月の恋人〜Moon Lovers〜

月の恋人〜Moon Lovers〜の画像・ジャケット写真
月の恋人〜Moon Lovers〜 / 木村拓哉
全体の平均評価点:
(5点満点)

5

  • DVD
ジャンル:

「月の恋人〜Moon Lovers〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

木村拓哉主演のラブストーリー第1巻。インテリアメーカー社長・葉月蓮介は、乗り込んだ上海でインテリアデザイナー・二宮真絵美、資産家令嬢で人気モデルの大貫柚月、中国人女性のリュウ・シュウメイと出会い、転機を迎える。第1話を収録。

「月の恋人〜Moon Lovers〜」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「月の恋人〜Moon Lovers〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

月の恋人〜Moon Lovers〜のシリーズ商品


1〜 5件 / 全5件

月の恋人 〜Moon Lovers〜 Vol.1

  • 旧作

木村拓哉主演のラブストーリー第1巻。インテリアメーカー社長・葉月蓮介は、乗り込んだ上海でインテリアデザイナー・二宮真絵美、資産家令嬢で人気モデルの大貫柚月、中国人女性のリュウ・シュウメイと出会い、転機を迎える。第1話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
57分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AVBF37843 2011年04月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 1人 0人

月の恋人 〜Moon Lovers〜 Vol.2

  • 旧作

木村拓哉、篠原涼子、リン・チーリン、松田翔太、北川景子ら共演によるラブストーリー第2巻。国内で急成長中のインテリアメーカー「レゴリス」の社長・蓮介は上海に乗り込み、自らの人生に転機をもたらす3人の女性と出会う。第2話と第3話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
92分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AVBF37844 2011年04月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 1人

月の恋人 〜Moon Lovers〜 Vol.3

  • 旧作

木村拓哉主演のラブストーリー第3巻。インテリアメーカー社長・葉月蓮介は、乗り込んだ上海でインテリアデザイナー・二宮真絵美、資産家令嬢で人気モデルの大貫柚月、中国人女性のリュウ・シュウメイと出会い、転機を迎える。第4話と第5話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
92分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AVBF37845 2011年04月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 0人

月の恋人 〜Moon Lovers〜 Vol.4

  • 旧作

木村拓哉、篠原涼子、リン・チーリン、松田翔太、北川景子ら共演によるラブストーリー第4巻。国内で急成長中のインテリアメーカー「レゴリス」の社長・蓮介は上海に乗り込み、自らの人生に転機をもたらす3人の女性と出会う。第6話と第7話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
92分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AVBF37846 2011年04月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 1人

月の恋人 〜Moon Lovers〜 Vol.5

  • 旧作

木村拓哉主演のラブストーリー第5巻。インテリアメーカー社長・葉月蓮介は、上海でインテリアデザイナー・二宮真絵美、資産家令嬢で人気モデルの大貫柚月、中国人女性のリュウ・シュウメイと出会う。最終第8話、オープニングタイトル集、予告集を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
101分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AVBF37847 2011年04月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 0人

1〜 5件 / 全5件

関連作品

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

キムタクの時代も終わったのかな・・・

投稿日:2011/04/28 レビュアー:kazupon

久々にキムタク主演で月9と聞いて、どんな恋愛ドラマになるのだろう?と、ちょっぴり期待していました。
ところが(女性週刊誌によると)主役にキムタク、ヒロインにリン・チーリンという部分だけしか決まっていなくて、キムタクに絡む女優二人が未定だとのこと。
北川景子は、前年、ブザー・ビートでヒロインを演じたばかりだし、篠原涼子はママになっていて、今更、恋愛モノは・・・と辞退していたのだとか。
それでは!という事で、頼りになるお助け女優(彼女は、不思議と視聴率が取れるらしい)に白羽の矢が立てられた・・・
その女優というのが、深津絵里だとも週刊誌は書いていました。
キムタクの相手役が決まらないために、ドラマのスタートが遅れ、8話完結という短い話数になったのだと解説されていましたが、本当のところはどうなのでしょう?
視聴率も初回は22.4%と、良い滑り出しでしたが、それが このドラマの最高の視聴率で、13.4%という低視聴率の回もあったようです。
私としては、自分が観て面白ければ視聴率なんてどうでもいいのですが、キムタクの「愛し方」の表現が、いつも同じに見えてしまい、キムタクの時代も終わったのかなあ?と、淋しく感じてしまったのでした。
蓮介が乱暴にシュウメイを引き寄せてキスをするシーン。
これって、「空から降る一億の星」で、井川遥にも同じように乱暴にキスしていたような気がします。
ワルイ男を演じるためとは思いますが、ちょっとワンパターンに感じました。
リン・チーリンのたどたどしい日本語は、それなりに好感が持てたし、実年齢35歳には見えないくらい可愛らしかったけど、服装が少し(体のラインも含めて)露出過剰じゃないの?と思うことが多かったです。
キムタクの身長とのバランスも悪かったように思います。
出演者も豪華、主題歌も久保田利伸と豪華なのに、なんだか残念な感じがしました。
個人的には、キムタクには「HERO」が一番お似合いのドラマだと思っています。


このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

42pts. 【出演】リン・チーリンネタバレ

投稿日:2011/04/05 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

うーん。。。
みんないい人的な終わり方で、
なんか、生ぬるいドラマでしたね。

家具メーカーのイケメン社長役、キムタク、
学生時代から、影で支える、デザイナーに篠原涼子
上海進出にともない、工場で働いていて、
キムタクの家具メーカー・レゴリスの、モデルになる美女役に、
レッドクリフの呉の美女として有名な小喬役だった、リン・チーリンを起用。
さらに、キムタクに、一途な思いを持つ、
ライバル家具メーカーの社長の娘役に、北川景子。

