ダライ・ラマ

ダライ・ラマの画像・ジャケット写真

ダライ・ラマ / 毛沢東

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

「ダライ・ラマ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

ノーベル平和賞に輝くチベットの指導者、ダライ・ラマを中国からの視点で綴ったドキュメンタリー。本人を知る関係者やチベット人学者へのインタビュー、毛沢東との会見映像などを元にして、中国から見たもうひとつのダライ・ラマ像を浮き彫りにする。

「ダライ・ラマ」 の作品情報

作品情報

製作年: 1997年
製作国: 中国
原題: THE DARAI LAMA

「ダライ・ラマ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

賢者の言葉

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

さりげなく、問題作。

投稿日:2010/10/28 レビュアー:ぴよさん


 これは、困った。サラッとラインアップされているが、これは李纓の『靖国』どころじゃない問題作だ。何と言っても製作は中国の国営放送、中央電視台。中国がダライラマをこの様に捉えている、もしくは国民や世界に、この様に思わせたがっているということがよく分かる。

 ダライ・ラマの否定に躍起になるかと思いきや、非常に冷静な語り口のドキュメンタリー・フィルムの様な作り。資料映像の豊富さ…観たことも無い、或る時期のチベット関連の映像には驚く。
そして公式文書「の様に」紹介される多数の資料。これらが主張の信頼性を裏付けるというのだが…。

 チベットの歴史を辿る過程で、政教一致政治の弊害や、封建的農奴制の非人道性を強調する。これらの点は嘘では無いから、否定は出来ない。そうして歴史的事実と自己の主張を、同列にして混ぜ合わせる。(もちろんこれは、どこの国のマスコミでもやってることだが) 登場する知識人の発言にも、当然バイアスがかかっている。

 このフィルムだけを観た者は、ゆるやかに“ある疑問”に導かれてゆく。
「ダライ・ラマの存在は、本当に聖なるものなのか?」

 歴史的事象をある一方の側面から、ある意図を以て、ある程度の宣伝技術で描く。あまり我々が観ることの無い、かの国の手法の一旦を垣間見ることが出来る。尖閣諸島問題が中国国内でどのような手法で、国民に啓蒙されているかについても推察される。1997年でこのレベルなら、現在ではもっと進歩していると想像していい。(しかし翻ってみれば、これに比べて自分達の国の国営放送やマスコミ全般は正常だなんて、言いきれるものだろうか。実に心もとない)


 理想を言うなら、双方が自らの主張を冷静に分析・整理し、しかるべき舞台に立って意見をたたかわせるべきだと思うが…ま、理想論だね。 






このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

中国から見た歴史

投稿日:2020/02/26 レビュアー:諦(あきら)

一見、中立的な風。でも、毛沢東の美化。
これって、本当なのか?
ダライ・ラマの自伝や、チベット人の証言などとずいぶん違う。
本当のことはどうなのだ?と、更に調べたくなる。
歴史は見る立場的によって違う。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

全部中国語

投稿日:2011/09/25 レビュアー:田舎のおばちゃん

なので眠くなりました。
過去のチベットでの映像は、なかなかにビックリなものがあります。
毛沢東とか、ケ小平とか、歴史の教科書に出てきた人たちの映像もあります。
が、私、歴史苦手なんだよねー。
それでもチベットと中国の間で紛争があることはチラッと聞いてました。
セブンイヤーズチベットでのダライラマは、子供時代の話でしたが、
農奴や処罰の話は出てきませんでした。
西洋でも荘園制度があったとか。
あれ?日本史でも荘園って出てきたよね?
あー、やっぱり歴史が分からないと話が分からん。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

面白い

投稿日:2011/02/09 レビュアー:momnga55

これ角度を変えて観ると面白い。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

ダライ・ラマ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

さりげなく、問題作。

投稿日

2010/10/28

レビュアー

ぴよさん


 これは、困った。サラッとラインアップされているが、これは李纓の『靖国』どころじゃない問題作だ。何と言っても製作は中国の国営放送、中央電視台。中国がダライラマをこの様に捉えている、もしくは国民や世界に、この様に思わせたがっているということがよく分かる。

 ダライ・ラマの否定に躍起になるかと思いきや、非常に冷静な語り口のドキュメンタリー・フィルムの様な作り。資料映像の豊富さ…観たことも無い、或る時期のチベット関連の映像には驚く。
そして公式文書「の様に」紹介される多数の資料。これらが主張の信頼性を裏付けるというのだが…。

 チベットの歴史を辿る過程で、政教一致政治の弊害や、封建的農奴制の非人道性を強調する。これらの点は嘘では無いから、否定は出来ない。そうして歴史的事実と自己の主張を、同列にして混ぜ合わせる。(もちろんこれは、どこの国のマスコミでもやってることだが) 登場する知識人の発言にも、当然バイアスがかかっている。

 このフィルムだけを観た者は、ゆるやかに“ある疑問”に導かれてゆく。
「ダライ・ラマの存在は、本当に聖なるものなのか?」

 歴史的事象をある一方の側面から、ある意図を以て、ある程度の宣伝技術で描く。あまり我々が観ることの無い、かの国の手法の一旦を垣間見ることが出来る。尖閣諸島問題が中国国内でどのような手法で、国民に啓蒙されているかについても推察される。1997年でこのレベルなら、現在ではもっと進歩していると想像していい。(しかし翻ってみれば、これに比べて自分達の国の国営放送やマスコミ全般は正常だなんて、言いきれるものだろうか。実に心もとない)


 理想を言うなら、双方が自らの主張を冷静に分析・整理し、しかるべき舞台に立って意見をたたかわせるべきだと思うが…ま、理想論だね。 






中国から見た歴史

投稿日

2020/02/26

レビュアー

諦(あきら)

一見、中立的な風。でも、毛沢東の美化。
これって、本当なのか?
ダライ・ラマの自伝や、チベット人の証言などとずいぶん違う。
本当のことはどうなのだ?と、更に調べたくなる。
歴史は見る立場的によって違う。

全部中国語

投稿日

2011/09/25

レビュアー

田舎のおばちゃん

なので眠くなりました。
過去のチベットでの映像は、なかなかにビックリなものがあります。
毛沢東とか、ケ小平とか、歴史の教科書に出てきた人たちの映像もあります。
が、私、歴史苦手なんだよねー。
それでもチベットと中国の間で紛争があることはチラッと聞いてました。
セブンイヤーズチベットでのダライラマは、子供時代の話でしたが、
農奴や処罰の話は出てきませんでした。
西洋でも荘園制度があったとか。
あれ?日本史でも荘園って出てきたよね?
あー、やっぱり歴史が分からないと話が分からん。

面白い

投稿日

2011/02/09

レビュアー

momnga55

これ角度を変えて観ると面白い。

1〜 4件 / 全4件