1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. ぼくのエリ 200歳の少女

ぼくのエリ 200歳の少女

ぼくのエリ 200歳の少女の画像・ジャケット写真

ぼくのエリ 200歳の少女 / カーレ・ヘーデブラント

全体の平均評価点: (5点満点)

133

ぼくのエリ 200歳の少女 /トーマス・アルフレッドソン

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「ぼくのエリ 200歳の少女」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

孤独な少年とヴァンパイアの少女の切なくも美しい初恋が評判を呼んだスウェーデン発の感動ヴァンパイア・ムービー。ストックホルム郊外の小さな町。集合住宅に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカー。同級生のイジメに苦しみながらも、誰にも助けを求めることが出来ず、ただ復讐を夢想してはじっと堪え忍ぶ日々。そんなある晩、彼はひとりの謎めいた少女と出会う。彼女は、オスカーの家の隣に父親と引越してきたばかりの少女エリ。やがて、同じ12歳だという彼女と毎晩のように言葉を交わすようになり、自分よりも大人びた彼女に次第に心惹かれていくオスカーだったが…。

「ぼくのエリ 200歳の少女」 の作品情報

作品情報

製作年:

2008年

製作国:

スウェーデン

原題:

LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE

「ぼくのエリ 200歳の少女」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

スノーマン 雪闇の殺人鬼

ザ・クロス エクソシストの闇

裏切りのサーカス

オペレーション:ラグナロク

ユーザーレビュー:133件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全133件

美しいヴァンパイア映画

投稿日:2010/12/27 レビュアー:カプチーノ

このレビューは気に入りましたか? 67人の会員が気に入ったと投稿しています

青春ヴァンパイア映画の傑作 ネタバレ

投稿日:2011/02/06 レビュアー:エファ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

国内版をまだ見ていませんが、私の2009年度ナンバー1映画でした。
「大事な個所にボカシがある」「200歳の少女ってタイトル、そこをボカせや!」と文句もありますが、国内リリースされた事は本当に嬉しいです。

いろんな要素を含んでいます。
12歳同士の淡い恋物語だとか、常に孤独なオスカーの悲しさだとか、その悲しさの唯一の拠り所がヴァンパイアのEliだと言う切なさだとか。
オスカーはEliに背中を押され、ついにジャイアンに復讐するワケですよ。「あんたちょっとソレやりすぎじゃ?」と思えるくらい思い切った復讐です。
ママは発狂。
Eliだけが分かってくれる。
もうオスカーの心の中はEliでいっぱい。

だけど気付いてしまいます。実はヴァンパイアだと言う事に。
甘っちょろい青春映画みたいに美しいところだけを映す事はなく、「ヴァンパイア=化け物」だと言う描写もガツガツ入ってます。オスカーはブロークンハート。
ここの描写が国内版ではボカされてるようですね。
好きな女の子の着替えをつい覗いてしまう少年。お互い人間であったなら、それは淡い青春の1ページになったでしょう。
輸入DVDではEliの下半身が映ります。そこには男性のものも女性のものもなく、横一文字に深く刻まれた傷が映っています。
元からそういう造りなのか、はたまた去勢の痕なのか見る側にとってはとても重要な部分だと思いますよ。
興味本位で覗いた少年には衝撃の出来事であったでしょうけど、それでもなおEliを愛するオスカーの心を考えると非常に切ないです。

学校に規則があるように、吸血鬼にも守らなければ命さえも奪われてしまうほどの規則があるようです。
意外に真面目?( ̄▽ ̄)

吸血鬼は招待を受けなければ家に入れない。

この決まり事はこの映画において非常に重要で、タイトルである『 Let the right one in 』とラストシークエンスともに連携していると思われます。

この映画を包み込むサントラも非常に素晴らしいです。
子役達の演技も素晴らしい。
繊細で透明感のある物悲しさ溢れた作品の中に、少しだけ入ってくるグロがたまらなく不快な気持ちを抱かせます。

