ナイト&デイ

ナイト&デイの画像・ジャケット写真
ナイト&デイ / トム・クルーズ
全体の平均評価点:
(5点満点)

210

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ナイト&デイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

トム・クルーズとキャメロン・ディアスの共演で贈るエンタテインメント・アクション大作。平凡なヒロインがひょんなことから何者かに追われる男の壮絶な逃走劇に巻き込まれていくさまをコミカルかつハイテンポに描く。監督は「17歳のカルテ」のジェームズ・マンゴールド。飛行機で帰路についたジューンは、空港で出会った男性ロイと機内でも再会していい雰囲気に。ところが、そのロイがいきなり何者かと銃撃戦を展開したあげくパイロットまで射殺し、おまけに自ら操縦桿を握り不時着させる離れ業まで演じてしまう。ほどなく、ロイがCIAに追われる身であることを知るジューンだったが、もはやロイに守ってもらう以外に助かる道はなくなってしまい…。

「ナイト&デイ」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: KNIGHT AND DAY

「ナイト&デイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ナイト&デイの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
110分 1.日本語字幕 2.英語字幕 1.英語5.1chサラウンド
2.日本語5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR41778 2011年02月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
218枚 9人 9人

【Blu-ray】ナイト&デイ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
110分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR41778 2011年02月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
61枚 1人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:210件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全210件

トム&キャメロンはやっぱスターやね!アクションコメディの傑作やん

投稿日:2010/12/25 レビュアー:KASPAR

アメリカで大コケ(中コケぐらいかな)したという情報と、IMDB &ROTTEN TOMATOES の
評価があまり高くなかったので、全く期待してなかったんすけど、秋の大作はコレぐらいしか
ないので、トム・クルーズ&キャメロン・ディアス主演の『ナイト&デイ』を観ました(°∀°)b

ふむふむ(・〜・)!!!なんと!!!面白いやんけー!!!ふつーにアクション映画として
も面白んやけど、コメディ映画として抜群にオモロイっすねー♪

ストーリー展開でキチンと笑わせつつも、トム&キャメロンのセルフパロディとして笑わせて、
さらにはスパイもの映画やハリウッド娯楽(スター)映画全般のパロディとして笑わせるという、
これでもかと笑いポイントを盛り込みつつも、笑いがケンカしていないバランス感覚が抜群っ
すねーш(`∇´*)ш

まぁ、人が死にすぎたり、あまりにもアクションが凄すぎたりと、マジメに観る映画かと錯覚す
るような描写があるので、マジメに観てしまった人は、穴だらけのツッコミどころオンパレード
のスカスカのアクションに見えてしまうかもしれないという危険性を含んでるんやけど・・・

でも、真剣にマジメっぽくやるからこそ、こういうコメディは面白いもんなんで、そのリスクはし
ゃーないっちゃぁしゃーないんやけどねー(σω-)

□■□■□

えーっとこの映画に関しては言いたいことがいっぱいあるんすけど、とにかく、トム・クルーズ
とキャメロン・ディアスのスター2人が、シワやたるみを隠さずにさらけ出したことに触れんとあ
かんっすよねー♪
誰がこういう撮り方をすることを押したのかはわからんけど、シワやたるみを強調するという
ハリウッド映画の常識の逆をしてるのに、それでスター俳優の魅力が半減するのでは無く、よ
り一層輝きを増してスクリーンに映ることを誰が想像できるよ!!!

そしてそれを観てる自分は・・・・

(」°□°)」<トム・クルーズってカッコエエやん!!!
(」°□°)」<キャメロンディアスってむっちゃセクシーやん!!!
・・・って、ワクワク"o(・∀・o))((o・∀・)o"ドキドキが止まれへんやん!!!

この撮り方は、賛否が分かれるやろけど、個人的には思いっきり"賛"っすねー♪キャメロン
むっちゃエロイやん!!!っておもたっすからね←それはその映像と関係あんのか!?

