デュプリシティの画像・ジャケット写真

デュプリシティ / ジュリア・ロバーツ

全体の平均評価点: (5点満点)

51

デュプリシティ /トニー・ギルロイ

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「デュプリシティ」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

ジュリア・ロバーツとクライヴ・オーウェンの共演で贈る痛快スパイ・ムービー。2つのライバル会社からそれぞれ産業スパイとして雇われた2人の腕利きエージェントが、協調と裏切りの狭間で虚々実々の駆け引きを繰り広げるさまをユーモラスかつスリリングに描く。トイレタリー業界の雄、B&R社を激しく追い上げる新興のエクイクロム社。レイはそんなエクイクロムに産業スパイとして雇われた元MI6の諜報員。彼の任務は、画期的な新商品を開発したというB&Rの最高機密を盗み出すこと。一方、B&R側もそれを阻止しようと元CIAの諜報員クレアを用意していた。ところがこの2人、なにやら浅からぬ因縁があるようで…。

「デュプリシティ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2009年

製作国:

アメリカ

原題:

DUPLICITY

「デュプリシティ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

オフィーリア 奪われた王国

マイケル・コリンズ

ノッティングヒルの恋人

オーシャンズ12

ペイド・バック

ユーザーレビュー:51件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全51件

ジュリア・ロバーツのウエストが大変なことになってる件について。 ネタバレ

投稿日:2010/04/09 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

かなり疲れる作品だ(ー_ー;)
そしてジュリアには、もうビビアンは望めないと確認...
内容と共になんだか哀愁漂う鑑賞となりました。(笑)

ストーリー自体は単調なスパイものなんですが
盛んに時系列をいじってくるんで混乱しそうになりますが
よくよく考えると過去に戻してもあまり意味がないんで
演出自体に疑問符が付き、結局はオチに頼った感が否めないです。

ジュリア&クライヴ二人のスパイが同じネタ奪取のため翻弄するんですが
出会いからいきなり二人が恋仲になり、まあ流れは想像出来るので
要の情報戦に期待せざるを得ないんですが、これが何とも陳腐というか
辻褄が合わないとまでは言わないですが、先にも述べた時系列いじりにより
混乱させようというのが見え見えなので疲れる、そして乳繰り合いにうんざりw
後半に入りやっと何を奪い合ってたのか明確になり、依頼主側も動き出しますが
ここで企業側の思惑や裏工作の説明を端折ってしまっているので
結局は何が何やらスッキリせず、誤魔化された感が強かったです
脳内補正すれば何とでもなりますが、サスペンスとしては致命的ですね
そしてラストなんですが、個人的には想像してた通りだったので驚きは皆無でした。

男女のスパイものとしては定番中の定番なので、仕掛け如何なんですが
それすら「そんなこんなで」という様ないい加減さなので面白くない
ましてや半分以上がジュリアとクライヴの乳繰り合いに費やされるのは辛いw
そして、、、ジュリアのウエスト崩壊が個人的には一番辛かった。(苦笑)

このレビューは気に入りましたか? 15人の会員が気に入ったと投稿しています

構成がうっとうしい。 ネタバレ

投稿日:2009/08/25 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ザ・バンク」に引き続き、クライブ・オーエンの主演作。そして相手役がこれまた私の嫌いなジュリア・ロバーツってことで、どうなるかと思いつつも鑑賞。

熾烈なシェア争いを繰り広げる、トイレタリー業界の老舗メーカーと新興メーカー。そしてそれぞれの会社から産業スパイとして雇われた元CIA諜報員クレア(ロバーツ)と元MI6レイ(オーエン)。
老舗会社の画期的な新製品発表の情報に、スパイ合戦は激化。
そこに、お互いに好意を抱きながらも、スパイの習性で完全に相手を信じ切れないクレアとレイの思惑が交錯して、ストーリーは二転三転。