この映画で思ったのは、「大人って全く役に立たんなぁ。」と言う事でしょうか(;^ω^)
あと、オスカーのパパ役の方がめちゃくちゃ男前でした(笑)

Eliと越して来たのは父親ではなく、恐らくオスカーと同じくEliに恋した元少年なのでしょう。
「あの少年(オスカーのこと)にはもう会わないで」と言ったのは、何も父親からの注意ではなく嫉妬だったのですね。
この男性の最期も切なかったですね。
先に殺してから血を抜けや〜!と思ってましたが、ヴァンパイアは生き血じゃないとダメだもんね。

ずっと12歳の姿のEli。誰かと寄り添わなければ生きてはいけない。
だけど、オスカーが選ばれたのではない。オスカーが選んだ運命なのだ。

カタルシスは求めないで下さいね。

と言うかね、Eliにしても一緒にいた男にしても獲物の捕獲ヘタクソすぎ!

このレビューは気に入りましたか? 44人の会員が気に入ったと投稿しています

青い体験 ネタバレ

投稿日:2011/01/11 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ヴァンパイア伝説はずっと映画の題材として重宝されていて(ゾンビももとはそうでしょうね)、最近でも『トワイライト』シリーズや『ジェニファーズ・ボディ』、日本のアニメがもとの『ラスト・ブラッド』、『アンダーワールド』シリーズと、作品が途切れることがありません。
 大方は娯楽ホラー・アクションという枠組みに入れられることが多いのですが、スウェーデン製の本作はちょっと変わっています。北欧らしい青く冷たい映像で描かれるヴァンパイアの物語は、静かで繊細で、淡々としています。人間社会にひそかに隠れ住むヴァンパイアの一族。どこにもいそうな普通の少年(イジメられっこ)の家の隣に、そっとヴァンパイアの少女が引っ越してきた――。
 12歳くらい、思春期の始まりの少年と少女。もともとヴァンパイア伝説は性的な暗喩に満ちていますが、この映画のふたりは若く(見え)、作品には「初体験映画」的なエロティシズムが潜在しています。金髪で可愛いけどオタクなイジメられっこが、秘密に満ちた黒髪の美少女と仲良くなり、ときに妖艶さも見せる彼女に誘われ、肌を合わせる。イジメっ子からは、強い彼女が守ってくれる――露骨な描写はほとんどないものの、ややいびつな性的な願望が刺激される男性は少なくないのではないでしょうか。
 その影絵として――少女が従えている従者の中年男は、少年の将来の姿かもしれません。弱々しい少年に対する愛情と裏腹に、中年になった男に対する少女の幻滅(あんなに献身的なのに!)。少年に自分を重ね合わせて映画を観る者は、永遠の美少女にいつかは自分も見捨てられることを覚悟し、将来の哀しみを予感するのです(それもまた、この映画がもたらすいびつな悦びなのかもしれません)。
 鈍重な中年男が少女のための「狩り」をしようと悪戦苦闘する、おかしく、哀しく、恐ろしい場面は、ラストのプールとともに本作の白眉でしょう。
 派手な場面はほとんどありまませんが、ヴァンパイア伝説をリリカルな初体験映画にするという、オタク心溢れて見事な作品だと思います。
 ただ噴飯モノなのは、劇場版では重要なところにボカシが入っていたことです。これはちょっとひどいと思います。少女は少女ではなかったというのが重要なのに。70点。

このレビューは気に入りましたか? 25人の会員が気に入ったと投稿しています

70点(良作) ネタバレ

投稿日:2011/02/11 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私には合わぬが全部観たしドラマ好きには良いだろうから特別に良作にしとこう・・

隣の家の少女は自称ず〜っと12歳。陽に弱いヴァンパイア。
200歳とは誰も言ってないが題名にそう書いてあるので、まぁそう言う事。
ジャケの主人公の12歳の金髪少年はイジメられっ子でいつも僕一人ぼっち。
夜な夜な2人が公共庭で会ううちに淡く小さな恋が芽生える。
少女は少年を傷つけたり血吸うたりせず遊んであげてやってる。
一方、平和だった雪景色の町では連続殺人事件がニュース沙汰に。
やがて少年は少女の正体がヴァンパイアである事が分かるも・・

