TRICK 新作スペシャル2

TRICK 新作スペシャル2の画像・ジャケット写真

TRICK 新作スペシャル2 / 仲間由紀恵

全体の平均評価点:(5点満点)

10

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「TRICK 新作スペシャル2」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

仲間由紀恵、阿部寛主演による人気ドラマ『TRICK●』のTVスペシャル第2弾。ある日、上田の研究室に山奥の一夜村から西園寺誠一という青年がやって来る。上田は誠一から村に残る言い伝えを迷信だと証明してほしいと頼まれ…。ゲストは浅野ゆう子ほか。

「TRICK 新作スペシャル2」 の作品情報

作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「TRICK 新作スペシャル2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 蒔田光治蒔田光治
音楽: 辻陽辻陽

関連作品

関連作品

聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−

下町ロケット −ゴースト−/−ヤタガラス− 完全版

ソドムの林檎〜ロトを殺した娘たち

チーム・バチスタの栄光

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

TRICKで泣けるとは!

投稿日:2010/08/30 レビュアー:maki

今作品はアテクシ的には、かなり美味しゅうございましたでございます。

新作スペシャル1より、ドラマ性も高いし
ストーリーもしっかりしてるけど、
シュールな小細工wもふんだんに
ちりばめられておりますの。

そのヘン、見るにあたって(発見するにあたって)
DVDの巻き戻し、一時停止のテクニックは必須でございましてよ。

ラストは・・・ちょっと泣けてしまいました。
不覚です。ええ、ええ、アテクシがTRICKで泣くなんて!!
不覚でしたともさ!!

そんなワケな、オススメ作でございます。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

『TRICK』依存症? ネタバレ

投稿日:2010/09/16 レビュアー:ハヴィ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

久々のテレビSPで、も〜気分はルンルン♪で観ちゃいましたが、録画して何度も観たせいで「契り、契り」のセリフや、浅野ゆう子さんの「ねんねんこ〜ろり、ねんころり〜」の歌がしばらく頭から離れず、『TRICK』禁断症状にしばらく悩まされました(笑)

突っ込み処が多いのも『TRICK』のいいところ(?)ですよねー      ヾ(ーー )ムリムリ
しかし、始めに死んだ《百舌の早贄》状態の彼女は余りに無理が有り過ぎでしょう!どんだけの力で引っ張ったらあんなうまくハマるんダイィ!!

テレビより先に映画を観てしまった為、あの上田さんのしゃべるマスコット人形が何なのか映画では判りませんでいた〜〜あれって、今後も出演有りなのかしら?

あれ欲しいな〜〜売っているのかなぁ〜?

『TRICK』ドラマの続編は何時になるのか・・・

奈緒子の仲間さんが初期より大分貫禄が出てきたことも、これも一つのアジとして早く続編希望でーす。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

前作よりは

投稿日:2011/05/08 レビュアー:こうさま

評価76点(100点満点)
今回も横溝正史作品ばりの展開で山奥の「一夜村」で繰り広げられるミステリーを上田次郎と山田奈緒子が追うというおなじみの構成だがスペシャルTに比べるとちよっと評価が低くなってしまう。奈緒子得意の謎解き部分があまり出てこないのとギャグ的要素がイマイチ、とは言いながらも結構楽しめることには変わりはない。浅野ゆう子が謎の女を演じているのがみもの。なんか彼女を久しぶりに見た感じがする。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

