抱きたいカンケイ

抱きたいカンケイの画像・ジャケット写真

抱きたいカンケイ / ナタリー・ポートマン
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

52

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「抱きたいカンケイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

ナタリー・ポートマンとアシュトン・カッチャーの共演で贈るラブ・コメディ。ふとしたはずみで一線を越えてしまった幼なじみの男女が、お互いに干渉しない体だけのドライな関係を続けるものの、次第に芽生え始めた割り切れない感情に戸惑いを覚え、やがて本当の気持ちに気づいていくさまを過激な表現を織り交ぜつつ軽妙なタッチで綴る。監督は「Gガール 破壊的な彼女」のアイヴァン・ライトマン。仕事に追われる医師のエマは、ひょんなことから男友達のアダムと体の関係を持ってしまう。これをきっかけに2人は、恋愛感情抜きのセックス・フレンドの関係を続けることに。忙しい上に恋愛恐怖症のエマにとってそれは理想的な関係に思えたのだが…。

「抱きたいカンケイ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: NO STRINGS ATTACHED

「抱きたいカンケイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

乙女座殺人事件

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ

フリー・ゾーン FREE ZONE 〜明日が見える場所〜

プラネタリウム

ユーザーレビュー:52件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全52件

セックスから始まる いつもと逆のラブストーリー

投稿日:2013/07/30 レビュアー:ミルクチョコ

ナタリー・ポートマンは、「ブラックスワン」「メタルヘッド」と来て、軽く息抜きしたくなったのでしょうか?
公私共に世界中から熱い注目を集めていたポートマンが、本作では製作指揮も兼任。久々に彼女の新作見たいですね。
煩わしい恋のかけひきなど無用、あとくされナシよ! って、セフレ契約を結ぶのですが。

監督は『ゴーストバスターズ』『Gガール 破壊的な彼女』のアイヴァン・ライトマン。
キャストに頼っちゃった作品という印象否めません。
ナタリー・ポートマンをラブコメに出演させるならこんな性格だよねっていう意味では予想通りでした。
やっぱりラブコメ似合わないですね。彼女はシリアスな役の方が輝きます。
話は全く共感できませんが、展開も予想範囲内で安心して楽しめます。
アシュトンの柔らかい人柄のキャラも予想通り。彼は御曹司系キャラが本当に似合います。
しかし、脱いでるシーン多いですね。タオル1枚〜というのは、どうなんでしょう?

予想外はケヴィン・クラインのアシュトンの父親役のキャラですか?
父親がアシュトンの元カノとくっついちゃう場面が笑えます。
結局、自ら決めたルールに振り回されて、愛情に気付く展開に、最初から素直になればいいのに!って思ってしまいました。

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

もはや忘却のかなた。

投稿日:2011/08/25 レビュアー:パープルローズ

「ブラックスワン」以来、「マイティソー」「水曜日のエミリア」「メタルヘッド」そしてこれと出演作が目白押しのナタリー・ポートマン。嫌いだといいつつ、全部観てしまった自分がいやなんですが、これがいちばんつまらなくて、印象が薄かったです。目新しさにかけるんだよね。

仕事一辺倒の毎日をおくる医師のエマ(ナタリー・ポートマン)。
15年前サマーキャンプで知り合ったアダム(アシュトン・カッチャー)と偶然再会し、肉体関係を持ってしまう。エマはアダムに、セックスだけの関係でいようと提案するのだが・・・。

予告編を観たときから思っていたのですが、なんだか「グレイズ・アナトミー」みたいな設定。
仕事の合間に病院の休憩室でセックスしちゃうところなんかそっくり。エマが、人との濃密なつきあいを拒もうとするところは、なんだかメレディスみたいだし。

一方、アダムはTVドラマディレクターのアシスタントという設定なんだけど、彼が関わってる番組がなんだか「Glee」そっくり。

オスカーをとったナタリー・ポートマンは、「こんなラブコメもできるのよ。」と言いたかったのかもしれないけど、その割りに露出は少ない。「クローサー」でダンサーの役をやったときほどのインパクトはないですね。

アシュトン・カッチャーは最近こんなだめな男の役ばっかり。この映画でも脱いでるシーンが多くて、いちばん印象に残ったのが、タオル1枚で大事なところだけ隠してるその姿だったというほど。本人が納得してるのならいいけど、こんな役ばっかり悲しくないのかな?