私はトニー・ギルロイの前作「フィクサー」がとても好きだったので、あんな感じの社会派映画を期待してたのですが、これはどっちかというとコメディ色のほうが強いです。
だいたい、たかがトイレタリーの会社があそこまで血なまこになって、相手の情報を探ろうとするというのもちょっと疑問に思いますし、その「画期的な新製品」というのがあんなもの(確かにある人たちにはものすご〜く切実なのでしょうが)なのも笑えるじゃないですか。

しかし、クレアとレイの5年間の経過を説明するのに、回想シーンを使って時制を前後させているのがちょっと鼻につきます。
1時間くらいたった時、ちょっと疲れてきて、「もうちょっとストレートに話を進めてくれんかな?」と思っていたら、近くで見ていた女性が退場、戻ってきませんでした。やっぱりこの構成はうっとうしいよねえ。

だいたい、私が嫌いなふたりが、お互いの気持ちをさぐりあったりするのもうっとうしい。
それでも期待してたのは、ライバル会社の社長がトム・ウィルインソンとポール・ジアマッティだったこと。なぜこのふたりをもっと前面に押し出さなかったのか?そしたらもっとおもしろかっただろうのに。
事実、冒頭のふたりが取っ組み合いのけんかをするセリフのないシーンがいちばんおもしろかったです。あと、新製品の正体を知って、クライヴ・オーエンが生え際をそっと気にするところかな。

敏腕スパイも化学式はだめだったか・・・。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

産業スパイのお話ね。な〜んだ。

投稿日:2010/05/12 レビュアー:

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

ラブコメつくりたいのか!? ネタバレ

投稿日:2010/09/01 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

監督・脚本トニー・ギルロイ。
ボーンシリーズの脚本を手がけたほか軒並み面白い作品を世に出し
ているが監督としての腕はいまひとつのようだ。

冒頭からラブコメ色が強く、緊迫感はゼロ。
下手に元MI6なんて設定になっているものだから違和感は更に向上。

企業間のスパイ合戦なわけで、「ここまでやるのか!?」みたいな驚き
が見せ所なんだろうけど、命を懸けてないところにスリルや緊張感は存
在せず大企業のエゴや汚さだけがイメージされちゃう。
それがいつのまにか映画に対してのイメージになってしまうんだから怖い。

企業スパイ間の戦いに終始していれば面白かったかもしれない。
事実、引き込まれそうになった箇所もいくつかあった。
だけど、残念なことにいいところまでいくと過去のシーンがはさまり
クライブ・オーウェンとジュリア・ロバーツのラブコメ劇場突入だ。
時間はあっちこっちにいくし、緊張感はないし、これでどうしろと!?

ラブコメ色を強くしたほうがよっぽどよかった。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

・・・・・・

投稿日:2009/10/16 レビュアー:エロエロ大魔神

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全51件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:51件

ジュリア・ロバーツのウエストが大変なことになってる件について。

投稿日

2010/04/09

レビュアー

ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

かなり疲れる作品だ(ー_ー;)
そしてジュリアには、もうビビアンは望めないと確認...
内容と共になんだか哀愁漂う鑑賞となりました。(笑)

ストーリー自体は単調なスパイものなんですが
盛んに時系列をいじってくるんで混乱しそうになりますが
よくよく考えると過去に戻してもあまり意味がないんで
演出自体に疑問符が付き、結局はオチに頼った感が否めないです。

ジュリア&クライヴ二人のスパイが同じネタ奪取のため翻弄するんですが
出会いからいきなり二人が恋仲になり、まあ流れは想像出来るので
要の情報戦に期待せざるを得ないんですが、これが何とも陳腐というか
辻褄が合わないとまでは言わないですが、先にも述べた時系列いじりにより
混乱させようというのが見え見えなので疲れる、そして乳繰り合いにうんざりw
後半に入りやっと何を奪い合ってたのか明確になり、依頼主側も動き出しますが
ここで企業側の思惑や裏工作の説明を端折ってしまっているので
結局は何が何やらスッキリせず、誤魔化された感が強かったです
脳内補正すれば何とでもなりますが、サスペンスとしては致命的ですね
そしてラストなんですが、個人的には想像してた通りだったので驚きは皆無でした。

