CSI:科学捜査班 シーズン9

CSI:科学捜査班 シーズン9の画像・ジャケット写真

CSI:科学捜査班 シーズン9 / ウィリアム・ピーターセン

全体の平均評価点:(5点満点)

53

全体の平均評価点:

DVD

旧作

「CSI:科学捜査班 シーズン9」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

J・ブラッカイマー製作総指揮による人気サスペンスドラマの第9シーズン第5巻。フライドチキン店の厨房でマネージャーが床に倒れて死亡。フライヤーからゴミ置き場へ続く油の痕と、そこから厨房へ戻る血痕が謎を呼ぶ。第13話から第15話を収録。

「CSI:科学捜査班 シーズン9」 の作品情報

作品情報

製作年:

2008年

製作国:

アメリカ

原題:

CSI: CRIME SCENE INVESTIGATION

「CSI:科学捜査班 シーズン9」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン1

スピーシーズ 種の起源

スリーピー・ホロウ シーズン2

アーマード 武装地帯

ユーザーレビュー:53件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全53件

ウォリックゥゥゥゥゥ

投稿日:2011/02/25 レビュアー:四十肩六郎

物語の中、身よりの無いウォリックの家族はCSIチームが家族といっていたが、シーズン1より見ている僕も家族のような感覚で
とてもブルーになってしまった。葬式では泣いてしまった。
ちょっと残念なのがニックのキャラなら悲しみより怒り狂うと想像していた。
サラもゲストで髪型をかえ美人に。これが最後のベガスのメンバー総出演・・悲しい。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

それでも ネタバレ

投稿日:2011/03/11 レビュアー:ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「さらば友よ-2」
シーズン8のラストは、近年まれに見る、衝撃的なものでした。
こんな脚本にするしかなかったような、リアルでの事情があるようですが・・・

それにしても、長年の知り合いを本当に失ってしまったかのような喪失感は、耐えれません。

マッキーン・・・あんたねえ!!!!!


ラスト、撃たなかったのはやはり正解だと思う。
私なら、撃ったかも・・・でも、撃ってしまったら、単なる殺人者。
マッキーンと同じになってしまう。

葬儀のギルのスピーチは、つらかったです。


サラは、どうしちゃった?
ホント、老けちゃっています・・・え〜〜〜




「ここにはいられない」
ウォリックの事件の直後とあり、なんだか集中できません。


結婚を控えて、幸せのはずの女性が、いきなりマンションから飛び降りた。


この事件は、かなり非現実的でした。
催眠術ってそこまでできるのだろうか?

銀行の窓口に来た人は、かなり不自然な見た目だと思うんだけど・・・

同時に起こったのは、
ギャンブルにはまった女性の変死体が発見された。
この犯人は、早い時点で分かってしまった。
あの人しかいないでしょう?
でも、レクシーの存在は、ノーマークでした。

もうひとつの、レイプの被害者がこん睡状態で、夫が呼吸器を外してしまった・・・
レイプ犯は、レバレッジのハーディソンでした・・・え〜〜〜!!!


「芸術的な死体」
まるで蝋人形のようなポーズをとった死体・・・変な事件でした。
不謹慎ながら、「オー!マイキー」をほうふつさせるような・・・

芸術ってなんなんでしょうね?



新人さん、登場です。
てっきり、カーティスかと思った・・・



ウォリックが死んでしまった。
それでも、悲惨な事件は起こるわけで、
これまで、マイアミやNY編でも、仲間の死が耐えられず、辞めてしまう人がいるけど、
ホント、やってらんないって気持ちになるでしょうね・・・

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

次々にレギュラーが…… ネタバレ

投稿日:2011/03/03 レビュアー:(み)

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

4巻目まで見ての感想です。

シーズン8の終盤で撃たれたウォリックはやはり……(泣)
同じく前シーズン終盤ではサラも去り、そしてグリッソムも。
主要キャストの半分が入れ替わる大きな転機がシーズン9にして訪れましたね。
長く続くドラマでは仕方のないことですが、残念ではあります。

しかし後任にローレンス・フィッシュバーンを持ってくるとは驚きました。
おまけに鑑識としては素人という設定も思い切ってます。
周囲のスタッフも、新人なんだけど新人扱いできない微妙な空気で、
なかなか面白い空気を作ってる気がします。

問題はウォリックの後任のアダムス。
参加する時期も悪かったけど、このままだと存在が空気になりそうな予感。
大丈夫かなあ。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

。。。。。

投稿日:2011/04/07 レビュアー:エロエロ大魔神

メンバーに不満を感じる

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

教授もなかなか

投稿日:2011/09/26 レビュアー:misako

グリッソムが大好きでした。
他のCSIの主役は、かっこよく銃を持ち、颯爽と部下を引き連れ現場に向かう。
でも、グリッソムは自分の机にどかっと座り、地味〜に対応。

でも、虫オタクで、小デブな、グリッソムが本当に大好きでした!見かけは、おっさんだけど中身は濃厚な素敵な人。
正に理想の上司です。
いつも、どんな時も彼が後ろに居ると思えば、辛い仕事も、キツイ仕事の現実も何でも頑張れる、そんな上司でした。
本当に、グリッソムが居なくなるのは悲しかった。

