咲−saki−

咲−saki−の画像・ジャケット写真
咲−saki− / 植田佳奈
  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「咲−saki−」 の解説・あらすじ・ストーリー

小林立の人気漫画をアニメ化した本格ガールズ麻雀ストーリー第9巻。ついに最終局面を迎えた個人戦。残りの対局でこれまでの分を取り返そうとする咲だったが、ステルスモードになった桃子に苦戦を強いられる。第23話「本気」から最終第25話までを収録。

「咲−saki−」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: 日本

「咲−saki−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 小野学
出演: 植田佳奈小清水亜美釘宮理恵伊藤静

咲−saki−のシリーズ商品


1〜 9件 / 全9件

咲-saki- 第1巻

  • 旧作

小林立の人気漫画をアニメ化した本格ガールズ麻雀ストーリー第1巻。奇跡的な麻雀を打つ高校1年生の宮永咲。ある日、全国中学生麻雀大会の優勝者である同級生・原村和の天才的な打ち方を見た咲は、麻雀部への入部を決意する。第1話と第2話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA677R 2009年07月31日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 1人 0人

咲-saki- 第2巻

  • 旧作

小林立の人気漫画をアニメ化した本格ガールズ麻雀ストーリー第2巻。咲の打ち回しに違和感を抱いていた和は、やがて感情を爆発させてしまう。一方その頃、久とまこは高校生麻雀大会県予選の抽選会場に足を踏み入れていた。第3話と第4話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA678R 2009年08月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 0人 1人

咲-saki- 第3巻

  • 旧作

小林立の人気漫画をアニメ化した本格ガールズ麻雀ストーリー第3巻。県予選突破を目指し始まった強化合宿。温泉や料理を堪能しながら特訓に励む咲たちだったが、久の思い付きで和に“恥ずかしい”特訓を課すことに…。第5話から第7話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA679R 2009年09月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 1人 1人

咲-saki- 第4巻

  • 旧作

小林立の人気漫画をアニメ化した本格ガールズ麻雀ストーリー第4巻。県予選の決勝まで駒を進めた清澄高校麻雀部。咲と和は全国大会への気持ちを改めて確かめ合う。しかし、龍門渕、風越、鶴賀のメンバーも強い想いを抱いていた。第8話から第10話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
75分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA680R 2009年10月30日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 0人 1人

咲-saki- 第5巻

  • 旧作

小林立の人気漫画をアニメ化した本格ガールズ麻雀ストーリー第5巻。自らを不利な状況に追い込む打ち方を続けていた久だったが、これこそが勝負時の彼女のスタイルだった。次第に勢いに乗り始めた久は首位に躍り出る。第11話から第13話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
75分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA681R 2009年11月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 0人 0人

咲-saki- 第6巻

  • 旧作

小林立の人気漫画をアニメ化した本格ガールズ麻雀ストーリー第6巻。着実にポイントを稼ぐ和の快進撃の前に立ちはだかる龍門渕透華。和のパーフェクトゲームを阻止した透華は、そのまま連荘を目指そうとするが…。第14話から第16話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
75分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA682R 2009年12月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 0人 0人

咲-saki- 第7巻

  • 旧作

小林立の人気漫画をアニメ化した本格ガールズ麻雀ストーリー第7巻。天江衣が他校を寄せ付けない圧倒的な強さで前半戦が終了。咲と和は手を取り合い、ふたりで誓い合った約束を思い出していた。第17話「悪夢」から第19話「友達」までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
75分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA683R 2010年01月29日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 0人

咲-saki- 第8巻

  • 旧作

小林立の人気漫画をアニメ化した本格ガールズ麻雀ストーリー第8巻。プールで特訓を行うため、部長から水着を持参するよう言われていた清澄高校麻雀部のメンバー。ところが、プールには意外な面々が遊びに来ていた。第20話「姉妹」から第22話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
75分 日:ドルビーステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA684R 2010年02月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 0人

咲-saki- 第9巻

  • 旧作

小林立の人気漫画をアニメ化した本格ガールズ麻雀ストーリー第9巻。ついに最終局面を迎えた個人戦。残りの対局でこれまでの分を取り返そうとする咲だったが、ステルスモードになった桃子に苦戦を強いられる。第23話「本気」から最終第25話までを収録。

収録時間: 字幕: 音声:
75分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWBA685R 2010年03月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 0人 0人

