きな子〜見習い警察犬の物語〜

きな子〜見習い警察犬の物語〜の画像・ジャケット写真

きな子〜見習い警察犬の物語〜 / 夏帆

全体の平均評価点:(5点満点)

22

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「きな子〜見習い警察犬の物語〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

香川県・丸亀警察犬訓練所の見習い警察犬で、そのズッコケぶりが地元TV局で取り上げられたため一躍人気者となった実在のラブラドール・リトリーバー“きな子”をめぐる感動の実話を映画化。主演は「天然コケッコー」の夏帆、共演に「相棒」シリーズの寺脇康文。監督は「アンフェア the movie」の小林義則。今は亡き父を目標に警察訓練士を目指す18歳の杏子は、番場警察犬訓練所の門をくぐる。そして、ラブラドール・リトリーバーの子犬と出会う。身体が弱く、所長からは警察犬になれないと言われるが、杏子は自分が警察犬に育てると宣言し、“きな子”と名付けて二人三脚で訓練に励むのだったが…。

「きな子〜見習い警察犬の物語〜」 の作品情報

作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「きな子〜見習い警察犬の物語〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

金曜日の妻たちへIII 恋におちて

犬、走る/DOG RACE

愚行録

釣りバカ日誌 8

ユーザーレビュー:22件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全22件

ひっかかる。

投稿日:2011/12/04 レビュアー:パープルローズ

全く知らなかったけど、見習い警察犬のきな子は実在の人気犬なのだそうですね。
地元香川の風景は美しいし、名物讃岐うどんまで登場させて、ご当地映画としては楽しめるのでしょうが、どうにもひっかかることがあり、とても「愛と感動の物語」とは思えませんでした。

それは、なぜ素質のない犬を、無理に訓練して警察犬にしようとするのかということです。
人間なら、たとえ才能がなくても目標に向かって努力することは尊いことでしょう。でも、動物にそんなことをさせる意味があるのでしょうか。たかが10数年の寿命なのだから、普通のペットとしてのんびり暮らした方が幸せに決まっているのに。あざらしに住民票を出すのと同じくらい愚かなことだと思いますが。

主人公が「私の夢にきな子をつき合わせてしまった。普通の犬でいるほうが幸せなのに。」と言うところで、「やっとわかったのか!!」と思ったのに。
最後に「2010年、きな子はいまも挑戦中である。」というテロップがでるのですが、正直もうやめさせればいいのにと思ってしまいました。

主演の夏帆ちゃんは「天然コケッコー」とか「うたたま」とか、かわいくてけっこう好きだったのに、この映画ではごく普通。
口の悪いぶっきらぼうな子役が、おいしいところを全部持っていってしまってました。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

。。。。。。。

投稿日:2011/01/15 レビュアー:エロエロ大魔神

嗅覚では負けても、味覚では負けません!

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

動物のストレス

投稿日:2011/07/12 レビュアー:こうさま

評価72点(100点満点)
犬を主人公にした作品はどちらかと言うとお涙ちょうだいモノが多いのだが、本作は警察犬試験に6回挑戦した「きな子」の実話に基づくお話で、およそ警察犬には不適格だと思われた「きな子」と見習い訓練士を描いたハートフルなつくりに仕上げられている。それにしても役者犬の演技はいつみても感心させられる、勿論台詞があるわけはないのだけれど、表情、態度で見事に役どころを演じきっているところが実に素晴らしい。未熟な犬と訓練士、犬の技量の向上と訓練士の成長、主従関係からパートナー関係への変化、それらがほのぼのとした感じで語られている。離れて知るお互いの存在感、犬と人間もこういう関係になれば本当に心が通い合ったといえるのだろう。
盲導犬にしても警察犬にしても人間にとっては重要な役割を果たしているのは間違いないが、逆に犬の側から言えばこれほどストレスのかかることはないだろう。優秀な犬ほど短命だと聞くが、本能を殺してまで人間のために役立っているワンチャン達に敬意を表したいものだ。衣装を着せられて「運転手」「サンタ」「一日署長」なんかになつているイベント犬など皆なんとなく迷惑そうな顔をしているように見える。人間のエゴではないのだろうか。
本作では訓練所所長の女の子を演じている大野百花の演技が印象に残る。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

B− こてこてシナリオだけど。。。

投稿日:2011/11/23 レビュアー:かづしげ

 観ててこそばゆくなるほどのこてこてシナリオなんやけどねぇ。。。犬好きならかなり良いんじゃないでしょうか。私はネコ派で犬はあんまり。なのでそこそこにしか感動できませんでしたが(<なんや、ちょっとは感動したんかい♪) 所々、手を抜かずきちっと作ってくれればもっと素直に感動できたんですけど(<なんや、感動したかったんかい?)
 普通は観ないタイプの映画だけど、千葉駅伝やっててR16の交通規制で車が道に出られないので、自宅待機してたら丁度WOWOWで始まったしまった所をついつい観てしまいました。夏帆ちゃんはそこそこ可愛かったかな 笑


※レーティングは、A+,A,A->B+,B,B->C+,C,C- の9段階。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

