Love Letter

Love Letterの画像・ジャケット写真
Love Letter / 中山美穂
全体の平均評価点:
(5点満点)

34

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「Love Letter」 の解説・あらすじ・ストーリー

深夜のTVドラマで若者を中心に注目を集め、フジテレビのドラマ枠『ifもしも』のスペシャル「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」でTVドラマでは異例の日本映画監督協会新人賞を受賞した岩井俊二監督の長編デビュー作。婚約者を亡くした渡辺博子は、忘れられない彼への思いから、彼が昔住んでいた小樽へと手紙を出した。すると、来るはずのない返事が返って来る。それをきっかけにして、彼と同姓同名で中学時代、彼と同級生だった女性と知り合うことになり……。【商品リクエスト対象商品】

「Love Letter」 の作品情報

製作年: 1995年
製作国: 日本

「Love Letter」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

Love Letterの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
113分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KIBR1100 2010年07月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
42枚 1人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:34件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全34件

やっと出たのですね。

投稿日:2010/07/25 レビュアー:おうち大好き

今まで何故リリースされないのか不思議でなりませんでした。「サヨナライツカ」つながりかしら・・・

冒頭、雪の上に息を止めて横たわる黒い服を着た中山美穂。
ハッとするぐらい幻想的な美しい映像。
ゆっくりと遠景描写になり、真っ白いキャンバスの上に描かれる小樽の街並み。
もうそれだけで思いっきり引きこまれます。

亡くなった恋人が昔住んでいたという住所にイタズラ心で出した手紙。
 拝啓 藤井樹様 お元気ですか?
 私は元気です。
来る筈のない返事が、届く。
 拝啓 渡辺博子様 私は元気です。
 でもちょっと風邪ぎみです。
それは天国からの便りではなく・・・
少しミステリアスな展開から、止まったままになっていた二人の女性の心の時間が動き始める。

一人二役を演じた中山美穂の透明感。
切ない男心を演じたトヨエツ。得意の大阪弁が心地よい。
どの登場人物も生き生きと映り、瑞々しい映像と絵画的な構図、練り上げられた脚本、劇場用長編映画デビュー作だという岩井俊二の最高傑作だと、私は勝手に思っています。

放課後の図書館、校庭の隅の自転車置き場、陽のあたる廊下、英語の答案用紙、
風にゆらゆらとゆれる白いカーテンの向こうに立つ柏原崇の姿が
決して帰ることの出来ない青春時代の思い出と重なりとても印象的。
何度観てもその度に感動させてくれます。

韓国でも上映され、「お元気ですか」という言葉が流行語になったとか。
今回改めて観てみて、“イルマーレ”は、この映画がヒントになっているのではないかと、ふと思ったのですが。


それにしても酒井美紀はセーラー服がよく似合う。


このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

現実は記憶の中に作られる

投稿日:2010/10/28 レビュアー:はらぺこ

浅田次郎のラブ・レターだと勘違いして借りた作品でしたが、思いもよらず、とても良い作品でした(笑)

偶発的な出来事をきっかけに一気に蘇る埋もれていた思い出と、それによって展開する現在進行形なストーリーが、小樽の街を舞台にスタイリッシュでどこかしらノスタルジックに綴られています。

中山美穂は一人二役、おすましな方がしっくりこなくて、よそよそしい感じがします、もう一人の樹のあっけらかんとした演技の方が彼女の持ち味が良く出ていますね。

最後に出てくる、プルーストの「失われた時を求めて」は、ラストを締めくくる重要な役割を担う本ですが、この本の主題である記憶と時間軸のテーマが、そのまま本作のテーマと言えるでしょう。

そんなことを思うと、そのまま自分に置き換え、思い出の深いところにダイブしていくような錯覚にとらわれます。

大きな盛り上がりのない淡々と描かれる、言ってみれば「単なるラブストーリー」なんですが、とても感慨深い作品でした。

評価 ★★★★☆

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

B−  30分リタイアネタバレ

投稿日:2010/12/24 レビュアー:かづしげ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


(ネタバレあり)
 わぉ! 少女コミックみたいなネタじゃん。30分位は我慢したが、ちょっと無理。

 山で死んだ恋人の三回忌で、その母親から中学校の卒業アルバムを見せられた神戸に住むヒロインが、今は国道になってしまったという恋人の中学時の住所(小樽市)充てにラブレターを送ったら、同姓同名の女の子(ミポリンの二役)に届いて、まさかの返事が来たという仕組み。
 このネタをよく映画にしましたね。おどろき もものき さんしょのき! それも自分とそっくりの女の子に届いてしまう。まあそれは良しとして(良いとは思ってないが)、神戸と小樽という風光明媚な女子向けの絵に描いたような港町の組み合わせ(ヒロインが住んでる町が港に近いかはこの段階で不明だが)だし、ヒロインに恋する男(豊川)がガラス工芸師……小樽もガラス工芸で有名だよね。どんだけ少女趣味丸出し?
 小樽の女の子は生き生きしてて魅力的だが、二役を演ずる為に神戸の女は恋人の死を引き摺ってることを割り引いても存在感ほとんどなし。へったな関西弁やし。豊川の関西弁も同じ。突然のラブシーンも勘弁て感じやし。背中寒うなるで、ほんま。関西弁以前に、この二人1995年の演技下手やなあ……と言う訳でリタイア。


