ポリス・ストーリー 3

ポリス・ストーリー 3の画像・ジャケット写真

ポリス・ストーリー 3 / ジャッキー・チェン

全体の平均評価点:(5点満点)

26

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「ポリス・ストーリー 3」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

「ポリス・ストーリー/香港国際警察」、「九龍の眼/クーロンズ・アイ」に続く“ポリス・ストーリー・シリーズ”の3作目。全アジアを牛耳る麻薬王チャイバを逮捕するため、香港国際警察のエース・チャンは、中国公安の敏腕女性部長ヤンと共に、潜入捜査を開始する……。今回もジャッキーが、麻薬組織相手に“キレた”アクションを展開、相棒のミシェール・キングもジャッキーに劣らぬ派手なアクションを披露。

「ポリス・ストーリー 3」 の作品情報

作品情報

製作年: 1992年
製作国: 香港
原題: 警察故事III: 超級警察/POLICE STORY III: SUPER CO

「ポリス・ストーリー 3」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

THE MYTH/神話

カンフー・キッド

1911

クリーン

ユーザーレビュー:26件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全26件

おぎゃ 誰もレヴュー書いてないな

投稿日:2004/02/18 レビュアー:裸足のラヴァース

これは傑作しよっ ジャッキーの映画はかなりの数あるからこつこつ習慣にして みてゆかないとだめよ 
凡作もふくめてその作品群は現在充分 検討に値するよ
ジャッキーのアクションの水準を抜くことができないことを
逆手に取って ひらきなおったのがマトリックスなのだ

ミシェル・キングの胸のすく大活躍が素晴らしい1本!
そろそろジャッキーを見る新しい世代がでてきてるのじゃないかな その人達に是非すすめるよ

このレビューは気に入りましたか? 15人の会員が気に入ったと投稿しています

スッ凄ーい ミシェル・ヤオ

投稿日:2010/11/06 レビュアー:エイちゃん

 アジアのボンドガール 浜美枝と違ってしっかりアクションもこなした
ミシェル・ヤオ 正しくは ダトー・ミシェル・ヤオ ミシェル・キング
と呼ばれたのは昔です

 ミシェルはマレーシアンチャイニーズ しかもダトー 
マレーシアは今だ階級社会 ダトーは下のほうですが一応上流階級
に属します  しかも今年イタリア フィアット社の会長と結婚
まさにスッ凄ーい女優さんです

 さてお話ですが 麻薬密売組織に潜入するジャッキー
今回は強力なパートナー 中国の武装警察ヤン部長が協力します

 パンサーと言う男を計画的に脱獄させて 味方に成りすまし
計画は見事成功と思われましたが ジャッキーの恋人メイが
とんでもない所に現れて 計画はオジャンになりかけます
ジャッキー大活躍となるのでしょうか・・・

 見所はミシェル・ヤオのアクションシーン 私的にはトム君の
ミッションインパッシブルのユーロスターのシーンよりこっち
の方がスッスゴーイですね

 クアランプールはまだランドマークツインタワーのできる前
 K・Lの街も楽しめるし 見所満載です モスリムの女性が
ミシェルなのは私も気付きませんでした

 ジャッキーの映画に外れナシ 是非一度ご覧あれ

   

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

目を見張る、ミシェール・キングの華麗なアクション!

投稿日:2006/02/07 レビュアー:ぶわつ

 ジャッキー・チェンの“ポリス・ストーリー”シリーズの第3弾。本作は潜入捜査官もの。とはいえ、そこを深く追求する必要はありません。本作の見所は、主役ジャッキー・チェンをも霞ませてしまうミシェール・キング(言うまでもなく、現ミシェル・ヨー)のまさに体を張ったアクション。
 中国公安の部長として凛とした制服姿で登場した時には、カンフーのカの字も想像できないのに、途中からジャッキー演じるチャンの妹として潜入捜査に加わってからは鎖を解かれたチーターのごとく華麗なるアクションを披露。当時38歳くらいのジャッキー・チェンもそりゃキレのある動きを見せてくれますが、やはり彼女が上を行っています。当時30歳。一度結婚を機に引退をしていたのが、離婚して女優復帰した復帰作だけに意気込みも人並み以上のものがあったんでしょう。どれだけ体を張っていたかは、恒例のエンディングNG集を観れば一目瞭然。たとえばバイクで疾走する列車の屋根に飛び乗る場面では、勢いあまって反対側へ吹っ飛んでいきます。吊るなんてことせずにマジで飛び移ってるのがわかります。あっぱれです。オレのうだうだレビュー読む暇があったら、とりあえず観てくださいって話です。