□■□■□

ほんでまぁもう一つどうしても言いたいのが、何気にカメラ(撮影)がとんでもなく素晴らしいっ
つーとこっすね♪決して派手な映像という意味で素晴らしいのではなく、人物や背景の配置、
動きの描写など、スクリーンを目いっぱいに使った構図による美しさが抜群の素晴らしさなん
すよねー(°∀°)b

映像がスクリーンの中の俳優やアクションのジャマをせずに、それを最大限に惹き立てること
を目的としてて、ジミーに素晴らしいんすよねー♪ある意味、ロードムービー(まぁ旅というより
観光映画やけど)でもあるので、何気にこの撮影部分の素晴らしさが効いてくるんすよねー!

そんな映像を作り出した撮影監督は、なんと!あのフェドン・パパマイケルやで!!!!!!
・・・ってっぜーんぜん知らんし((((ノ・д・)ノこの辺がハリウッド映画の凄まじさやねー♪
何気にスギョイ才能が作品を支えとるんよねー♪

□■□■□

えーっと、個人的には大満足でした♪アメリカではコケ気味やったらしいっすけど、なぜコケ
たのかわからんぐらい完成度の高いコメディやったっすね〜(´艸`)

ハリウッド映画=パクリ映画というようなイメージを逆手にとって、壮大なパロディ映画に仕上
げてるのがカナリツボでした♪・・・と、褒めまくりましたが、オススメできるかというと、なんと
もいえないとこなんすけどね〜(σω-)←え!?

個人的満足度 81点!  オススメ度 70点!

このレビューは気に入りましたか? はい 54人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なぜ、彼らが大スターなのかが分る作品

投稿日:2011/02/06 レビュアー:はらぺこ

アクション映画と言うより、ラブコメを観ている気分ではありますが、大変楽しめました。
ストーリーは単純。典型的な巻き込まれ型ヒロインと、濡れ衣を着せられた凄腕エージェントの逃亡劇。

前半の、巻き込まれヒロインが事件から逃れようとするところを、身を案じたエージェントが執拗に追いかけ強引に同行させようとする展開。
パニクるヒロインと、銃撃戦や派手なカーアクションがさも日常的だと言わんばかりに軽口をたたくエージェントの掛け合いが、実にコミカルで軽妙です。

後半はそれを逆手にとって、彼女を無事に家に帰したエージェントを、今度は逆にヒロインが追う展開。
上手く係わりを断ったはずの素人女性の再登場に困惑するエージェント、対するヒロインは自白剤で事の重大さを全く認識していないかのようなハイテンションなノリ。

本作では、この立場が逆になるところの面白さを実に上手く使ってますね。
アクション映画では見せ場の一つとも言える「脱出シーン」も、薬で混沌とするフラッシュバックのみにして思いっきりはしょっちゃいましたが、立場が逆になるネタに落とし込んで上手くまとめております。
ここはアッパレ。

アクションシーンは、どことなく90年代作品のようなテイストで、主役二人の魅力を発揮する舞台装置としては見事な演出であると思えます。
往年の、と言うと時期尚早かもしれませんが、コメディエンヌたるキャメロン・ディアスの魅力と、カッコよすぎる設定を見事に演じきるトム・クルーズの魅力が融合、アクションとコメディがバランス良く配置された秀逸作となりました。

「なぜ彼らがハリウッドの大スターとなり得たか」と言う事を嫌と言うほど分らせてくれる作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

DVDはスルー

投稿日:2010/12/26 レビュアー:ロンリー火真西

ストーリーもアクションもありきたりで特筆すべきところがない
クルーズとディアスのロマンスもキャメロンはウブな役だが、この二人の歳でやる大人のロマンスではない
2大スター共演ってだけ
二人とももっと大人の役やろうよ
いい年なんだから
と、レビューというより愚痴ってしまいたくなる

