私の優しくない先輩

私の優しくない先輩の画像・ジャケット写真

私の優しくない先輩 / 川島海荷

全体の平均評価点:(5点満点)

19

全体の平均評価点:

DVD

旧作

ジャンル :

「私の優しくない先輩」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

『携帯彼氏』の川島海荷とお笑いコンビ・はんにゃの金田哲共演による青春ラブコメディ。16歳の女子高生・西表耶麻子は、同じ高校に通う南先輩に思いを寄せていた。そんなある日、天敵である不破先輩に、南先輩宛てのラブレターを読まれてしまい…。

「私の優しくない先輩」 の作品情報

作品情報

製作年:

2010年

製作国:

日本

「私の優しくない先輩」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本:

大野敏哉大野敏哉

原作:

日日日日日日

音楽:

神前暁

関連作品

関連作品

ピラメキ子役恋ものがたり 〜子役に憧れるすべての親子のために〜

繕い裁つ人

ミステイクン

闇金ウシジマくん Season2

ユーザーレビュー:19件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全19件

いい映画でした ネタバレ

投稿日:2011/03/27 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何といってもヒロインの川島海荷が、
ピュアでさわやかで、とてもハマリ役。
病気が絡んでいる話なのにカラッとしているのは
彼女の魅力のおかげかも。
周りの空気まで違って見える。タダモノじゃない感じ。

はんにゃ・金田哲さんもがんばっていたけど
これは彼女の映画という気がしましたね。

最初の宇宙空間のシーンは、かなりひいたけど
だんだん引き込まれていきました。

夢の中で夢見ながら生きてきたヤマコ(川島海荷)。
病気のせいで、現実を直視できなかったのかもしれない。
そんな彼女が、先輩(金田哲)のおせっかいによって、現実に目覚めていく。
彼女のように極端ではないにしろ、誰もが
恋に恋をしたり、自分勝手でずるい部分を持っていると思う。
私はとても共感できました。

島の素朴さも魅力的でした。
ラストは切なく・・・いい映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

MajiでKoiする…最後の5分だけ。

投稿日:2011/03/02 レビュアー:ぴよさん


 これはなかなかに困った作品だ。何かを企んだのだろうが、その企みが成功しているのか
失敗してしまったのか、どうにも判断しがたい。ストレートな青春コメディの体裁を作ったうえ
で、昭和チックな幼稚さで「ずらし」にかかる。中島哲也に対してのパロディを挿入しつつ、
大林宣彦や、相米慎二にオマージュを捧げる。アイドル映画という独特の文法の映画を、
この現代に再構築しようと試みているかのようだ。

 ヒロイン耶麻子のモノローグで話は進むが、そのセリフは『ハルヒ』のキョン宜しく、とめ
どない。耶麻子の心情は全てセリフで語られ、映像はそれを補完する役目に成り下がる。
これは山本寛の作家としての個性なんだろうが、どうなんだろう…中には面白いセリフも
あるけど、ほとんどはリズム作りの為の無駄なセリフに見える。映像観てりゃ分かるのに
と思わせるセリフが多く、正直うるさい。全てを解説されたため、キャラクターの思いを
想像するという楽しみも奪われてしまう。むろん、それが狙いなのかもしれないけれど。

 川島海荷のキャスティングは、彼女の持つ純で素朴なイメージと、それを崩したところに
生まれるギャップを狙ってのことで、つまり私が抱いたイライラは「思うツボ」ってことなん
だろう。あくまで「戯画的に描く中でのリアル」なわけだが、アイドル映画として、彼女は
今回あまり得をしていない。こんなヤな女子に、どうやって観客(特に年頃の男子)は
感情移入しろっていうのやら。小悪魔っぽい可愛さ? う〜〜ん…。  喜久子役の
児玉絹世も、妙にイヤ〜な女子なんだよなぁ。


 ただし、本編が終わってエンドロールの流れるラスト5分に限っては、話が違う。アイドル
を可愛く動かすことにかけては定評のある夏まゆみのコレオグラフ。これぞアイドル映画
と言える、さすがの仕事になっている。(ならばもう最初から最後まで夏に任せて「アイドル
ミュージカル映画」にしてしまえばよかったかも)
この5分間の楽しさで、本編のジリジリからかろうじて救われた気がする(個人的には)

 なんたって高田延彦にアイドルと同じフリで躍らせんだから! 欲を言やぁ、フンドシ締め
て踊って欲しかったけど。






このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

キモイ!ウザイ!クサイ!3拍子揃った先輩

投稿日:2011/08/24 レビュアー:飛べない魔女

はんにゃの金田哲がキモくて熱くるしい熱血先輩を全身で演じています。
それはいつもの彼らのコントと同じと言えばそうなんでしょうけど
基本的にお笑い芸人さんて演技うまいですから
けっこうハマり役で良かったです。
確かにウザイけど、確かにあそこまで熱いと正直うっとうしいかもしれないけど、こんな風に前向きでまっすぐな男の子って大人は見ていて気持ちがいいです。