王道の作品

投稿日:2011/01/22 レビュアー:じゃじゃまる

きな子と見習い訓練士の、王道の作品でしたが、家族で安心して見られる作品でした。

子役の女の子がいかにもかわいげなくて、あの口の利き方を諌めない親にはむっとしましたけど。

訓練の様子をもっと掘り下げてほしかったかな。
においの分別の訓練とか、ポールを飛び越す訓練の方法とか。

どっちかといえば、訓練士の、人間としての成長にスポットを当てている感のある映画でした。

香川県にゆかりのある阪東英二がワンシーンだけ出てますよ(^^)

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全22件

きな子〜見習い警察犬の物語〜

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:22件

ひっかかる。

投稿日

2011/12/04

レビュアー

パープルローズ

全く知らなかったけど、見習い警察犬のきな子は実在の人気犬なのだそうですね。
地元香川の風景は美しいし、名物讃岐うどんまで登場させて、ご当地映画としては楽しめるのでしょうが、どうにもひっかかることがあり、とても「愛と感動の物語」とは思えませんでした。

それは、なぜ素質のない犬を、無理に訓練して警察犬にしようとするのかということです。
人間なら、たとえ才能がなくても目標に向かって努力することは尊いことでしょう。でも、動物にそんなことをさせる意味があるのでしょうか。たかが10数年の寿命なのだから、普通のペットとしてのんびり暮らした方が幸せに決まっているのに。あざらしに住民票を出すのと同じくらい愚かなことだと思いますが。

主人公が「私の夢にきな子をつき合わせてしまった。普通の犬でいるほうが幸せなのに。」と言うところで、「やっとわかったのか!!」と思ったのに。
最後に「2010年、きな子はいまも挑戦中である。」というテロップがでるのですが、正直もうやめさせればいいのにと思ってしまいました。

主演の夏帆ちゃんは「天然コケッコー」とか「うたたま」とか、かわいくてけっこう好きだったのに、この映画ではごく普通。
口の悪いぶっきらぼうな子役が、おいしいところを全部持っていってしまってました。

。。。。。。。

投稿日

2011/01/15

レビュアー

エロエロ大魔神

嗅覚では負けても、味覚では負けません!

動物のストレス

投稿日

2011/07/12

レビュアー

こうさま

評価72点(100点満点)
犬を主人公にした作品はどちらかと言うとお涙ちょうだいモノが多いのだが、本作は警察犬試験に6回挑戦した「きな子」の実話に基づくお話で、およそ警察犬には不適格だと思われた「きな子」と見習い訓練士を描いたハートフルなつくりに仕上げられている。それにしても役者犬の演技はいつみても感心させられる、勿論台詞があるわけはないのだけれど、表情、態度で見事に役どころを演じきっているところが実に素晴らしい。未熟な犬と訓練士、犬の技量の向上と訓練士の成長、主従関係からパートナー関係への変化、それらがほのぼのとした感じで語られている。離れて知るお互いの存在感、犬と人間もこういう関係になれば本当に心が通い合ったといえるのだろう。
盲導犬にしても警察犬にしても人間にとっては重要な役割を果たしているのは間違いないが、逆に犬の側から言えばこれほどストレスのかかることはないだろう。優秀な犬ほど短命だと聞くが、本能を殺してまで人間のために役立っているワンチャン達に敬意を表したいものだ。衣装を着せられて「運転手」「サンタ」「一日署長」なんかになつているイベント犬など皆なんとなく迷惑そうな顔をしているように見える。人間のエゴではないのだろうか。
本作では訓練所所長の女の子を演じている大野百花の演技が印象に残る。

B− こてこてシナリオだけど。。。

投稿日

2011/11/23

レビュアー

かづしげ

 観ててこそばゆくなるほどのこてこてシナリオなんやけどねぇ。。。犬好きならかなり良いんじゃないでしょうか。私はネコ派で犬はあんまり。なのでそこそこにしか感動できませんでしたが(<なんや、ちょっとは感動したんかい♪) 所々、手を抜かずきちっと作ってくれればもっと素直に感動できたんですけど(<なんや、感動したかったんかい?)
 普通は観ないタイプの映画だけど、千葉駅伝やっててR16の交通規制で車が道に出られないので、自宅待機してたら丁度WOWOWで始まったしまった所をついつい観てしまいました。夏帆ちゃんはそこそこ可愛かったかな 笑


※レーティングは、A+,A,A->B+,B,B->C+,C,C- の9段階。

王道の作品

投稿日

2011/01/22

レビュアー

じゃじゃまる

きな子と見習い訓練士の、王道の作品でしたが、家族で安心して見られる作品でした。

子役の女の子がいかにもかわいげなくて、あの口の利き方を諌めない親にはむっとしましたけど。

訓練の様子をもっと掘り下げてほしかったかな。
においの分別の訓練とか、ポールを飛び越す訓練の方法とか。

どっちかといえば、訓練士の、人間としての成長にスポットを当てている感のある映画でした。

香川県にゆかりのある阪東英二がワンシーンだけ出てますよ(^^)

1〜 5件 / 全22件