アダムの父親役のケビン・クラインがいちばんよかったです。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

久々に素敵なラブ☆コメに出会い幸せな気分です♪ ネタバレ

投稿日:2011/09/27 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

まずアシュトン・カッチャーとナタリー・ポートマンの共演には驚きました。
アシュトンは、ラブコメはハマり役ですから問題は有りませんが、ナタリーはどうなのかなとちょっと心配でした。
でも、キュートでお茶目なヒロイン役を見事に演じていて素敵でした。
それに、2人の息がピッタリ合っていて正直ちょっぴりジェラシーを感じるほどでした。

恋はしたいけど傷つくのはイヤと言う医師のエマ(ナタリー・ポートン)と、男友達のアダム(アシュトン・カッチャー)の恋愛物語です。
2人はセックスフレンド協定を結ぶのですが、言い出したのはエマです。アダムはエマが好きなので、しぶしぶOKしたってとこかな・・・。
それに、ルールは一方的にエマが決め強制的にアダムに突きつけたのです。
例えば、●嘘をつかない●嫉妬をしない●真剣に見つめない●朝食を一緒に食べない●SEXの感想を聞かない・・・etc。
暫くは楽しい日々が続きますが、そんな関係は長く続くはずがありません。2人に倦怠期が・・・!?
エマは「関係を中断しよう、他の女と寝て」とアダムに言う。すかさず「私もそうするから」とエマ。
その後、会わない日々が続きますが、いざ離れてみるとエマはアダムが恋しくて恋しくてたまらない・・・。仕事にも身が入りません。
アダムもエマのことは想っているが、自分からエマに逢いに行こうとはしない。好きでもない女性を部屋に誘ったり・・・。

久々に胸キュン状態になってしまいました。お互いちょっと回り道をしてしまいましたが、本物の恋にめぐり逢えたのです。
それに何よりエマは傷つくことを恐れず思い切ってアダムの胸に飛び込んだのです。そんなエマを素直に受け止めたアダムもとても素敵でした。
観終わった後、とってもハッピーな気分になりました♪ ラブコメが好きな方に超おススメです。
因みに、アシュトンファンにおススメなのは「愛とセックスとセレブリティ」です。アシュトンをちょっと独り占めできるシーンも♪

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

重い女は、どうやっても重い

投稿日:2012/01/17 レビュアー:ykk1976

オスカー受賞後のナタリー・ポートマンが、初とも言えるラブコメを演じた(または、アシュトン・カッチャーがほぼ半裸)
と聞いて、みた映画です。
結論は、(ナタリーよ)ラブコメって演技力だけで、どうこうなるもんではない(アシュトンよ、タオル一枚ではないか!!)・・・でした。

研修医のエマ(ナタリー・ポートマン)は、古くからの友人のテレビドラマのアシスタントのアダム(アシュトン・カッチャー)は、
ふとしたきっかけで、コトを致してしまいます。
アダムはエマに好意を抱いていますが、エマは身体だけの関係を望みます。そして、ふたりは・・・。

演技派が、お尻の軽い女性を演じるのが意外性もあって魅力的かと、最初思って観たんですが(きっと作り手も)、
そもそもナタリーに合わない気がします。
かわいらしい方ですが、色気がないし、一生懸命セックスしている真面目な女性に見えます。
となると、主人公が真面目なので、映画もいまいち軽いラブコメディの軽さが多少重みを増し・・・。
ミスキャストではないでしょうか。
ストーリーはありきたりですが、軽いラブコメとしては及第点だったと思うので、ミスキャストがくやまれます。
アイバン・ライトマン監督は、『デーヴ』がとても好きで、期待しましたが・・・残念でした。

アシュトン・カッチャーの身体を見ることが目当てで観た私が言うのもなんですが、
脱ぎ過ぎにもほどがあります。ありがたく、拝見しましたけど、たまには脱がない映画にも出てもいいと思います。
(オファーこないのかな?)
少し笑ったのは、アシュトンの父親役のケヴィン・クラインも脱いでいました。おっさんの割には悪くなかったかな(笑)

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

これはあまり好きじゃない

投稿日:2011/11/24 レビュアー:飛べない魔女

好きじゃない理由

1.男と女、体の繋がりだけでいいわけないよ!
  エマの気持ちがぜんぜん理解できない!
  気持ちの絆が出来ると、裏切られたときに深く傷つくのが怖いだけ?
  そんなのアホやん!
  
