アイアンマン

アイアンマンの画像・ジャケット写真
アイアンマン
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
ジャンル:

「アイアンマン」 の解説・あらすじ・ストーリー

マーベルコミックの人気ヒーローアクションを、日本の制作会社・マッドハウスがアニメ化したシリーズ第3巻。突如何者かによって拉致され、廃棄物の投棄された絶海の孤島に幽閉されたスタークは、懸命に脱出を図るが…。第7話から第9話を収録。

「アイアンマン」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「アイアンマン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 佐藤雄三佐藤雄三

アイアンマンのシリーズ商品


1〜 4件 / 全4件

アイアンマン VOL.1

  • 旧作

マーベルコミックの人気ヒーローアクションを、日本の制作会社・マッドハウスがアニメ化したシリーズ第1巻。巨大軍事産業のCEOにして天才発明家のトニー・スタークが、世界平和プロジェクトの一環で日本にやって来るが…。第1話から第3話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
70分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RJD80040 2011年05月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
14枚 0人 0人

アイアンマン VOL.2

  • 旧作

マーベルコミックの人気ヒーローアクションを、日本の制作会社・マッドハウスがアニメ化したシリーズ第2巻。かつて「死の商人」と呼ばれたスタークは自らのイメージを払拭すべく、モータースポーツへの参入を計画するが…。第4話から第6話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
70分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RJD80041 2011年05月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
14枚 0人 0人

アイアンマン VOL.3

  • 旧作

マーベルコミックの人気ヒーローアクションを、日本の制作会社・マッドハウスがアニメ化したシリーズ第3巻。突如何者かによって拉致され、廃棄物の投棄された絶海の孤島に幽閉されたスタークは、懸命に脱出を図るが…。第7話から第9話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
70分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RJD80042 2011年06月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 1人 0人

アイアンマン VOL.4

  • 旧作

マーベルコミックの人気ヒーローアクションを、日本の制作会社・マッドハウスがアニメ化したシリーズ第4巻。巨大軍事産業のCEOにして天才発明家のトニー・スタークが、世界平和プロジェクトの一環で日本にやって来るが…。第10話から最終第12話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
70分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RJD80043 2011年06月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 1人 2人

1〜 4件 / 全4件

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

アイアンマンのアニメ版ネタバレ

投稿日:2016/04/19 レビュアー:oyoyo

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

作画レベルは高く、見応えがあるが、どうも
アイアンマンが日本で活躍するという設定に違和感がある。
日本に自宅まで持っているのが不自然だ。

ちょい役でローガン(ウルヴァリン)が出演していたのは
テンションが上がった。

アクションシーンは迫力があるが、敵のメカが魅力に乏しい。
さらに、身体が光って、その光が消えると強化服が装着されている等、
実写版ではありえない描写も散見される。
光とともに剣(金属製)が出現したりもする。
4本足の強化服なども登場。どうやって着て操ってるのだろうか。
実写版にもツッコミどころはあるが、アニメ版のそれは不自然すぎる。

期待が大きすぎたのか、あまり物語に入り込めなかった。

50点

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

原作のイメージに近いアイアンマン

投稿日:2011/09/05 レビュアー:SFジュブナイル21

この作品の凄いところは、「リメイク」でも「日本版アレンジ」でもなく、マーベルコミックスの本物のアイアンマンが来日するという設定。
ストーリーを書いているのが本場のアメコミライターの人だし、映像も日本アニメとアメコミ画が融合したようなハイクオリティ作画です。大人の男のダンディさを醸している藤原啓治さんのヴォイスは、トニ―・スタークというキャラクターに最適のキャスティングだと思います。

音楽やセリフ回しからしてどことなく洋画風で、多くの「日本アニメ」のノリとは少し違います。リアルとぶっとびが混ざった陽質の外国SFドラマを見ているような楽しさがあります。
そんな独特のアメリカンなノリさえも動画で再現することのできる、日本のアニメ制作力を再実感できる作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

アイアンマン

月額課金で借りる

都度課金で借りる