トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合の画像・ジャケット写真

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合 / ケイト・ハドソン

全体の平均評価点:(5点満点)

25

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

ラブラブ状態の新婚家庭に図々しくも居候したトラブルメーカーが巻き起こす大騒動を描いたドタバタ・コメディ。主演はオーウェン・ウィルソン、共演にケイト・ハドソンとマット・ディロン。監督は「ウェルカム トゥ コリンウッド」のアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ。ハワイで完璧な式を挙げ、2人だけの甘い新婚生活に胸躍らせるモリーとカール。そんな矢先、カールの親友ランディ・デュプリーが仕事も家も失ってしまい、同情したカールは少しの間だけ新居に居候させてあげることに。ところが自由奔放なデュプリーの迷惑三昧に、2人の新婚生活はメチャクチャにされてしまい…。

「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: YOU, ME AND DUPREE

「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

サウンド・オブ・サイレンス

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

ライヴ・イン・ザ・ミドル・イースト

伝説のツールド・フランス

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全25件

これ、意外とおもしろかったですよ。

投稿日:2007/03/23 レビュアー:パープルローズ

新婚生活に割り込んできた男のドタバタ喜劇なのかと思っていたけど、後半けっこうしんみりさせてくれて。
ケイト・ハドソン演じる娘を手放したくない父親は、マット・ディロン演じる婿にいじわるの数々。その父親がマイケル・ダグラスで妙にはまっていました。「パイプカットしろ。」だなんて、そりゃーないでしょう。おかげで新婚生活はおかしなことになってきますが、そこでデュプリーがひと肌ぬいで・・・。ハッピーエンドなのもよかったです。
個人的には「10日間で男を上手にフル方法」より好きでしたが、ジャケットの写真がケイト・ハドソンに見えないところがマイナス点。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

おすすめしません

投稿日:2008/02/17 レビュアー:さむこ

ああ、2本続けて(1本目はハニーVSダーリン 2年目の駆け引き)しょうもないラブコメを見てしまった・・。
この映画で見どころって言ったら、ケイト・ハドソンの悩殺水着くらいか。
今回は彼女の笑顔のシーンも少なかったしなー。

オーウェン・ウィルソンがもう少し愛すべきキャラなら救われた気がするけど、私にはただの迷惑な独りよがりの友人にしか思えず・・。
それと音楽。
まったく感動も共感もこっちはできてないのに、音楽だけは感動しろ〜みたいのがやたら流れてくる。
すーっとさらに引いて行く自分が感じられた。

マイケル・ダグラスの出演シーン、結構多くてびっくり。
こんな映画にも出るのか。

この映画のあと、ケイトとオーウェンはくっついて、別れて、オーウェンは自殺未遂までしちゃいましたね・・。
オーウェン・ウィルソンのファンじゃなきゃ、見なくていいと思われます。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

天真爛漫すぎてどうしよう

投稿日:2007/06/22 レビュアー:みみ

 3人のメインキャストが好みだったので楽しみにしてました。
 “悪い人じゃないんだけどビミョウに空気が読めない天真爛漫キャラ”のデュプリー。「いるんだよなぁ、こういう人」と思いながら、その困ったチャン(死語?)ぶりを失笑気味に鑑賞してました。もちろん素直には笑えないですよ。大好きなオーウェン・ウィルソンじゃなかったらかなりイライラしてたでしょうね。「仕事探せー」みたいな。

 男の子の友情みたいなモノも万国共通なんですね。結婚した男性は奥さんとの生活がメインになるけど、友達の未婚男性にはあまりそういう意識がなくて、今まで通り「終電ないからちょっと泊めて」「今日お前んちで飲もうぜ」みたいな。言われた方も男の友情を大事にしたいから断れない、みたいな。「お前も結婚して変わったな」なんて言われたくないし。。そういう意味で20代後半以上くらいの男性には共感できる節があるんじゃないでしょうか。

 まあ最後はコメディらしくご都合主義ながらも万事ハッピーエンドで終わってよかったです。みみネス。なんちゃって。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

投稿日:2007/04/06 レビュアー:ぴぐぽぐ

う〜ん。今までのところ面白いというレビューが多いようですが、私は全く楽しめなかった。残念です。

1時間50分がこんなに長く感じるとは。
眠気との戦いでした。

いったい何が言いたいのやらさっぱりわからなくて、どこが面白いと思えば良いのか、ポイントがつかめなかったです。

デュプリーがハチャメチャに新婚生活をぶち壊すところが面白いのか、パパにいじめられるのが面白いのか、新婚の二人がしっくり行かなくなって、結局は・・・・が面白いのか?

この3人決して嫌いじゃないんですけどね。(マイケル・ダグラスは嫌いだけど)

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ありそうだけど・・ない!

