今度は愛妻家

今度は愛妻家の画像・ジャケット写真
今度は愛妻家 / 豊川悦司
全体の平均評価点:
(5点満点)

93

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「今度は愛妻家」 の解説・あらすじ・ストーリー

脚本家・中谷まゆみ原作の同名舞台劇を豊川悦司、薬師丸ひろ子主演、「北の零年」の行定勲監督で映画化した感動の夫婦愛ドラマ。ぐうたらなダメ夫が結婚10年になる妻との結婚生活にうっとうしさを感じながらも、いつしかごく当たり前の日常の幸せをかみしめていく姿をしみじみとしたタッチで綴る。かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介だが、今は写真も撮らずにダラダラと呑気な毎日を送っている。一方、健康オタクの妻さくらは、そんな夫に文句を言いながらもかいがいしく世話を焼く日々。しかしあるとき俊介は、友だちと箱根旅行に行く直前のさくらに“子どもを作る気がないなら、別れて”と切り出される。その場は何とかごまかし乗り切る俊介だったが…。

「今度は愛妻家」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: 日本

「今度は愛妻家」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

今度は愛妻家の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DRTD03246 2010年07月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
81枚 2人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:93件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全93件

大人のためのウェルメイドなラブストーリー

投稿日:2010/06/16 レビュアー:ミルクチョコ

原作は8年前に上演された舞台の戯曲らしいです。
タイトルからも分かるようにある種、倦怠期に入った夫婦の話なのですが、前半は、夫婦を演じる豊川悦司と薬師丸ひろ子のコミカルな掛け合いが夫婦の温かい空気感を生みだして笑わさせます。
そして、後半のどんでん返しの対比が効いてホロッとさせられてしまいました。
これは、ネタバレ厳禁だと思いますので、ナタバレなしで書きます。

かつては、売れっ子カメラマンだったが、今はぐうたら生活を送り、写真を撮ることもしない俊介(豊川)。
そんな夫を献身的に支えてきたさくら(薬師丸ひろ子)に2週間もほったらかしにされた揚句、離婚を切り出され、俊介を動揺させます。
真っ白なシャツと、ほわっとしたスカートをはき、ぐうたらな亭主に寄り添っていく薬師丸ひろ子の可愛らしさが魅力的です。
あまりの可愛らしさにわが身振り返ってしまいました。

彼らの住む家が、おしゃれで、ついそちらの方にも目が行ってしまいました。舞台劇ということもあってほぼ室内というワンシチュエーションで進んでいきます。
俊介に写真を撮ってもらいたいアイドル志望の氷川あさみと、俊介のカメラマン助手の浜田岳。妻の留守中に、おせっかいのオカマの文太(石橋)がやって来て、何かと世話をやきます。登場人物もこのほぼ5人と多くないです。

長年連れ添った夫婦がたどり着く愛とも呼べない親しみの感情や、何気ない会話がつぼに嵌り、子供のいない夫婦のよりどころのない愛の確かさを表現していて、脚本の術中にすっかり嵌まってしまいました。
夫婦間のリアルな会話や、関係性には、共感するところが多かったです。ふと、大切な人のことが、頭をよぎり、心がじんわりと温まる1作でした。




このレビューは気に入りましたか? はい 31人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今度もネタバレ

投稿日:2010/10/29 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

結論から言えば「泣きます」。
ボロ泣きです。
観てる最中に泣きます。
観終わって泣きます。
しばらくして、頭の中で映画を振り返って泣きます。
次観てもきっと泣きます。
来年も泣くでしょう。
再来年も泣くでしょう。
何回観たって泣くでしょう。
男の立場から観ても。
女の立場から観ても。
感じることがたくさんあって、涙が溢れてこないことなんてないと思います。
最初からイイ感じ。
豊川悦司演じる夫と、薬師丸さん演じる妻の間に流れている「ふたりの空気」がとてもイイ。
あーでもない、こーでもない。
やいやいやいやい。
特に俊介が妻の写真を撮るシーンが凄く好きです。
あの一瞬で空気が変わる様子。
なぜか涙が出てきました。
共演者も素晴らしい。
特に飛びぬけて素晴らしいのが石橋蓮司さん。
なんとオカマ役!
キョーレツです。
そして物凄く愛しい存在(笑)
俊介(豊川)の弟子(濱田)や、俊介に写真を撮ってもらおうとした女性(水川あさみちゃん)のサイドストーリーもステキ。
そして中盤。
思いもよらぬ展開。
思いもよらぬ一言。
その一言が何よりも重く切なく心に響くもんだから。
涙が出るのはごく当たり前のこと。
焦点合わなくなる。
この一言がこの映画をより忘れられないものにする。
この一言がなくても凄く楽しかった映画前半〜中盤。
それがこの一言によって、もう一度別の意味をもったシーンとして蘇らせる。
それはより響いてきて。
反響して、反響して止まらなくなる。
あの会話も。
あの出来事も。
あの仕草も。
今度は愛妻家。
今度「も」愛妻家・・・がホントは一番ステキなこと。
何もわかろうとしなかったこと。
自分がどんだけ愛してるかさえわかろうとしなかったこと。
失って気づく大切なもの、大切な人の価値。
世の妻帯者のみなさま。
この映画を観ましょう。
妻と一緒に観ましょう。
あなたは「今度は」ですか?
それとも「今度も」ですか?
この世で一番強い味方は、血が繋がっていないのです。