物語に起伏が無く最後までず〜っと静かな展開。
特にオモロ味はなく、人の日常を描いていると言って良いだろう。
そうだろうと思い先にひと眠りしてから観賞したので完走出来た。でなきゃ斬ってたろう。

缶詰の中で二人は熟すのか?そろそろ越冬。段取りを猫に話して春支度を始めては?^^

このレビューは気に入りましたか? 24人の会員が気に入ったと投稿しています

友だちになりたそうな顔

投稿日:2011/02/05 レビュアー:裸足のラヴァース

このレビューは気に入りましたか? 24人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全133件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:133件

美しいヴァンパイア映画

投稿日

2010/12/27

レビュアー

カプチーノ

青春ヴァンパイア映画の傑作

投稿日

2011/02/06

レビュアー

エファ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

国内版をまだ見ていませんが、私の2009年度ナンバー1映画でした。
「大事な個所にボカシがある」「200歳の少女ってタイトル、そこをボカせや!」と文句もありますが、国内リリースされた事は本当に嬉しいです。

いろんな要素を含んでいます。
12歳同士の淡い恋物語だとか、常に孤独なオスカーの悲しさだとか、その悲しさの唯一の拠り所がヴァンパイアのEliだと言う切なさだとか。
オスカーはEliに背中を押され、ついにジャイアンに復讐するワケですよ。「あんたちょっとソレやりすぎじゃ?」と思えるくらい思い切った復讐です。
ママは発狂。
Eliだけが分かってくれる。
もうオスカーの心の中はEliでいっぱい。

だけど気付いてしまいます。実はヴァンパイアだと言う事に。
甘っちょろい青春映画みたいに美しいところだけを映す事はなく、「ヴァンパイア=化け物」だと言う描写もガツガツ入ってます。オスカーはブロークンハート。
ここの描写が国内版ではボカされてるようですね。
好きな女の子の着替えをつい覗いてしまう少年。お互い人間であったなら、それは淡い青春の1ページになったでしょう。
輸入DVDではEliの下半身が映ります。そこには男性のものも女性のものもなく、横一文字に深く刻まれた傷が映っています。
元からそういう造りなのか、はたまた去勢の痕なのか見る側にとってはとても重要な部分だと思いますよ。
興味本位で覗いた少年には衝撃の出来事であったでしょうけど、それでもなおEliを愛するオスカーの心を考えると非常に切ないです。

学校に規則があるように、吸血鬼にも守らなければ命さえも奪われてしまうほどの規則があるようです。
意外に真面目?( ̄▽ ̄)

吸血鬼は招待を受けなければ家に入れない。

この決まり事はこの映画において非常に重要で、タイトルである『 Let the right one in 』とラストシークエンスともに連携していると思われます。

この映画を包み込むサントラも非常に素晴らしいです。
子役達の演技も素晴らしい。
繊細で透明感のある物悲しさ溢れた作品の中に、少しだけ入ってくるグロがたまらなく不快な気持ちを抱かせます。

この映画で思ったのは、「大人って全く役に立たんなぁ。」と言う事でしょうか(;^ω^)
あと、オスカーのパパ役の方がめちゃくちゃ男前でした(笑)

Eliと越して来たのは父親ではなく、恐らくオスカーと同じくEliに恋した元少年なのでしょう。
「あの少年(オスカーのこと)にはもう会わないで」と言ったのは、何も父親からの注意ではなく嫉妬だったのですね。
この男性の最期も切なかったですね。
先に殺してから血を抜けや〜!と思ってましたが、ヴァンパイアは生き血じゃないとダメだもんね。

ずっと12歳の姿のEli。誰かと寄り添わなければ生きてはいけない。
だけど、オスカーが選ばれたのではない。オスカーが選んだ運命なのだ。

カタルシスは求めないで下さいね。

と言うかね、Eliにしても一緒にいた男にしても獲物の捕獲ヘタクソすぎ!

