噂のモーガン夫妻

噂のモーガン夫妻の画像・ジャケット写真
噂のモーガン夫妻 / ヒュー・グラント
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

74

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「噂のモーガン夫妻」 の解説・あらすじ・ストーリー

ヒュー・グラントとサラ・ジェシカ・パーカーの共演で贈るロマンティック・コメディ。夫の浮気で離婚が決定的となっていたセレブカップルが、殺人事件を目撃してしまったばかりに、“証人保護プログラム”によってワイオミングの田舎で一緒に生活するハメになるさまをコミカルに描く。誰もが羨むセレブカップル、モーガン夫妻だったが、夫ポールの浮気が原因で離婚の危機に。ポールの必死の説得にも、妻メリルの決意は揺るがなかった。そんな時、2人は殺人の現場に遭遇、犯人に顔を見られてしまう。そこで警察当局は、2人をワイオミングで匿うことに。こうして、別れるはずが、何もない田舎でずっと一緒の生活するハメになってしまったモーガン夫妻だったが…。

「噂のモーガン夫妻」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: DID YOU HEAR ABOUT THE MORGANS?

「噂のモーガン夫妻」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

噂のモーガン夫妻の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
103分 日 英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD80023 2010年07月14日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
85枚 6人 2人

【Blu-ray】噂のモーガン夫妻(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
103分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
2:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR80023 2010年07月14日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
28枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:74件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全74件

この2人でつまんないワケ無い!!で、ヒューのボケが芸人並(笑

投稿日:2010/07/18 レビュアー:みむさん

劇場で見て、笑って、DVDで再鑑賞しても笑えました。

お話はイントロにあるとおり、
冷え切った仲の弁護士と不動産女王のセレブカップルが
証人保護プログラムで田舎で一緒に暮らすハメになり・・・
というお話。

都会と田舎の描写の対比とか
ヒューの芸人並みのボケとか
サラのはしゃぎっぷりとか
小ネタ満載で笑えました。

たとえば・・・
クマと対面してスプレー顔面噴射とか
ライフルで肩負傷とか
それを横でマジ笑いしてるみたいなサラとか
田舎でセーターが激安できゃっきゃするサラとか。


全部ヒューとサラのキャラがピッタリで、
しかもすごいナチュラルで、
アドリブ入れてるんじゃないか?とか
マジ笑いなんじゃないか?とか
思えるシーンもあります。

一番笑ったのは
「ヒュー、一番の見せ場でスプレー逆噴射」
でした。

ヒューグラントのラブコメはどれも
期待に応えてくれる安定感を感じてて好きですが、
これは、自分の中では
「ブリジットジョーンズ」シリーズに次ぐツボ映画でした。

サラはSATCよりこっちの方が
全然キュートでかわいく見えます。


久々に鑑賞中に声を出して笑ったラブコメでした♪

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ラストが微妙ネタバレ

投稿日:2010/06/16 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

夫婦の危機を乗り越える、ヒュー・グラントと、サラ・ジェシカパーカーのラブコメです。
ヒュー・グラントのために書かれた脚本らしいですが、あの手、この手で妻の気持ちを引こうとする辺りは、これはアドリブなのか?脚本にあるのか?と思ってしまいましたがすれすれの皮肉やギャグが連発で、笑いを誘います。

夫の浮気が原因で別居3カ月に突入したモーガン夫妻は、たまたま殺人事件を目撃し、犯人に顔を見られたことがきっかけで、保証人保護プログラムによって、ワイオミングの田舎へ共に避難させられます。
保証人保護プログラムという触れ込みだったので、もうちょっとシリアスなのかと思いきや、あくまでライト感覚。
追手の犯人より、熊と遭遇した時の恐怖の方がどちらかというと切実に見えてしまいました。これは爆笑ものです。

ラストNYに戻ったモーガン夫妻が、6か月後、養子の赤ちゃんを抱いたサラのお腹が大きくなっていました。エンドロールが終わった後に、留守番電話の音声が再生されます。その声は、ヒューがサラに宛てたメッセージでした。オープニングと同じ状況がリフレインされています。
またまた浮気したということなんでしょうか?!

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ひさびさこんな面白いラブコメみた!