2.ナタリー・ポートマンが淫乱の超アホ女に見える

3.おまけにアシュトン・カッチャ―は女に振り回されているだけの、ただのアホな大オトコに見える。
  全裸で前だけ押さえて笑わせようったってそうはいかないゾ!
  逆に情けなくなったよ。
  はい、はい、あなたのヌード姿は素敵だってこと判りましたよ!

5.前半エッチシーンばかりでげんなり、それもどうも中途半端。

6.後半、あああ、もうどうでもいいから、早く終わってよ〜、って気持ちになる、この映画。

でもって、祝!アシュトン・カッチャ―、デミ・ムーアとの破局!
 (私っていやな女? おほほほーーーーー(*≧∇≦) )

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全52件

抱きたいカンケイ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:52件

セックスから始まる いつもと逆のラブストーリー

投稿日

2013/07/30

レビュアー

ミルクチョコ

ナタリー・ポートマンは、「ブラックスワン」「メタルヘッド」と来て、軽く息抜きしたくなったのでしょうか?
公私共に世界中から熱い注目を集めていたポートマンが、本作では製作指揮も兼任。久々に彼女の新作見たいですね。
煩わしい恋のかけひきなど無用、あとくされナシよ! って、セフレ契約を結ぶのですが。

監督は『ゴーストバスターズ』『Gガール 破壊的な彼女』のアイヴァン・ライトマン。
キャストに頼っちゃった作品という印象否めません。
ナタリー・ポートマンをラブコメに出演させるならこんな性格だよねっていう意味では予想通りでした。
やっぱりラブコメ似合わないですね。彼女はシリアスな役の方が輝きます。
話は全く共感できませんが、展開も予想範囲内で安心して楽しめます。
アシュトンの柔らかい人柄のキャラも予想通り。彼は御曹司系キャラが本当に似合います。
しかし、脱いでるシーン多いですね。タオル1枚〜というのは、どうなんでしょう?

予想外はケヴィン・クラインのアシュトンの父親役のキャラですか?
父親がアシュトンの元カノとくっついちゃう場面が笑えます。
結局、自ら決めたルールに振り回されて、愛情に気付く展開に、最初から素直になればいいのに!って思ってしまいました。

もはや忘却のかなた。

投稿日

2011/08/25

レビュアー

パープルローズ

「ブラックスワン」以来、「マイティソー」「水曜日のエミリア」「メタルヘッド」そしてこれと出演作が目白押しのナタリー・ポートマン。嫌いだといいつつ、全部観てしまった自分がいやなんですが、これがいちばんつまらなくて、印象が薄かったです。目新しさにかけるんだよね。

仕事一辺倒の毎日をおくる医師のエマ(ナタリー・ポートマン)。
15年前サマーキャンプで知り合ったアダム(アシュトン・カッチャー)と偶然再会し、肉体関係を持ってしまう。エマはアダムに、セックスだけの関係でいようと提案するのだが・・・。

予告編を観たときから思っていたのですが、なんだか「グレイズ・アナトミー」みたいな設定。
仕事の合間に病院の休憩室でセックスしちゃうところなんかそっくり。エマが、人との濃密なつきあいを拒もうとするところは、なんだかメレディスみたいだし。

一方、アダムはTVドラマディレクターのアシスタントという設定なんだけど、彼が関わってる番組がなんだか「Glee」そっくり。

オスカーをとったナタリー・ポートマンは、「こんなラブコメもできるのよ。」と言いたかったのかもしれないけど、その割りに露出は少ない。「クローサー」でダンサーの役をやったときほどのインパクトはないですね。

アシュトン・カッチャーは最近こんなだめな男の役ばっかり。この映画でも脱いでるシーンが多くて、いちばん印象に残ったのが、タオル1枚で大事なところだけ隠してるその姿だったというほど。本人が納得してるのならいいけど、こんな役ばっかり悲しくないのかな?

アダムの父親役のケビン・クラインがいちばんよかったです。

久々に素敵なラブ☆コメに出会い幸せな気分です♪

投稿日

2011/09/27

レビュアー

mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

まずアシュトン・カッチャーとナタリー・ポートマンの共演には驚きました。
アシュトンは、ラブコメはハマり役ですから問題は有りませんが、ナタリーはどうなのかなとちょっと心配でした。
でも、キュートでお茶目なヒロイン役を見事に演じていて素敵でした。
それに、2人の息がピッタリ合っていて正直ちょっぴりジェラシーを感じるほどでした。