このレビューは気に入りましたか? はい 21人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

わたしの居ぬ間にこっそり旦那に観てほしい

投稿日:2011/01/29 レビュアー:みみあて

妻に興味のない男ナンバーワンの旦那様に わたしのいない間にこっそり観てもらうため DVDをセットしたままフラッっと出かけよう

カメラの重いシャッター音ってすごく官能的でドキドキしちゃいました

「MEIN MENU」の画面で流れるピアノの曲が作品の余韻をより一層深めてくれます
しばらく浸っていたいです

とてもじんわりとして 可愛い妻になりたいと思いました


旦那さま
ふつつかものですが これからも末永く あなたの傍にいさせてください

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

夫は妻をこよなく愛し敬うべし、妻は夫にとことん甘えるべし

投稿日:2011/12/20 レビュアー:飛べない魔女

ああ、トヨエツがかっこいい。
浮気性で奥さんのこと家政婦ぐらいにしか思っていないダメダメ亭主の典型なのだが、
なにせトヨエツだから・・こりゃぁ仕方がない。

実は開始10分で、私は真実が判ってしまったのだ。
そしてその通りの真実に至ったから、思わず自分の予感的中にほくそ笑む中盤。
前半はトヨエツ演じるプロカメラマン北見と、
相変わらず少女のようにかわいい薬師丸ひろ子演じる妻さくらの
夫婦漫才のごとき、リズミカルでコミカルな掛けあいに思わず笑いも出て・・
ところが、真実が明らかになった後は、前半の楽しい雰囲気とはまるでがらりと変わる。
ここからがちょっとグダグダになる。
せっかくわーっと盛り上がった気持ちが、後半のグダグダでちょっと萎える。
確かに泣かされたし、映画としては良かったと言えるんだけど・・ちょっと後半は長すぎやしないか?

石橋蓮司のオカマ役は、ある意味衝撃だった。
だってこの人のイメージって、難しい顔した悪徳政治家なんだもの。
すごくうまくて、本当はそっち系なんじゃないかと思っちゃったほど。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★★★★ 主演ふたりの演技がお見事ネタバレ

投稿日:2010/06/08 レビュアー:ガラリーナ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

驚きの展開が待っていると聞いていたにも関わらず、すっかり騙されました。気持ちよいくらいに。騙された!という感触の後、悲しい余韻を残したまま終わってくれたら、間違いなくこの作品の評価は上がったんですが、とにかく最後の30分が長すぎる。助手のカメラマンの恋愛話やら、オカマちゃんとのダラダラしたパーティやら。そんなの、いらなかったよなあ。

原案は舞台劇らしく、キャストも少人数。ぶっきらぼうで口も女癖も悪いカメラマンを演じる豊川悦司と、どこか間が抜けているんだけどとってもキュートな薬師丸ひろ子。この2人の演技力がとにかく光ります。私はトヨエツ目当てで行ったのですが、薬師丸ひろ子のかわいらしさに目を奪われて仕方ありませんでした。あの年であのキュートさは、ありえない!豊川悦司もぶっきらぼうな男と言う設定で、適当に流しているようなに見えて、とても丁寧に役作りしているのがよくわかりました。妻に対する態度やしゃべり方などが実に自然で、だらしないけど憎めない複雑なキャラクターを見事に自分のものにしていたと思います。何より前半部の夫婦の姿にリアリティがあればあるほど、あのどんでん返しに観客は驚かされるわけで。「これ、地でやってるんじゃないの?」と思わせるような演技だからこそ、それぞれの役者力をひしひしと感じます

一方、女優志望のモデルを演じる水川あさみとカメラマンの助手を演じる濱田岳。どうも、このふたりは違和感がありました。正直、ミスキャストではないかと。オカマちゃんを演じる石橋連司を加えて、ほぼ5名で本作は構成されているのですが、夫婦ふたりのハーモニーが完璧なのに対して、残りの3人が加入してくるアンサンブルになると、どうも不協和音が生じるのです。まあ、それだけ豊川&薬師丸夫妻が映り込んだシークエンスが完璧過ぎたってことかも知れませんね。全く違う設定で構わないので、このふたり別の作品でもぜひ共演して欲しいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全93件

今度は愛妻家

月額課金で借りる

都度課金で借りる