曲げられない女

曲げられない女の画像・ジャケット写真

曲げられない女 / 菅野美穂

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「曲げられない女」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

人生に降り掛かる諸々の問題に悩みながらも、自分を曲げずに貫く女性の姿を描いた菅野美穂主演のドラマ第4巻。正登の子を妊娠したことが分かった早紀は中絶を決意。しかし彼女の決断に反対する璃子は、正登に早紀の妊娠を話し…。第7話と第8話を収録。

「曲げられない女」 の作品情報

作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「曲げられない女」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ファイト 総集編

君の手がささやいている 第四章

ナサケの女〜国税局査察官〜

美男ですね(日本版)

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

58pts. 【主演】菅野美穂 ネタバレ

投稿日:2010/09/12 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

菅野美穂が、司法試験に9年連続落ちた、
マジメで、曲がったことが大嫌いな女性を演じる。

ちょっとした、間違い、
たとえば、アボカドを、アボガドに間違えたりすると、
”すみません、正確に言っておきたいので”
と正してしまう、変わった女の子で、
ちょっと、前にあった、キイナと、雰囲気は似ている面もある。

で、学生の時の同級生で、特に、仲良くなかった、
永作博美演じる、セレブ主婦、
警察官僚でありながら、そうは見えない、
谷原章介演じる、ナンパな男。

この3人を中心として、いろいろ起こる、出来事を、
コメディチックに描いていく。

基本、悪くはないとは思う。
ストーリーに決まりがあって進行するのは、
コメディものの常套ではあるけど、
そこそこ、楽しんで見れる。

とくに、菅野のツッコミ、永作、谷原のいい加減さを全面に出した、
演技は、なかなか、楽しんで見れる。

ただ、、、菅野のキレ芸は、どうでしょうか・・・
確かに、冷静な人が、切れるのは、
スイッチが入った感じで、ありだと思うのですが、
どうも、それにしては、簡単にキレすぎなような。。。

この部分は、1話に、1回ということに、
こだわりすぎない方が良かったのではないかと言う、
そんな気がします。

あと、やはり、最終回、
菅野と永作の、とてもとても長い、キレ芸が、あるんですけど・・・
これ、どう考えても、
視聴率がよかったから、脚本伸ばしました的な展開。

いつもながら、こういうやり方は、作品のレベルを低下させますね。

発想は、悪くはないけど、
いまいち、作り込みが、甘く、雑な、
そんな感じがするドラマに感じました。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

正直あまり期待していなかったのですが

投稿日:2010/08/04 レビュアー:かおるん

面白かったです。
なかなか司法試験に受からない早紀
法律事務所で働きながら今年で10年になる

彼にあきらめて結婚しようと
言われたり友達にもいろいろ言われるが
頑として曲げない・・・。

私には必要ありません!!
といいつつ周りもなんだか不器用な早紀の生き方に
影響されていくから凄い

すみません正確に言っておきたいので!!
って言っちゃいけないときに言ったり
面白い場面も感動もあります!
私はまっすぐな男より
こっちが好きでした^^v
メンバーも良かったです

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

すみません、正確にレビューしておきたいので。

投稿日:2010/07/25 レビュアー:オテラ

この時期のドラマの中では、「相棒」を除くと視聴率もよく、面白い作品でしたね。他局の「まっすぐな男」と偶然にも題名が関連づいていたのも面白かったのですが、奇しくも、両ドラマとも真面目に一生懸命がんばる主人公と、そんなことではこの社会生きてられないんじゃない、という世間の意識の間を上手く描いた作品だったと思います。

個人的には、面白みはなくても司法試験合格のために一生懸命、真面目に勉強している早紀の姿が好意的に描かれています。10年もの間、毎日、勉強してきたのが「10年日記」でとってもよく分かり、毎回、敬語の間違いやことわざなど、間違って覚えていそうな知識が分かったりと、脚本に味があるな、と感じました。(ちなみに10年日記がこのドラマのせいか、少し売れたとも聞きます。)

大切なときに力になってくれるから友達なんだ、ということが早紀と璃子の関わりあいの中で次第次第に描かれたり、頭が良くて試験に受かったから仕事してる人と、やりたいから何度でも試験を受けてやっと仕事してる人というのは、当然、違うんだなあ、とかいろんなことが想像できるドラマでした。

毎回、早紀が爆発してすごい力でつかまれて意見してくれるんですが、日常ではそのようなことを言ってくれる人がいないので、そういった忠告をしてくれる人がいれば、一生、大切にしていきたいな、と感じました。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

★菅野美穂は、本当「最高にすげぇ〜」女優さんだ♪

投稿日:2011/09/13 レビュアー:ザ★ウォーカー

菅野美穂は、本当「最高にすげぇ〜」女優さんだ♪このドラマ毎回「曲げられない女」=荻原(はぎわらではない「おぎわら」早紀が、理不尽で道理に合わない事柄に「切れる」シーンが登場するのだが…このシーンは毎回「度肝抜かれ」そして感動した♪

今、「正しいことを正しいと言えない」世の中で、生きてる人たちに「前向きになれる勇気」を与えてくれるそんな「素晴らしいドラマ」です♪
彼女の「ファン」だから「満点評価」してるわけではありません…「正確に言っておきたいので…」(^-^)

