死。
その追悼をラボの仲間(ドンとシドを含む)を行っていたら、銃撃に合う。

バーテンダーが死亡し、けが人がたくさん。
その中で、あの人が!!!

手がかりもなく、6週間が過ぎる。

その時間の経過を、フラッシュを入れていたが、
えー、あの人とあの人!?
いや、それはダメだって!!
・・・一応、その後、なかったこととしちゃったみたいですが。


事件の真相は、意外とあっさりしたものだった。
別にラボのメンバーが狙われたわけじゃなく・・・

・・・あ、そ・・・



「ブラックリスト」
見知らぬ土地で、ナビに頼り、進んでいった先で・・・

精神的にダメージを受ける事件でした。

コンピュータに頼り切った今の世の中。
こんなことされたら、本当にひとたまりもありません。

よく遠隔で、車をロックしたり、エンジンを切ったり・・・ということができるようですが、
こんなところでこんな目にだけは遭いたくない!!

レストランでのアレルギーがあるから外すように注文したのに、
てんこ盛りにされていたり、
エレベーターを操作されたり・・・
怖すぎ!

社会保障(保険制度)が確立されていないアメリカならではの、逆恨みでした。


若かりしマック、登場。
お父さんとの最期のシーンは、感動的でした。
なぜ軍を辞め、NYPDに入ったのか・・・
短いシーンでしたが、よかったです。






先日、イロイロ検索して見つけたのだけど、
CSI:NYって、視聴率が芳しくないんだそうですね。
本家(ベガス)、マイアミ、NYの中で、私はNYが一番好きなんだけど、
打ち切りになってしまったら、ショックだな・・・

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

シーズン7を観る前の備忘録 ネタバレ

投稿日:2012/03/24 レビュアー:Kavi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

<エピソード23の備忘録>

・お札を器用に折って、犯罪現場にメッセージを残す謎の男。
・脱獄したシェーン・ケイシーを追うCSIメンバー。
・シェーン・ケイシーは、ダニーに兄を殺された恨みを晴らすため、
 ダニー一家を執拗に狙う。
・ダニー一家の休暇先にもシェーンが現れ、ピンチ!
・なんと乗り切ったかと油断したところで、、、、。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全35件

CSI:NY シーズン6

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:35件

たいした事件にはならない筈

投稿日

2011/12/17

レビュアー

ぽんぽん玉

とうとうフィナーレです。
CSIの中にはたくさんのカップルがいました。
たくさん破局しました^^;
唯一、実ったのがダニー&リンジーのカップル。(マイアミのホレイショも結婚したけど、マリソルは殺されてしまったしT_T)
なかなか、扱いが難しいようで、職場では夫婦感はほとんどなし。
でも、お気づきでしょうか?
ダニーがリンジーを呼ぶ時の呼び名。色々な呼び名で呼んでいます。
なんだか、そこに愛情を感じる。個人的に、その【呼び名】が楽しみでありました^^
元々は【モンタナ】。結婚してからは【ベイビー】とも呼んでた。
でも、前回は【リンジー・メッサー】って呼んでいます。
この呼び方好きです。結婚したんだな〜って感じで。
そして今シーズン最後を飾るのは、メッサー一家とシェーン・ケイシーの対決!
どーでも良いが、ダニーもっとしっかりしろよ。。。
そもそも、バッチもろもろ盗まれて、シェーン・ケイシーの影がちらついているんだから標的は自分だって気付きそうなもんだ。
なのに、携帯を置いて出かけるし。(ケイシー逃亡の件を聞いた後で!)
まぁ、ケイシーは【最大の敵】としてはなかなか不敵で良い。
他の犯人と違って、ただの薄気味悪い殺人者ではなく、本気で【ヤバイ奴】ってところが◎
最後はダニー最大のピンチ!ってところで終わり。
まぁ、CSIの中でもNYはシーズン最後の大事件が、シーズン最初で簡単に終わるのが定説。
マックの爆破事件もなんの怪我もなく終わったし、大事件かと思われたダニーの怪我も簡単に治った^^;
なので、次シーズンも冒頭でリンジーがシェーンを撃ち殺して終わるでしょう。
多分、この大事件も5分程度で終結の予想。
なので、ヤキモキする事なく気長に次シーズンを待ちましょう。
それにしても、シェーン・ケイシー役のエドワード・ファーロングは悲しい成長を遂げてるな。
【ターミネーター】の頃はそこそこのイケメン。皮肉な表情も小憎たらしくて、そこが魅力だった。
でも気が付けば、ふてぶてしい顔のチビでポヨポヨのオッサン(T_T)
歳月は過酷だ。。。
そして気になった事がもうひとつ。
オープンカーにチャイルドシートって変じゃない?!

