ワナオトコ

ワナオトコの画像・ジャケット写真

ワナオトコ / マイケル・ライリー・パーク

全体の平均評価点:(5点満点)

71

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ワナオトコ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

「ソウ」シリーズの脚本家コンビが贈るホラーアクション。金庫破りの前科を持つアーキンは元妻の借金を返すために再び犯罪に手を染めることを決心するが、侵入した宝石ブローカーの家には残虐なトラップがあちこちに仕掛けられており…。

「ワナオトコ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: THE COLLECTOR

「ワナオトコ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ザ・シューター シーズン2

プリティ・ライフ 2 ヘイリー・ダフの学園天国

ネイバーズ

ストーリーテリング

ユーザーレビュー:71件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全71件

A級100点(文句なし) ネタバレ

投稿日:2010/10/02 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

終始スリル超満点!!! こ〜ぉれぞ絶体絶命!!!

冴えない不景気な野郎(主人公)が何かを盗みに忍び込んだ知り合いの家のどこかで悲鳴が。
泥棒は謎の殺人鬼と鬼ごっこするハメになるが
家中にギッシリ張り巡らされた多彩な罠で外に逃げるスキが全く無い!
これにはあの姉歯建築士もおっかなビックリ!この時点で灼熱の激アツリーチ!!!!!
地下に知り合いの夫婦が血みどろになっていて拷問を受けていたようだ。
人命は救いたいが武器が無い。どげんかせんといかんが、どないもならん!もう大当り!!!

気づけば筋肉が硬直する程ずっっとドキドキした!
スローモーションで見せる罠にハマる演出もチョベリグ (古っ^^
ちょくちょく蜘蛛が出て来るが、ツールバッグをご持参のマスクマンは蜘蛛男なのか?
多彩な罠はまるで蜘蛛の巣のようだが!?
真っ黒で円らな目は蜘蛛の目にソックリ。そこら辺は続編を作って明かして欲しい。
原題は THE CОLLECTОR、気に入った人間を半殺しにして箱の中に閉じ込め収集。

「ナナメ歩き」殿のおっしゃる通り「無駄」が無いね!
「mikitty」姫のおっしゃる通り「痛々しい!」
「エファ」ホラークイーンのおっしゃる通り「超お勧め」ですよ!
絶対おもしろい!絶対に観てね〜ん!!!^^

このレビューは気に入りましたか? 34人の会員が気に入ったと投稿しています

糸が張り巡らされる画は確かに蜘蛛の巣ですなぁ

投稿日:2010/10/03 レビュアー:AVANZSUR

ディスカスのホラー好きの方以外に、他のサイトの方も皆して煽るから手元の大量の未観賞DVDをすっとばして観ましたが、確かに低予算ながら非常に頑張ってる作品だと思います。

ただ余りに高評価の意見ばっかり見聞きしたもんだから、こっちも知らずのうちに耳年増になってたみたいで、正直舞台となる家が味気無さすぎだし、トラップも非常にシンプルでこれまた味気無い(笑)、まぁあんまり巧みで豪勢な仕掛けだと”んなもん誰が準備出来んねん”と辻褄合わなくなるし、予算の都合wもあるでしょうから不粋かな(笑)
んなこと言うなら『ファイナル・デスティネーション』シリーズでも観てなさい!って怒られそうですがw

まぁ以上はたわごとだと流していただくとして、ショーン・ペン似の主人公が最初のイメージを覆して正義感溢れる頼もしい行動に出る姿にこっちも共感して応援しちゃうんで、思いっきり緊張しながら観れます。
リアルスパイダーマンと呼べば良いのか、内Pの玉職人ならぬ、罠職人と呼べば良いのか、黒目が全体を占める特異な爬虫類のような眼を持つ殺人鬼との鬼ごっこ&かくれんぼは、手に汗握るスリリングさを満喫出来ますよん♪
個人的に今回のツボトラップが無かったんで次回に期待かなw