恋はしたいけど傷つくのはイヤと言う医師のエマ(ナタリー・ポートン)と、男友達のアダム(アシュトン・カッチャー)の恋愛物語です。
2人はセックスフレンド協定を結ぶのですが、言い出したのはエマです。アダムはエマが好きなので、しぶしぶOKしたってとこかな・・・。
それに、ルールは一方的にエマが決め強制的にアダムに突きつけたのです。
例えば、●嘘をつかない●嫉妬をしない●真剣に見つめない●朝食を一緒に食べない●SEXの感想を聞かない・・・etc。
暫くは楽しい日々が続きますが、そんな関係は長く続くはずがありません。2人に倦怠期が・・・!?
エマは「関係を中断しよう、他の女と寝て」とアダムに言う。すかさず「私もそうするから」とエマ。
その後、会わない日々が続きますが、いざ離れてみるとエマはアダムが恋しくて恋しくてたまらない・・・。仕事にも身が入りません。
アダムもエマのことは想っているが、自分からエマに逢いに行こうとはしない。好きでもない女性を部屋に誘ったり・・・。

久々に胸キュン状態になってしまいました。お互いちょっと回り道をしてしまいましたが、本物の恋にめぐり逢えたのです。
それに何よりエマは傷つくことを恐れず思い切ってアダムの胸に飛び込んだのです。そんなエマを素直に受け止めたアダムもとても素敵でした。
観終わった後、とってもハッピーな気分になりました♪ ラブコメが好きな方に超おススメです。
因みに、アシュトンファンにおススメなのは「愛とセックスとセレブリティ」です。アシュトンをちょっと独り占めできるシーンも♪

重い女は、どうやっても重い

投稿日

2012/01/17

レビュアー

ykk1976

オスカー受賞後のナタリー・ポートマンが、初とも言えるラブコメを演じた(または、アシュトン・カッチャーがほぼ半裸)
と聞いて、みた映画です。
結論は、(ナタリーよ)ラブコメって演技力だけで、どうこうなるもんではない(アシュトンよ、タオル一枚ではないか!!)・・・でした。

研修医のエマ(ナタリー・ポートマン)は、古くからの友人のテレビドラマのアシスタントのアダム(アシュトン・カッチャー)は、
ふとしたきっかけで、コトを致してしまいます。
アダムはエマに好意を抱いていますが、エマは身体だけの関係を望みます。そして、ふたりは・・・。

演技派が、お尻の軽い女性を演じるのが意外性もあって魅力的かと、最初思って観たんですが(きっと作り手も)、
そもそもナタリーに合わない気がします。
かわいらしい方ですが、色気がないし、一生懸命セックスしている真面目な女性に見えます。
となると、主人公が真面目なので、映画もいまいち軽いラブコメディの軽さが多少重みを増し・・・。
ミスキャストではないでしょうか。
ストーリーはありきたりですが、軽いラブコメとしては及第点だったと思うので、ミスキャストがくやまれます。
アイバン・ライトマン監督は、『デーヴ』がとても好きで、期待しましたが・・・残念でした。

アシュトン・カッチャーの身体を見ることが目当てで観た私が言うのもなんですが、
脱ぎ過ぎにもほどがあります。ありがたく、拝見しましたけど、たまには脱がない映画にも出てもいいと思います。
(オファーこないのかな?)
少し笑ったのは、アシュトンの父親役のケヴィン・クラインも脱いでいました。おっさんの割には悪くなかったかな(笑)

これはあまり好きじゃない

投稿日

2011/11/24

レビュアー

飛べない魔女

好きじゃない理由

1.男と女、体の繋がりだけでいいわけないよ!
  エマの気持ちがぜんぜん理解できない!
  気持ちの絆が出来ると、裏切られたときに深く傷つくのが怖いだけ?
  そんなのアホやん!
  
2.ナタリー・ポートマンが淫乱の超アホ女に見える

3.おまけにアシュトン・カッチャ―は女に振り回されているだけの、ただのアホな大オトコに見える。
  全裸で前だけ押さえて笑わせようったってそうはいかないゾ!
  逆に情けなくなったよ。
  はい、はい、あなたのヌード姿は素敵だってこと判りましたよ!

5.前半エッチシーンばかりでげんなり、それもどうも中途半端。

6.後半、あああ、もうどうでもいいから、早く終わってよ〜、って気持ちになる、この映画。

でもって、祝!アシュトン・カッチャ―、デミ・ムーアとの破局!
 (私っていやな女? おほほほーーーーー(*≧∇≦) )

1〜 5件 / 全52件