今回のゲスト。
第21話【放課後の銃声】
ニッキーとサムの母親は【アリーmyラブ】のサンディー・ヒングル。
第22話【覗き見】
ケヴィンは【デスパレートな妻たち】のジャクソン。

独特な雰囲気が漂っています

投稿日

2011/12/14

レビュアー

ぽんぽん玉

今回の見所は、第14話【血族】でしょう。
一見、最近流行のヴァンパイア物で引く方も多いでしょうが、実は今エピソードの脚本はダニー・メッサーことカーマイン・ジョヴィナッツォが担当しています。
一種独特な雰囲気と世界観は個人的に好きです。
それに、【写真の現像を知らないアダム】と、それに対して【殴っといた?】と返したステラの軽口の下りがお茶目で面白い。
役者自身でいえば、アダム役のA.J.バックリーとカーマインは5歳しか違わないのでそれ程ジェネレーションギャップはないと思うが^^;
それと、今作品の中で、カーマインがボーカル&ギターを担当するバンド【シーソー】の曲も使われています。(タトゥーショップのシーン)


今回のゲスト。
第12話【捏造】
クレイグ【ジェリコ〜閉ざされた街〜】のジョン・ゴッツ。
判事は【グレイズ・アナトミー】のメレディスの父ザッチャー。
第13話【ファウル・プレイ】
メレディスは【スーパーナチュラル】のベラ・タルボット。
第14話【血族】
ヴァンスは【24】のモリス・オブライエン。
エステルの母親は【チャームド〜魔女3姉妹〜】のパティ・ハリウェル。

これって続いてないの?

投稿日

2011/12/11

レビュアー

ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

波乱の幕開けを遂げたシーズン6。
NYはいつもド派手なラストを見せる割に、スタートはいたってあっさりとしている。
要するに
【えぇ?!一体どうなるのぉっっ?!】
と期待させておいて
【え?種明かしはそれだけ??】
みたいな。。。
今回も結局は警官狙いというわけでもなく、力を誇示したいだけの若者の犯行。。。
まぁ、ダニーの件はもう少し後引く感じで良いですけど。
とはいえ、この一件はこれで終わりなのだろうか?
ジェイクが事件の経緯を自供するシーンで、【奴らが】と言ったところ、マックが【奴らとはウィルソンとメンローか?】と聞きます。しかしジェイクは【違う】と答えた。
これって、黒幕の存在を示唆しているのでは?
それとも私の聞き間違い?

今回のゲスト。
マックの父は【LOST】のジャックの父クリスチャン・シェパード。
マックの母は【CSI マイアミ シーズン7】のデルコのカウンセリングを担当する精神科医。
ベントンは【アリーmyラブ】のリチャード・フィッシュ。
リサは【ダーティ・セクシー・マネー】のメイリン。

早く見たかったんだよ〜

投稿日

2011/09/27

レビュアー

ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「エピローグ」
シーズン5のラストで、エンジェルが殉死。
その追悼をラボの仲間(ドンとシドを含む)を行っていたら、銃撃に合う。

バーテンダーが死亡し、けが人がたくさん。
その中で、あの人が!!!

手がかりもなく、6週間が過ぎる。

その時間の経過を、フラッシュを入れていたが、
えー、あの人とあの人!?
いや、それはダメだって!!
・・・一応、その後、なかったこととしちゃったみたいですが。


事件の真相は、意外とあっさりしたものだった。
別にラボのメンバーが狙われたわけじゃなく・・・

・・・あ、そ・・・



「ブラックリスト」
見知らぬ土地で、ナビに頼り、進んでいった先で・・・

精神的にダメージを受ける事件でした。

コンピュータに頼り切った今の世の中。
こんなことされたら、本当にひとたまりもありません。

よく遠隔で、車をロックしたり、エンジンを切ったり・・・ということができるようですが、
こんなところでこんな目にだけは遭いたくない!!

レストランでのアレルギーがあるから外すように注文したのに、
てんこ盛りにされていたり、
エレベーターを操作されたり・・・
怖すぎ!

社会保障(保険制度)が確立されていないアメリカならではの、逆恨みでした。


若かりしマック、登場。
お父さんとの最期のシーンは、感動的でした。
なぜ軍を辞め、NYPDに入ったのか・・・
短いシーンでしたが、よかったです。






先日、イロイロ検索して見つけたのだけど、
CSI:NYって、視聴率が芳しくないんだそうですね。
本家(ベガス)、マイアミ、NYの中で、私はNYが一番好きなんだけど、
打ち切りになってしまったら、ショックだな・・・

シーズン7を観る前の備忘録

投稿日

2012/03/24

レビュアー

Kavi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

<エピソード23の備忘録>

・お札を器用に折って、犯罪現場にメッセージを残す謎の男。
・脱獄したシェーン・ケイシーを追うCSIメンバー。
・シェーン・ケイシーは、ダニーに兄を殺された恨みを晴らすため、
 ダニー一家を執拗に狙う。
・ダニー一家の休暇先にもシェーンが現れ、ピンチ!
・なんと乗り切ったかと油断したところで、、、、。

1〜 5件 / 全35件