韓流短編ドラマ傑作選 世界で一番美しい別れ

韓流短編ドラマ傑作選 世界で一番美しい別れの画像・ジャケット写真
韓流短編ドラマ傑作選 世界で一番美しい別れ / ナ・ムニ
全体の平均評価点:
(5点満点)

1

  • DVD
ジャンル:

「韓流短編ドラマ傑作選 世界で一番美しい別れ」 の解説・あらすじ・ストーリー

夫婦や家族のあり方を問い、感動を呼んだ短編ラブストーリーの第2巻。イニに残された時間は少なく、厳しい現実に直面した家族は互いに衝突し合うが、彼女の死期が近付くにつれて自分に何ができるかを考え始め…。第3話と最終第4話を収録。

「韓流短編ドラマ傑作選 世界で一番美しい別れ」 の作品情報

製作年: 1996年
製作国: 韓国

「韓流短編ドラマ傑作選 世界で一番美しい別れ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

韓流短編ドラマ傑作選 世界で一番美しい別れのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

韓流短編ドラマ傑作選 世界で一番美しい別れ Vol.1

  • 旧作

『愛の群像』のノ・ヒギョンが脚本を務めた短編ラブストーリーの第1巻。痴呆症の姑、不倫中の娘、酒に溺れる息子を抱えたイニは頻尿を患い、医師である夫が勤める病院で検査を受ける。が、その検査結果に夫は驚愕し…。第1話と第2話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
85分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BWD01491R 2011年02月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 0人

韓流短編ドラマ傑作選 世界で一番美しい別れ Vol.2

  • 旧作

夫婦や家族のあり方を問い、感動を呼んだ短編ラブストーリーの第2巻。イニに残された時間は少なく、厳しい現実に直面した家族は互いに衝突し合うが、彼女の死期が近付くにつれて自分に何ができるかを考え始め…。第3話と最終第4話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
93分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BWD01492R 2011年02月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 0人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

「愛の群像」「花よりも美しく」の原点がここにネタバレ

投稿日:2011/03/11 レビュアー:サランヘ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何を基準に“韓流短編ドラマ傑作選”としたのか分かりませんが,これらを傑作というなら駄作はどんなんだろうかと逆に心配になってしまします。
決して本作が“ボロ”だというのではありませんが,今回リリースされた4作品(グッドモーニング孔子2話,めぐりあい2話,ドロシーを捜せ4話)とも,“帯に短しタスキに長し”といいますか,“これはこれは”という掘り出し物は無く,私の感覚では“ごくフッツー”の作品たちだと思います。
まあ,2話から4話で起承転結を描くわけですし,映画のようにお金をかけられるわけではありませんから無理もないことですが,ドラマシティーやドラマスペシャルのように番組として単発のドラマを帯で放送する場合は別として,大抵の短編は,ドラマとドラマの間を埋める時間調整的な役割もあり,前作のイメージを壊さないように次作につないでいくという趣旨を考えれば,あまり色濃くない方がいいのかもしれません。その意味では,この4作は立派に任務を果たしていると思います。
で,本作ですが,あの「愛の群像」の脚本家ノ・ヒギョンssiが,実際に癌で50代の若いお母さんを亡くした体験から,”後で後悔せず,そばにいるときに孝行すべし”という真理を伝えたくてこの作品を書いたと言われています。
本作は「愛の群像」の3年前の作品ですが,ここで言いきれなかった部分を補足するかのように,「愛の群像」と8年後に制作された「花よりも美しく」の中に書き込んでいます。お母さんの死が彼女にとっていかに衝撃的でショックだったのか,家族の愛の絆の深さを感じさせますね。
キャストの方も,仕事にかまけて家庭を顧みず,妻の苦労にも無頓着な医師の夫を演じるのが,「愛の群像」でシニョンの父を演じたチュ・ヒョンssiですし,家族のために尽くし,痴呆の姑を献身的に介護するその妻を演じるのが,「愛の群像」でシンジャ・ハルモニを演じたナ・ムニssiです。そして,痴呆の姑を演じるのが,「花よりも美しく」でも同じく痴呆の姑を演じた女優さん(名前が出てこない)という共通点があり,作家とキャストの深いつながりも感じます。


おまけ:原題は,「セサンエソ カジャン アルムダウン イビョル」といいます。邦題では“世界で…”とされていますが,この部分は“世の中で”という意味で捉えた方がいいと思います。小説をドラマ化した作品は珍しくありませんが,本作の場合はドラマが小説に再構成されて出版されたというのは珍しいケースです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

韓流短編ドラマ傑作選 世界で一番美しい別れ

月額課金で借りる

都度課金で借りる