空気人形

空気人形の画像・ジャケット写真
空気人形 / ペ・ドゥナ
全体の平均評価点:
(5点満点)

93

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「空気人形」 の解説・あらすじ・ストーリー

「誰も知らない」「歩いても 歩いても」の是枝裕和監督が、「リンダ リンダ リンダ」のペ・ドゥナを主演に迎えて贈る感動のラブ・ファンタジー。業田良家の短編コミックを基に、ひょんなことから心を持ってしまった“空気人形”が様々な出会いを通して味わう感情の移ろいと、対照的に浮き彫りとなる現代人の孤独と空虚感を切なくも繊細に描き出す。川沿いの古びたアパート。ファミレスで働く冴えない中年男、秀雄が優しく語りかけている相手は、空気人形のラブドール。ある朝、その空気人形が心を持ってしまう。秀雄が仕事に出かけると、メイド服を着て外へ飛び出す空気人形。そしてレンタルビデオ店に辿り着き、店員の純一とめぐり会うが…。

「空気人形」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: 日本

「空気人形」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

空気人形の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 日 英 1:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 BCDR2542 2010年03月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
61枚 6人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:93件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全93件

人から必要とされたいと痛烈に願った空気人形ネタバレ

投稿日:2010/03/13 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

恋人の代用品として製造された空気人形。その非人間なるものが、人間の心を持つという美しくも哀しいラブ・ファンタジーです。
ラブファンタジーというと、もっとふわふわとしたものを想像してしまいますが、内容は結構辛らつで、生々しい描写もあり、ちょっと驚いてしまいましたが、それが変にエロティックじゃなくて、逆に見入ってしまいました。大人の寓話です。

舞台は高層マンションと下町が同居する隅田川沿いの小さな町。
古びたアパートで持ち主の秀雄(板尾)と暮らす空気人形(ペ・ドゥナ)は、本来持つはずのない心を持ってしまいます。
心を持った空気人形が、初めて発した言葉が「キレイ」。
洋服を着て外に出かけた彼女は、様々な人に出会い、どこか淋しげなビデオ店の青年(ARATA)に好意を抱きます。そして自分の存在意義について追い求めていくようになります。

心を持った彼女が「私空っぽなの」。
それを聞いた老人が答えます。「奇遇だねぇ。私も空っぽなんだよ」と。
心を持った人形を通して見えてくるものは、現代人の空虚で孤独な世界です。私たちはやはり、どこかによりどころを求めて生きているんでしょうね。
誰もが、唯一無二の存在になりたくて、それが誰かに取って代わられても、それなりに世の中が動いてしまう。そんなことを感じながらも、ある人の「かけがえのない人」になることを求めて。
誰かに必要とされたい。誰かを満たし満たされたい。
この映画の登場人物たちも、また誰かと繋がりたいと考え、けれども繋がる方法が分からず、もはや繋がることを諦めた人たちです。

人形を演じたペ・ドゥナの生まれたての赤ちゃんのように純粋な少女の喜びや、悲しみを全身で体現。飛び上がりたいほど嬉しい時や、心の奥底を抉られるような悲しみと同居したような作品です。
とても痛くて切ないのに、何故か重さを感じさせないのは、彼女があどけなく可愛らしいのと、映像が透き通るように綺麗だったからかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? はい 29人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

心を持ってしまった人形ネタバレ

投稿日:2010/03/03 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ファミレスで働く中年男は、仕事が終わって家に帰ってくると人形に話しかけ、一緒にご飯を食べ、お風呂にはいり、そして人形とセックスする。
ところがその人形がある日動き始め、窓の外の雨の滴に手をかざす。
「き・れ・い」
そうつぶやいた瞬間、人形は心を持ってしまったのだ。

人形がペ・ドゥナ演じる人間にかわる瞬間、もしここが綺麗すぎたり、変にぼかされていたら、この映画はだめだろうと思いながら見てたのですが、びっくりしました。ペ・ドゥナの乳房は大写しになり、全裸の体もしっかり写ります。
是枝監督は「日本の女優は制約が多すぎて、初めから使うつもりはなかった。」と言ってたらしいですが、日本の女優にはここまではできなかったでしょう。