続編と言うかシリーズ化に発展しそうなラストから、次回は舞台をもっと禍々しい朽ち果てそうな洋館でお願い出来ればとリクエストしときます♪

それまでに和ホラーで城とかもしくは忍者屋敷が舞台のからくりトラップを使った類似作品が登場しそうですがw

このレビューは気に入りましたか? 22人の会員が気に入ったと投稿しています

ソウを超えた!!恐怖のトラップ地獄がイタイッ(>_<) ネタバレ

投稿日:2010/09/23 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

邦題の『ワナオトコ』何のことかと思いきや”罠男”なのですね。原題は『THE COLLECTOR 』ですが、イマイチどこが?と言う感じです。私だったら『恐怖のトラップ地獄』か『恐怖のトラップハウス』にするかも・・・。でも、謎の男のコレクターBOXは人間をコレクターする時に使うらしいが、原題と関係があるのかも知れません。今作ではあまり詳しいことはわかりませんでした。
内装業者のアーキン(ジョシュ・スチュワート)は、ある宝石ブローカーの家を受け持っていた。そして金庫のありかを知った。真面目に働いていたが、急にお金が必要になり再び悪に手を染めることに・・・。家族が2週間旅行に出ることを知り忍び込んだ。そして金庫に辿り着くが、自分より先に何者かが入り込んでいることに気がつく。ここからアーキンは謎の男が仕掛けたトラップに嵌められることになるのです。しかし、何とすでに拷問を受け悲惨な姿の人たちがいたのです。アーキンは皆を助けるため謎の男と死闘を繰り広げることに・・・。
いつの間にこんなたくさんのトラップを仕掛けたんだろうと思ったりしましたが、それはすぐ頭から消えました。とにかく、今起きていることに目が離せないそんな状況でした。この作品の中にクモが時々登場します。謎の男はクモ男なのか・・・。冷酷残忍な男なのにクモには優しいのです。
痛そうで思わず目を背けるグロなシーンが多いですが、無駄なシーンがなくキレがいいです。私の評価は★5です。
エンドクレジットの終わりに続編を感じさせるようなワンシーンがありました。。。

このレビューは気に入りましたか? 20人の会員が気に入ったと投稿しています

ワナ・ワナ、ワナに落ちそう〜♪

投稿日:2010/10/06 レビュアー:JUCE

 これはエファさんのお勧めで、手に取った作品。「ワナオトコ」ってタイトルを聞いて、何故か「I wanna otoko」を連想、「ヒューマン・キャッチャー」みたいな作品だと思ってました。ある意味近いもののあるのですが「ワナ」は「罠」なんですね。カタカナにするからややこしいんですよ。まあ私だけかもしれませんが・・・。

 かなり強引な部分もあるのですが、90分間ノンストップなスラッシャーであっという間に見せ切ってしまうテンポ。ストーリーらしいストーリーも無く、「変態男 vs. 金庫破り」の攻防というきわめてシンプルな展開。この潔いシンプルさがこの作品の持ち味でしょう。イメージ的にはアクションサバイバルゲームの映像化と言った趣もあります。
 ただ設定としては、ダブル主人公のひとり、金庫破りのアーキンは彼の妻が借金を背負っていなかったら、彼に娘がいなかったら、彼に金庫破りという特技が無かったら・・・という感じでワナオトコのトラップに対峙する前にすでに人生の様々なトラップに掛かってしまっていて、それが最終的にワナオトコに出会うという、トラップの蟻地獄なってます。

 スマッシュヒットな作品です。ただなんとなく続編がありそうな展開。「変態男 vs. 金庫破り」という図式が面白かったので続編としてはどうするんでしょうか。「変態男 vs. マジシャン」とかだったら面白そうですね。

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

ワナオトコ・・・次はどこへ行く? ネタバレ

投稿日:2010/10/08 レビュアー:エコエコアザラク

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ソウの脚本家が手がけた作品なんですね。カラクリ好きですね・・

序盤で少し退屈してしまいましたが、屋敷に侵入したとたん恐怖が始まりました。
主人公は、大金欲しさに修理に訪れた邸宅に再度夜に侵入。さっさと金庫を破ってダイヤを盗んで・・・と思ったら、なんか様子が違う!
旅行中で留守のはずなのに、人の気配と悲鳴。そして至る所に罠!!
とんでもない先客がいたのです。
地下室で既に餌食にされてた家人を救おうと四苦八苦!! しますがこの犯人強いし頭もいい。そして不死身??