16歳の少女・西表耶麻子は心臓疾患があり、空気の綺麗なこの島に3ヵ月前に引っ越してきました。
そんな彼女は南先輩が大大大好きで、いつか南先輩の彼女になることを夢みてすごします。
女の子ならだれでも通り過ぎる甘酸っぱいこの時期。
少女の心の揺れを川島海荷ちゃんがセーラー服からおへそをちらりとみせながら熱演です。
そのほとんどが海荷ちゃん演じるヤマコの語りで物語が進んでいきます。
気持ちをすべて説明しちゃいます、語っちゃいます。
だから観客はラクですよ。
心情を察したり、こうだろう、ああだろうか、と悩むことはありませんから。
まあ、だんだんこの語りの方が、不破先輩よりウザイと感じてくるこももあるかもしれません(笑)

ところが、あれだけ説明してくれていたのにも関わらず、ラストが良く理解できなかったのですが・・(;^_^A
えっと、ヤマコは結局どうなったのでしょうか?




このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

私の優しくない先輩

投稿日:2014/10/03 レビュアー:片山刑事

序盤から延々と続く主人公のモノローグにぐったりします。こんだけ自分の気持ちや状況を説明されても、正直、どうでもいいです。島に住む女子高生が憧れの先輩とどうなろうが知ったこっちゃないってのが見始めて30分経って思ってしまいました。いつまで、流れで映画は進むのだろうと思ってたら最後までだったのでびっくりしました。

 主人公が嫌がる暑苦しい先輩が、何故に主人公の恋愛を応援するのかがわかりませんでした。ただのおせっかいにしか見えず、余計なお世話先輩のままで映画は終わりました

 主人公がここまで感情を延々と語るのはかまいませんが、自己中心的な人物にしか見えず。自分がよくなろうとする本音が語られるだけで、見ていてイライラしてしまいました。別に聖人君主を描くというわけではなく、映像だけで勝負してみてほしかったです。
 最初の30分で、この主人公の恋が成就しようがしまいが正直どうでもいい気持ちになりました。その気持ちが最後まで変わることがなかったのが残念です。

 主人公の女子高生が可愛いのでよかったと思います。それにエンドクレジットも楽しかったです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

想像より良かったです

投稿日:2011/05/03 レビュアー:スヌーピー

最初の方は正直「この映画大丈夫かな?」と思った。でも途中からだんだんおもしろくなってきました。川島海荷ちゃんはかわいかったし、一生懸命声張り上げて演技していて良かったです。はんにゃの金田さんは本当にうざい人だなと思いました。演技でしてるんだと思ったらすごいなと思いました。ラストの方はちょっぴりせつなくて感動しました。お父さんが高田さんでお母さんが小川菜月さんなのがすこしびっくりしました。ただすべてナレーションがついていたのでところどころ必要なのかなと思う時も正直ありました。
エンディングのみんなで踊るのが良かったです。かわいく感じました。漫画に二人のインタビューが載っていてそれで見たくなって借りたけど良かったです

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全19件

私の優しくない先輩

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:19件

いい映画でした

投稿日

2011/03/27

レビュアー

みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何といってもヒロインの川島海荷が、
ピュアでさわやかで、とてもハマリ役。
病気が絡んでいる話なのにカラッとしているのは
彼女の魅力のおかげかも。
周りの空気まで違って見える。タダモノじゃない感じ。

はんにゃ・金田哲さんもがんばっていたけど
これは彼女の映画という気がしましたね。

最初の宇宙空間のシーンは、かなりひいたけど
だんだん引き込まれていきました。

夢の中で夢見ながら生きてきたヤマコ(川島海荷)。
病気のせいで、現実を直視できなかったのかもしれない。
そんな彼女が、先輩(金田哲)のおせっかいによって、現実に目覚めていく。
彼女のように極端ではないにしろ、誰もが
恋に恋をしたり、自分勝手でずるい部分を持っていると思う。
私はとても共感できました。

島の素朴さも魅力的でした。
ラストは切なく・・・いい映画でした。

MajiでKoiする…最後の5分だけ。

投稿日

2011/03/02

レビュアー

ぴよさん


 これはなかなかに困った作品だ。何かを企んだのだろうが、その企みが成功しているのか
失敗してしまったのか、どうにも判断しがたい。ストレートな青春コメディの体裁を作ったうえ
で、昭和チックな幼稚さで「ずらし」にかかる。中島哲也に対してのパロディを挿入しつつ、
大林宣彦や、相米慎二にオマージュを捧げる。アイドル映画という独特の文法の映画を、
この現代に再構築しようと試みているかのようだ。

 ヒロイン耶麻子のモノローグで話は進むが、そのセリフは『ハルヒ』のキョン宜しく、とめ
どない。耶麻子の心情は全てセリフで語られ、映像はそれを補完する役目に成り下がる。
これは山本寛の作家としての個性なんだろうが、どうなんだろう…中には面白いセリフも
あるけど、ほとんどはリズム作りの為の無駄なセリフに見える。映像観てりゃ分かるのに
と思わせるセリフが多く、正直うるさい。全てを解説されたため、キャラクターの思いを
想像するという楽しみも奪われてしまう。むろん、それが狙いなのかもしれないけれど。

