無ケーカクの命中男/ノックトアップ

無ケーカクの命中男/ノックトアップの画像・ジャケット写真

無ケーカクの命中男/ノックトアップ / キャサリン・ハイグル

全体の平均評価点:(5点満点)

24

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

「40歳の童貞男」のヒットメイカー、ジャド・アパトー監督によるハートフルなドタバタ・セックス・コメディ。気ままに生きる甲斐性なしのダメ男が、酔った勢いで一夜を共にした相手の予期せぬ妊娠を機に、大人の自覚と本当の愛に目覚めていくまでを下ネタ満載で描く。主演はセス・ローゲンとキャサリン・ハイグル。23歳のベンは、仲間たちと共同生活をしながら自堕落な日々を送る無職のダメ男。一方TV局で働く24歳のアリソンは、番組のレポーターに抜擢され昇り調子のキャリアウーマン。そんな2人はバーで出会い、お酒のせいで意気投合、酔った勢いでそのままベッドイン。翌朝、我に返り一夜の過ちと、さよならした2人だったが…。

「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: KNOCKED UP

「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

チャイルド・プレイ チャッキーの花嫁

テイク・ディス・ワルツ

ロミオ&ジュリエット

恋の7つの副作用

ユーザーレビュー:24件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全24件

う○こ映画の皮を被ってるけど案外真っ当な内容やね〜♪

投稿日:2010/03/26 レビュアー:KASPAR

『40歳の童貞男』がおもろかったんで、ジャドアパトー監督の『無ケーカクの命中男』を観てみました♪

(・〜・)ふむふむ・・・結構キワドイとこを突いてるんやど、言ってることは真っ当なんで、ふつーに楽しく観れるっすねー♪

いろいろ下ネタも多いし、男女(父母)間の微妙な関係のネタも多いし、基本的に人を小バカにして笑いを取ってるんやけど、"新しい生命(子供)が生まれることの素晴らしさ"という部分に於いては全く茶化さずに描いてあるんで、なぜか最後はちょっとうるっときます!(いやうるっとまではけーへんかw)

□■□■□■□

やっぱこの監督さんは上手いっすね〜(・〜・)バランス感覚がバツグンです♪ちょっと長いのだけが不満やけど・・・

個人的満足度 70点!

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

『JUNO』の20代バージョン……って? ネタバレ

投稿日:2009/01/17 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 原題のknocked upはスラングで「デキちゃった!」とか「ハラませちゃった!」みたいな感じでしょうか? 初対面で意気投合、勢いで一夜を過ごしたカップルに子どもが出来てしまって、しかも男はメタボで無職のダメ男、女性は仕事が順調に行きかけていたのに……。という、女性には恐怖かもしれないシチュエーションから始まるドタバタを描いた、のんびりしたコメディです。
 思いがけぬ妊娠で動揺してしまうキャサリン・ハイグルは、『グレイズ・アナトミー』に出ているそうですが、なかなか可愛い人です(スタイルもよくベッドシーンも結構ありますが、やや不自然なほど脱ぎません。別に不満ではないですけど笑)。彼女はテレビの新米ハリウッドレポーターなので、レッドカーペット取材の場面でスターが本人役でカメオ出演していたりします。
 彼女を妊娠させてしまうのが、コメディアンというセス・ローゲン。二十代前半にしてメタボで不精ヒゲ、定職なく気の合う男同士で毎日バカなことをしてゲラゲラ笑っているばかりのいる、大人になれない男を、厭味なく演じています。これがジャック・ブラックあたりだったら毒が効き過ぎてしまうのですが、ローゲンの持ち味がこの映画をあまり下品にしなかった理由と思います。
 お話自体は意外なほどひねりがなく、真っ直ぐです。生むか生まないかという問題、働く女性の妊娠の問題などもあまり深入りせず軽めに流してしまいます。
 そのため、そうした問題に絡んだギャグなどもほとんどなく、大爆笑などを期待していると肩すかしなのですが、意外とそのひねりのなさに好感を持ちました。むしろ、親になることへの不安、結婚への不安、子どもが無事生まれたときの感動、僕にも覚えがないではない葛藤が、共感できる目線で(つまり普通に)描きだされているからではないかと思います。
 つまり『JUNO』の二十代バージョン。それって、普通じゃん! と言われそうです。たしかにそこらによくある話で(友だちにそっくりなカップルがいた)、映画にするほどのことかいなという気がしないでもないのですが、ここまでひねりがないのも逆に新鮮に映るような気がします。
 監督は『40歳の童貞男』(未見)の人で、最近注目株らしいです。何となく締まりがなくダラダラしていて、コメディとしては120分超と長すぎ、姉夫婦の揉め事が挿入される中盤以降ややダレてしまいます。また、出産シーンに作りものとはいえ「それはちょっと」と思う描写があったりするところが残念ですが、やっぱり結構好きです。55点。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