1〜 9件 / 全9件

関連作品

ユーザーレビュー:18件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全18件

57pts. 【主演】植田佳奈ネタバレ

投稿日:2009/11/18 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

現実とは違って、高校野球みたいに、
全国高校麻雀大会があり、
その先には、プロ野球選手みたいな感じで、
プロ雀士が、幅を利かせているようなイメージの世界観で、
とある、田舎の高校の麻雀部を舞台に
天才美少女雀士達が、
全国麻雀大会をめざし、日夜努力、そして、
地方予選を舞台に、とんでもない配牌をたぐり寄せることによって、
勝ち進む様を描く物語。

これまた、高校の女子クラブ活動を描いているという意味では、
けいおんや、大正野球娘と、似たテーマですね。

それと、麻雀というと、どうしても、暗い感じの作品が、
多いですが、この作品は、
とても明るい感じが狙いで、それは達成されています。

加えて、麻雀作品にありがちな、
賭け麻雀的な要素は、一切入れず、
高校のクラブ活動という描写に徹していることが、特徴ですね。

キャラ的には、ちょっと脱がし麻雀ゲームに、
出てくるっぽいキャラではあるし、
パンチラ描写はあるので、
そういう意味では、従来の印象を、まったく除外しているわけではない。
ただ、それは、萌え要素としての狙いなんだろうね。

ただ、最近の流行ともいえる、
百合設定をふんだんに持ち込むことで、
なるべく、そういうイメージを薄めようとしている作品とは感じる。

ただ、内容的には、麻雀を扱う以上、
どうしても、避けて通れない問題があります。
それは、
野球や、音楽は、練習すれば、ある程度、
その成果がリニアに返ってくる分野なのに対して、
麻雀は、もちろん、上手下手の差は大きくありはするだろうけど、
スポーツや音楽に比べると、確率の支配をする世界であって、
そのようなゲームで、
主人公たちを勝ち続けさせるためには、
どうしても、超自然的なことを起こらせないと、
話が前に進まない・・・。

東場だけにものすごく強いとか、
逆に、南場だけに、ものすごく強いとか、
地獄待ちなのに、すぐつもるとか、
嶺上開花ばかりで上がるとか、
海底撈月が連続するとか・・・

麻雀に詳しくない私でも、
それは、超能力でもない限り、無理だろって感じの、
上がり方で、
こういう超自然的というか、確率を度外した配牌を導入せざるを得ないところは、
この手の作品にはしかたないところがあって、
このあたりも、難しいところですが、、、
いまいち、入り込みにくくはなってしまいます。

さらに、いくら、影が薄いからって、
リーチも気づかれない、ステルス桃って、設定は、どうよ・・・(笑)

ま、、、、
これだけ、特殊なことが起こり続けたら、
そりゃ、やっていて楽しいだろうと思います。。。
勝てば楽しいのが、ゲームですしね。。。(汗)

あるいは、これが、超能力じゃないとしたら、、、
こいつら、全員、いかさま師ですな(笑)

でも、一番、強いのは、、、
ビギナーズラックの女の子?
って感じもします。。。(笑)



さて、この作品の面白いというか、、、
特徴的なことのひとつに、
麻雀好きな声優を、なるべく起用しようとしているところでしょうか。

”雀荘うえだ”の経営者?として有名な、
植田佳奈さんを、主役に据え、
声優が出演する麻雀のビデオに、
植田さんと一緒に出演されている
小清水亜美さんとの両ヒロイン。

その他も、wikipediaの植田さんの項目に、
麻雀仲間として書かれている人が多く起用されており、
また、男性声優で出演されている福山さんも、
前述の麻雀ビデオに出演されていることから、
容易に麻雀好きであることがわかる人ですね(笑)

基本、麻雀を教えなくても、元々、知っている人を起用しているからか、
結構、麻雀シーンに関しては、
動画が極端なCG画面で、意味もなく迫力満点なのに対して、
啼くときの声とかは、意外と淡々としていて、
逆に、それがリアリティを感じて面白いです。

エンディング曲は、
大塚愛さんの、”さくらんぼ”の”もういっかい!”を、
彷彿とさせる、可愛らしい曲で、
ま、実際は、当時の大塚愛のような若い人が
歌っているわけではないのですが、、、(笑)
そこを考えないようにすれば、
麻雀用語を多用した、ちょっと東方的な、
それでいて、畑亜貴さんらしい可愛らしい曲になっていますね。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

