コブラ

コブラの画像・ジャケット写真

コブラ / シルベスター・スタローン

全体の平均評価点:(5点満点)

20

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「コブラ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

殺人事件を目撃した美女の抹殺を企てる殺人鬼集団と闘うはみだし刑事を描いた、S・スタローン主演のバイオレンス・アクション。“ナイトスラッシャー”と呼ばれる狂信的なグループによる連続殺人事件が発生。事件の捜査にあたるロス市警のマリオン・コブレッティ刑事、通称“コブラ”は、ある殺人現場を目撃したモデルのイングリッドと出会う。目撃者であるイングリッドは“ナイトスラッシャー”に狙われることになり、コブラは彼女の警護にあたるが……。

「コブラ」 の作品情報

作品情報

製作年: 1986年
製作国: アメリカ
原題: COBRA

「コブラ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

刑事ジョー ママにお手あげ

追撃者

ダーティハリー

ファイナル・レジェンド 呪われたソロモン

ユーザーレビュー:20件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全20件

名がコブレッティだからコブラ・・ぷぷぷ(笑)

投稿日:2005/10/30 レビュアー:RUSH


スタローン人気絶頂時代のアクション作品。とにかく格好いい(笑)。いちいち格好いい(爆)。この格好の良さにあこがれたものだ(^^ゞ。しかし、今見るとちょっと笑っちゃうね(^^ゞ。とにかくいちいち格好いいんだもん(笑)。この当時、スタローンは人気絶頂のアクションスターだったからねぇ。ロッキーでブレイクし、ランボーでその人気を確実なものとしたスタローンがコブラなる新しいヒーローを生み出したとかなんとか話題になった記憶がある(笑)。しかしこのコブラというヒーローはその当てつけのような格好の良さが嫌われたのか続編は作られなかった(笑)。

スタローン演じるマリオン・コブレッティ、通称コブラの相方はモデル上がりで当時売り出し中のブリジット・ニールセン。彼女はロッキー4(たぶん(^^ゞ)以来のスタローンとの共演だ。この共演により二人は結婚し、すぐに離婚した(笑)。とにかく彼女の足の長さは尋常ではない(笑)。とにかく長い!(笑)。うらやましさを通り越す程の足の長さだ。おまけに身長はスタローンより大きいときている(笑)。さすがスーパーモデルといったところか(^^ゞ。

アクションに関してはさすがに古さを感じてしまうが、ガン、カー、格闘と全て揃っている。印象に残るのは同僚の小憎らしいインテリ風の刑事とアーノルド・シュワルツェネッガーをもう少し悪い人相にしたような悪役だ(^^ゞ。悪役が強烈に悪いと主人公の格好の良さが目立つがこの作品もその手の作品になっていた。また、この悪役が使用していたナイフはとても格好良く、ナイフファンにはたまらなかったようだ。ランボーが使用したナイフもそうだったけどね(^^ゞ。たまに懐かしいアクション作品を見るのもいいかもしれないね(^^ゞ。ちょっとスッキリしたかも(^^ゞ。

スタローンファンにはもってこいの作品だが、そうでない人にはあの格好良さは鼻につくかもね(笑)。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

木枯らし紋次郎?

投稿日:2013/07/06 レビュアー:kazupon

コブラ(シルヴェスター・スタローン)は、いつも爪楊枝ならぬマッチ棒を口にくわえている。
このコブラという異名は、マリオン・コブレッティという名前から来ているみたい。
そして、彼が使う銃のグリップには、コブラの紋章が入っている。
マリオンというのは女性の名前だから、コブラは本名で呼ばれるのをすごく嫌がっているのが面白い。
私は、スタローンが苦手なのだけど、本作のスタローンは痩せていて精悍だし、女性に不器用なヒーローというのが良かった。
コブラが追っているのは、“ナイト・スラッシャー”と呼ばれる狂信的な殺人集団で、イングリットというモデルが、それとは知らずに殺人現場を目撃し、命を狙われることになる。
この時初めて、警察内部の人間がこのグループにいることも判明。
イングリットは他の被害者と違い、危機一髪のところで運良く逃げ果せるのだけれど、彼女を助けてくれた警備員を残したままエレベーターのドアを閉めちゃったり、それはないよ〜と思った。(笑)
ダイ・ハードに負けないくらいの派手な撃ち合いと、市民を巻き込んでの破茶滅茶なカーアクションで、男性ファンが彼を「恰好いい!!」と絶賛するのも納得。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

酷評イントロに爆笑(^▽^)

投稿日:2010/07/14 レビュアー:エコエコアザラク

そうです!! まさしくイントロ通りです。これ、すでにツタヤスタッフのレビューですね。しかしやり過ぎですよ〜お客様のレンタル意欲を削ぎまくるイントロは、いかがなものかと・・・