投稿日:2010/05/29 レビュアー:シネマ子

生粋のニューヨーカーである都会派の二人がど田舎で繰り広げるどたばたコメディといった感じです。

ありがちなラブコメのストーリーかな?と思いましたが、ありがちに収まらない爽快感・面白さがあり最後まであっっとゆうまで映画館で声を出してわらってしまったほど、おかしい場面いっぱいでした。

主演二人の芸達者ぶりは本当すごい。

ヒューグラントはとぼけた2.5枚目やらせたら天才ですね。間の取り方と言いアドリブなのか分からないつぶやきといい、本当に笑いましたしコメディの才能がすごくありますね。スタイルも良いしイギリス英語もすてき。

サラジェシカパーカーとのとぼけたかけあいも抜群に良い味出していて大声をだして何度も笑ってしまいました。

またサラも今までの作品中一番チャーミングに私は感じました。
SATCのキャリーよりも。

顔立ちは馬づらでチャーミングではないのですが(失礼)本作のミセス・モーガンはイタい若作りとは違う、洗練された都会的雰囲気、大人のかわいさ、やさしさ、おおらかさに溢れていてすごくかわいかった。

若さを失うのは怖いですがこうゆうチャーミングなアダルトカップルを見ると勇気わいてきます。最高に楽しい作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ときめきエッセンス

投稿日:2010/10/25 レビュアー:ビンス

イマイチ。
まあ、イマイチだろうとは思ってただけに驚きはなし。
ただ、ヒューがかわいそうだ。
彼は良かった。
けどホントはもっとイイ。
もっとヒューに魅力はある。
ここでは引き出しに鍵がかかってたのか・・・
そしてその鍵をありかを忘れてしまったのか・・・
彼の持っている魅力が全開とはなっていない。
鍵がないけど必死にガチャガチャ引き出しあけようとしてる姿が浮かびます。
ロマコメでヒューなんだから、もっとスパークしていいハズの彼の魅力が・・・・・勿体無い。
そう思うのは・・・
ホントかなり個人的な理由で申し訳ないけど・・・
サラのせいだ。
サラ・ジェシカ・パッカパカのせいだ。
顔のモンタージュ作ったら鼻のあたりが「0.5」ぐらい他の人より多いサラのせいだ。
彼女から何も感じない。
心が無反応。
ときめかない。
ときめきエッセンスがない。
ストーリーとしてもちょっとゆるい。
もっと丁寧に描いて欲しいところがたくさんありました。
物足りないです。
ヒューのセリフ。
ヒューが困るシチュエーション。
放置されるジョーク。
空回りする皮肉。
など、イイところもあったけど・・・
個人的にはこの二人の行方よりも、二人の助手同士の関係のほうがきになりました。
そっちのパートをもっと増やして欲しかった。

パッカパカの起用は確実に「セックス〜」があったからでしょう。
それをイメージさせる役柄です。
イケてるニューヨーカー。
「セックス〜」で演じてればいいんです。

浮気のくだりも「はぁ〜!!!!????」です。

乗馬のシーン。
馬に馬が乗っている・・・・・・・・・・・・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マーク・ローレンスの、弱いシナリオ、ツメの甘い演出ネタバレ

投稿日:2010/09/10 レビュアー:ロキュータス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

別居中の夫婦が二人して殺人事件を目撃し、証人保護プログラムでど田舎へ、危機を克服してヨリを戻す、というありがちなシチュエーションで、すべてが「お約束」ながら、そこそこ楽しめます。

『セックス・アンド・ザ・シティ』は観たことがないので、演じているサラ・ジェシカ・パーカーはほとんど初めてかな? いかにも都会人のキャラクターは良く出ている。
彼女、顔が長い。 まさかとは思いますが、馬に乗れないというのは自虐ネタ ?

ヒュー・グラントのトボケっぷりも期待通りで、どこか頼りないへなちょこだが人の良さ、品のよさは好感が持てます。

サム・エリオット(実生活の奥さんはキャサリン・ロス ♪だ)やメアリー・スティーンバージェン、ウィルフォード・ブリムリー(『ザ・ファーム』とか、テレビドラマ『頑固じいさん孫3人』)などベテランが脇を固めてます。

でも結局、脚本・監督のマーク・ローレンスの、終盤のツメの甘さ、弱さが目立ってしまった。

居場所がわかる展開と、夫に伏せていた秘密があれでは、サラ・ジェシカ・パーカーが「めんどくさい女」に見えてきて、ヒュー・グラントとの夫婦のバランスが悪くなってしまった。
夫に同情してしまうし、なぜ二人がヨリを戻すかわかりにくい。
せっかく偏屈なじいさんの孫娘がアメリカン・アイドルになるとかいう話を持ち出すんだったら、まさかこんなド田舎からテレビ中継でニューヨークにも知られる、とかの展開も考えられるでしょうに。

また、馬で逃げた二人、ロデオ会場につくまでに犯人の車に追いつかれるでしょう。
いくら正当防衛でもかくまわれた恩人の家を壊しっぱなしでロデオ会場からニューヨークへ帰ってしまう ?
この二人が何を感じて、絆を再確認したのかが今ひとつ伝わらない。

結局、面白いとまでは・・・という凡作になりましたが、お約束の雰囲気はそこそこ楽しめます。



このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全74件

噂のモーガン夫妻