残念ながら“脱衣麻雀アニメ”ではありません!    【黒猫】ネタバレ

投稿日:2009/11/01 レビュアー:黒猫と白猫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

麻雀マンガというと『哭きの竜』などに見られる“賭博”や“ヤクザ”といった、いわゆる“裏社会”を背景にした作品が多いのですが、この『咲-Saki-』はいささかイメージが違います(笑)。まるで「高校野球」のようなノリで、中学生や高校生による競技麻雀大会が公式大会として行われる、ちょっと変わった世界での物語です。

そんな不思議な世界で、全国大会出場を目指して戦う「清澄高校」の「宮永咲」と「原村和」の二人の美少女を中心に、ライバル校の個性的な打ち手との熱血対戦を描いた“萌える百合系熱血美少女雀士アニメ”です(笑)。

何が面白いって、まず出てくる登場人物が非常に個性的です(笑)。「清澄高校」のメンバーだけでも、

異常な頻度で“槓”をし、しかも“嶺上開花”であがるという、貧乳で超人的な勘と運の持ち主の「宮永咲」。

超巨乳で運に頼らない完全理論派(デジタル)の打ち手で、試合に集中すると“のぼせた”ように顔を赤らめる「原村和」。

「東場」だけ異常な程強く、「タコス」が大好きで語尾に「だじぇ」「だじょ」を付ける“お子ちゃま”な「片岡優希」。

基本的には理論派だが、ここぞという時には敢えて“悪い待ち”に変えるという奇策な手を打つ、理論と感を併せ持つ「竹井久」。

記憶している過去の対局から近似の対局を検索し、その場に応じた打ち筋を予想する広島弁で眼鏡っ娘の「染谷まこ」。

と、これだけでもかなり超人的な気がしますが(笑)。対戦する他校のキャラ達も負けず劣らず超人的な能力の持ち主なんです。

普段は片目を閉じているが、勝負時には“オッドアイ”の眼を開けて、手牌や打ち筋を見切る「福路美穂子」に、自分の存在(気配)を他人から消してしまう“ステルス桃”こと「東横桃子」、そして一見して小学生にしか見えないが、“海底撈月”を連続で和了ったり、他家を“門前で聴牌にさせない”といったほとんど悪魔のような能力を持つ「天江衣」などなど(笑)。

そして、もう一つの魅力が対局での演出ですね。もう“ド派手”というか“インパクト重視”というか…。とにかく熱血アクションです♪

その他、「咲×和」「かじゅ×桃」の百合的エピソード(個人的には“百合コメ”と呼称)もあって、個人的には色々と楽しめましたね(笑)。



『そんなの、ありえねえぇぇぇ!!』

って、対局シーンのオンパレードですが、もう笑うしかなかったですね♪ さぁ、あなたもこの“痛快さ”を味わってみませんか?(笑)


黒猫のひとり言:

最終回のエンディングは、第2期を予感させるラストでした。ぜひ、第2期の制作を期待したいですね♪

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

可憐な女子高生たちによる熱血・超能力・麻雀ドラマ(笑)。

投稿日:2009/10/04 レビュアー:ひら

うーん、なんとも形容し難い作品(全25話)でしたが、まあ、全編にわたって萌えられたから(笑)、これはこれでいいかなーと思っています。

物語は、麻雀が全世界で普及し、日本の高校においても麻雀部が普通に存在し、県大会や全国大会で熾烈な戦いが繰り広げられているという異次元設定の基に、ある無名高校の麻雀部に入部した二人の天才少女が全国大会を目指していくという内容になっていました。

その二人の少女とは、自分の麻雀の才のせいで家族が離散してしまったというトラウマを抱えながらも、別れて暮らす姉に向き合いたいがために全国を目指す、ボーイッシュな貧乳少女・宮永咲(さき)と、運に頼らない理論派(デジタル)麻雀最強の打ち手だけれども、人間関係がちょっと苦手な巨乳少女・原村和(のどか)の二人で、物語はその二人の少女の出会い、誤解、反発、友情、愛情(爆)へと至る道のりとともに進行していくというものでした。