この3人の美女が、キムタクを、ある意味、奪い合う形という、
ま、それだけで言うと、ちょっと、エロゲ風味かも・・・(笑)

ま、エロゲは、主人公がへたれだけど、
キムタクは、社長として、強引な手腕を見せる形の役。

だからといって、悪者に徹するのではなく、
基本的には、いい人。
3人の美女から、結局は好かれているという、、、
ま、、、月九らしいといえば、そうなんだけど、
なにか、物足りなさが残るドラマだった。

話として、リン・チーリンが、キムタクを恨んでいて、
彼を騙し、
キムタクも、美女である、彼女を利用するような形で、
その駆け引きをある方が、面白かった気がする。

ただ、リー・チーリンの片言の日本語は、とても可愛らしく、
とても、35歳には、見えないんだけど・・・(笑)
それだからこそ、そういう、駆け引きを演じるには、
物足りなく、しかたなかったのかなという気もしますね。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

月9だから期待したけど・・・・

投稿日:2011/08/25 レビュアー:mi-ma-

キムタク主演でまして月9と言う事で期待していました
ロンバケやラブジェネのようにはやっぱりいかないですね。。。
ロンバケは特に内容がすごく濃かったし良かったけど、
この月の恋人は内容もつまらないし、キムタクはやっぱり世代交代ですかねっ

リンチーリンはすごく綺麗で良かったけど、相手がキムタクでかわいそぉ〜
松田翔太の方が良かったかも??

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

松田翔太に喰われたキムタク

投稿日:2011/06/01 レビュアー:Sarah

かわいそうだけど、キムタクは松田翔太に喰われたと思います。

正直、私は松田翔太と篠原涼子を中心に見ました。
一生懸命口説く翔太と、キムタクにしか興味がない篠原って、恋愛ドラマっぽくていいなと途中で気づいたので。

キムタクは口説くシーンがないまま、強引に抱きしめればすぐ女は惚れる、的な設定なのでついていけませんでした。
とにかく冷たくてイヤな奴にしか見えない役だし。
翔太もクールだけど、憎めない悪役って感じでピッタリはまってて、キムタクより翔太に目がいってしまいました。

とにかく主役の演技力にも問題が。
いつも同じ演技のキムタクと、片言のリンチーリンのカップル。
キャラが立ってて演技達者の松田翔太と篠原涼子のカップル。
そりゃいつの間にか後者のカップルのほうに目がいっちゃいます。

キムタクは終盤になってからのほうがいい人に見えました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

キャスティングありきの中身のないドラマネタバレ

投稿日:2011/03/30 レビュアー:ホットケーキの誘惑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


また書きますが、私は木村拓哉のファンです。
だから常々、彼をもっと上手に使ってくれないものか、と心を悩ませております。
彼が出ていれば、かっこよければ、どんなものでも良い訳ではありません。
ファンをなめないで欲しいなぁ全く。


という事でこのドラマ。
話にならないくらい酷い。
”木村拓哉主演でドラマをつくろう”
となり、きっとリン・チーリンの出演が脚本よりも先に決まったのでしょう。
すべてにおいて無理矢理で、何一つ必然性が無い。

蓮介(木村くん)はインテリア会社の社長。
かなり強気でワンマンなキャラです。それに反発する社員がいたり、まぁお決まりのパターン。
そもそもこんなワンマンでイヤなヤツなのにここまで会社大きくなったのはなぜなんだろうと素朴な疑問が思い浮かびますが、まぁいいやかっこいいし、と気にせず見続けます。

そして3人の女性が登場。
中国人のシュウメイ・仕事仲間の真絵美(篠原涼子)・モデルでありライバル会社の社長令嬢の柚月(北川景子)


まぁ、連ドラですから会社の経営と恋愛と、色んな要素が絡むんですけど、まず鼻についてくるのが、シュウメイの片言の日本語で、次に真絵美のしゃべり方。
回を重ねるごとにイライラしてきます。
この2人にイライラするせいで、ちょっと下手な北川景子ちゃんがとっても光って見えたくらいです(笑)
そして蓮介と3人の女性との恋愛のごたごたが・・・
まったくドキドキもワクワクもキュンキュンもなく、
「え、なんで?」
「へぇ好きなんだ。さっぱりわからなかった」
みたいなテンションで進んでいきます。

鼻につきつつもどうにか最終回へたどり着いた私ですが、なんと2時間枠。
あら、映画並のこの時間で一体どんな最終回が??と性懲りもなく期待してしまった事を思いっきり後悔する羽目に・・・(^^;)
訳のわからないデザインコンペ(ちょっと笑ってしまった)のくだりがあり、シュウメイとの別れがあり(何も感動せず)、会社から追い出された蓮介は初心に返り収まるところへおさまって。。。

え??それが結末??
みたいな、がっかり感ときたらそりゃぁ・・・。

そこそこの出演者を揃えておきながら、これはあんまりだと思います。
中身や奥行きなど全くなく、場面場面をつなぎ合わせた様なストーリー。
途中で何話かすっとばしても全く影響ないくらいの必然性のない逸話や事件の数々。
めずらしく(?)腹が立ってしまい、こんなにいっぱい書いてしまったのでした。











このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全5件

月の恋人〜Moon Lovers〜

月額課金で借りる

都度課金で借りる