オーケストラ!の画像・ジャケット写真

オーケストラ! / アレクセイ・グシュコブ

全体の平均評価点: (5点満点)

155

オーケストラ! /ラデュ・ミヘイレアニュ

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「オーケストラ!」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

政治に翻弄され不遇をかこった元天才指揮者が、1枚のFAXをきっかけに散り散りとなったかつての仲間たちを呼び戻し、偽の楽団でパリ公演を成功させようと奮闘する姿をユーモラスに綴る感動の音楽人情コメディ。監督は「約束の旅路」のラデュ・ミヘイレアニュ。ロシアのボリショイ交響楽団で劇場清掃員として働くアンドレイは、かつて天才指揮者と謳われた男。しかし、時の共産党政権が進めたユダヤ人演奏家排斥に抗議し解雇されてしまったのだ。そんなある日、清掃中にパリの劇場から届いた出演依頼のFAXを盗み見た彼は、とんでもないことを思いつく。それは、かつての仲間たちを集めて偽の楽団を結成し、ボリショイ代表としてコンサートに出場するというものだった。

「オーケストラ!」 の作品情報

作品情報

製作年:

2009年

製作国:

フランス

原題:

LE CONCERT

「オーケストラ!」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

五月のミル

タイピスト!

複製された男

唇を閉ざせ

オーガスト ウォーズ

ユーザーレビュー:155件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全155件

奇跡の喜劇&感動、爽快感!これ、大好きです♪

投稿日:2010/11/21 レビュアー:MM3

このレビューは気に入りましたか? 79人の会員が気に入ったと投稿しています

納得いかない

投稿日:2010/12/15 レビュアー:ポッシュ

このレビューは気に入りましたか? 31人の会員が気に入ったと投稿しています

寄せ集めのオーケストラが起こす奇跡 ネタバレ

投稿日:2010/10/29 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一度、道から外れてしまった後には、その道に戻ることは難しい。でも、諦めなければチャンスが巡って来ることを教えてくれます。

今や、劇場清掃員として働く冴えない男アンドレイ(グシュコブ)は、かつては栄あるボリショイ交響楽団の天才指揮者。ある日、清掃中の彼は、パリから劇場に届いたオケへの出演依頼のFAXを目にします。昔の仲間を集め、偽楽団を結成しボリショイ交響楽団に成すますことを思いつき、一同はパリへと向かいます。
そんなあり得ない展開なのに、ぐいぐい引き込まれました。

今は救急車の運転手やポルノ映画のサウンド係で、かろうじて生計を立てているメンバーは、もはやボヘミアンの集団です。
パリに着くなりギャラをよこせと大暴れをしたり、肝心のリハーサルにはやって来ません。胡散臭い人々の集まりが、やがては夢のハーモニーに向かって歩み始めます。
この映画の背景には、ブレジネフ政権下で、ユダヤ人の排斥が強行され、彼らをかばったロシア人までもが弾圧・冷遇されたことがあるようです。そんな彼らを、逆境にめげず逞しく生きて来た姿やマイノリティの人々をユーモアたっぷりと描き、話はユダヤ人の結束と、強い絆を、描いているからなのかもしれません。

アンドレイの指名したソリスト、アンヌ・マリー(メラニー・ロラン)の出生の秘密とアンドレイたちとの因縁が絡みチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲とともに、それまで隠されていた様々な事実が明らかになります。
音楽から離れざるをえなかった楽団員たちの表情は、人種の違い、家族への思いが一気に共鳴し合い、再び楽器を手にする喜びで輝いて見えました。

このレビューは気に入りましたか? 24人の会員が気に入ったと投稿しています

まさにこれは、協奏曲。 ネタバレ

投稿日:2010/09/29 レビュアー:ぴよさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


  オーケストラの「名演」というのは、最初の数小節で聴衆を引き込み、中盤を心地良く酔わせ、終盤の盛り上がりへと隙無く、いざなうもの。だが現実にはそんな「完全無欠の演奏」に遭遇出来る機会は、めったにない。
指揮者の解釈が伝わりきってないが故の違和感、オケのコンディション、日程や会場の問題、聴衆のノリ…そんな諸々の障害が立ちはだかり、調和は崩されてゆく。だが指揮者は、そういった悪条件をも巧く乗りきってみせねばならない。それらが揃って出来てこその名指揮者、名演奏と言えるのだから。

さて、この映画。よふかしさんがレビューで看破されてるように、どこかちぐはぐな印象があることは否めない。シリアスかと思えばギャグ、リアルかと思えばどこかラフ。前半中盤後半の、妙なチグハグ感…。
これはしかし、まさに三楽章からなる交響曲、いや協奏曲だと思えばスッキリする。主題が奏でられる第一楽章は、不運の老指揮者と楽団員達が失われた人生を取り戻そうとする胎動の章。第二楽章は一同の悲喜こもごもドタバタの章。第三楽章は全てのゴタゴタが収束し、人生賛歌を謳い上げる歓喜の章…おお、そう思えば、がぜん素晴らしいスコアとなって聴こえてくるじゃないか♪

ドラマの根底には、ブレジネフ政権下のユダヤ人迫害の歴史が生んだ悲劇があるのだが、基本、そういう深刻さは(良いのか悪いのか)たいして感じさせない。ここは素直に、人々の心残りの解消を、彼らと共に味わえばいいのだろう。あと観客側に残された課題は、「第二楽章からの転調に気持ち良く乗ることが出来るかどうか」だ。


 しかし…同じ曲を演りながら、指揮とオケがシンクロしておらず、全くドライブ感を得られなかった『のだめカンタービレ』の悲惨なチャイコフスキーに比べ、こちらのアレクセイ・グシュコブの指揮ぶりは文句のつけられないレベルだ。バイオリニストを演じたメラニー・ロランの演奏(演技)も素晴らしい。「最近のバイオリニストは、こんなに美人で演技も出来るのかぁ」と思ってしまったほど。


 ぜひとも、ラスト10分はアンドレイになりきり、画面の前で全力で指揮しながらの鑑賞をお薦めする。それまでのモタモタは、このラストの為の「じらし」だったのだ!