※レーティングは、A+,A,A->B+,B,B->C+,C,C- の9段階。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

温か〜いココアが飲みたくなる。。。

投稿日:2010/08/26 レビュアー:

20歳ぐらいの時に初めて観たんだったかな〜。本作。
岩井俊二監督って、ホントに女優を可愛く撮る人だな〜と感じました。
この映画の中山美穂なんて、女の私でさえポッとなる(#^.^#)
酒井美紀もとってもキュートで。若さ溢れる可愛らしい少女って感じです。

前に監督自身がTVで言ってたんですが、自分の作品は監督自身の経験だったり
理想を映画にしてると。私の予想ですが理想が大半だと思いますw
だから、男性の理想的な女性。ってのが画面から伝わってくるんです(^_^;)

この映画で中山美穂は渡辺博子と藤井樹の2役を演じてます。
恋人を山で亡くしてしまった博子と、その恋人と同姓同名で同級生だった樹。
奇妙な事にこの2人が文通するようになり…って感じで話は進んでいきます。

ハッキリ言ってしまえば、中山美穂が出てる部分は私にはどうでもよくってw
可愛いから別に不満はないんですが、博子が私の嫌いなタイプの女性なので(汗
それよりも、少女時代の藤井樹を演じてる酒井美紀ともう1人の藤井樹の柏原崇。
この2人が出てるお話ははどれもホントにピュアでねぇ〜(照
観てて何だか学生気分に浸れました♪ キュンキュンしたしw
何よりもきゃわゆかった(*^〜^*)

あとは豊川悦司が演じてる秋葉茂が切ないです(´∩`。)
ちょっと可哀相に感じるほどw この時は「きゃー(≧∇≦)、トヨエツ〜〜〜!!」って
言われてた頃だったんじゃなかったかしら。
そのトヨエツが1人の女性を支えながら愛する。何て贅沢なんでしょwww

ラストの山に叫ぶシーンは、ちょっと笑っちゃうんですが、
あれはあれで、いいシーンになってるんですよね。
ほわ〜んって気持ちになれるような映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

日本の映画ネタバレ

投稿日:2011/02/14 レビュアー:マオ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

噂には海外からも好評って聞いていた『love letter』 15年ほど前の作品らしいのですが、いい作品っていうのは長い時間が経っても色褪せたりしないのでしょうね。
私自身、韓国ドラマが好きで韓国の俳優・歌手が日本の好きな映画は?の質問に本当にこの『love letter』を挙げる方が多いです。
韓国ドラマの中でも取り上げられたりするのですから・・・それも若い世代にも評価が高いのが素晴らしい。
ずっと気になっていた映画 DVD化を密かに待ってました。

銀世界からの出だし・・・幻想的でいて内容は三回忌から・・・
ショートカットの中山美穂 静かな始まり・・・

『拝啓 藤井樹様 お元気ですか? 私は元気です』

たったこれだけの短い言葉が印象に残る。

中学生時代の酒井美紀・柏原崇 この2人が当時の中学生にありがちの微妙な関係を上手く醸し出している
図書館の匂いとか学校特有の匂いとか 無性に懐かしくなってしまう 図書カード・・・うまいなぁ
中山美穂の二役 語りが心地いい 豊川悦司 彼は眼鏡をかけると一気に一般人に見えます(笑)眼鏡なしでいて欲しかった・・・

昨今の日本映画・ドラマはどこかオーバーで、ウケ狙いを感じてしまう。俳優も舞台俳優のようにオーバーだったり・・・
泣かせる映画は泣けと言わんばかりだし・・・

この映画でも若干 お爺ちゃんが過剰キャラクターでしたが・・・
鈴木蘭々?なんだかニューハーフに見えた・・・あと叔父さん? ああ この3人が過剰キャラだった。
まあ、柏原崇の素敵だったのでALL OKにしよう。

過剰設定・キャラクターなんか無くたって、いい作品は長く愛される。良かったです。

そういう作品を後世に残していって欲しいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全34件

Love Letter

月額課金で借りる

都度課金で借りる