ビーン

ビーンの画像・ジャケット写真
ビーン / ローワン・アトキンソン
全体の平均評価点:
(5点満点)

22

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「ビーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

英国の美術館の学芸員であるビーンが、アメリカで大騒動を繰り広げる爆笑コメディ。名画『ホイッスラーの母』がロスに買い戻されることになったため、ロンドンの美術館は厄介払いも兼ねてビーンを派遣する。ロスで画商のデビッドに会ったビーンは、彼の家に居候することになる。だが、名画の前でくしゃみをしたため、鼻水で画は台無し。名画の披露パーティが刻々と迫るなか、ビーンは奇想天外な方法で名画の復元を行う。

「ビーン」 の作品情報

製作年: 1997年
製作国: アメリカ
原題: BEAN

「ビーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ビーン 劇場版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
89分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GAYR1549 2004年09月01日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 0人 2人

【Blu-ray】Mr.ビーン 劇場版(BD)(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
89分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1108 2010年11月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:22件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全22件

やっぱりドタバタ劇は言葉関係ないね

投稿日:2011/10/25 レビュアー:Yohey

海外に行ったときに日本語対応していないビデオプログラムがあったりしたら、まず「Mr.ビーン」があれば大丈夫。前からそう思ってました。そしたらある日、旅行でトラブルにあって、日本人が全くいない中で乗った長距離バスで見た「Mr.ビーン」おもろかったなぁ。そうだ、映画もあったな、と思い借りて観ました。

やっぱりね、ドタバタ劇というのは言葉は関係ないし、それだけで面白いんです。特にビーンは言葉をほとんど発しない、だから万人受けできる。身体使っての笑いというのは絶対に強いですな。

この物語は非常によく出来ていて無茶な展開が随所に見受けられるのですが、それがすんなりと話が繋がっていくのだから素晴らしい。悪い方ではない無邪気なビーンの騒動を存分に楽しみましょう!!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いやだ、ビーンが1番好きなんて

投稿日:2008/01/06 レビュアー:PUCHI☆

ビーンの笑いが世界を幸せにすると信じて、
5回もこの映画見てるんです、あたし(笑)
いや本当の話。

1番好きな映画は何かと聞かれたらまさか
『ビーン』とは答えないだろうけど、今まで
1番回数多く見た映画はと聞かれたら実際の
ところこれなんです。
いやだ、恥ずかしい。

でも……。
新作も公開される事だし、もう1回くらい余分に
見ておいてもいいかな(=▼=)
笑いは体にいいって言うしな。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

Mr.ビーンブームに終止符を打った

投稿日:2008/08/02 レビュアー:Buckaroo

Mr.ビーン大ブームのさなかに公開された作品。
試写会会場にローワンアトキンソンがミニで乗り付ける、という映像がワイドショーで流れまくったなぁ。

しかし!

この映画公開後、急速に日本の「ビーン」熱が醒めるのであった。
理由はこの映画をみればわかる。
誰もこんな内容のMr.ビーンを期待してなかったのだ。

期待して劇場へ行って、ほんとショックでイスから立ち上がれなかった、
それくらい「最悪」な映画化作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映画化を意識しすぎ・・・

投稿日:2007/08/02 レビュアー:たっちゃん

TVで短編を観てたので、勢いで映画館で観ました。
映画だけに下品さもおバカ度も多少アップしてましたが、最後は良い話っぽくまとめた辺りが、映画化を意識しすぎだと思いました。他の人のレビューにあるように、短編こそMr.ビーンであり、これは映画のビーンです(★★★☆☆)。
意味の無い笑いで始まり、サクサクと意味の無い笑いが続き、そして意味の無い笑いで終わってこそ、やっぱMr.ビーンなんですけどね・・・。

でも、Mr.ビーンというキャラは大好きです。彼は9歳の子供という設定ですが、9歳って、ちょっと知恵がついて、自惚れ屋で、やってることに悪気が無いだけに、かなり厄介だけど許せる限界の年頃だと思います。だからこそビーンを観てる人が彼の愚行を許せるんだと。
それとMr.ビーンと言えばミニです。元ミニ・クーパーのオーナーとしては、やっぱり応援せざるをえません。映画のパンフレットにもローバーミニの広告が載ってます。(今となってはローバーミニが懐かしい)

ということで観たことない人には、イギリスコメディーの代表作として異国の笑いに触れてみるのも、たまには良いと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ミスターブー

投稿日:2007/07/06 レビュアー:立川おもちゃ神田ホイ

という単語を使ったら、「それを言うならミスタービーンでしょ」と言われた。悔しいので観た。これ、日本なら完全アウト。ヒロトのアクションすら問題になる国だからな。モンティ・パイソンもシャレにならないのがあったけど(シリー・ウォークとか)、英国のTVって凄いな。日本だとこの手のものは、例えばバカ殿みたいにカワイイ系の要素を取り入れて目くらましする訳だけど、英国はストレート。更には蘇生ギャグまではともかく、そこに下ネタと両親まで絡むと僕的にはアウト。でも笑ってしまう自分が好き。たこ八郎みたいな芸人はもう出ない。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全22件

ビーン