座頭市 THE LAST

座頭市 THE LASTの画像・ジャケット写真

座頭市 THE LAST / 香取慎吾

全体の平均評価点:(5点満点)

33

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「座頭市 THE LAST」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

香取慎吾が盲目の渡世人・座頭市を演じたアクション時代劇。最愛の妻・タネを失った市は、平穏な暮らしをしようと故郷の村に帰り仕込み杖を置く。しかし、村は非道な天道一家に牛耳られていた。石原さとみ、仲代達矢ら豪華キャストが顔を揃える。

「座頭市 THE LAST」 の作品情報

作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「座頭市 THE LAST」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

きみはペット

遠野物語

幸せになろうよ

ジョーのあした −辰吉丈一郎との20年−

ユーザーレビュー:33件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全33件

つまらん

投稿日:2010/12/12 レビュアー:宝積

これが最後の「座頭市」なのか? つまらん!!
豪華キャストを登用しながらも迫力がなさ過ぎる、ましてジャニタレ主役では迫力もなにもない。申し訳ないが
レンタルして損した気分。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

そんなに悪くは無かった ネタバレ

投稿日:2011/01/07 レビュアー:詩乃

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

SMAPで 木村くん 草薙くん に続き 3人目の 盲目の役・・・・。
私的には 慎吾くんが 一番良かったかも・・・?
それは SMAPの中で 慎吾くんが一番好きだからという 贔屓目が入ってるかもしれないけど(笑)

でも 正直 慎吾くんの市には あまり期待していなかった分 思ったよりイケるじゃん!?という感じがした。

当然と言えば当然なのですが 悟空の時の立ち回りと 市の立ち回りが 全く別人として戦っていた姿にちょこっと感動!
身体のキレや技術ではなく 体当たり的な立ち回りは 胸を打たれましたね・・・。
カッコつけて無い 必死さが伝わってきました。

周りのキャストも良かったですねー!

特に 暗い話の中で お茶目で しかも温もりを感じさせてくれた玄吉(原田芳雄)との絡みのシーンは印象深いです。
原田さん良いなぁ〜〜〜〜。

全体の出来として それほど悪い感じはしなかったのですが・・・・・
刀傷の特殊メイクや 切られた腕などが 今時の映画と思えないほど チャチイのが なんとも残念・・・。
かなりの興醒め・・・・・・。

あと・・・やっぱり 市には死んでほしくなかった・・・・。

THE LASTって題だから 死ぬんだろうな〜とは思ってたけど ね(笑)

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

7点満点中

投稿日:2010/12/11 レビュアー:ビリケン

5点

今までの市の映画はただ寡黙で強いだけの映画が多かったけど、今回の市は弱い部分もあり、ちゃめっけなところもある市だった。

そしてラストにかけてグッと見入ってしまった。 ラストも衝撃だった。 いい映画だった。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

右側に気をつけろ

投稿日:2011/06/01 レビュアー:裸足のラヴァース

去年の邦画では 北野武「アウトレイジ」筒井和幸「ヒーローショー」そして坂本順治のこの「座頭市ザ・ラスト」が突出した暴力映画でした 日本映画のトップを走る三人が暴力に回帰しているこの不穏さは何なのだろうか それを無視してキネ旬はともかく映画芸術までもが 三池崇史の「十三人の刺客」がベストで「ザ・ラスト」がワーストとは それはいくらなんでも逆だろう 見識を疑ってしまう今回です

「ザ・ラスト」は東宝映画で大映の時代劇を見事に再現しています 海を前面化したオープンセットのロケーションが映画館で見ていると最高で この物語を包括する空間造形だけでも「十三人の刺客」を軽く凌駕しています ある特定の空間での物語世界は西部劇の様でもあります

冒頭 ものの10分で石原さとみは画面から排除されてしまいます 見事すぎる桜の木の下でのラブシーンだけで二人の愛の物語を省略してしまいます その無念は寺島進と工藤のエピソードに引き継がれます Jポップ・ラブロマンス症候群にアンチです

しかしこの暴力映画は不思議な事に血糊が少なすぎるリアリズムです 北野武の座頭市にはあった 冷たい金属の刀身に流れる血のエロスがないのです 血の恍惚を避けます 視覚的なエロス的暴力の拒絶でしょうか それともその赤は あの石原さとみが贈った 赤いマフラーが吸い取っているのかもしれません

素晴らしいロケーションの物語の空を かもめが縦横に飛び交います そして仲代の演じる新興やくざは 遠く おロシアの地を夢見ているのです この時空的拡がりが映画ならではの仕掛けなのですが 守旧のやくざとの抗争 それに巻き込まれる百姓たちの卑小な戦い この閉塞感こそが 最新の座頭市映画を現代映画にしているのです この構造こそいまや現代そのものではないですか しかも地震まで最後に起きるのです これは再見まで記憶になかった この予見

これに比べると「十三人の刺客」の吾郎ちゃんに焦点化するそのテーマなどは石原朕太郎の「太陽の季節」ぐらいずれているのです

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

想像より良かったです。

投稿日:2011/05/11 レビュアー:スヌーピー

あまり期待していなかったからか想像より良かったです。見終わってレビューを見たら不評の意見のが多かったので少し残念に思いました。

香取さんの市の役も良かったです。コミカルな役が多い中でこんな役も出来るのだなと思ったし、反町さんの農民役も珍しかったし仲代達也さんはさすがだなと思いました。刀を抜いて戦うシーンは目が見えない役だから一生懸命練習したのだろうなと思いました。立ち回りも良かったです。ラストも良かったです。出演者も豪華で驚きました。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全33件

