チョンソルリへようこそ

チョンソルリへようこその画像・ジャケット写真
チョンソルリへようこそ / イム・チャンジョン
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「チョンソルリへようこそ」 の解説・あらすじ・ストーリー

『甘いウソ』のパク・チニと「セックス イズ ゼロ」シリーズのイム・チャンジョン共演で贈るラブコメディ。勘違いで人里離れた村・チョンソルリにやって来たコンは、里長の義妹・ソンミに恋をする。里長は「ソンミは上の村に住んでいる」と話すが…。

「チョンソルリへようこそ」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: 韓国
原題: UNDERGROUND RENDEZ−VOUS

「チョンソルリへようこそ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

再会の村、チョンソルリへようこその詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
107分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
EMOR65 2011年02月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

朝鮮戦争の悲劇をコメディにした斬新な企画ネタバレ

投稿日:2011/02/04 レビュアー:サランヘ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原題は「マンナメ クァンジャン」(出会いの広場)と言います。そして邦題は「再会の村 チョンソルリへようこそ」と,「トンマッコルへようこそ」のパクリがミエミエの題名となりました。
キャストはといえば,イム・チャンジョンssiとパク・チニssiとカメオ(特別出演?)のリュ・スンボムssi,それに脇役の帝王イム・ヒョンシクssiが知られている程度で,これでは見る前から“あまり大した映画ぢゃないな”と感じてしまいます。
映画は,北と南に引き裂かれた家族たちを描いていますので,ある意味ノスタルジーを感じる方もあるかと思いますが,冒頭で家族が引き裂かれる場面からコメディ仕立てで,とにかくユーモアたっぷり,韓国映画らしいほのぼのとした暖かさを感じるラブコメとなっています。でも,あんな風に引き裂かれた離散家族はちょっと悲劇的ですね。
以前,韓国侵入用のトンネルが非武装地帯を越えたというニュースがありましたが,それを題材として制作された映画だと思います。トンネルの中には「出会いの広場」というのがあり,映画の題名もそこからつけられたものだと思いますが,朝鮮戦争をコメディネタとして使ったのはとても新鮮でしたし,カメオのはずのリュ・スンボムssiがスパイスの効いた笑いを提供してくれました。決してパクリの邦題を付ける必要はなかったと思うのですが…。
パク・チニssiも可愛いですし,あまり深く考えないで,お気楽に懐かし系のコメディをお楽しみください。

おまけ:この映画の面白さがどこにあるかといいますと,“サンチョン・キョユクデ”にあります。要するに「三清教育隊」と「三清教育大」は同音異義語だということです。
三清教育隊とは,韓国の不良更生部隊で,更生が必要な不良な人間が送られる部隊です。一方,三清教育大は実際ソウルにある教員養成のための大学で,この相反する施設の名称が同じ発音の言葉だというところを逆手に取って,悲劇と喜劇を同居させたところに物語の妙があります。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待外れ

投稿日:2019/11/17 レビュアー:ベイダー

イム・チャンジョンに釣られて見てしまったが、面白くなかった。特に後半は笑えるところ少なかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

チョンソルリへようこそ

月額課金で借りる

都度課金で借りる