D−TOX

D−TOXの画像・ジャケット写真

D−TOX / シルベスター・スタローン

全体の平均評価点:(5点満点)

12

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「D−TOX」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

FBI捜査官のジェイク・マロイは、愛する恋人を連続警官殺しの犯人に惨殺されてしまう。最愛の人を失った哀しみ、何よりも彼女を助けてあげられなかったことがマロイを苦しめた。彼は自暴自棄になり、酒に溺れ、ついには自殺未遂をしてしまう。心配した親友の勧めで、マロイは法執行官専用の治療センターに入院する。そこは、建物を一歩出れば凍死してしまう極寒の地。入院しているのは警官や保安官など一癖も二癖もある人間ばかり。そんな中、何者かによって、院内の人々が一人、また一人と殺されていく。一体誰が犯人か?彼らは、互いに疑心暗鬼となる……。

「D−TOX」 の作品情報

作品情報

製作年: 2002年
製作国: アメリカ
原題: D−TOX/EYE SEE YOU

「D−TOX」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ターミネーター2

誰かに見られてる

大脱出2

バッド・ネゴシエーター

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

精神分析されてしまったのら

投稿日:2004/04/28 レビュアー:裸足のラヴァース

ジム・ギレスピー監督に才能のかけらもないので 最低のでき

あまりのしょぼさに トム・ベレンジャーとか ターミネーターのおじさんが出てんのに 気がつかないのには われながら驚いてしまった 事実が目の前にあるのに それを認めたくないのだ
精神分析ってすごいな! こうゆうことあるんだ へー

製作にロン・ハワードまで参加してて やっこさんも これにはあきれたんじゃないかな

 

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

D−TOX ネタバレ

投稿日:2017/05/19 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 連続殺人鬼に恋人や同僚を殺されてアル中のFBI捜査官のスタローンが療養施設で再び殺人鬼が襲ってくる話。

 雪で閉ざされた環境で1人また1人と殺されていって疑心暗鬼になって疑いを持ち始める。という一定の面白さは保障された設定のはずですが、何とも微妙な映画でした。閉ざされた施設での登場人物たちの紹介が一瞬で終わって誰が誰だかわからないわりに映画の半分くらいまで時間を使っていてテンポが遅く感じるし、それでいて描き分けが足りないしので、1人また1人と殺されていっても誰が殺されたのかとかもわからなかったです。
 
 疑心暗鬼になってもう誰も信じられないという状況になったりするお決まりの展開ですが、真犯人がわかっても「そうだったのか!」という驚きは少なく。むしろどうしてその人なのか。などの背景がこれまた全くわからないので退屈で誰がどうなろうと知ったこっちゃないと冷たい視線で見てました。

 もう少し登場人物たちをしっかりと描き分けでから殺人事件が発生して推理していくというものを見たかったです。それでいてハリウッド映画らしい迫力のアクションシーンとかも混ぜてもらいたかったです。スタローン主演だけどもアクション自体は少ないのも不満に感じてしまう原因でした。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

あれ?これ、観たことあるかも。

投稿日:2009/11/19 レビュアー:kazupon

最近、観ないままになってる録画や、途中までしか観ていない作品を片付けています。
VHSも整理しないと収納場所が・・・
私の好みではないシルベスタ・スタローンですが、この作品ではマッチョな肉体を披露することも無く、恋人を無残に殺された失意のFBI捜査官マロイを切々と演じています。
マロイが病院に入る前の事件では、猟奇的な犯人像やその手口が、これからの展開に期待を持たせますが、残念ながら腰砕けに終わります。
私には病院の入院患者の顔や名前が覚えられず、誰がいなくなったのか、誰が死んだのか、よく分かりませんでした。
犯人が判ってみれば、なーんだ、怪しい人がそのまま犯人じゃん!という捻りの無さで、テレビでたまたまやっていたら観てみようか?くらいの作品かも。
予想通りにストーリーが進んでいくので、以前に観たことがあったのか、ありふれた展開だったのか?さて、どちらでしょう。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

存在感なき殺人犯!? ネタバレ

投稿日:2008/06/29 レビュアー:BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

* 出だしは、ありふれた感じではありましたが、解りやすくて良かったです。ところが、治療センターに入ってからが……???誰が誰だか理解してないまま、人が死んでゆくのです…。
 訳がわからんうちに、物語はどんどん進んでいき、ついに、「○○が犯人だ!」とマロイ(S.スタローン)が叫びます!
……???えーと、○○ってどちら様でしたっけ?どんな顔してたっけ??…という始末…。(私だけかもしれませんが…)もう少しシンプルにして、視聴者にも犯人探しをさせてくれれば楽しめたのに…、残念です。

 続けて2回みて、びっくり!?殺人犯と主人公は、かなり会話をかわしていました…。<存在感なき殺人犯>…それはそれで面白いのかも??

