“文学少女”メモワールIII−恋する乙女の狂想曲(ラプソディ)−

“文学少女”メモワールIII−恋する乙女の狂想曲(ラプソディ)−の画像・ジャケット写真
“文学少女”メモワールIII−恋する乙女の狂想曲(ラプソディ)− / 水樹奈々
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「“文学少女”メモワールIII−恋する乙女の狂想曲(ラプソディ)−」 の解説・あらすじ・ストーリー

野村美月の人気ライトノベルを元に描いた青春ミステリーアニメ第3弾。クラス一の美少女と名高い主人公・琴吹ななせは、好きな相手の前では素直になれず、自己嫌悪で落ち込みやすい性格だった。そんなある日、彼女はある“モノ”を好きになり…。

「“文学少女”メモワールIII−恋する乙女の狂想曲(ラプソディ)−」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「“文学少女”メモワールIII−恋する乙女の狂想曲(ラプソディ)−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

“文学少女"メモワールIII-恋する乙女の狂想曲(ラプソディ)-の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
25分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBX71333 2010年12月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

狂想曲

投稿日:2012/10/30 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

 メモワールシリーズも最後。
 最後は、ななせ編。


 ななせの不器用さも可愛いですが、森ちゃんの頑張りがすごいです。
 なんだか、森ちゃんすごいね。森ちゃん可愛いよ。

 森ちゃん大活躍です。


 素直じゃないななせですが、そこが可愛いんだよ。


 コメンタリーは、下田麻美さんとCooRieのrinoさんです。ちょっと変わった組み合わせです。

 ビジュアルコメンタリーの『恋の課外授業』は、水樹奈々さんと下田麻美さんです。ななせ&森ちゃん。いいですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

逆「君に届け」(笑)ネタバレ

投稿日:2010/12/29 レビュアー:カスカベハチロー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

劇場版「文学少女」の補完シリーズ。
最後を飾るのは、琴吹ななせちゃん。

心葉に恋する乙女のお話です。
文学少女にあるまじき(笑)、萌え展開となっております。

見た感じ、「あれ?君に届けっぽくね?」って思っちゃいました。
マルも出てくるし〜。(爆)

今回の主役は「ななせ」であることは間違いないのですが、
他の巻で言われていたように、森ちゃんの活躍にも注目してください。


ここまで全部見てから、もう1回見直すと、
劇場版含め、さらに楽しめると思いますよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

“文学少女”メモワールIII−恋する乙女の狂想曲(ラプソディ)−