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

好きなドラマでした

投稿日:2010/04/25 レビュアー:KEE

早紀のシャッターが開く瞬間が好きでした。

それより何より、谷原章介が素敵。

夢をあきらめないってことはすごいね。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

曲げられない女

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

58pts. 【主演】菅野美穂

投稿日

2010/09/12

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

菅野美穂が、司法試験に9年連続落ちた、
マジメで、曲がったことが大嫌いな女性を演じる。

ちょっとした、間違い、
たとえば、アボカドを、アボガドに間違えたりすると、
”すみません、正確に言っておきたいので”
と正してしまう、変わった女の子で、
ちょっと、前にあった、キイナと、雰囲気は似ている面もある。

で、学生の時の同級生で、特に、仲良くなかった、
永作博美演じる、セレブ主婦、
警察官僚でありながら、そうは見えない、
谷原章介演じる、ナンパな男。

この3人を中心として、いろいろ起こる、出来事を、
コメディチックに描いていく。

基本、悪くはないとは思う。
ストーリーに決まりがあって進行するのは、
コメディものの常套ではあるけど、
そこそこ、楽しんで見れる。

とくに、菅野のツッコミ、永作、谷原のいい加減さを全面に出した、
演技は、なかなか、楽しんで見れる。

ただ、、、菅野のキレ芸は、どうでしょうか・・・
確かに、冷静な人が、切れるのは、
スイッチが入った感じで、ありだと思うのですが、
どうも、それにしては、簡単にキレすぎなような。。。

この部分は、1話に、1回ということに、
こだわりすぎない方が良かったのではないかと言う、
そんな気がします。

あと、やはり、最終回、
菅野と永作の、とてもとても長い、キレ芸が、あるんですけど・・・
これ、どう考えても、
視聴率がよかったから、脚本伸ばしました的な展開。

いつもながら、こういうやり方は、作品のレベルを低下させますね。

発想は、悪くはないけど、
いまいち、作り込みが、甘く、雑な、
そんな感じがするドラマに感じました。

正直あまり期待していなかったのですが

投稿日

2010/08/04

レビュアー

かおるん

面白かったです。
なかなか司法試験に受からない早紀
法律事務所で働きながら今年で10年になる

彼にあきらめて結婚しようと
言われたり友達にもいろいろ言われるが
頑として曲げない・・・。

私には必要ありません!!
といいつつ周りもなんだか不器用な早紀の生き方に
影響されていくから凄い

すみません正確に言っておきたいので!!
って言っちゃいけないときに言ったり
面白い場面も感動もあります!
私はまっすぐな男より
こっちが好きでした^^v
メンバーも良かったです

すみません、正確にレビューしておきたいので。

投稿日

2010/07/25

レビュアー

オテラ

この時期のドラマの中では、「相棒」を除くと視聴率もよく、面白い作品でしたね。他局の「まっすぐな男」と偶然にも題名が関連づいていたのも面白かったのですが、奇しくも、両ドラマとも真面目に一生懸命がんばる主人公と、そんなことではこの社会生きてられないんじゃない、という世間の意識の間を上手く描いた作品だったと思います。

個人的には、面白みはなくても司法試験合格のために一生懸命、真面目に勉強している早紀の姿が好意的に描かれています。10年もの間、毎日、勉強してきたのが「10年日記」でとってもよく分かり、毎回、敬語の間違いやことわざなど、間違って覚えていそうな知識が分かったりと、脚本に味があるな、と感じました。(ちなみに10年日記がこのドラマのせいか、少し売れたとも聞きます。)

大切なときに力になってくれるから友達なんだ、ということが早紀と璃子の関わりあいの中で次第次第に描かれたり、頭が良くて試験に受かったから仕事してる人と、やりたいから何度でも試験を受けてやっと仕事してる人というのは、当然、違うんだなあ、とかいろんなことが想像できるドラマでした。

毎回、早紀が爆発してすごい力でつかまれて意見してくれるんですが、日常ではそのようなことを言ってくれる人がいないので、そういった忠告をしてくれる人がいれば、一生、大切にしていきたいな、と感じました。

★菅野美穂は、本当「最高にすげぇ〜」女優さんだ♪

投稿日

2011/09/13

レビュアー

ザ★ウォーカー

菅野美穂は、本当「最高にすげぇ〜」女優さんだ♪このドラマ毎回「曲げられない女」=荻原(はぎわらではない「おぎわら」早紀が、理不尽で道理に合わない事柄に「切れる」シーンが登場するのだが…このシーンは毎回「度肝抜かれ」そして感動した♪

今、「正しいことを正しいと言えない」世の中で、生きてる人たちに「前向きになれる勇気」を与えてくれるそんな「素晴らしいドラマ」です♪
彼女の「ファン」だから「満点評価」してるわけではありません…「正確に言っておきたいので…」(^-^)

好きなドラマでした

投稿日

2010/04/25

レビュアー

KEE

早紀のシャッターが開く瞬間が好きでした。

それより何より、谷原章介が素敵。

夢をあきらめないってことはすごいね。

1〜 5件 / 全7件