 川島海荷のキャスティングは、彼女の持つ純で素朴なイメージと、それを崩したところに
生まれるギャップを狙ってのことで、つまり私が抱いたイライラは「思うツボ」ってことなん
だろう。あくまで「戯画的に描く中でのリアル」なわけだが、アイドル映画として、彼女は
今回あまり得をしていない。こんなヤな女子に、どうやって観客(特に年頃の男子)は
感情移入しろっていうのやら。小悪魔っぽい可愛さ? う〜〜ん…。  喜久子役の
児玉絹世も、妙にイヤ〜な女子なんだよなぁ。


 ただし、本編が終わってエンドロールの流れるラスト5分に限っては、話が違う。アイドル
を可愛く動かすことにかけては定評のある夏まゆみのコレオグラフ。これぞアイドル映画
と言える、さすがの仕事になっている。(ならばもう最初から最後まで夏に任せて「アイドル
ミュージカル映画」にしてしまえばよかったかも)
この5分間の楽しさで、本編のジリジリからかろうじて救われた気がする(個人的には)

 なんたって高田延彦にアイドルと同じフリで躍らせんだから! 欲を言やぁ、フンドシ締め
て踊って欲しかったけど。






キモイ!ウザイ!クサイ!3拍子揃った先輩

投稿日

2011/08/24

レビュアー

飛べない魔女

はんにゃの金田哲がキモくて熱くるしい熱血先輩を全身で演じています。
それはいつもの彼らのコントと同じと言えばそうなんでしょうけど
基本的にお笑い芸人さんて演技うまいですから
けっこうハマり役で良かったです。
確かにウザイけど、確かにあそこまで熱いと正直うっとうしいかもしれないけど、こんな風に前向きでまっすぐな男の子って大人は見ていて気持ちがいいです。

16歳の少女・西表耶麻子は心臓疾患があり、空気の綺麗なこの島に3ヵ月前に引っ越してきました。
そんな彼女は南先輩が大大大好きで、いつか南先輩の彼女になることを夢みてすごします。
女の子ならだれでも通り過ぎる甘酸っぱいこの時期。
少女の心の揺れを川島海荷ちゃんがセーラー服からおへそをちらりとみせながら熱演です。
そのほとんどが海荷ちゃん演じるヤマコの語りで物語が進んでいきます。
気持ちをすべて説明しちゃいます、語っちゃいます。
だから観客はラクですよ。
心情を察したり、こうだろう、ああだろうか、と悩むことはありませんから。
まあ、だんだんこの語りの方が、不破先輩よりウザイと感じてくるこももあるかもしれません(笑)

ところが、あれだけ説明してくれていたのにも関わらず、ラストが良く理解できなかったのですが・・(;^_^A
えっと、ヤマコは結局どうなったのでしょうか?




私の優しくない先輩

投稿日

2014/10/03

レビュアー

片山刑事

序盤から延々と続く主人公のモノローグにぐったりします。こんだけ自分の気持ちや状況を説明されても、正直、どうでもいいです。島に住む女子高生が憧れの先輩とどうなろうが知ったこっちゃないってのが見始めて30分経って思ってしまいました。いつまで、流れで映画は進むのだろうと思ってたら最後までだったのでびっくりしました。

 主人公が嫌がる暑苦しい先輩が、何故に主人公の恋愛を応援するのかがわかりませんでした。ただのおせっかいにしか見えず、余計なお世話先輩のままで映画は終わりました

 主人公がここまで感情を延々と語るのはかまいませんが、自己中心的な人物にしか見えず。自分がよくなろうとする本音が語られるだけで、見ていてイライラしてしまいました。別に聖人君主を描くというわけではなく、映像だけで勝負してみてほしかったです。
 最初の30分で、この主人公の恋が成就しようがしまいが正直どうでもいい気持ちになりました。その気持ちが最後まで変わることがなかったのが残念です。

 主人公の女子高生が可愛いのでよかったと思います。それにエンドクレジットも楽しかったです。

想像より良かったです

投稿日

2011/05/03

レビュアー

スヌーピー

最初の方は正直「この映画大丈夫かな?」と思った。でも途中からだんだんおもしろくなってきました。川島海荷ちゃんはかわいかったし、一生懸命声張り上げて演技していて良かったです。はんにゃの金田さんは本当にうざい人だなと思いました。演技でしてるんだと思ったらすごいなと思いました。ラストの方はちょっぴりせつなくて感動しました。お父さんが高田さんでお母さんが小川菜月さんなのがすこしびっくりしました。ただすべてナレーションがついていたのでところどころ必要なのかなと思う時も正直ありました。
エンディングのみんなで踊るのが良かったです。かわいく感じました。漫画に二人のインタビューが載っていてそれで見たくなって借りたけど良かったです

1〜 5件 / 全19件