男女のスパイものとしては定番中の定番なので、仕掛け如何なんですが
それすら「そんなこんなで」という様ないい加減さなので面白くない
ましてや半分以上がジュリアとクライヴの乳繰り合いに費やされるのは辛いw
そして、、、ジュリアのウエスト崩壊が個人的には一番辛かった。(苦笑)

構成がうっとうしい。

投稿日

2009/08/25

レビュアー

パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ザ・バンク」に引き続き、クライブ・オーエンの主演作。そして相手役がこれまた私の嫌いなジュリア・ロバーツってことで、どうなるかと思いつつも鑑賞。

熾烈なシェア争いを繰り広げる、トイレタリー業界の老舗メーカーと新興メーカー。そしてそれぞれの会社から産業スパイとして雇われた元CIA諜報員クレア(ロバーツ)と元MI6レイ(オーエン)。
老舗会社の画期的な新製品発表の情報に、スパイ合戦は激化。
そこに、お互いに好意を抱きながらも、スパイの習性で完全に相手を信じ切れないクレアとレイの思惑が交錯して、ストーリーは二転三転。

私はトニー・ギルロイの前作「フィクサー」がとても好きだったので、あんな感じの社会派映画を期待してたのですが、これはどっちかというとコメディ色のほうが強いです。
だいたい、たかがトイレタリーの会社があそこまで血なまこになって、相手の情報を探ろうとするというのもちょっと疑問に思いますし、その「画期的な新製品」というのがあんなもの(確かにある人たちにはものすご〜く切実なのでしょうが)なのも笑えるじゃないですか。

しかし、クレアとレイの5年間の経過を説明するのに、回想シーンを使って時制を前後させているのがちょっと鼻につきます。
1時間くらいたった時、ちょっと疲れてきて、「もうちょっとストレートに話を進めてくれんかな?」と思っていたら、近くで見ていた女性が退場、戻ってきませんでした。やっぱりこの構成はうっとうしいよねえ。

だいたい、私が嫌いなふたりが、お互いの気持ちをさぐりあったりするのもうっとうしい。
それでも期待してたのは、ライバル会社の社長がトム・ウィルインソンとポール・ジアマッティだったこと。なぜこのふたりをもっと前面に押し出さなかったのか?そしたらもっとおもしろかっただろうのに。
事実、冒頭のふたりが取っ組み合いのけんかをするセリフのないシーンがいちばんおもしろかったです。あと、新製品の正体を知って、クライヴ・オーエンが生え際をそっと気にするところかな。

敏腕スパイも化学式はだめだったか・・・。

産業スパイのお話ね。な〜んだ。

投稿日

2010/05/12

レビュアー

ラブコメつくりたいのか!?

投稿日

2010/09/01

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

監督・脚本トニー・ギルロイ。
ボーンシリーズの脚本を手がけたほか軒並み面白い作品を世に出し
ているが監督としての腕はいまひとつのようだ。

冒頭からラブコメ色が強く、緊迫感はゼロ。
下手に元MI6なんて設定になっているものだから違和感は更に向上。

企業間のスパイ合戦なわけで、「ここまでやるのか!?」みたいな驚き
が見せ所なんだろうけど、命を懸けてないところにスリルや緊張感は存
在せず大企業のエゴや汚さだけがイメージされちゃう。
それがいつのまにか映画に対してのイメージになってしまうんだから怖い。

企業スパイ間の戦いに終始していれば面白かったかもしれない。
事実、引き込まれそうになった箇所もいくつかあった。
だけど、残念なことにいいところまでいくと過去のシーンがはさまり
クライブ・オーウェンとジュリア・ロバーツのラブコメ劇場突入だ。
時間はあっちこっちにいくし、緊張感はないし、これでどうしろと!?

ラブコメ色を強くしたほうがよっぽどよかった。

・・・・・・

投稿日

2009/10/16

レビュアー

エロエロ大魔神

1〜 5件 / 全51件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

デュプリシティ