しかも、私は本作を高校時代に友達と劇場で見ちゃってるし。
なんだか・・・ガッカリしてきましたね〜余計に・・・

気を取り直してレビュー・・・
殺人集団に狙われたヒロインをスタローンが救うというシナリオです。しかし、殺人集団が全然怖くないのでハラハラ・ドキドキ緊張感を堪能することは、無し!!
アクションもあまり見所も無し!! コブラなんてカッコイイ名前だけど、なんか薄い・・・個性がないってことですね。
あー・・ほとんどイントロと同じです。
肝心のシナリオもフツー過ぎて、見終わって爽快感もないです。押入れにあるパンフを見ると、むなしくなります。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

コブラナイフ

投稿日:2007/03/26 レビュアー:勝王

 「ナイフマガジン」というナイフの専門誌があって、ずいぶん昔ですが定期購読していた時期がありました。この映画の公開当時、その雑誌で「コブラナイフ」の特集をやっておりました。グリップのところがメリケンサックみたいになっているナイフで、凄くカッコよかったです。そんなわけでナイフ好きには有名な作品。でも、映画の中では悪者が使っているんですよね。主人公のスタローンがカッコよく使ってくれれば良かったのに。
 スタローンはマッチ棒くわえて茄子型のサングラスという、どうしてこんなスタイルにしたんだろ、と思うくらいのダササ。しかもコブラナイフという、めちゃめちゃカッコいい武器すら相手のもの。これでは困ります。アクションものは主人公がカッコよくなくっちゃ。相手も変な宗教団体ですが怖さがないし。演出もダサイのでした。

 ここからブログモード。「ベルリン天使の詩」のレビューを書いたらさっそくparoleさんから返事をいただきありがとうございました。昔からヴェンダースを嫌いだというと映画好きな人からは必ず叱られるのですが、カミングアウトすると、私はゴダールも嫌いです。それはいいんですけど、その後、ニュー・ジャーマン・シネマつながりでヘルツォークの「小人の饗宴」のレビューを書いてまたもアンチ・ヴェンダースなどとタイトルをつけてしまったのですが、けっしてparoleさんへの当てつけではないので気に障ったらお許し下さい。paroleさんの「ベルリン」レビューを見る前に書いてしまったのですが、後で見ると変に挑発しているようにも見えてしまっており申し訳ないです。間が悪いですね。ヴェンダースの作品も最近はあんまり見てないので、ヒマになったら我が青春のニュー・ジャーマン・シネマももう一度じっくり見てみたいものです。あんまりDVDが出ていないようですが。
 
 

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

数回観ちゃいました…

投稿日:2006/07/16 レビュアー:Bikke兄

主人公コブラがめっちゃカッコいい!!
救いを求める女性がめっちゃキレイ(タイプでないが)!
ヘルズエンジェルス気取りの悪者集団がめっちゃ悪役!?
一番強い悪役がめっちゃシュワちゃん!?
その偽シュワちゃん(?)との格闘シーンがめっちゃコマンドー!?

アニメ並みのカッコよさを求めるなら、この作品悪くありませんよ。
なんと言っても解かりやすい!
アクション満載のヒーロー刑事もの。
続編の話もあったんだ!?そりゃ要らないなぁ。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全20件

コブラ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:20件

名がコブレッティだからコブラ・・ぷぷぷ(笑)

投稿日

2005/10/30

レビュアー

RUSH


スタローン人気絶頂時代のアクション作品。とにかく格好いい(笑)。いちいち格好いい(爆)。この格好の良さにあこがれたものだ(^^ゞ。しかし、今見るとちょっと笑っちゃうね(^^ゞ。とにかくいちいち格好いいんだもん(笑)。この当時、スタローンは人気絶頂のアクションスターだったからねぇ。ロッキーでブレイクし、ランボーでその人気を確実なものとしたスタローンがコブラなる新しいヒーローを生み出したとかなんとか話題になった記憶がある(笑)。しかしこのコブラというヒーローはその当てつけのような格好の良さが嫌われたのか続編は作られなかった(笑)。

スタローン演じるマリオン・コブレッティ、通称コブラの相方はモデル上がりで当時売り出し中のブリジット・ニールセン。彼女はロッキー4(たぶん(^^ゞ)以来のスタローンとの共演だ。この共演により二人は結婚し、すぐに離婚した(笑)。とにかく彼女の足の長さは尋常ではない(笑)。とにかく長い!(笑)。うらやましさを通り越す程の足の長さだ。おまけに身長はスタローンより大きいときている(笑)。さすがスーパーモデルといったところか(^^ゞ。

アクションに関してはさすがに古さを感じてしまうが、ガン、カー、格闘と全て揃っている。印象に残るのは同僚の小憎らしいインテリ風の刑事とアーノルド・シュワルツェネッガーをもう少し悪い人相にしたような悪役だ(^^ゞ。悪役が強烈に悪いと主人公の格好の良さが目立つがこの作品もその手の作品になっていた。また、この悪役が使用していたナイフはとても格好良く、ナイフファンにはたまらなかったようだ。ランボーが使用したナイフもそうだったけどね(^^ゞ。たまに懐かしいアクション作品を見るのもいいかもしれないね(^^ゞ。ちょっとスッキリしたかも(^^ゞ。

スタローンファンにはもってこいの作品だが、そうでない人にはあの格好良さは鼻につくかもね(笑)。

木枯らし紋次郎?