だからと言って、教授を否定したりしません。
教授も、味があって良かった。教授は、不器用で真面目、でも茶目っ気がありで可愛い。
落ち着いた雰囲気と知性が、見ているこちらには安心出来るキャラでした。

やっぱり、CSIラスベガスが大好きです。


このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全53件

CSI:科学捜査班 シーズン9

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:53件

ウォリックゥゥゥゥゥ

投稿日

2011/02/25

レビュアー

四十肩六郎

物語の中、身よりの無いウォリックの家族はCSIチームが家族といっていたが、シーズン1より見ている僕も家族のような感覚で
とてもブルーになってしまった。葬式では泣いてしまった。
ちょっと残念なのがニックのキャラなら悲しみより怒り狂うと想像していた。
サラもゲストで髪型をかえ美人に。これが最後のベガスのメンバー総出演・・悲しい。

それでも

投稿日

2011/03/11

レビュアー

ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「さらば友よ-2」
シーズン8のラストは、近年まれに見る、衝撃的なものでした。
こんな脚本にするしかなかったような、リアルでの事情があるようですが・・・

それにしても、長年の知り合いを本当に失ってしまったかのような喪失感は、耐えれません。

マッキーン・・・あんたねえ!!!!!


ラスト、撃たなかったのはやはり正解だと思う。
私なら、撃ったかも・・・でも、撃ってしまったら、単なる殺人者。
マッキーンと同じになってしまう。

葬儀のギルのスピーチは、つらかったです。


サラは、どうしちゃった?
ホント、老けちゃっています・・・え〜〜〜




「ここにはいられない」
ウォリックの事件の直後とあり、なんだか集中できません。


結婚を控えて、幸せのはずの女性が、いきなりマンションから飛び降りた。


この事件は、かなり非現実的でした。
催眠術ってそこまでできるのだろうか?

銀行の窓口に来た人は、かなり不自然な見た目だと思うんだけど・・・

同時に起こったのは、
ギャンブルにはまった女性の変死体が発見された。
この犯人は、早い時点で分かってしまった。
あの人しかいないでしょう?
でも、レクシーの存在は、ノーマークでした。

もうひとつの、レイプの被害者がこん睡状態で、夫が呼吸器を外してしまった・・・
レイプ犯は、レバレッジのハーディソンでした・・・え〜〜〜!!!


「芸術的な死体」
まるで蝋人形のようなポーズをとった死体・・・変な事件でした。
不謹慎ながら、「オー!マイキー」をほうふつさせるような・・・

芸術ってなんなんでしょうね?



新人さん、登場です。
てっきり、カーティスかと思った・・・



ウォリックが死んでしまった。
それでも、悲惨な事件は起こるわけで、
これまで、マイアミやNY編でも、仲間の死が耐えられず、辞めてしまう人がいるけど、
ホント、やってらんないって気持ちになるでしょうね・・・

次々にレギュラーが……

投稿日

2011/03/03

レビュアー

(み)

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

4巻目まで見ての感想です。

シーズン8の終盤で撃たれたウォリックはやはり……(泣)
同じく前シーズン終盤ではサラも去り、そしてグリッソムも。
主要キャストの半分が入れ替わる大きな転機がシーズン9にして訪れましたね。
長く続くドラマでは仕方のないことですが、残念ではあります。

しかし後任にローレンス・フィッシュバーンを持ってくるとは驚きました。
おまけに鑑識としては素人という設定も思い切ってます。
周囲のスタッフも、新人なんだけど新人扱いできない微妙な空気で、
なかなか面白い空気を作ってる気がします。

問題はウォリックの後任のアダムス。
参加する時期も悪かったけど、このままだと存在が空気になりそうな予感。
大丈夫かなあ。

。。。。。

投稿日

2011/04/07

レビュアー

エロエロ大魔神

メンバーに不満を感じる

教授もなかなか

投稿日

2011/09/26

レビュアー

misako

グリッソムが大好きでした。
他のCSIの主役は、かっこよく銃を持ち、颯爽と部下を引き連れ現場に向かう。
でも、グリッソムは自分の机にどかっと座り、地味〜に対応。

でも、虫オタクで、小デブな、グリッソムが本当に大好きでした!見かけは、おっさんだけど中身は濃厚な素敵な人。
正に理想の上司です。
いつも、どんな時も彼が後ろに居ると思えば、辛い仕事も、キツイ仕事の現実も何でも頑張れる、そんな上司でした。
本当に、グリッソムが居なくなるのは悲しかった。

だからと言って、教授を否定したりしません。
教授も、味があって良かった。教授は、不器用で真面目、でも茶目っ気がありで可愛い。
落ち着いた雰囲気と知性が、見ているこちらには安心出来るキャラでした。

やっぱり、CSIラスベガスが大好きです。


1〜 5件 / 全53件