お互いに目を合わせるたびに顔を赤らめる様子であるとか、手をそっと握りながらお互いを励ましあう姿であるとか、もう、全編にわたって繰り広げられる百合描写の数々に萌えられるかどうかで、この作品の評価が決定してしまうのではないかと思っています(笑)。

試合の方も、常に±ゼロで終わるとか、嶺上開花や海底ツモを連続で上がりまくるとか、自分の気配や牌パイを完全に消してしまうとか、相手の牌パイを事実上透視してしまうとか、麻雀勝負というよりは派手な超能力合戦になっていたところが、けっこう大笑いできて、何も考えずに最後まで楽しく見ることができたように思います。

戦う敵として登場してくる各校の少女たちも、それぞれに個性があってとっても魅力的で、風越女子高の福路キャプテンの可憐さや、鶴賀学園のかじゅとステルス桃の百合描写などには、けっこう心を持っていかれました(爆)。

終盤は、原作漫画に追いついてしまったがために、アニメオリジナルの展開による県大会の個人戦が描かれていましたが、盛り上がらないワンパターンな戦いに終始してしまっていて、ちょっとガッカリといった感じでしたが、まあ、そこはGONZOなので仕方がないかなーと思ったり(苦笑)。

ということで、たくさんの少女たちによる超能力麻雀合戦と、様々な百合描写がメインテーマとなっている、非常にヒトを選ぶマニアな作品となっていましたので、第1巻を見て萌えを感じなかったならば、即刻視聴を中止するのが賢明かと思います。

あと、個人的には、DVD版でお色気描写の数々がどこまで解禁されるのかが一番の関心事項だったりしているんですが、今のところはギリギリのラインで留まっているようなので・・、ちょっと拍子抜けだったりしております(爆)。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今話題沸騰の麻雀アニメの決定版!!

投稿日:2009/07/15 レビュアー:フォレスト

原作は『ヤングガンガン』にて連載中の美少女麻雀漫画。

主人公『宮永 咲』(みやなが さき)は清澄高校1年生。奇跡的な強運の持ち主だが、家庭の事情で麻雀が好きではない彼女。

そんなある日、クラスメイトの麻雀部『須賀 京太郎』(すが きょうたろう)に連れられ、麻雀部の部室を訪れる。そこには全国中学生麻雀大会の優勝者である同級生・原村和(はらむら のどか)がいた。彼女たちとの戦いの後、全国でもっと強い人たちと打ちたいと思い、入部を決意する。

個性派揃いのキャラクターに、担当する声優さんも豪華。麻雀をやったことがない人でも、基本的なことから解説しているので、安心かも(でも役とかは自分で覚えなきゃダメよ)

この漫画(アニメ)で特徴的なのは稲妻やオーラが迸る、大げさ過ぎる演出。(そうしなきゃ盛り上がらないんだけど・・・)咲の嶺上開花(リンシャンカイホウ)は素晴らしかった。

個人的に一押しキャラクターは、風越女子高校のキャプテン『福路 美穂子』(ふくじ みほこ)。おっとりしていて、涙もろい彼女。しかし勝負時に普段閉じている右目が開き、相手の理牌の癖と視線の動きから手牌や打ち筋見切る能力がある。そしてその役を堀江由衣さんが演じるというのも楽しみであります。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

カン、ツモ、嶺上開花!!ネタバレ

投稿日:2009/07/27 レビュアー:いそあみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

SE・YGの小林立による麻雀漫画です!

なんといっても、主人公"咲"役には"植田佳奈"さんです!!やっぱりきたか〜という感じですね!!

まぁ、いつも将棋・囲碁、特にスポーツではそれをたしなんでいる人間をあざ笑うかの如く話が展開していくのはお決まりのパターンです!!そうこの"咲"も例外ではありません・・・

嶺上開花が狙って出せるなんてそれこそオカルトですよ!!

まぁ、面白いのだから全然いいですけど・・・

それと、あのGONZOアニーメーション制作を担当しているだけあってかなり演出は濃いものとなっています!!

原作を既に読んでいる方にはわかると思いますが原作は"百合"を押してはいません!!
アニメでは"百合・萌え"をかなり押しています!!

わたしも『フォレスト』さん同様に福路キャプテンが1番です!!

その他にも魅力的キャラクターが勢ぞろいです!!それらを演じる声優さんも豪華です


ぜひあなたも麻雀をうってみませんか!?

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全18件

咲−saki−

月額課金で借りる

都度課金で借りる