・・・

投稿日:2010/02/12 レビュアー:エロエロ大魔神

避妊は大切です!

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

「9ヶ月」の主役がかっこよくないバージョン? ネタバレ

投稿日:2009/01/18 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

輸入DVDで1年ほど前に見ました。

TV局に勤めるアリソン(キャサリン・ハイグル)は昇進したお祝いに行ったバーで出会った男ベン(セス・ローゲン)と、一夜を共にしてしまう。
お酒の勢いで盛り上がってしまったふたりだが、朝が来て冷静になってみると、自分のベッドに寝てるのは、たるんだ体のオタク男。ふたりはろくに連絡先を確認にすることもなく別れるのだが、なんとアリソンの妊娠が発覚し・・・。

こういう場合、日本だとかなりの確率で中絶しちゃうんじゃないでしょうか?たった1夜の関係ですよ。
中絶がいいことだとは思いませんが、そういう選択肢もなく、出産を決意してしまうところがいまさらながらすごいなと思います。宗教的な問題から「中絶」という選択肢は存在しないのでしょうか?

ジャド・アパトウの監督作ということで、もっとコメディ色の強い作品を期待していましたが、思ったよりずっと真面目な作品でした。ベン(セス・ローガン)と同居している男友達のオタクぶりが笑えるくらいでしょうか。(同じくアパトウ作品の「スーパーバッド」や「40歳の童貞男」に出演のジョナ・ヒルが友達役で出ています。)

定職もなく、結婚して家庭を築くなどということとは最も縁遠いところにあるようなベンが、少しづつではあるけれども大人としての自覚に目覚めてゆく。たとえていうならば、ヒュー・グラントの「9ヶ月」の、主役がかっこよくないバージョンというような内容です。

アメリカではかなりのヒットになったようですが、アリソン役のキャサリン・ハイグル人気に負うところが大きいような気がします。チャーミングなんだけど、人気者なのでか、たくななまでに露出がありません。妊娠後期のお腹がすごくて、それはびっくりしました。

「Knocked Up」というのは、よふかしさんが書いておられるとおりの意味なんですが、アメリカのスラングなので、イギリスでは全く使わないらしいです。
それからつまらないことなんだけど、アリソンがベンに読んでくれと渡す育児の本、私も20年前に同じのを読んでました。20年たってもかわらぬベストセラー育児本なんだ〜と感心しました。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

妊婦のシルエットは、この世で一番美しい♪

投稿日:2011/06/18 レビュアー:パンケーキレンズ

いや〜、ヤバイ!
こんなお話だったとは!
ジャド・アパトウ×セス・ローゲンに見事に泣かされた!

って、これは単に私自身が勝手に泣いてるだけかもw
ストーリーに対する感動とかそういうのとはまた違って
自分の出産と見事にカブッて
ズルいくらい結構真面目な終盤と
苦手な人は目を背けたくなるほどの、臨場感溢れる分娩室(爆
ええ、あんなんでした、私ww
初心に帰りました♪

プーの男
仕事したい女
予期しなかった命

でも・・・
妊婦さんのシルエットはこの世で一番美しい
おっぱいをあげる姿はまたまた美しい
だから、妊娠線ができても、おっぱいが垂れても、母は平気なのです!!

