SWINUTIONの画像・ジャケット写真

SWINUTION / 木口亜矢

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

「SWINUTION」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

映画やTVでも活躍する人気グラビアアイドル・木口亜矢ちゃんのイメージ。くびれたウエストをはじめ、スタイルのよさを誇る亜矢ちゃんのビューティフルボディをたっぷり堪能できる。

「SWINUTION」 の作品情報

作品情報

製作年:

2010年

製作国:

日本

「SWINUTION」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

出演:

木口亜矢

関連作品

関連作品

実録!リアル恐怖DX

Shaved ice

富夫

名前のない女たち

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

展開の亜矢で微妙な作りに・・・

投稿日:2010/12/25 レビュアー:発破

いまひとつヒット作が少ない木口亜矢ちゃんの最新作です。
顔、ボディ共にいいものは持っているのですが・・・

全体的な考察、感想:
正直なところこりゃ微妙だな〜というのが第一声でしょうか。
顔もよい、ボディもスタイルよくてお胸も本当にG?とは思うものの
なかなかのものを持ってると素材としては上位レベルと思いますが
作品的には残念ながら今作のはう〜んて感じですね。
ゆったり接写系好きの方にはそれなりに楽しめるかもしれませんが
いかんせん動きが少ないので私的には物足りない印象でした。
いわゆるもったいない系作品でしょうか。

衣装:
 水着:
  緑黄柄+プリント柄ビキ、茶色アミアミつきビキ、
  ピンクチューブトップビキ、黒いややスケワンピ水着など

 他:
  水着上にYシャツ、ライトグリーン下着?、青ワンピ、
  紫ボディコン風衣装、黒スーツ、ベージュ下着(下のみ)など

シチュ:
 海シーン(海沿いを走る、浅い所で水バシャ、水につかる)、
 ベッドシーン(氷をボディにはわせてYシャツから水着スケ)、
 森シーン(ゆったり接写)、
 お風呂シーン(クリームをボディぬり、シャワーなど)、
 野外シーン(ゆったり接写、衣装をずらして下ビキ見せなど)、
 お部屋シーン(ソファでゆったり接写、ガラステーブルに胸乗せなど)、
 岩場でいわば接写、
 お部屋で誘惑(スカートずらし下着見せ、上着を脱いでアンダーシャツごしの
        谷間見せ、上着のみ着用でノーブラ演出など)など

アピール:やっぱりあやカーブ?

私的見所など:
全体的にほぼ接写系シーンばかりなのでシーン的な見所はシーンて感じですが
紫のボディコン風衣装姿の彼女はなかなかよいです。
下ビキが見えそうで見えない長さの衣装とボディコン風がなんとも珍しかったです。
スタイルがいいのでこういう衣装も非常に似合うなといった感じでした。

評価(あくまで私的)とあとがき:
素材:★★★★ 作品:★★
で全体的には★★としました。

私的には素材の良さが出せずに盛り上がりもあまりなくなんとも
微妙な感じになってもーたなあという感じでした。
グラビアアイドルのポジション的にはキャリア含めても上の方なので
頑張ってほしいとこなんですがね。
ほしのあき、熊田曜子みたいにちょこちょこTVに出てる位置かというと
そこまではいっていないのでもうひと頑張りしないと
下から来る子にどんどん抜かれていくのではと思います。
ついでにカメラも下から来てほしいものですw

監督:Masaki Kawashima

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

SWINUTION

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

展開の亜矢で微妙な作りに・・・

投稿日

2010/12/25

レビュアー

発破

いまひとつヒット作が少ない木口亜矢ちゃんの最新作です。
顔、ボディ共にいいものは持っているのですが・・・

全体的な考察、感想:
正直なところこりゃ微妙だな〜というのが第一声でしょうか。
顔もよい、ボディもスタイルよくてお胸も本当にG?とは思うものの
なかなかのものを持ってると素材としては上位レベルと思いますが
作品的には残念ながら今作のはう〜んて感じですね。
ゆったり接写系好きの方にはそれなりに楽しめるかもしれませんが
いかんせん動きが少ないので私的には物足りない印象でした。
いわゆるもったいない系作品でしょうか。

衣装:
 水着:
  緑黄柄+プリント柄ビキ、茶色アミアミつきビキ、
  ピンクチューブトップビキ、黒いややスケワンピ水着など

 他:
  水着上にYシャツ、ライトグリーン下着?、青ワンピ、
  紫ボディコン風衣装、黒スーツ、ベージュ下着(下のみ)など

シチュ:
 海シーン(海沿いを走る、浅い所で水バシャ、水につかる)、
 ベッドシーン(氷をボディにはわせてYシャツから水着スケ)、
 森シーン(ゆったり接写)、
 お風呂シーン(クリームをボディぬり、シャワーなど)、
 野外シーン(ゆったり接写、衣装をずらして下ビキ見せなど)、
 お部屋シーン(ソファでゆったり接写、ガラステーブルに胸乗せなど)、
 岩場でいわば接写、
 お部屋で誘惑(スカートずらし下着見せ、上着を脱いでアンダーシャツごしの
        谷間見せ、上着のみ着用でノーブラ演出など)など

アピール:やっぱりあやカーブ?

私的見所など:
全体的にほぼ接写系シーンばかりなのでシーン的な見所はシーンて感じですが
紫のボディコン風衣装姿の彼女はなかなかよいです。
下ビキが見えそうで見えない長さの衣装とボディコン風がなんとも珍しかったです。
スタイルがいいのでこういう衣装も非常に似合うなといった感じでした。

評価(あくまで私的)とあとがき:
素材:★★★★ 作品:★★
で全体的には★★としました。

私的には素材の良さが出せずに盛り上がりもあまりなくなんとも
微妙な感じになってもーたなあという感じでした。
グラビアアイドルのポジション的にはキャリア含めても上の方なので
頑張ってほしいとこなんですがね。
ほしのあき、熊田曜子みたいにちょこちょこTVに出てる位置かというと
そこまではいっていないのでもうひと頑張りしないと
下から来る子にどんどん抜かれていくのではと思います。
ついでにカメラも下から来てほしいものですw

監督:Masaki Kawashima

1〜 1件 / 全1件