青い体験

投稿日

2011/01/11

レビュアー

よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ヴァンパイア伝説はずっと映画の題材として重宝されていて(ゾンビももとはそうでしょうね)、最近でも『トワイライト』シリーズや『ジェニファーズ・ボディ』、日本のアニメがもとの『ラスト・ブラッド』、『アンダーワールド』シリーズと、作品が途切れることがありません。
 大方は娯楽ホラー・アクションという枠組みに入れられることが多いのですが、スウェーデン製の本作はちょっと変わっています。北欧らしい青く冷たい映像で描かれるヴァンパイアの物語は、静かで繊細で、淡々としています。人間社会にひそかに隠れ住むヴァンパイアの一族。どこにもいそうな普通の少年(イジメられっこ)の家の隣に、そっとヴァンパイアの少女が引っ越してきた――。
 12歳くらい、思春期の始まりの少年と少女。もともとヴァンパイア伝説は性的な暗喩に満ちていますが、この映画のふたりは若く(見え)、作品には「初体験映画」的なエロティシズムが潜在しています。金髪で可愛いけどオタクなイジメられっこが、秘密に満ちた黒髪の美少女と仲良くなり、ときに妖艶さも見せる彼女に誘われ、肌を合わせる。イジメっ子からは、強い彼女が守ってくれる――露骨な描写はほとんどないものの、ややいびつな性的な願望が刺激される男性は少なくないのではないでしょうか。
 その影絵として――少女が従えている従者の中年男は、少年の将来の姿かもしれません。弱々しい少年に対する愛情と裏腹に、中年になった男に対する少女の幻滅(あんなに献身的なのに!)。少年に自分を重ね合わせて映画を観る者は、永遠の美少女にいつかは自分も見捨てられることを覚悟し、将来の哀しみを予感するのです(それもまた、この映画がもたらすいびつな悦びなのかもしれません)。
 鈍重な中年男が少女のための「狩り」をしようと悪戦苦闘する、おかしく、哀しく、恐ろしい場面は、ラストのプールとともに本作の白眉でしょう。
 派手な場面はほとんどありまませんが、ヴァンパイア伝説をリリカルな初体験映画にするという、オタク心溢れて見事な作品だと思います。
 ただ噴飯モノなのは、劇場版では重要なところにボカシが入っていたことです。これはちょっとひどいと思います。少女は少女ではなかったというのが重要なのに。70点。

70点(良作)

投稿日

2011/02/11

レビュアー

ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私には合わぬが全部観たしドラマ好きには良いだろうから特別に良作にしとこう・・

隣の家の少女は自称ず〜っと12歳。陽に弱いヴァンパイア。
200歳とは誰も言ってないが題名にそう書いてあるので、まぁそう言う事。
ジャケの主人公の12歳の金髪少年はイジメられっ子でいつも僕一人ぼっち。
夜な夜な2人が公共庭で会ううちに淡く小さな恋が芽生える。
少女は少年を傷つけたり血吸うたりせず遊んであげてやってる。
一方、平和だった雪景色の町では連続殺人事件がニュース沙汰に。
やがて少年は少女の正体がヴァンパイアである事が分かるも・・

物語に起伏が無く最後までず〜っと静かな展開。
特にオモロ味はなく、人の日常を描いていると言って良いだろう。
そうだろうと思い先にひと眠りしてから観賞したので完走出来た。でなきゃ斬ってたろう。

缶詰の中で二人は熟すのか?そろそろ越冬。段取りを猫に話して春支度を始めては?^^

友だちになりたそうな顔

投稿日

2011/02/05

レビュアー

裸足のラヴァース

1〜 5件 / 全133件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

ぼくのエリ 200歳の少女