って
ほとんどは、下ネタ、中傷ネタ、オンパレードで
セス・ローゲンの「ぐふふふ、がははは」っていう鼻に溜まった感じの笑い声が
妙に耳に残る&変にノれないネタもありの、バカバカ映画ですが
麻薬ってのは極端でも、自分が普通だと思ってる事が相手にはそうでなかったり
お互いが歩み寄ろうとする姿に、ふざけながらもメッセージがあったりで
セスの「ぐふ、がは」はキレイに消え去っていきましたね〜♪

ゲスト的な出演者もよい☆

先生は、もうちょっとハジけてもらいたかったけど
あの終盤のトーンなら、あれが妥当なのかな〜

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全24件

無ケーカクの命中男/ノックトアップ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:24件

う○こ映画の皮を被ってるけど案外真っ当な内容やね〜♪

投稿日

2010/03/26

レビュアー

KASPAR

『40歳の童貞男』がおもろかったんで、ジャドアパトー監督の『無ケーカクの命中男』を観てみました♪

(・〜・)ふむふむ・・・結構キワドイとこを突いてるんやど、言ってることは真っ当なんで、ふつーに楽しく観れるっすねー♪

いろいろ下ネタも多いし、男女(父母)間の微妙な関係のネタも多いし、基本的に人を小バカにして笑いを取ってるんやけど、"新しい生命(子供)が生まれることの素晴らしさ"という部分に於いては全く茶化さずに描いてあるんで、なぜか最後はちょっとうるっときます!(いやうるっとまではけーへんかw)

□■□■□■□

やっぱこの監督さんは上手いっすね〜(・〜・)バランス感覚がバツグンです♪ちょっと長いのだけが不満やけど・・・

個人的満足度 70点!

『JUNO』の20代バージョン……って?

投稿日

2009/01/17

レビュアー

よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 原題のknocked upはスラングで「デキちゃった!」とか「ハラませちゃった!」みたいな感じでしょうか? 初対面で意気投合、勢いで一夜を過ごしたカップルに子どもが出来てしまって、しかも男はメタボで無職のダメ男、女性は仕事が順調に行きかけていたのに……。という、女性には恐怖かもしれないシチュエーションから始まるドタバタを描いた、のんびりしたコメディです。
 思いがけぬ妊娠で動揺してしまうキャサリン・ハイグルは、『グレイズ・アナトミー』に出ているそうですが、なかなか可愛い人です(スタイルもよくベッドシーンも結構ありますが、やや不自然なほど脱ぎません。別に不満ではないですけど笑)。彼女はテレビの新米ハリウッドレポーターなので、レッドカーペット取材の場面でスターが本人役でカメオ出演していたりします。
 彼女を妊娠させてしまうのが、コメディアンというセス・ローゲン。二十代前半にしてメタボで不精ヒゲ、定職なく気の合う男同士で毎日バカなことをしてゲラゲラ笑っているばかりのいる、大人になれない男を、厭味なく演じています。これがジャック・ブラックあたりだったら毒が効き過ぎてしまうのですが、ローゲンの持ち味がこの映画をあまり下品にしなかった理由と思います。
 お話自体は意外なほどひねりがなく、真っ直ぐです。生むか生まないかという問題、働く女性の妊娠の問題などもあまり深入りせず軽めに流してしまいます。
 そのため、そうした問題に絡んだギャグなどもほとんどなく、大爆笑などを期待していると肩すかしなのですが、意外とそのひねりのなさに好感を持ちました。むしろ、親になることへの不安、結婚への不安、子どもが無事生まれたときの感動、僕にも覚えがないではない葛藤が、共感できる目線で(つまり普通に)描きだされているからではないかと思います。
 つまり『JUNO』の二十代バージョン。それって、普通じゃん! と言われそうです。たしかにそこらによくある話で(友だちにそっくりなカップルがいた)、映画にするほどのことかいなという気がしないでもないのですが、ここまでひねりがないのも逆に新鮮に映るような気がします。
 監督は『40歳の童貞男』(未見)の人で、最近注目株らしいです。何となく締まりがなくダラダラしていて、コメディとしては120分超と長すぎ、姉夫婦の揉め事が挿入される中盤以降ややダレてしまいます。また、出産シーンに作りものとはいえ「それはちょっと」と思う描写があったりするところが残念ですが、やっぱり結構好きです。55点。

・・・

投稿日

2010/02/12

レビュアー

エロエロ大魔神

避妊は大切です!