(ただ最後、余計な説明をかぶせたことで、せっかくのカタルシスがつぶされてしまう。…あれは蛇足だったなぁ)







このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

感動のいい映画でした!

投稿日:2011/02/15 レビュアー:Maru

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全155件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:155件

奇跡の喜劇&感動、爽快感!これ、大好きです♪

投稿日

2010/11/21

レビュアー

MM3

納得いかない

投稿日

2010/12/15

レビュアー

ポッシュ

寄せ集めのオーケストラが起こす奇跡

投稿日

2010/10/29

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一度、道から外れてしまった後には、その道に戻ることは難しい。でも、諦めなければチャンスが巡って来ることを教えてくれます。

今や、劇場清掃員として働く冴えない男アンドレイ(グシュコブ)は、かつては栄あるボリショイ交響楽団の天才指揮者。ある日、清掃中の彼は、パリから劇場に届いたオケへの出演依頼のFAXを目にします。昔の仲間を集め、偽楽団を結成しボリショイ交響楽団に成すますことを思いつき、一同はパリへと向かいます。
そんなあり得ない展開なのに、ぐいぐい引き込まれました。

今は救急車の運転手やポルノ映画のサウンド係で、かろうじて生計を立てているメンバーは、もはやボヘミアンの集団です。
パリに着くなりギャラをよこせと大暴れをしたり、肝心のリハーサルにはやって来ません。胡散臭い人々の集まりが、やがては夢のハーモニーに向かって歩み始めます。
この映画の背景には、ブレジネフ政権下で、ユダヤ人の排斥が強行され、彼らをかばったロシア人までもが弾圧・冷遇されたことがあるようです。そんな彼らを、逆境にめげず逞しく生きて来た姿やマイノリティの人々をユーモアたっぷりと描き、話はユダヤ人の結束と、強い絆を、描いているからなのかもしれません。

アンドレイの指名したソリスト、アンヌ・マリー(メラニー・ロラン)の出生の秘密とアンドレイたちとの因縁が絡みチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲とともに、それまで隠されていた様々な事実が明らかになります。
音楽から離れざるをえなかった楽団員たちの表情は、人種の違い、家族への思いが一気に共鳴し合い、再び楽器を手にする喜びで輝いて見えました。

まさにこれは、協奏曲。

投稿日

2010/09/29

レビュアー

ぴよさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


  オーケストラの「名演」というのは、最初の数小節で聴衆を引き込み、中盤を心地良く酔わせ、終盤の盛り上がりへと隙無く、いざなうもの。だが現実にはそんな「完全無欠の演奏」に遭遇出来る機会は、めったにない。
指揮者の解釈が伝わりきってないが故の違和感、オケのコンディション、日程や会場の問題、聴衆のノリ…そんな諸々の障害が立ちはだかり、調和は崩されてゆく。だが指揮者は、そういった悪条件をも巧く乗りきってみせねばならない。それらが揃って出来てこその名指揮者、名演奏と言えるのだから。

さて、この映画。よふかしさんがレビューで看破されてるように、どこかちぐはぐな印象があることは否めない。シリアスかと思えばギャグ、リアルかと思えばどこかラフ。前半中盤後半の、妙なチグハグ感…。
これはしかし、まさに三楽章からなる交響曲、いや協奏曲だと思えばスッキリする。主題が奏でられる第一楽章は、不運の老指揮者と楽団員達が失われた人生を取り戻そうとする胎動の章。第二楽章は一同の悲喜こもごもドタバタの章。第三楽章は全てのゴタゴタが収束し、人生賛歌を謳い上げる歓喜の章…おお、そう思えば、がぜん素晴らしいスコアとなって聴こえてくるじゃないか♪

ドラマの根底には、ブレジネフ政権下のユダヤ人迫害の歴史が生んだ悲劇があるのだが、基本、そういう深刻さは(良いのか悪いのか)たいして感じさせない。ここは素直に、人々の心残りの解消を、彼らと共に味わえばいいのだろう。あと観客側に残された課題は、「第二楽章からの転調に気持ち良く乗ることが出来るかどうか」だ。


 しかし…同じ曲を演りながら、指揮とオケがシンクロしておらず、全くドライブ感を得られなかった『のだめカンタービレ』の悲惨なチャイコフスキーに比べ、こちらのアレクセイ・グシュコブの指揮ぶりは文句のつけられないレベルだ。バイオリニストを演じたメラニー・ロランの演奏(演技)も素晴らしい。「最近のバイオリニストは、こんなに美人で演技も出来るのかぁ」と思ってしまったほど。


 ぜひとも、ラスト10分はアンドレイになりきり、画面の前で全力で指揮しながらの鑑賞をお薦めする。それまでのモタモタは、このラストの為の「じらし」だったのだ!

(ただ最後、余計な説明をかぶせたことで、せっかくのカタルシスがつぶされてしまう。…あれは蛇足だったなぁ)







感動のいい映画でした!

投稿日

2011/02/15

レビュアー

Maru

1〜 5件 / 全155件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

オーケストラ!