投稿日

2013/07/06

レビュアー

kazupon

コブラ(シルヴェスター・スタローン)は、いつも爪楊枝ならぬマッチ棒を口にくわえている。
このコブラという異名は、マリオン・コブレッティという名前から来ているみたい。
そして、彼が使う銃のグリップには、コブラの紋章が入っている。
マリオンというのは女性の名前だから、コブラは本名で呼ばれるのをすごく嫌がっているのが面白い。
私は、スタローンが苦手なのだけど、本作のスタローンは痩せていて精悍だし、女性に不器用なヒーローというのが良かった。
コブラが追っているのは、“ナイト・スラッシャー”と呼ばれる狂信的な殺人集団で、イングリットというモデルが、それとは知らずに殺人現場を目撃し、命を狙われることになる。
この時初めて、警察内部の人間がこのグループにいることも判明。
イングリットは他の被害者と違い、危機一髪のところで運良く逃げ果せるのだけれど、彼女を助けてくれた警備員を残したままエレベーターのドアを閉めちゃったり、それはないよ〜と思った。(笑)
ダイ・ハードに負けないくらいの派手な撃ち合いと、市民を巻き込んでの破茶滅茶なカーアクションで、男性ファンが彼を「恰好いい!!」と絶賛するのも納得。

酷評イントロに爆笑(^▽^)

投稿日

2010/07/14

レビュアー

エコエコアザラク

そうです!! まさしくイントロ通りです。これ、すでにツタヤスタッフのレビューですね。しかしやり過ぎですよ〜お客様のレンタル意欲を削ぎまくるイントロは、いかがなものかと・・・

しかも、私は本作を高校時代に友達と劇場で見ちゃってるし。
なんだか・・・ガッカリしてきましたね〜余計に・・・

気を取り直してレビュー・・・
殺人集団に狙われたヒロインをスタローンが救うというシナリオです。しかし、殺人集団が全然怖くないのでハラハラ・ドキドキ緊張感を堪能することは、無し!!
アクションもあまり見所も無し!! コブラなんてカッコイイ名前だけど、なんか薄い・・・個性がないってことですね。
あー・・ほとんどイントロと同じです。
肝心のシナリオもフツー過ぎて、見終わって爽快感もないです。押入れにあるパンフを見ると、むなしくなります。

コブラナイフ

投稿日

2007/03/26

レビュアー

勝王

 「ナイフマガジン」というナイフの専門誌があって、ずいぶん昔ですが定期購読していた時期がありました。この映画の公開当時、その雑誌で「コブラナイフ」の特集をやっておりました。グリップのところがメリケンサックみたいになっているナイフで、凄くカッコよかったです。そんなわけでナイフ好きには有名な作品。でも、映画の中では悪者が使っているんですよね。主人公のスタローンがカッコよく使ってくれれば良かったのに。
 スタローンはマッチ棒くわえて茄子型のサングラスという、どうしてこんなスタイルにしたんだろ、と思うくらいのダササ。しかもコブラナイフという、めちゃめちゃカッコいい武器すら相手のもの。これでは困ります。アクションものは主人公がカッコよくなくっちゃ。相手も変な宗教団体ですが怖さがないし。演出もダサイのでした。

 ここからブログモード。「ベルリン天使の詩」のレビューを書いたらさっそくparoleさんから返事をいただきありがとうございました。昔からヴェンダースを嫌いだというと映画好きな人からは必ず叱られるのですが、カミングアウトすると、私はゴダールも嫌いです。それはいいんですけど、その後、ニュー・ジャーマン・シネマつながりでヘルツォークの「小人の饗宴」のレビューを書いてまたもアンチ・ヴェンダースなどとタイトルをつけてしまったのですが、けっしてparoleさんへの当てつけではないので気に障ったらお許し下さい。paroleさんの「ベルリン」レビューを見る前に書いてしまったのですが、後で見ると変に挑発しているようにも見えてしまっており申し訳ないです。間が悪いですね。ヴェンダースの作品も最近はあんまり見てないので、ヒマになったら我が青春のニュー・ジャーマン・シネマももう一度じっくり見てみたいものです。あんまりDVDが出ていないようですが。
 
 

数回観ちゃいました…

投稿日

2006/07/16

レビュアー

Bikke兄

主人公コブラがめっちゃカッコいい!!
救いを求める女性がめっちゃキレイ(タイプでないが)!
ヘルズエンジェルス気取りの悪者集団がめっちゃ悪役!?
一番強い悪役がめっちゃシュワちゃん!?
その偽シュワちゃん(?)との格闘シーンがめっちゃコマンドー!?

アニメ並みのカッコよさを求めるなら、この作品悪くありませんよ。
なんと言っても解かりやすい!
アクション満載のヒーロー刑事もの。
続編の話もあったんだ!?そりゃ要らないなぁ。

1〜 5件 / 全20件