 で、またもや久しぶりに観て気がついたこと。
 麻薬組織のボス、なんやケネス・ツァンやったんか。それから、チャンの恋人役、マギー・チャン。これは覚えがあったようななかったような・・・。

 

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

爆薬アクションになってしまったかと思いきや

投稿日:2013/05/01 レビュアー:Yohey

1から進むにつれ、普通のアクション映画になっていっているような気がいたします。今作は麻薬王のところへの潜入調査ということで少し話が大きくなり、ジャッキー得意のコメディ調はちょっと少なし。そして、火薬が多いアクション映画になっていましたので、まぁB級作品と変わらない。

「なんや、おもんないなぁ」と思っていたらラスト10分、さすがのジャッキーアクション炸裂。いやはやこれすごいですよ。どうやって撮影したんだろうか、と思ってしまうようなシーンも多く、ドキドキしながら観てました。やっぱりジャッキー映画はこれがないとね!!

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

超級ガール ミシェール・キング(ヨー)

投稿日:2006/03/06 レビュアー:Tany

「グリーン・ディスティニー」は見ていたのだが
ミシェール・キング(ヨー)の凄さを今さら知りました。
復帰一作目、このキレまくりのアクション、スタントは必見。

警察の制服姿のときは、華奢な印象だが
アクションシーンでは、殴る、蹴る姿も美しくスピードがある。
走るマイクロバスの屋根から、後ろを走る車のボンネットに
背中から落ちる、走る列車の上にバイクで飛び乗る・・・。
ジャッキーすらもかすんでしまいそうなくらい
マギー・チャンは、すっかり隅に追いやられてしまった感じ。

姉妹作品に「プロジェクトS【超級計劃】」93年(現VHSのみ)
監督/スタンリー・トン 主演/ミシェール・キング
特別出演/ジャッキー・チェン  なんてのもあります。

追記:デジタル・リマスター版のレビューも見てね!
こっちは、吹き替え有り、監督インタビュー有り

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全26件

ポリス・ストーリー 3

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:26件

おぎゃ 誰もレヴュー書いてないな

投稿日

2004/02/18

レビュアー

裸足のラヴァース

これは傑作しよっ ジャッキーの映画はかなりの数あるからこつこつ習慣にして みてゆかないとだめよ 
凡作もふくめてその作品群は現在充分 検討に値するよ
ジャッキーのアクションの水準を抜くことができないことを
逆手に取って ひらきなおったのがマトリックスなのだ

ミシェル・キングの胸のすく大活躍が素晴らしい1本!
そろそろジャッキーを見る新しい世代がでてきてるのじゃないかな その人達に是非すすめるよ

スッ凄ーい ミシェル・ヤオ

投稿日

2010/11/06

レビュアー

エイちゃん

 アジアのボンドガール 浜美枝と違ってしっかりアクションもこなした
ミシェル・ヤオ 正しくは ダトー・ミシェル・ヤオ ミシェル・キング
と呼ばれたのは昔です

 ミシェルはマレーシアンチャイニーズ しかもダトー 
マレーシアは今だ階級社会 ダトーは下のほうですが一応上流階級
に属します  しかも今年イタリア フィアット社の会長と結婚
まさにスッ凄ーい女優さんです