「9ヶ月」の主役がかっこよくないバージョン?

投稿日

2009/01/18

レビュアー

パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

輸入DVDで1年ほど前に見ました。

TV局に勤めるアリソン(キャサリン・ハイグル)は昇進したお祝いに行ったバーで出会った男ベン(セス・ローゲン)と、一夜を共にしてしまう。
お酒の勢いで盛り上がってしまったふたりだが、朝が来て冷静になってみると、自分のベッドに寝てるのは、たるんだ体のオタク男。ふたりはろくに連絡先を確認にすることもなく別れるのだが、なんとアリソンの妊娠が発覚し・・・。

こういう場合、日本だとかなりの確率で中絶しちゃうんじゃないでしょうか?たった1夜の関係ですよ。
中絶がいいことだとは思いませんが、そういう選択肢もなく、出産を決意してしまうところがいまさらながらすごいなと思います。宗教的な問題から「中絶」という選択肢は存在しないのでしょうか?

ジャド・アパトウの監督作ということで、もっとコメディ色の強い作品を期待していましたが、思ったよりずっと真面目な作品でした。ベン(セス・ローガン)と同居している男友達のオタクぶりが笑えるくらいでしょうか。(同じくアパトウ作品の「スーパーバッド」や「40歳の童貞男」に出演のジョナ・ヒルが友達役で出ています。)

定職もなく、結婚して家庭を築くなどということとは最も縁遠いところにあるようなベンが、少しづつではあるけれども大人としての自覚に目覚めてゆく。たとえていうならば、ヒュー・グラントの「9ヶ月」の、主役がかっこよくないバージョンというような内容です。

アメリカではかなりのヒットになったようですが、アリソン役のキャサリン・ハイグル人気に負うところが大きいような気がします。チャーミングなんだけど、人気者なのでか、たくななまでに露出がありません。妊娠後期のお腹がすごくて、それはびっくりしました。

「Knocked Up」というのは、よふかしさんが書いておられるとおりの意味なんですが、アメリカのスラングなので、イギリスでは全く使わないらしいです。
それからつまらないことなんだけど、アリソンがベンに読んでくれと渡す育児の本、私も20年前に同じのを読んでました。20年たってもかわらぬベストセラー育児本なんだ〜と感心しました。

妊婦のシルエットは、この世で一番美しい♪

投稿日

2011/06/18

レビュアー

パンケーキレンズ

いや〜、ヤバイ!
こんなお話だったとは!
ジャド・アパトウ×セス・ローゲンに見事に泣かされた!

って、これは単に私自身が勝手に泣いてるだけかもw
ストーリーに対する感動とかそういうのとはまた違って
自分の出産と見事にカブッて
ズルいくらい結構真面目な終盤と
苦手な人は目を背けたくなるほどの、臨場感溢れる分娩室(爆
ええ、あんなんでした、私ww
初心に帰りました♪

プーの男
仕事したい女
予期しなかった命

でも・・・
妊婦さんのシルエットはこの世で一番美しい
おっぱいをあげる姿はまたまた美しい
だから、妊娠線ができても、おっぱいが垂れても、母は平気なのです!!

って
ほとんどは、下ネタ、中傷ネタ、オンパレードで
セス・ローゲンの「ぐふふふ、がははは」っていう鼻に溜まった感じの笑い声が
妙に耳に残る&変にノれないネタもありの、バカバカ映画ですが
麻薬ってのは極端でも、自分が普通だと思ってる事が相手にはそうでなかったり
お互いが歩み寄ろうとする姿に、ふざけながらもメッセージがあったりで
セスの「ぐふ、がは」はキレイに消え去っていきましたね〜♪

ゲスト的な出演者もよい☆

先生は、もうちょっとハジけてもらいたかったけど
あの終盤のトーンなら、あれが妥当なのかな〜

1〜 5件 / 全24件