60セカンズ

60セカンズの画像・ジャケット写真
60セカンズ / ニコラス・ケイジ
全体の平均評価点:
(5点満点)

100

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
ジャンル:

「60セカンズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

ニコラス・ケイジ主演のクライム・アクション。1974年の「バニシングIN60」をモチーフに、伝説のカー泥棒チームが目論む一世一代の強盗計画をスピーディーな展開で描く。街中を疾走する迫力のカーチェイスは必見。ロバート・デュバル、アンジョリーナ・ジョリー共演。“60秒でどんな車でも盗み出す”伝説のエキスパート、メンフィス。すでに足を洗っていた彼だったが、弟に危機が迫った時、彼は無謀な賭けに出る。

「60セカンズ」 の作品情報

製作年: 2000年
製作国: アメリカ
原題: GONE IN SIXTY SECONDS/GONE IN 60 SECONDS

「60セカンズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

60セカンズ 特別版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
118分 日本語・英語・日本語吹替え用 :ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
D*VWDR4289 2002年11月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

【Blu-ray】60セカンズ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語・日本語吹替用・韓国語・中国語・ポルトガル語 1:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
3:DTS/5.1chサラウンド/日本語
4:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBR1004 2010年11月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:100件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全100件

このスピード感!勇気!ロマンチシズム!

投稿日:2002/12/24 レビュアー:maskin

これほどテンポのいい映画を見たことがない。ニコラス・ケイジの迫真の演技に、その他の登場人物が呼応し、映画全体のリズム感を創り出していく。ストーリーは、モチーフがあっただけで練り込まれた感が高い。論評を書くほど陳腐な無いようになっていないのだ。人情、アクション、勇気、ロマンス、映画に必要なすべての要素が巧みに組み込まれている。また、卓越したカメラワークにより、私たちは60秒の興奮の中に巻き込まれることになる。20世紀最後の、最高のエンターテインメントといえだろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 25人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

車好きにはたまらない作品?

投稿日:2004/05/05 レビュアー:RUSH

特別おもしろいとは思いませんでしたが退屈はしない作品です。制作がブラッカイマーですからね(^^ゞ。いろんな格好いい車が出てきます。車好きな方にはたまらないのではないでしょうか?アクションもテンポ良くたまに「こんなんあり?(笑)」っていうシーンもありますが普通に楽しめます。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あれ?こんな駄目な監督でしたっけ?ネタバレ

投稿日:2008/11/20 レビュアー:ホワイト

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ドミニクセナ監督はソードフィッシュで相当、評価したんだけどな。今回はハッキリ言って、映像に酔いすぎです。


話は自動車泥棒に失敗した弟がマフィアから脅され、それを助けるために、天才的大泥棒の兄(ニコラスケイジ)が元仲間と1日に50台の車を盗む話。

まず、私達は、もう映像の迫力なぞ、「飽きている」事に気づいて欲しい。

「映像の迫力はストーリー性の中で発揮」することのみ、衝撃や感動を伝えてくれるのであって、
脚本が何も訴えかけてこなければ、「だからなに?」で終わってしまう。
ニコラス・ケイジ アンジェリーナ・ジョリー と人気俳優を使っているのに、「Carアクション」が売り物ってところで2流映画です。

語らなければならないのは、
@何故弟が、自動車泥棒をしなければならなかったのか?
Aニコラス・ケイジ アンジェリーナ・ジョリー の二人に、過去、何があったのか?

この2点をないがしろにして、話を進めても、「だからなに!」なのです。

ニコラスケイジが「弟を泥棒にしないために自動車泥棒をやめた」というモチーフが幼稚すぎます。

ソードフィッシュはめちゃくちゃ面白かったのに、監督にもがっかり。

一番の悪は「脚本」です。

評価が高いのが信じられない。20点。テレビでどうぞ。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

観た事あるけどネタバレ

投稿日:2008/03/03 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最近、またパッチワークを始めていて、小さいピースをつなぎながら観ていました。
ここのところ、日曜日の午後は、テレビでやってる吹き替えで懐かしい作品を観ています。
これも何度か観たことがあるし、あらすじも覚えているので、手作業しながらでも充分OKでした。(失礼・・・)
ニコラス・ケイジは、伝説の車泥棒という設定。
60秒あれば、車を1台盗むのはお手の物なんだけど、現在は引退しています。
しかし、弟を人質にされ、一晩で指定された車を50台盗み出す破目に!
かつての仲間たちを招集し、警察の無線を傍受しながら、盗み出す予定の高級車に女性の名前をつけて呼び、仲間で作業の進捗状況を知らせあいます。
カーチェイスのシーンやニコラス・ケイジのワイルドな走りは、観ていて気持ちいい!!
せっかくの高級車をあんな傷物にしちゃってもいいの〜?と心配になるけれど(笑)
キャッスルベック刑事(そんな名前だった筈)の粋な計らいもあり、妙に爽やかなラスト。
公開時は、あのトム・クルーズの「M:I―2」を見事に退け、初登場第1位だったそうですよ。
家族で観られる作品をお探しなら、これも候補にされてはいかがでしょう?


このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ニコラス×ブラッカイマーにつられた・・・。

投稿日:2009/10/14 レビュアー:みむさん

車好きにはたまらんらしい、というのは知っていた。
私は車に詳しくないので見るのを避けていた。

でも、ニコラスケイジ×ジェリーブラッカイマーだし・・・
と思って見てみた。

内容は「車両盗難のみ」でした・・・
わかってたけど、期待しちゃって、見事に裏切られた感じ。

がっかり。

ブラッカイマー関連では珍しくハズレじゃないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全100件

60セカンズ