 さてお話ですが 麻薬密売組織に潜入するジャッキー
今回は強力なパートナー 中国の武装警察ヤン部長が協力します

 パンサーと言う男を計画的に脱獄させて 味方に成りすまし
計画は見事成功と思われましたが ジャッキーの恋人メイが
とんでもない所に現れて 計画はオジャンになりかけます
ジャッキー大活躍となるのでしょうか・・・

 見所はミシェル・ヤオのアクションシーン 私的にはトム君の
ミッションインパッシブルのユーロスターのシーンよりこっち
の方がスッスゴーイですね

 クアランプールはまだランドマークツインタワーのできる前
 K・Lの街も楽しめるし 見所満載です モスリムの女性が
ミシェルなのは私も気付きませんでした

 ジャッキーの映画に外れナシ 是非一度ご覧あれ

   

目を見張る、ミシェール・キングの華麗なアクション!

投稿日

2006/02/07

レビュアー

ぶわつ

 ジャッキー・チェンの“ポリス・ストーリー”シリーズの第3弾。本作は潜入捜査官もの。とはいえ、そこを深く追求する必要はありません。本作の見所は、主役ジャッキー・チェンをも霞ませてしまうミシェール・キング(言うまでもなく、現ミシェル・ヨー)のまさに体を張ったアクション。
 中国公安の部長として凛とした制服姿で登場した時には、カンフーのカの字も想像できないのに、途中からジャッキー演じるチャンの妹として潜入捜査に加わってからは鎖を解かれたチーターのごとく華麗なるアクションを披露。当時38歳くらいのジャッキー・チェンもそりゃキレのある動きを見せてくれますが、やはり彼女が上を行っています。当時30歳。一度結婚を機に引退をしていたのが、離婚して女優復帰した復帰作だけに意気込みも人並み以上のものがあったんでしょう。どれだけ体を張っていたかは、恒例のエンディングNG集を観れば一目瞭然。たとえばバイクで疾走する列車の屋根に飛び乗る場面では、勢いあまって反対側へ吹っ飛んでいきます。吊るなんてことせずにマジで飛び移ってるのがわかります。あっぱれです。オレのうだうだレビュー読む暇があったら、とりあえず観てくださいって話です。

 で、またもや久しぶりに観て気がついたこと。
 麻薬組織のボス、なんやケネス・ツァンやったんか。それから、チャンの恋人役、マギー・チャン。これは覚えがあったようななかったような・・・。

 

爆薬アクションになってしまったかと思いきや

投稿日

2013/05/01

レビュアー

Yohey

1から進むにつれ、普通のアクション映画になっていっているような気がいたします。今作は麻薬王のところへの潜入調査ということで少し話が大きくなり、ジャッキー得意のコメディ調はちょっと少なし。そして、火薬が多いアクション映画になっていましたので、まぁB級作品と変わらない。

「なんや、おもんないなぁ」と思っていたらラスト10分、さすがのジャッキーアクション炸裂。いやはやこれすごいですよ。どうやって撮影したんだろうか、と思ってしまうようなシーンも多く、ドキドキしながら観てました。やっぱりジャッキー映画はこれがないとね!!

超級ガール ミシェール・キング(ヨー)

投稿日

2006/03/06

レビュアー

Tany

「グリーン・ディスティニー」は見ていたのだが
ミシェール・キング(ヨー)の凄さを今さら知りました。
復帰一作目、このキレまくりのアクション、スタントは必見。

警察の制服姿のときは、華奢な印象だが
アクションシーンでは、殴る、蹴る姿も美しくスピードがある。
走るマイクロバスの屋根から、後ろを走る車のボンネットに
背中から落ちる、走る列車の上にバイクで飛び乗る・・・。
ジャッキーすらもかすんでしまいそうなくらい
マギー・チャンは、すっかり隅に追いやられてしまった感じ。

姉妹作品に「プロジェクトS【超級計劃】」93年(現VHSのみ)
監督/スタンリー・トン 主演/ミシェール・キング
特別出演/ジャッキー・チェン  なんてのもあります。

追記:デジタル・リマスター版のレビューも見てね!
こっちは、吹き替え有り、監督インタビュー有り

1〜 5件 / 全26件