貧よ豊であれ

投稿日:2020/02/12 レビュアー:ビンス

前作?
劇場版第二弾のラストで
自分の住むアパートが取り壊され
更地となったその場所を見て
上田にすがった国民的貧乳主人公の山田ですが
今回の冒頭
その地には確かに以前と同じようなアパートが立ち
でも錠前はオートロック?に進化しているという
なんとも不思議な現象が起きています。
あのオチはリセットされたのか?
そのシリーズで使われたネタや
1エピソード前のネタを
次のエピソードで使って
変なつながりを持たせていたこのドラマですが
ボクが知る限りでは初めての整合性のなさでした。
あの大家が全く同じようなオンボロアパートを
再び建てたというオチ?
単にオートロック化したらすむ話ちゃうん?
と、こんな小ネタをこれ以上気にしても仕方がありますまい!
今回もいつものように
いつものテイストで
いつものマンネリロードを進むトリック
金田一シリーズ的な要素がふんだんに盛り込まれ
安心して観ていられる。
ボクはこのドラマにシリアス路線や
謎の解決の爽快感を全く求めていなく
その辺が多少つたなくても
山田と上田の掛け合いが面白ければいいや、な感じなので
シリアスモード部分は気にかけないという見方に慣れ
それで楽しめていたのです。
このドラマを観た順番は
劇場1→劇場2→順番にテレビシリーズ→スペシャル1
で、このスペシャル2
劇場版の1、2では
まだシリアス部分にも要求が高かったのですが
それしてもダメだな堤監督だし
という結論を出し
前記の鑑賞方法に落ち着いていました。
が、しかし
今回はまさかのシリアス部分にグっとくる展開
エピソード的には
面白さは若干少なさを感じたものの
(貧乳いじりなどのいつものヤ〜ツが少ない)
事件解決の芯の部分では
個人的ベストエピソードとなりました。
その切なさ
まさに金田一シリーズのようでした。
それでも最後はトリックらしく
ふたりの掛け合いトークで終わっていくあたりが
これでよし、な気分にさせてくれてよかったです。
ここでのトーク内容は
劇場版第三弾につながっていくのでしょうかね。
楽しみです。
貧よ豊であれ
(貧乳いじりよ 豊かであれ)

それにしても上田
著書である「どんと来い!超常現象」が
ついに5作目になっていました。
そんなに売れてるのか?
もしかして自費出版!?

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

いつものノリですごく良し ネタバレ

投稿日:2011/03/17 レビュアー:ぶぶたん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あいかわらずのノリですなあ。
相手の体の一部、髪の毛等をちぎり祭の日に特定の事をすると。
一生添い遂げるんだというストーリー。
執事のアンソニーがガルルと吼えたのには笑った。
人を呪い殺す力のお話もからんだり。
純白ドレスのショートヘアーな子がかわいい。
深刻な殺人事件をギャグにかえる矢部はいつもながらすごいねえ。
さすが医者、呪いを信じちゃいないというのが力強い。
村の祭、のど自慢大会がなんだか笑いがこみ上げる。
この世の終わりのように飲んだり食べたりしてるって表現が笑えた。
水死体が結構怖い。
仕掛けとしてのトリックも面白い感じ。
トリックって共通して男と女のストーリーでもあるんだよねえ。
浅野ゆうこさん歌う子守唄が不気味でいい感じ。
心を真ん中に受け入れるという話し方等、野際さんさすがだなあと思ったり。
「なんですって!?」が笑える。
矢部さんの自滅が楽しい。
次回作の予告がちらりと入ってたのがセンスあるねえ。
栃木で暴れるぞ! 暴れる? あばれ・・・ん・・・。
順番間違えて見てしまったっぽい事を今知った。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全10件

TRICK 新作スペシャル2

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:10件

TRICKで泣けるとは!

投稿日

2010/08/30

レビュアー

maki

今作品はアテクシ的には、かなり美味しゅうございましたでございます。

新作スペシャル1より、ドラマ性も高いし
ストーリーもしっかりしてるけど、
シュールな小細工wもふんだんに
ちりばめられておりますの。

そのヘン、見るにあたって(発見するにあたって)
DVDの巻き戻し、一時停止のテクニックは必須でございましてよ。

ラストは・・・ちょっと泣けてしまいました。
不覚です。ええ、ええ、アテクシがTRICKで泣くなんて!!
不覚でしたともさ!!

そんなワケな、オススメ作でございます。

『TRICK』依存症?

投稿日

2010/09/16

レビュアー

ハヴィ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

久々のテレビSPで、も〜気分はルンルン♪で観ちゃいましたが、録画して何度も観たせいで「契り、契り」のセリフや、浅野ゆう子さんの「ねんねんこ〜ろり、ねんころり〜」の歌がしばらく頭から離れず、『TRICK』禁断症状にしばらく悩まされました(笑)

突っ込み処が多いのも『TRICK』のいいところ(?)ですよねー      ヾ(ーー )ムリムリ
しかし、始めに死んだ《百舌の早贄》状態の彼女は余りに無理が有り過ぎでしょう!どんだけの力で引っ張ったらあんなうまくハマるんダイィ!!

テレビより先に映画を観てしまった為、あの上田さんのしゃべるマスコット人形が何なのか映画では判りませんでいた〜〜あれって、今後も出演有りなのかしら?

あれ欲しいな〜〜売っているのかなぁ〜?