座頭市 THE LAST

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:33件

つまらん

投稿日

2010/12/12

レビュアー

宝積

これが最後の「座頭市」なのか? つまらん!!
豪華キャストを登用しながらも迫力がなさ過ぎる、ましてジャニタレ主役では迫力もなにもない。申し訳ないが
レンタルして損した気分。

そんなに悪くは無かった

投稿日

2011/01/07

レビュアー

詩乃

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

SMAPで 木村くん 草薙くん に続き 3人目の 盲目の役・・・・。
私的には 慎吾くんが 一番良かったかも・・・?
それは SMAPの中で 慎吾くんが一番好きだからという 贔屓目が入ってるかもしれないけど(笑)

でも 正直 慎吾くんの市には あまり期待していなかった分 思ったよりイケるじゃん!?という感じがした。

当然と言えば当然なのですが 悟空の時の立ち回りと 市の立ち回りが 全く別人として戦っていた姿にちょこっと感動!
身体のキレや技術ではなく 体当たり的な立ち回りは 胸を打たれましたね・・・。
カッコつけて無い 必死さが伝わってきました。

周りのキャストも良かったですねー!

特に 暗い話の中で お茶目で しかも温もりを感じさせてくれた玄吉(原田芳雄)との絡みのシーンは印象深いです。
原田さん良いなぁ〜〜〜〜。

全体の出来として それほど悪い感じはしなかったのですが・・・・・
刀傷の特殊メイクや 切られた腕などが 今時の映画と思えないほど チャチイのが なんとも残念・・・。
かなりの興醒め・・・・・・。

あと・・・やっぱり 市には死んでほしくなかった・・・・。

THE LASTって題だから 死ぬんだろうな〜とは思ってたけど ね(笑)

7点満点中

投稿日

2010/12/11

レビュアー

ビリケン

5点

今までの市の映画はただ寡黙で強いだけの映画が多かったけど、今回の市は弱い部分もあり、ちゃめっけなところもある市だった。

そしてラストにかけてグッと見入ってしまった。 ラストも衝撃だった。 いい映画だった。

右側に気をつけろ

投稿日

2011/06/01

レビュアー

裸足のラヴァース

去年の邦画では 北野武「アウトレイジ」筒井和幸「ヒーローショー」そして坂本順治のこの「座頭市ザ・ラスト」が突出した暴力映画でした 日本映画のトップを走る三人が暴力に回帰しているこの不穏さは何なのだろうか それを無視してキネ旬はともかく映画芸術までもが 三池崇史の「十三人の刺客」がベストで「ザ・ラスト」がワーストとは それはいくらなんでも逆だろう 見識を疑ってしまう今回です

「ザ・ラスト」は東宝映画で大映の時代劇を見事に再現しています 海を前面化したオープンセットのロケーションが映画館で見ていると最高で この物語を包括する空間造形だけでも「十三人の刺客」を軽く凌駕しています ある特定の空間での物語世界は西部劇の様でもあります

冒頭 ものの10分で石原さとみは画面から排除されてしまいます 見事すぎる桜の木の下でのラブシーンだけで二人の愛の物語を省略してしまいます その無念は寺島進と工藤のエピソードに引き継がれます Jポップ・ラブロマンス症候群にアンチです

しかしこの暴力映画は不思議な事に血糊が少なすぎるリアリズムです 北野武の座頭市にはあった 冷たい金属の刀身に流れる血のエロスがないのです 血の恍惚を避けます 視覚的なエロス的暴力の拒絶でしょうか それともその赤は あの石原さとみが贈った 赤いマフラーが吸い取っているのかもしれません

素晴らしいロケーションの物語の空を かもめが縦横に飛び交います そして仲代の演じる新興やくざは 遠く おロシアの地を夢見ているのです この時空的拡がりが映画ならではの仕掛けなのですが 守旧のやくざとの抗争 それに巻き込まれる百姓たちの卑小な戦い この閉塞感こそが 最新の座頭市映画を現代映画にしているのです この構造こそいまや現代そのものではないですか しかも地震まで最後に起きるのです これは再見まで記憶になかった この予見

これに比べると「十三人の刺客」の吾郎ちゃんに焦点化するそのテーマなどは石原朕太郎の「太陽の季節」ぐらいずれているのです

想像より良かったです。

投稿日

2011/05/11

レビュアー

スヌーピー

あまり期待していなかったからか想像より良かったです。見終わってレビューを見たら不評の意見のが多かったので少し残念に思いました。

香取さんの市の役も良かったです。コミカルな役が多い中でこんな役も出来るのだなと思ったし、反町さんの農民役も珍しかったし仲代達也さんはさすがだなと思いました。刀を抜いて戦うシーンは目が見えない役だから一生懸命練習したのだろうなと思いました。立ち回りも良かったです。ラストも良かったです。出演者も豪華で驚きました。

1〜 5件 / 全33件