ダーティハリー

ダーティハリーの画像・ジャケット写真
ダーティハリー / クリント・イーストウッド
全体の平均評価点:
(5点満点)

66

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ダーティハリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

サンフランシスコ。屋上プールで泳ぐ女性が何者かに狙撃されるという事件が発生した。捜査にあたるのは、いつも汚い仕事をまかされることから“ダーティハリー”なる異名をつけられたハリー・キャラハン刑事。やがて“さそり”と名乗る犯人から「十万ドルを渡さなければ市民を殺し続ける」という脅迫が届いた。予告通り、次々に無差別殺人を繰り返す“さそり”だったが、ハリーと相棒のチコはついに犯人の正体に迫る……。

「ダーティハリー」 の作品情報

製作年: 1971年
製作国: アメリカ
原題: DIRTY HARRY

「ダーティハリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ダーティハリー 特別版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
118分 英語・スペイン語・ポルトガル語・日本語・中国語・ハングル語 英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR21516 2002年10月31日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 0人 1人

【Blu-ray】ダーティハリー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕・音声解説用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
4:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CWBRY11524 2010年07月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:66件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全66件

実在する犯人を捕まえるために作られた傑作

投稿日:2003/04/08 レビュアー:maskin

この映画は、サンフランシスコを恐怖のどん底におとしめた殺人鬼「スコーピオン」の犯罪歴を映画化したものとして有名だ。実は、この映画が公開されたときにスコーピオンはまだ捕まっておらず、この映画の公開自体がオトリだったということは当時の人々を驚かせた。事実、この映画を封切りした限られた映画館のアンケートボックスに警察官が張り込みをし、見事スコーピオンを逮捕したらしい。
このような真実とフィクションの合間を駆け抜けた話題性からか、一つの作品としても映像やシナリオが洗練されている。1971年の作品とは思えないほどの完成度に十分に満足できるはずだ。筆者イチオシである。

このレビューは気に入りましたか? はい 50人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ロンサム・カウボーイ、サンフランシスコへ

投稿日:2008/08/15 レビュアー:JUCE

 たしかに現在この映画を観るとアクション映画と言うよりは社会派ハードボイルド映画といった趣の映画だと思います。むしろ派手なアクションが無い(当時は派手だったのかもしれません)分、この映画の緻密なつくりが見えてきます。
 この映画ではイメージの繰り返しがよく出てきます。オープニングとエンドでは警察バッジと水。そして教会をイメージさせるものも頻繁に登場します。特に十字架は時に大胆に、時にさりげなく画面の中に仕込まれています。例えば十字架を使ったシーンで特に印象的な対比は巨大な十字架の下で犯人に痛めつけられる主人公と、スタジアムで主人公に痛めつけられる犯人という二つのシーン。実はさりげなく芝生の上で白線がクロスになっていてそれを犯人が背負うような形で痛めつけられています。こうしたハリーと犯人の主客が逆転した描き方が丁度映画の長さを半分をターニングポイントとして鏡のように構成されています。「JESUS SAVES」という電飾が銃撃によって崩れていくのもかなり皮肉な感じです。
 この作品でハリーは嫌な仕事ばかりを押し付けられるため「ダーティーハリー」と呼ばれているのですが、彼に悪と対峙するといういやな仕事を押し付けているのは警察だけではないように思います。本来「悪」を抑制あるいは懲罰を下すべき「警察」や「神」はこの映画では犯人スコーピオに対して無力というか、その暴走を抑止することが出来ません。「神」もこのハリーにすがっている様に私には思えるのです。
 その為ハリーが孤立しながら悪を「己が方法」で制裁するしか無いのです。いやむしろ、そのように追い詰められていくのです。犯人を追い詰めていくハリーもまた見えない力に追い詰められているのです。
 自分が所属する組織は勿論、社会的(市長や世論)にも、そして神でさえも彼に力を貸してはくれません。なんという孤独さでしょうか。法も神も力を貸してくれず、孤立無援の彼が正義を貫くための相棒は44マグナムのみ。このあたり現代劇ながらも西部劇の風情を感じます。

 この映画は登場人物の上下の移動が多い映画ですが、この上下の運動や登場人物の位置関係もその時の登場人物の力のバランスや人物の心理というものとリンクさせるように描かれているようです。

 おそらく繰り返し観れば観るほど映画の中の様々な信号を次々と発見できるのでしょう。単なるドンパチアクション映画(そういう括りになっているので)では無く、本当に練りこまれた映画らしい映画なのです。

このレビューは気に入りましたか? はい 26人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ホットドッグとマグナムの組み合わせってこれですか?

