ヒラリー・ダフ ハツ☆コイ

ヒラリー・ダフ ハツ☆コイの画像・ジャケット写真

ヒラリー・ダフ ハツ☆コイ / ヒラリー・ダフ

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ヒラリー・ダフ ハツ☆コイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

ヒラリー・ダフ主演によるラブコメディ。再婚した母の願いで祖父母の家に預けられたグレタは、暇を持て余し海辺のレストランで働くことに。彼女はそこで出会った少年院上がりの少年・ジュリに次第に惹かれていくが、ジュリに再び収監の危機が迫り…。

「ヒラリー・ダフ ハツ☆コイ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: GRETA

「ヒラリー・ダフ ハツ☆コイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ホワイトハウス・ダウン

最高のルームメイト

Mr.ウッドコック −史上最悪の体育教師−

レッド・ステイト

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

みんな1人じゃ生きていけない

投稿日:2010/03/22 レビュアー:レイ

色んなことを心にしまいこんでるグレタはわがままで自分勝手で正直常識もない
アルバイト先ではこんなんじゃさすがに・・・って思うことまで・・・
でも周りの色んな人の影響を受け少しずつではあるが変わっていく
?!

正直最初はちょっと・・・って思ってたけど
大人ぶってるけど子供の部分があって助けを求めてたんだなって思いました
いきがってたけどホントは違ってて本当の気持ちじゃないことや行動とっちゃう
みんなの気持ちあたたかい心があったら彼女も変われる
そう思うと
彼女の最初の態度もわかりました
バイト先での対応は・・・でしたけど

あったかいおじいさんおばあさんにジーーンでした


「ハツ☆コイ」っていう題名
これがあってるかなんかイマイチわかりませんが・・・

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

タイトルは軽いけど中身は意外にシリアスです ネタバレ

投稿日:2010/03/23 レビュアー:まりもってぃ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ニュージャージー洲のオーシャングローヴにある
老人ホームで暮らす祖父母のもとで
半強制的に夏休みを過ごすことになった主人公のグレタ。
どうやら彼女は自殺願望が強いらしく、
手帳に自殺する方法や「死ぬまでにするリスト」を書き込み、
肌身離さず持ち歩いています。
祖父母にも平気で悪態をつくし、かなりえげつない17歳です^^;
反抗期の手に負えなくなった娘を母親が祖父母へ託したようですが、
グレタは何故あんなにも苛立っているのでしょうか?
そして何故あんなにも死にたがるのでしょうか?


他界した父親のこともその一因かもしれないけれど、
やはり母親との関係に原因があるようです。
17歳といえどもまだまだ子供な部分もあるわけで、
たった一人の親から十分な愛情を受けられず、
父親の亡き後、母親は男をとっかえひっかえ…
では心が不安定になってしまうのも無理もない。
そして手に負えないからといって
強制キャンプなるものや祖父母などを頼り、
自分の娘と真っ向から向き合おうとしない。
そんな母親の逃げが娘を追いこんでいることも知らずに。。
でも母親にもまた同様の歴史があった、というからこれまた切ない。
我が子を想うあまりについ口うるさくなりがちな母親と反発する娘。
思春期の娘を持つ家庭ならどこにでも起こり得る光景です。

名前の通り、17歳という若さですでにヤサグレ状態のグレタでしたが
そんな彼女に大きな変化をもたらしたのが、
アルバイト先で出会った少年ジュリーという存在でした。
ジュリーは窃盗の前科がある少年院上がりの黒人少年で、
今は海辺のレストランの厨房で直向きに働き、
仲間が再犯を繰り返す中、独り必死で更生しようと努力しています。

ジュリーは苦い経験をしているので
他人の痛みも解るし人生の厳しさも身にしみている。
だから発する言葉の一言一言に重みがある。
グレタの人生に対する甘えも当然見抜いていて、
無責任な優しさで誤魔化そうとしない大人な男です。
彼との出会いはまさにグレタにとって運命の出会いでした。

17歳という年齢は大人でも子供でもない、
グレタの様な家庭的事情を抱えていなくとも
とても不安定な時期です。
17歳という年齢を経験したことのある人間なら
彼女の様な思春期特有の人生に対する甘えや不安に
共感出来るのではないでしょうか。

それにしてもグレタの父親に何があったのか知りませんが
やっぱり、ああいった死に方は
残された人間の心を大きく蝕んでいきますね。
ある意味グレタの母親も、
夫の突然の死に苦しめられてきた部分があるのでは?
そしてジュリーにも同様の辛い過去があったとは。。
グレタの自殺ごっこなんてものとは別次元の、
死に追いやられた人間の途轍もない苦しみ、絶望といったものを
ジュリーはよく理解していた様に感じました。

今回ヒラリー・ダフは難しい役どころを好演していて見直しました。
エグゼクティヴ・プロデューサーとして
名を連ねているのにはちょっと驚きでしたが^^;

その時その時のグレタの心情を歌詞にのせて
流れるBGMや絵日記風のイラストなども
ちょっとした遊び心が効かせてあって良かったです。

それにしても親子って悪いトコほど似てしまうものね〜^^;
グレタの憎まれ口はきっと隔世遺伝だゎ。
グレタの祖母の素直になれないトコロもなかなか可愛らしかったです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