『TRICK』ドラマの続編は何時になるのか・・・

奈緒子の仲間さんが初期より大分貫禄が出てきたことも、これも一つのアジとして早く続編希望でーす。

前作よりは

投稿日

2011/05/08

レビュアー

こうさま

評価76点(100点満点)
今回も横溝正史作品ばりの展開で山奥の「一夜村」で繰り広げられるミステリーを上田次郎と山田奈緒子が追うというおなじみの構成だがスペシャルTに比べるとちよっと評価が低くなってしまう。奈緒子得意の謎解き部分があまり出てこないのとギャグ的要素がイマイチ、とは言いながらも結構楽しめることには変わりはない。浅野ゆう子が謎の女を演じているのがみもの。なんか彼女を久しぶりに見た感じがする。

貧よ豊であれ

投稿日

2020/02/12

レビュアー

ビンス

前作?
劇場版第二弾のラストで
自分の住むアパートが取り壊され
更地となったその場所を見て
上田にすがった国民的貧乳主人公の山田ですが
今回の冒頭
その地には確かに以前と同じようなアパートが立ち
でも錠前はオートロック?に進化しているという
なんとも不思議な現象が起きています。
あのオチはリセットされたのか?
そのシリーズで使われたネタや
1エピソード前のネタを
次のエピソードで使って
変なつながりを持たせていたこのドラマですが
ボクが知る限りでは初めての整合性のなさでした。
あの大家が全く同じようなオンボロアパートを
再び建てたというオチ?
単にオートロック化したらすむ話ちゃうん?
と、こんな小ネタをこれ以上気にしても仕方がありますまい!
今回もいつものように
いつものテイストで
いつものマンネリロードを進むトリック
金田一シリーズ的な要素がふんだんに盛り込まれ
安心して観ていられる。
ボクはこのドラマにシリアス路線や
謎の解決の爽快感を全く求めていなく
その辺が多少つたなくても
山田と上田の掛け合いが面白ければいいや、な感じなので
シリアスモード部分は気にかけないという見方に慣れ
それで楽しめていたのです。
このドラマを観た順番は
劇場1→劇場2→順番にテレビシリーズ→スペシャル1
で、このスペシャル2
劇場版の1、2では
まだシリアス部分にも要求が高かったのですが
それしてもダメだな堤監督だし
という結論を出し
前記の鑑賞方法に落ち着いていました。
が、しかし
今回はまさかのシリアス部分にグっとくる展開
エピソード的には
面白さは若干少なさを感じたものの
(貧乳いじりなどのいつものヤ〜ツが少ない)
事件解決の芯の部分では
個人的ベストエピソードとなりました。
その切なさ
まさに金田一シリーズのようでした。
それでも最後はトリックらしく
ふたりの掛け合いトークで終わっていくあたりが
これでよし、な気分にさせてくれてよかったです。
ここでのトーク内容は
劇場版第三弾につながっていくのでしょうかね。
楽しみです。
貧よ豊であれ
(貧乳いじりよ 豊かであれ)

それにしても上田
著書である「どんと来い!超常現象」が
ついに5作目になっていました。
そんなに売れてるのか?
もしかして自費出版!?

いつものノリですごく良し

投稿日

2011/03/17

レビュアー

ぶぶたん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あいかわらずのノリですなあ。
相手の体の一部、髪の毛等をちぎり祭の日に特定の事をすると。
一生添い遂げるんだというストーリー。
執事のアンソニーがガルルと吼えたのには笑った。
人を呪い殺す力のお話もからんだり。
純白ドレスのショートヘアーな子がかわいい。
深刻な殺人事件をギャグにかえる矢部はいつもながらすごいねえ。
さすが医者、呪いを信じちゃいないというのが力強い。
村の祭、のど自慢大会がなんだか笑いがこみ上げる。
この世の終わりのように飲んだり食べたりしてるって表現が笑えた。
水死体が結構怖い。
仕掛けとしてのトリックも面白い感じ。
トリックって共通して男と女のストーリーでもあるんだよねえ。
浅野ゆうこさん歌う子守唄が不気味でいい感じ。
心を真ん中に受け入れるという話し方等、野際さんさすがだなあと思ったり。
「なんですって!?」が笑える。
矢部さんの自滅が楽しい。
次回作の予告がちらりと入ってたのがセンスあるねえ。
栃木で暴れるぞ! 暴れる? あばれ・・・ん・・・。
順番間違えて見てしまったっぽい事を今知った。

1〜 5件 / 全10件

同シリーズ作品を借りる