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ノリの良さに徹したノンストップ快作

投稿日:2012/11/15 レビュアー:ミルクチョコ

ニ大スター競演のアクション・ラブコメは娯楽作の王道ですね。
唐突に出会った男と女が、あれよあれよと逃避行を繰り広げ、その最中に恋に落ちる。
このあれよあれよと言う間が、観客にあれこれ考える間を与えてくれないのです。
ストーリーや、細部に関しては、ツッコミどころ満載だけれど、杜撰というより何故かそれも味わいの一つかな?と思ってしまうほど。
超展開が早いし、謎の男ロイ(トム・クルーズ)は、いきなり銃撃戦を始めたり、「ちょっと不時着させてくるわ」と言った風情で、急降下中の飛行機のコックピットに入り、不時着させたりと、ジェーン(キャメロン・ディアス)じゃなくても呆然です。
細かい過程を豪快に省略してしまう型破りな構成も、理屈抜きで楽しませてくれる秘訣なのかも?
年齢的な賞味期限も二人ともそろそろ厳しいかな〜?と思っていたら、トム・クルーズは本作の後に、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」を演じてますよね。目じりのシワがちょと気になりなしたが、当時48才という年齢を感じさせないのは、流石ですね。彼のオーラは捨てがたいです。
飛行機から脱出すると彼はジェーンにある薬を飲ませ、これが面白いのですが、薬で眠らせてる間に時間と場所が移動していました。その都度ひっかかるジェーンも天然ボケがアクセントになって可愛らしい。絶体絶命の危機を何度も乗り越えて、タフで美しい女性へと変身するヒロイン。
果たしてロイの正体と本当の目的とは?
危機を危機とも思わない頼もしいロイと、大事件に巻き込まれて動揺するキャメロンのコンビは、大騒ぎしつつもスルリときり抜ける。ノリの良さに徹した娯楽作でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

夢に消えるナイト

投稿日:2011/01/01 レビュアー:裸足のラヴァース

この映画の主人公はキャメロン・ディアスだ 全編が彼女が見る夢の世界とも言えます それは「GIジョー」のように人がボッコンチョ死んでも冗談のように見える物語でしょう 「インセプション」の三層の夢構造のようにキャメロンは三度トム・クルーズに睡眠薬で眠らされてしまう そこでは大胆にも肝心の脱出のアクションを省略してしまう アクションだらけのようでアンチ・アクションの意図もある映画であり 止どまることなくアクションが続く「ソルト」と違って アクションは夢のように崩おれてしまう

マンゴールドはわりに演出が雑なのが前作の西部劇でばれてしまったんだけど こちらもけっこう雑 構図・逆構図の切り返しをいささか乱暴にやりながら二人を会話させ ヒッチコック映画のような逃亡劇を展開する しかし律儀にロマンティック・コメディを演出しています とうの立った二人のスターの主演は題材的にいささか不安だったんだけどこの起用は大正解 これこそスターでなければ成立しない映画だったのだ つまりは夢が主題でもあるからです 二人はほんまに大スターですね

ジェームス・マンゴールドの一貫したテーマは この閉ざされた世界からの脱出願望 妹が先になってしまった結婚式だとか トムの隠れ家である南海の島の生活であるとか密かな理想である そんな平凡なメカニックである主人公が強引に非日常に連れ出されてしまう そのため謎のゼファーなどはもちろんだが クルーズと彼が生きるスパイ世界もまたマクガフィンであるだろう 眠りの状態のような現実から「インセプション」のように段階的に覚醒し 映画の果てには遂にトム・クルーズを彼女の世界に逆に連行してしまう ペシミストのマンゴールドが彼女に託して 女の意志と勇気が実現させてしまう世界 このシネマの感動的なのはキャメロンが「ニューヨークの恋人」のメグ・ライアンを反復しているところなのだ

ハリウッドのハッピーエンドに落ち着くそれは「インセプション」のように実は不確実な現実かもしれないがしかし 彼女の行動に人は涙するだろう この映画は朝方にうっすらと枕元にある涙の痕跡のように 激しくもありしかし淡くちょっぴり哀しい夢のあと それは「2001年宇宙の旅」の胎児が見開いた瞳で見る地球の夢のようでもあり まさしく映画を見ている観客の似姿でもあるでしょう

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全210件

ナイト&デイ