期待はずれ

投稿日:2010/03/25 レビュアー:Jollygeez

意外とつまらなかった。ストリーの展開が今一だし物足りない。
娘もHilary Duffが好きで楽しみにしていましたのに、がっかりしました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

ヒラリー・ダフ ハツ☆コイ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

みんな1人じゃ生きていけない

投稿日

2010/03/22

レビュアー

レイ

色んなことを心にしまいこんでるグレタはわがままで自分勝手で正直常識もない
アルバイト先ではこんなんじゃさすがに・・・って思うことまで・・・
でも周りの色んな人の影響を受け少しずつではあるが変わっていく
?!

正直最初はちょっと・・・って思ってたけど
大人ぶってるけど子供の部分があって助けを求めてたんだなって思いました
いきがってたけどホントは違ってて本当の気持ちじゃないことや行動とっちゃう
みんなの気持ちあたたかい心があったら彼女も変われる
そう思うと
彼女の最初の態度もわかりました
バイト先での対応は・・・でしたけど

あったかいおじいさんおばあさんにジーーンでした


「ハツ☆コイ」っていう題名
これがあってるかなんかイマイチわかりませんが・・・

タイトルは軽いけど中身は意外にシリアスです

投稿日

2010/03/23

レビュアー

まりもってぃ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ニュージャージー洲のオーシャングローヴにある
老人ホームで暮らす祖父母のもとで
半強制的に夏休みを過ごすことになった主人公のグレタ。
どうやら彼女は自殺願望が強いらしく、
手帳に自殺する方法や「死ぬまでにするリスト」を書き込み、
肌身離さず持ち歩いています。
祖父母にも平気で悪態をつくし、かなりえげつない17歳です^^;
反抗期の手に負えなくなった娘を母親が祖父母へ託したようですが、
グレタは何故あんなにも苛立っているのでしょうか?
そして何故あんなにも死にたがるのでしょうか?


他界した父親のこともその一因かもしれないけれど、
やはり母親との関係に原因があるようです。
17歳といえどもまだまだ子供な部分もあるわけで、
たった一人の親から十分な愛情を受けられず、
父親の亡き後、母親は男をとっかえひっかえ…
では心が不安定になってしまうのも無理もない。
そして手に負えないからといって
強制キャンプなるものや祖父母などを頼り、
自分の娘と真っ向から向き合おうとしない。
そんな母親の逃げが娘を追いこんでいることも知らずに。。
でも母親にもまた同様の歴史があった、というからこれまた切ない。
我が子を想うあまりについ口うるさくなりがちな母親と反発する娘。
思春期の娘を持つ家庭ならどこにでも起こり得る光景です。

名前の通り、17歳という若さですでにヤサグレ状態のグレタでしたが
そんな彼女に大きな変化をもたらしたのが、
アルバイト先で出会った少年ジュリーという存在でした。
ジュリーは窃盗の前科がある少年院上がりの黒人少年で、
今は海辺のレストランの厨房で直向きに働き、
仲間が再犯を繰り返す中、独り必死で更生しようと努力しています。

ジュリーは苦い経験をしているので
他人の痛みも解るし人生の厳しさも身にしみている。
だから発する言葉の一言一言に重みがある。
グレタの人生に対する甘えも当然見抜いていて、
無責任な優しさで誤魔化そうとしない大人な男です。
彼との出会いはまさにグレタにとって運命の出会いでした。

17歳という年齢は大人でも子供でもない、
グレタの様な家庭的事情を抱えていなくとも
とても不安定な時期です。
17歳という年齢を経験したことのある人間なら
彼女の様な思春期特有の人生に対する甘えや不安に
共感出来るのではないでしょうか。

それにしてもグレタの父親に何があったのか知りませんが
やっぱり、ああいった死に方は
残された人間の心を大きく蝕んでいきますね。
ある意味グレタの母親も、
夫の突然の死に苦しめられてきた部分があるのでは?
そしてジュリーにも同様の辛い過去があったとは。。
グレタの自殺ごっこなんてものとは別次元の、
死に追いやられた人間の途轍もない苦しみ、絶望といったものを
ジュリーはよく理解していた様に感じました。

今回ヒラリー・ダフは難しい役どころを好演していて見直しました。
エグゼクティヴ・プロデューサーとして
名を連ねているのにはちょっと驚きでしたが^^;

その時その時のグレタの心情を歌詞にのせて
流れるBGMや絵日記風のイラストなども
ちょっとした遊び心が効かせてあって良かったです。

それにしても親子って悪いトコほど似てしまうものね〜^^;
グレタの憎まれ口はきっと隔世遺伝だゎ。
グレタの祖母の素直になれないトコロもなかなか可愛らしかったです。

期待はずれ

投稿日

2010/03/25

レビュアー

Jollygeez

意外とつまらなかった。ストリーの展開が今一だし物足りない。
娘もHilary Duffが好きで楽しみにしていましたのに、がっかりしました。

1〜 3件 / 全3件