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

ドキドキはするんだけど・・・。

投稿日:2007/09/07 レビュアー:はなびらもくれん

スタローン主演のなかでは静かな映画。今までのような、アクションもなく・・・。話をちゃんと見てたら、犯人が早くわかったのかもしれないけど、なんとなく見逃したら、なんとも感想がない映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全12件

D−TOX

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:12件

精神分析されてしまったのら

投稿日

2004/04/28

レビュアー

裸足のラヴァース

ジム・ギレスピー監督に才能のかけらもないので 最低のでき

あまりのしょぼさに トム・ベレンジャーとか ターミネーターのおじさんが出てんのに 気がつかないのには われながら驚いてしまった 事実が目の前にあるのに それを認めたくないのだ
精神分析ってすごいな! こうゆうことあるんだ へー

製作にロン・ハワードまで参加してて やっこさんも これにはあきれたんじゃないかな

 

D−TOX

投稿日

2017/05/19

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 連続殺人鬼に恋人や同僚を殺されてアル中のFBI捜査官のスタローンが療養施設で再び殺人鬼が襲ってくる話。

 雪で閉ざされた環境で1人また1人と殺されていって疑心暗鬼になって疑いを持ち始める。という一定の面白さは保障された設定のはずですが、何とも微妙な映画でした。閉ざされた施設での登場人物たちの紹介が一瞬で終わって誰が誰だかわからないわりに映画の半分くらいまで時間を使っていてテンポが遅く感じるし、それでいて描き分けが足りないしので、1人また1人と殺されていっても誰が殺されたのかとかもわからなかったです。
 
 疑心暗鬼になってもう誰も信じられないという状況になったりするお決まりの展開ですが、真犯人がわかっても「そうだったのか!」という驚きは少なく。むしろどうしてその人なのか。などの背景がこれまた全くわからないので退屈で誰がどうなろうと知ったこっちゃないと冷たい視線で見てました。

 もう少し登場人物たちをしっかりと描き分けでから殺人事件が発生して推理していくというものを見たかったです。それでいてハリウッド映画らしい迫力のアクションシーンとかも混ぜてもらいたかったです。スタローン主演だけどもアクション自体は少ないのも不満に感じてしまう原因でした。

あれ?これ、観たことあるかも。

投稿日

2009/11/19

レビュアー

kazupon

最近、観ないままになってる録画や、途中までしか観ていない作品を片付けています。
VHSも整理しないと収納場所が・・・
私の好みではないシルベスタ・スタローンですが、この作品ではマッチョな肉体を披露することも無く、恋人を無残に殺された失意のFBI捜査官マロイを切々と演じています。
マロイが病院に入る前の事件では、猟奇的な犯人像やその手口が、これからの展開に期待を持たせますが、残念ながら腰砕けに終わります。
私には病院の入院患者の顔や名前が覚えられず、誰がいなくなったのか、誰が死んだのか、よく分かりませんでした。
犯人が判ってみれば、なーんだ、怪しい人がそのまま犯人じゃん!という捻りの無さで、テレビでたまたまやっていたら観てみようか?くらいの作品かも。
予想通りにストーリーが進んでいくので、以前に観たことがあったのか、ありふれた展開だったのか?さて、どちらでしょう。

存在感なき殺人犯!?

投稿日

2008/06/29

レビュアー

BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

* 出だしは、ありふれた感じではありましたが、解りやすくて良かったです。ところが、治療センターに入ってからが……???誰が誰だか理解してないまま、人が死んでゆくのです…。
 訳がわからんうちに、物語はどんどん進んでいき、ついに、「○○が犯人だ!」とマロイ(S.スタローン)が叫びます!
……???えーと、○○ってどちら様でしたっけ?どんな顔してたっけ??…という始末…。(私だけかもしれませんが…)もう少しシンプルにして、視聴者にも犯人探しをさせてくれれば楽しめたのに…、残念です。

 続けて2回みて、びっくり!?殺人犯と主人公は、かなり会話をかわしていました…。<存在感なき殺人犯>…それはそれで面白いのかも??

ドキドキはするんだけど・・・。

投稿日

2007/09/07

レビュアー

はなびらもくれん

スタローン主演のなかでは静かな映画。今までのような、アクションもなく・・・。話をちゃんと見てたら、犯人が早くわかったのかもしれないけど、なんとなく見逃したら、なんとも感想がない映画でした。

1〜 5件 / 全12件