ミッシング55 ファイナル・ブレイク

ミッシング55 ファイナル・ブレイクの画像・ジャケット写真

ミッシング55 ファイナル・ブレイク / 早乙女ルイ

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

旧作

ジャンル :

「ミッシング55 ファイナル・ブレイク」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

拉致・監禁された女子高生が調教を受けるシリーズ第2期の完結編。“学校”から脱獄した京子の体には、殺人ウイルスが注射されていた。生き残るには“学校”に戻りワクチンを奪うしかない。一方、脱獄に失敗した少女たちには洗脳手術が施されており…。

「ミッシング55 ファイナル・ブレイク」 の作品情報

作品情報

製作年:

2011年

製作国:

日本

「ミッシング55 ファイナル・ブレイク」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

テルマエ・シロユリ団地

ハッピーマンゴー

テルマエ・エイリアン

ミッシング44

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

そして誰もいなくなった・・・ ネタバレ

投稿日:2013/04/14 レビュアー:masahirohh

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前編が面白かったので続けて見たが何?この滅茶苦茶な展開?
結末も不満だけどそこに至る過程が無理やりすぎて説得力無し

安易な洗脳/逆洗脳装置の登場、ワンパターンな内通者設定
誰が誰を撃ったのか全くわからない銃撃戦
そしてすべての伏線をぶち壊しにするラストの衝撃
大してエロくもないオークションシーンに時間かけるくらいなら
もう少しストーリーをブラッシュアップしてほしかった

唯一、早乙女ルイが吊るされて一斉に鞭打ちされるシーンが
エロくて良かった

前編を見た人はこちらも見るべき。いろんな意味で驚くはず

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

主人公の名前は京子。仲間は結花、由真、唯。

投稿日:2016/09/22 レビュアー:伝衛門

前シリーズの『ミッシング44』も『反逆同盟』やら『コマンドーIZUMI』やら
その手の学園ドラマのヒロインから名前を拝借していたようですが、
本作はもっと分かりやすく『スケバン刑事』シリーズ一本に絞った感あり。
ヒロインの京子が”結花、由真、唯”と呼びかけるセリフを聞くと
ニヤリとしてしまう昭和世代…(・・。)ゞ

さて、前作『ミッシング55』では、エロ調教ゲームからヒロインが潜入捜査員的な
活躍をみせる作品に変化していたことを評価していましたが、
続編にあたる本作品では売春組織の”やり過ぎ感”が突出し過ぎて
作品のバランスが一気に崩れてしまっています。
”潜入捜査官ネタもAV作品にありがちな設定なんだわぁ〜”ということに
気が付いてしまう残念な作品になってしまっています。

とはいえ、ヒロインの早乙女ルイさんはなかなかよかった!
DMMで確認すると『処女宮』の出演女優ということで更に驚いたわけですが、
一番驚いたのは酷評レビューが多さ!w(゚o゚)w
昭和世代の方の『処女宮』シリーズへの思い入れの強さってすごいんだわぁ〜!
その”思い入れ”に共感してしまう自分自身にも…( ̄∇ ̄*)ゞ

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

これはエロティックだったとは

投稿日:2011/10/08 レビュアー:てんてん

ジャンルを確認せずに借りたのは失敗でした。
大したミッションなんかありません。
ただ、中途半端にエロイだけです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

ミッシング55 ファイナル・ブレイク

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

そして誰もいなくなった・・・

投稿日

2013/04/14

レビュアー

masahirohh

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前編が面白かったので続けて見たが何?この滅茶苦茶な展開?
結末も不満だけどそこに至る過程が無理やりすぎて説得力無し

安易な洗脳/逆洗脳装置の登場、ワンパターンな内通者設定
誰が誰を撃ったのか全くわからない銃撃戦
そしてすべての伏線をぶち壊しにするラストの衝撃
大してエロくもないオークションシーンに時間かけるくらいなら
もう少しストーリーをブラッシュアップしてほしかった

唯一、早乙女ルイが吊るされて一斉に鞭打ちされるシーンが
エロくて良かった

前編を見た人はこちらも見るべき。いろんな意味で驚くはず

主人公の名前は京子。仲間は結花、由真、唯。

投稿日

2016/09/22

レビュアー

伝衛門

前シリーズの『ミッシング44』も『反逆同盟』やら『コマンドーIZUMI』やら
その手の学園ドラマのヒロインから名前を拝借していたようですが、
本作はもっと分かりやすく『スケバン刑事』シリーズ一本に絞った感あり。
ヒロインの京子が”結花、由真、唯”と呼びかけるセリフを聞くと
ニヤリとしてしまう昭和世代…(・・。)ゞ

さて、前作『ミッシング55』では、エロ調教ゲームからヒロインが潜入捜査員的な
活躍をみせる作品に変化していたことを評価していましたが、
続編にあたる本作品では売春組織の”やり過ぎ感”が突出し過ぎて
作品のバランスが一気に崩れてしまっています。
”潜入捜査官ネタもAV作品にありがちな設定なんだわぁ〜”ということに
気が付いてしまう残念な作品になってしまっています。

とはいえ、ヒロインの早乙女ルイさんはなかなかよかった!
DMMで確認すると『処女宮』の出演女優ということで更に驚いたわけですが、
一番驚いたのは酷評レビューが多さ!w(゚o゚)w
昭和世代の方の『処女宮』シリーズへの思い入れの強さってすごいんだわぁ〜!
その”思い入れ”に共感してしまう自分自身にも…( ̄∇ ̄*)ゞ

これはエロティックだったとは

投稿日

2011/10/08

レビュアー

てんてん

ジャンルを確認せずに借りたのは失敗でした。
大したミッションなんかありません。
ただ、中途半端にエロイだけです。

1〜 3件 / 全3件