投稿日:2007/03/24 レビュアー:ランドティピー

いやいや、面白かったです。最初はオーウェン演じるデュプリーが、とにかくハチャメチャで最低、最悪のキャラっぽいんだけど徐々にピュアな男なのが分かっていく・・それがケイト(モリー役)にも理解されて、違った展開へと・・。なるほど、良くできた脚本で最後まで退屈せず観る事ができました。男って、どうしても結婚すると男友達との関係が疎遠になったりギクシャクするモンなんだと感じてしまう。結局、パートナーがどれだけお互いを理解するかなんだろうけど、そういった意味では意味深い内容の作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全25件

トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:25件

これ、意外とおもしろかったですよ。

投稿日

2007/03/23

レビュアー

パープルローズ

新婚生活に割り込んできた男のドタバタ喜劇なのかと思っていたけど、後半けっこうしんみりさせてくれて。
ケイト・ハドソン演じる娘を手放したくない父親は、マット・ディロン演じる婿にいじわるの数々。その父親がマイケル・ダグラスで妙にはまっていました。「パイプカットしろ。」だなんて、そりゃーないでしょう。おかげで新婚生活はおかしなことになってきますが、そこでデュプリーがひと肌ぬいで・・・。ハッピーエンドなのもよかったです。
個人的には「10日間で男を上手にフル方法」より好きでしたが、ジャケットの写真がケイト・ハドソンに見えないところがマイナス点。

おすすめしません

投稿日

2008/02/17

レビュアー

さむこ

ああ、2本続けて(1本目はハニーVSダーリン 2年目の駆け引き)しょうもないラブコメを見てしまった・・。
この映画で見どころって言ったら、ケイト・ハドソンの悩殺水着くらいか。
今回は彼女の笑顔のシーンも少なかったしなー。

オーウェン・ウィルソンがもう少し愛すべきキャラなら救われた気がするけど、私にはただの迷惑な独りよがりの友人にしか思えず・・。
それと音楽。
まったく感動も共感もこっちはできてないのに、音楽だけは感動しろ〜みたいのがやたら流れてくる。
すーっとさらに引いて行く自分が感じられた。

マイケル・ダグラスの出演シーン、結構多くてびっくり。
こんな映画にも出るのか。

この映画のあと、ケイトとオーウェンはくっついて、別れて、オーウェンは自殺未遂までしちゃいましたね・・。
オーウェン・ウィルソンのファンじゃなきゃ、見なくていいと思われます。

天真爛漫すぎてどうしよう

投稿日

2007/06/22

レビュアー

みみ

 3人のメインキャストが好みだったので楽しみにしてました。
 “悪い人じゃないんだけどビミョウに空気が読めない天真爛漫キャラ”のデュプリー。「いるんだよなぁ、こういう人」と思いながら、その困ったチャン(死語?)ぶりを失笑気味に鑑賞してました。もちろん素直には笑えないですよ。大好きなオーウェン・ウィルソンじゃなかったらかなりイライラしてたでしょうね。「仕事探せー」みたいな。

 男の子の友情みたいなモノも万国共通なんですね。結婚した男性は奥さんとの生活がメインになるけど、友達の未婚男性にはあまりそういう意識がなくて、今まで通り「終電ないからちょっと泊めて」「今日お前んちで飲もうぜ」みたいな。言われた方も男の友情を大事にしたいから断れない、みたいな。「お前も結婚して変わったな」なんて言われたくないし。。そういう意味で20代後半以上くらいの男性には共感できる節があるんじゃないでしょうか。

 まあ最後はコメディらしくご都合主義ながらも万事ハッピーエンドで終わってよかったです。みみネス。なんちゃって。

投稿日

2007/04/06

レビュアー

ぴぐぽぐ

う〜ん。今までのところ面白いというレビューが多いようですが、私は全く楽しめなかった。残念です。

1時間50分がこんなに長く感じるとは。
眠気との戦いでした。

いったい何が言いたいのやらさっぱりわからなくて、どこが面白いと思えば良いのか、ポイントがつかめなかったです。

デュプリーがハチャメチャに新婚生活をぶち壊すところが面白いのか、パパにいじめられるのが面白いのか、新婚の二人がしっくり行かなくなって、結局は・・・・が面白いのか?

この3人決して嫌いじゃないんですけどね。(マイケル・ダグラスは嫌いだけど)

ありそうだけど・・ない!

投稿日

2007/03/24

レビュアー

ランドティピー

いやいや、面白かったです。最初はオーウェン演じるデュプリーが、とにかくハチャメチャで最低、最悪のキャラっぽいんだけど徐々にピュアな男なのが分かっていく・・それがケイト(モリー役)にも理解されて、違った展開へと・・。なるほど、良くできた脚本で最後まで退屈せず観る事ができました。男って、どうしても結婚すると男友達との関係が疎遠になったりギクシャクするモンなんだと感じてしまう。結局、パートナーがどれだけお互いを理解するかなんだろうけど、そういった意味では意味深い内容の作品でした。

1〜 5件 / 全25件