突っ込み所満載のトラップホラーです。犯人の目的や犯行動機の説明もなく、何がしたいんだか分りません。トラップもいつ仕掛けたのかも疑問です。原題は、コレクターですが、木箱の中から血まみれのジーサンが出てきてびっくり。
美女を集めるなら理解できますが・・・・

大事な木箱に今度は主人公を閉じ込めて、また次の屋敷に行くのでしょうか・・・
何も考えずにサラッと観るなら楽しめると思います。

トラップホラーの傑作「ストライク・バック」のほうが断然面白いので未見の方は是非!! 特に男性陣が身震いするほどの罠が必見です。シナリオもまとまっていて良かったです。

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全71件

ワナオトコ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:71件

A級100点(文句なし)

投稿日

2010/10/02

レビュアー

ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

終始スリル超満点!!! こ〜ぉれぞ絶体絶命!!!

冴えない不景気な野郎(主人公)が何かを盗みに忍び込んだ知り合いの家のどこかで悲鳴が。
泥棒は謎の殺人鬼と鬼ごっこするハメになるが
家中にギッシリ張り巡らされた多彩な罠で外に逃げるスキが全く無い!
これにはあの姉歯建築士もおっかなビックリ!この時点で灼熱の激アツリーチ!!!!!
地下に知り合いの夫婦が血みどろになっていて拷問を受けていたようだ。
人命は救いたいが武器が無い。どげんかせんといかんが、どないもならん!もう大当り!!!

気づけば筋肉が硬直する程ずっっとドキドキした!
スローモーションで見せる罠にハマる演出もチョベリグ (古っ^^
ちょくちょく蜘蛛が出て来るが、ツールバッグをご持参のマスクマンは蜘蛛男なのか?
多彩な罠はまるで蜘蛛の巣のようだが!?
真っ黒で円らな目は蜘蛛の目にソックリ。そこら辺は続編を作って明かして欲しい。
原題は THE CОLLECTОR、気に入った人間を半殺しにして箱の中に閉じ込め収集。

「ナナメ歩き」殿のおっしゃる通り「無駄」が無いね!
「mikitty」姫のおっしゃる通り「痛々しい!」
「エファ」ホラークイーンのおっしゃる通り「超お勧め」ですよ!
絶対おもしろい!絶対に観てね〜ん!!!^^

糸が張り巡らされる画は確かに蜘蛛の巣ですなぁ

投稿日

2010/10/03

レビュアー

AVANZSUR

ディスカスのホラー好きの方以外に、他のサイトの方も皆して煽るから手元の大量の未観賞DVDをすっとばして観ましたが、確かに低予算ながら非常に頑張ってる作品だと思います。

ただ余りに高評価の意見ばっかり見聞きしたもんだから、こっちも知らずのうちに耳年増になってたみたいで、正直舞台となる家が味気無さすぎだし、トラップも非常にシンプルでこれまた味気無い(笑)、まぁあんまり巧みで豪勢な仕掛けだと”んなもん誰が準備出来んねん”と辻褄合わなくなるし、予算の都合wもあるでしょうから不粋かな(笑)
んなこと言うなら『ファイナル・デスティネーション』シリーズでも観てなさい!って怒られそうですがw

まぁ以上はたわごとだと流していただくとして、ショーン・ペン似の主人公が最初のイメージを覆して正義感溢れる頼もしい行動に出る姿にこっちも共感して応援しちゃうんで、思いっきり緊張しながら観れます。
リアルスパイダーマンと呼べば良いのか、内Pの玉職人ならぬ、罠職人と呼べば良いのか、黒目が全体を占める特異な爬虫類のような眼を持つ殺人鬼との鬼ごっこ&かくれんぼは、手に汗握るスリリングさを満喫出来ますよん♪
個人的に今回のツボトラップが無かったんで次回に期待かなw

続編と言うかシリーズ化に発展しそうなラストから、次回は舞台をもっと禍々しい朽ち果てそうな洋館でお願い出来ればとリクエストしときます♪

それまでに和ホラーで城とかもしくは忍者屋敷が舞台のからくりトラップを使った類似作品が登場しそうですがw

ソウを超えた!!恐怖のトラップ地獄がイタイッ(>_<)

