マルドゥック・スクランブル 圧縮

マルドゥック・スクランブル 圧縮の画像・ジャケット写真
マルドゥック・スクランブル 圧縮 / 林原めぐみ
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

5

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「マルドゥック・スクランブル 圧縮」 の解説・あらすじ・ストーリー

冲方丁の日本SF大賞受賞作を元にした劇場版アニメ3部作の第1弾。緊急法令“マルドゥック・スクランブル-09”により命を救われた少女娼婦・バロット。彼女は自分を亡き者にしようとした男の犯罪を暴こうと立ち上がる。第1部「圧縮」を収録。※PG12

「マルドゥック・スクランブル 圧縮」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「マルドゥック・スクランブル 圧縮」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

マルドゥック・スクランブル 第一部 圧縮の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
65分 1:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 ANRB9551 2011年08月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
34枚 2人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

淫靡で酷薄な未来の汚物にまみれた路地裏で

投稿日:2011/08/22 レビュアー:よふかし

 原作も読まず予備知識ゼロの状態でふらりと劇場に入った。タイトルの奇妙さと短い上映時間に惹かれて。
 のっけから少女娼婦がなぜか元締めの不興をかって、車ごと爆破されるシーンだったか。
 淫靡で酷薄な未来の、汚物にまみれた路地裏――そんな悪夢に突然放り込まれたような気がした。人物紹介や背景説明はほとんどないし、時間も行ったり来たりしていたような記憶がある。何が起こっているのかを把握するのに苦労したが、気分は悪くない。
 ようやく分かりかけた物語から、僕はティム・バートンの『バットマン・リターンズ』のキャットウーマンを思いだしたりする。しかしこちらはネズミだ。
 少女の復讐の手引きというか、銃にも変形するネズミというのは、正直なところ意味がよく分からなかった。少女の心に連動している能力というあたり――ひじょうに観念的だ。
 この「精神への信頼」と言うか、つまるところ道を切り開くのは強い思い――というのは古くて新しいテーマで、案外『エンジェル・ウォーズ』あたりともシンクロしているようで面白い。映画の世界でも小説の世界でも、戦いの場は外ではなく、中に移っている。ほんとうにやっかいな敵は、おかしな能力をもったサーカス芸人のような殺し屋たちではなく、自分自身なのだ。
 映画の何かが切羽詰まり過ぎていて、僕は置いてきぼりをくってしまったところがあるが、続編(三部作になるらしい)も観てみようと思う。
 娼婦と言う言葉から連想されるような直接的なシーンはないが、子ども向けではない。55点。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★微妙だった…

投稿日:2011/09/18 レビュアー:ザ★ウォーカー

日本SF大賞受賞作…冲方丁原作未読…「劇場版アニメ3部作」…の第一部…当然だが…ラストも「不完全燃焼」で終了する…まぁ…アニメの新作は、勝手にこちらも「斬新な映像&世界観」を期待して観るんだけど…もちろん「劇場版」だけあって、そこそこのクオリティもあるし…映像自体は美しい…

だけど…何だろう?「攻殻機動隊?」「メトロポリス?」のような、以前見たことのある様な映像で…それほど「ぶっ飛ぶ」ような雰囲気はなかった…「第一部」ということもあるかもしれないが…この作品の「テーマ」が何なのか?見えてこなかった…今までになかった?「世界観」を描きたいと言う想いが「強過ぎる」のか?台詞も「深い」のか?オヤジの「理解不足」もあるんだろうけど…最近良くあるパターンで…どうも「世界観」含め、説明不足で自己満足な気がする…それとも「これが今時?」のアニメなのか?

内容も…それが見せたい?(何だが最近この手の内容が多いなぁ…)だけの「表現や内容」が多くて…物語上の「必然性」が感じられない…声優も、重要な役柄を八嶋智人が頑張って演じてはいるが…どうも「物足りない」…もっと実力派の「山寺宏一」などキャスティングしたほうが良かったんじゃないだろうか?

ともあれ…「映像だけで良い」人には十分かもしれません…まだあと2作品あるようですが…「劇場」では見ないオヤジにすれば…次回第2弾…はいつごろ「レンタル化」されるんだろうと…思うけど…まぁ…気長に「レンタル解禁」になれば…また続きを見ようと思います…覚えていればだけど…(^○^)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

けっこうエグイネタバレ

投稿日:2013/12/18 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

冒頭からエグい描写が満載でした。
特に暗殺一家はグロすぎて・・・

作品の世界観は結構好きですが、ストーリーの書き込みや構成の不足で、話がわかりにくい。
ネズミはかわいいんだけど、強すぎ(笑

SFニキータみたいな感じかな?
映画館でお金をとるにはちょっとな作品かも・・・その物足りなさが却ってを原作を読んでみたい気にはさせてくれます。

続きに期待です。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

孤独の葛藤

投稿日:2015/07/02 レビュアー:dollddddd

SFとしての真新しさや風景、技術革新の考証というものを期待すると肩透かしを食らうでしょう。
これは未来社会を舞台にはしていますが、人間の心のあり方について細やかに描いてゆく、そういう作品だと思います。
登場人物の台詞のひとことから"察して"物事の流れがわかる、という構成なので、そういう見方ができないと、意味がわからないと思います。

主人公の娼婦である少女は、"自分は不要な存在"かもしれない、という憂鬱と"誰かに必要とされたい"という普遍的だけれど深刻な葛藤を抱えています。
そして自分を道具としてしか見ない男のエゴという理不尽に殺されてしまいます。

けれど生き残るすべはまだありました。そしてそれが、過去の自分の傷をえぐり、新たな傷を増やす選択だとしても…

基本的に少女に感情移入できる人がいちばん楽しめると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

第一部 圧縮ネタバレ

投稿日:2012/07/28 レビュアー:アイスマン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なんか面白そうで見てみたが残酷&グロイシーンが多い。内容的には一人の少女が怖がりながらもパートナーのねずみと悪に立ち向かうという内容だ。
私は意外に好きだから別に構わないのだが子供やグロイシーンが苦手な人が見るのは控えたほうがいい!

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全5件

マルドゥック・スクランブル 圧縮