投稿日:2012/07/18 レビュアー:ミルクチョコ

ドン・シーゲル&クリント・イーストウッドのコンビですか?
マグマム44がどれだけ凄いものか、私にはさっぱり分かりませんが、イーストウッドがガニ股で銃を構えるシーンが好きです。
 冒頭ハリーがホットドック屋に入ると道路の向かいで銀行強盗が始まっているのを目撃します。店主に警察に連絡して応援を頼むように言うのですが、取り敢えずホットドックを食べながら店を出て、犯人に向かって44マグナムの銃口を向けて、ズドン!
 これを見た男の子たちはみんな44マグナムのモデルガンで、ホットドッグ食べながら真似したでしょ?
聞いてはいたけど、ホットドッグとマグナムの組み合わせってこれの事ですか?!もう吹き出してしまいました。(笑)

自殺しようとしている男性に「死体の始末をする身にもなってくれ」と説得するシーンは笑えました。
どこか飄々とした態度と「なぜダーティーハリーと呼ばれるのか」と聞かれて「社会の糞どもを相手にしてるからさ」と答える毒舌さが好きです。
非情に見えながら、実は情に厚く、それゆえに組織からはみ出していく哀愁漂うハリー。しびれます。
今はもっと狡猾で陰湿な犯罪が多い中で、テンポ良くスピーディーな展開も良いけれど、本作は十分痛快で楽しめました。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

演出も脚本もいいけど、イーストウッドの魅力たっぷり

投稿日:2005/01/25 レビュアー:ケチケチ

久しぶりに見ると、こんなテンポだったかな?という印象を受けました。現代のアクション映画と比較すれば非常におとなしいですし、現代の感覚としては、アクション映画というよりは社会派要素も含まれたハードボイルド映画かな。テーマとしては、原題の「DEAD RIGHT」、死んだ正義が表すように、容疑者の権利は保障されても被害者の権利はどうなるのだと、映画は問題を投げかけています。

66年の事件がきっかけとなって制定されたミランダ権(「おまえには黙秘権がある…」と警官が逮捕する時に言うあれなどです)に問題を投げかけています。人質の命を守るために警官が命がけで逮捕した容疑者も、法的な手落ちで解放されてしまいます。そんな不条理の中で、孤軍奮闘するのがハリー・キャラハン刑事(クリント・イーストウッド)。クールで、法が裁けない悪を裁くアウトロー的刑事であるハリーは魅力たっぷりです。

脚本は巧みにそして端的に、悪役と主人公を描きます。悪役の"さそり"の残忍さはこれでもかと丹念に描かれていますが、犯行におよぶ人間的な背景などは描かれず、観客が人間として認知する余地のない徹底した悪役の描きぶりです。一方、ハリーはクールなアウトローとして描かれるヒーローですが、ゴミ箱から落ちてみたり、覗きにも興味があったり、走るのも辛そうだったりと、人間的な一面が顔を覗かせ、巧みに観客の感情移入を誘っています。この描かれ方でなければ、クライマックスは観客の倫理観を逆撫でするものだったかもしれません。

また演出が描く乾いた雰囲気もいいです。法により守られるはずの正義が守られず、悪が徘徊する都会の虚しさを、印象づけているようにも感じます。

まあ何と言っても、44マグナムを正義の制裁武器としたイーストウッドの魅力たっぷりの映画ですね。この主人公の魅力でシリーズ化されたのも納得できますが、映画のテーマからすればこの一本で完結しているわけで、ドン・シーゲル監督が「この映画に続編なんていらないよ」と言い放ったのも納得できる気がします。

正義の元に参加したベトナム戦争は泥沼化し、作品が作られた時代背景としては、本当の正義を問う作品だったのでしょう。社会派的に深く考え出すと、主人公の行動を賞賛すると民主主義は成り立たないですが、そこまで考えない方がいい映画。5段階評価は、4。

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

摩天楼のガンマンネタバレ

投稿日:2010/08/29 レビュアー:蒼生

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


なんて、彼の西部劇は観たことないし、これからも観る気はないんですが。

カーッコいいですねー。爽快ですねー。クールですねー。男前ですねー。
これ、2人にしてコメディタッチにして、日本のドラマにしたら
『あぶない刑事』のできあがり!な気がするのは、私だけでしょうか。

犯人が病院行って、(しかも医者に顔を覚えられてるくらいだから多分近所の)
アッサリ正体がバレちゃうのは、ちょっと間抜けな気もするけど。
コイツも悪人らしく、なかなか粘ってくれるので
更にハリーのカッコよさが引き立ってると思いました。

シリーズ化されてるくらいだから、いいんだろうなとは思ったけど
ほんと、よかったです。


このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全66件

ダーティハリー