投稿日

2010/09/23

レビュアー

mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

邦題の『ワナオトコ』何のことかと思いきや”罠男”なのですね。原題は『THE COLLECTOR 』ですが、イマイチどこが?と言う感じです。私だったら『恐怖のトラップ地獄』か『恐怖のトラップハウス』にするかも・・・。でも、謎の男のコレクターBOXは人間をコレクターする時に使うらしいが、原題と関係があるのかも知れません。今作ではあまり詳しいことはわかりませんでした。
内装業者のアーキン(ジョシュ・スチュワート)は、ある宝石ブローカーの家を受け持っていた。そして金庫のありかを知った。真面目に働いていたが、急にお金が必要になり再び悪に手を染めることに・・・。家族が2週間旅行に出ることを知り忍び込んだ。そして金庫に辿り着くが、自分より先に何者かが入り込んでいることに気がつく。ここからアーキンは謎の男が仕掛けたトラップに嵌められることになるのです。しかし、何とすでに拷問を受け悲惨な姿の人たちがいたのです。アーキンは皆を助けるため謎の男と死闘を繰り広げることに・・・。
いつの間にこんなたくさんのトラップを仕掛けたんだろうと思ったりしましたが、それはすぐ頭から消えました。とにかく、今起きていることに目が離せないそんな状況でした。この作品の中にクモが時々登場します。謎の男はクモ男なのか・・・。冷酷残忍な男なのにクモには優しいのです。
痛そうで思わず目を背けるグロなシーンが多いですが、無駄なシーンがなくキレがいいです。私の評価は★5です。
エンドクレジットの終わりに続編を感じさせるようなワンシーンがありました。。。

ワナ・ワナ、ワナに落ちそう〜♪

投稿日

2010/10/06

レビュアー

JUCE

 これはエファさんのお勧めで、手に取った作品。「ワナオトコ」ってタイトルを聞いて、何故か「I wanna otoko」を連想、「ヒューマン・キャッチャー」みたいな作品だと思ってました。ある意味近いもののあるのですが「ワナ」は「罠」なんですね。カタカナにするからややこしいんですよ。まあ私だけかもしれませんが・・・。

 かなり強引な部分もあるのですが、90分間ノンストップなスラッシャーであっという間に見せ切ってしまうテンポ。ストーリーらしいストーリーも無く、「変態男 vs. 金庫破り」の攻防というきわめてシンプルな展開。この潔いシンプルさがこの作品の持ち味でしょう。イメージ的にはアクションサバイバルゲームの映像化と言った趣もあります。
 ただ設定としては、ダブル主人公のひとり、金庫破りのアーキンは彼の妻が借金を背負っていなかったら、彼に娘がいなかったら、彼に金庫破りという特技が無かったら・・・という感じでワナオトコのトラップに対峙する前にすでに人生の様々なトラップに掛かってしまっていて、それが最終的にワナオトコに出会うという、トラップの蟻地獄なってます。

 スマッシュヒットな作品です。ただなんとなく続編がありそうな展開。「変態男 vs. 金庫破り」という図式が面白かったので続編としてはどうするんでしょうか。「変態男 vs. マジシャン」とかだったら面白そうですね。

ワナオトコ・・・次はどこへ行く?

投稿日

2010/10/08

レビュアー

エコエコアザラク

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ソウの脚本家が手がけた作品なんですね。カラクリ好きですね・・

序盤で少し退屈してしまいましたが、屋敷に侵入したとたん恐怖が始まりました。
主人公は、大金欲しさに修理に訪れた邸宅に再度夜に侵入。さっさと金庫を破ってダイヤを盗んで・・・と思ったら、なんか様子が違う!
旅行中で留守のはずなのに、人の気配と悲鳴。そして至る所に罠!!
とんでもない先客がいたのです。
地下室で既に餌食にされてた家人を救おうと四苦八苦!! しますがこの犯人強いし頭もいい。そして不死身??

突っ込み所満載のトラップホラーです。犯人の目的や犯行動機の説明もなく、何がしたいんだか分りません。トラップもいつ仕掛けたのかも疑問です。原題は、コレクターですが、木箱の中から血まみれのジーサンが出てきてびっくり。
美女を集めるなら理解できますが・・・・

大事な木箱に今度は主人公を閉じ込めて、また次の屋敷に行くのでしょうか・・・
何も考えずにサラッと観るなら楽しめると思います。

トラップホラーの傑作「ストライク・バック」のほうが断然面白いので未見の方は是非!! 特に男性陣が身震いするほどの罠が必見です。シナリオもまとまっていて良かったです。

1〜 5件 / 全71件