とにかく、ペ・ドゥナがすごくいいので、それだけでも見る価値のある映画だと思います。
外の世界に飛び出した空気人形が、美しいものを見つけた時の輝くばかりの表情。
好きな男に息をふきこまれたときの官能的な表情、などなど。

空気人形は、自分のことを「からっぽの代用品」「安物の性欲処理装置」と言って嘆く。けれども、彼女が出会う人間たちもみんな彼女と同じからっぽの存在。
彼女の持ち主は、職場では「いつ辞めてもらってもかまわない」存在で、生身の女ではなく、自己主張しない人形としか関係を持てないような男。
代用教員だったという孤独な老人。
ニュースの事件の犯人は自分と派出所に自首を繰り返す老女。
過食症の若い女。
鬱屈した浪人生などなど。

空気人形が恋してしまう純一。
ふたりが知り合うのが街の小さなレンタルショップでの、映画について交わされる会話が映画ファンには楽しい。アンゲロプロスはレンタルしてないよね。

純一もどうやら恋人を失った「からっぽの存在」であるらしいことが分かるのだが、それにしても彼はなぜ空気人形にあんなことを望んだのだろう?ひょっとして、ああいう結果になることを初めから期待していたのかな?

結局人はそんなに孤独な存在ではない。
直接誰かとかかわらなくても、私たちの存在そのものが、誰かを助けたり、誰かと誰かを結びつけるきっかけになることもある。
こんな世の中だけど、外の世界には美しいもの、素敵がいっぱいある。
空気人形は死んでしまったけれど、過食症の女が窓の外に手を差し出して、「き・れ・い」とつぶやいた瞬間、彼女には少し未来がひらけたのかな。

人形の人工膣はグロテスクでショックでしたが、いろいろ考えてしまう映画でした。
ある意味、「ラースとその彼女」とは対照的なので、比べるとおもしろいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

肌に合わない

投稿日:2010/10/24 レビュアー:さむこ

うーん、わからない。
これはどう楽しめばいい映画なのかな・・。
冒頭から嫌悪感。生理的にもうダメだ。
部屋だけならともかく、外に連れ出してるとこに恐ろしいものを感じる。

ぺ・ドゥナの演技は本当にすごいと思うと思うし、ARATAとの途中までのやり取りは好きだった。
こういう、映画通の人が好きそうな映画が私には合わないみたい。
見た後、なんだか憂鬱な気分になってしまいました。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

完全なる映画は不完全なるものを内包するのか?

投稿日:2010/07/31 レビュアー:KASPAR

かなり良いという評判を聞いてたんすけど、後を引きそうで映画館に行くことには躊躇した『空気人形』をやっとDVDで観てみました♪

ふむふむ(・〜・)上手いなぁ〜♪手法的にも表現的にもムチャクチャ上手いんやけど、終盤の展開に非常に不完全さを感じるのはなんでなんやろか?

□■□■□

さすが是枝監督は映画のことをよーわかっとるっすねー(°∀°)b←なんで上から目線やねん!

リアリティの積み上げ方がハンパ無く上手いっす♪

映画(映画以外でもそうやけど)のリアリティの積み上げ方って、感情(思考)と行動(リアクション)のリアリティが重要とされてるんすけど、ソコが非常に繊細で細心に描かれてるんで、この空気人形が心を持つという大胆な設定が生きてくる(成立する)んすよねー♪←世界のクロサワから言葉を引用してみました((φ(・д・。)悪魔のように細心に!天使のように大胆に!←意味は知らんけどш(`∇´*)ш

観客が時間を止めることが出来ない映画という表現に於いて、何処を細心に描くか?何処を大胆に描くか?っつーことをよーくわかってるっすね〜(°∀°)b

【少し内容に触れます!そして真面目になります!】

でまぁ、非常に上手くて非常に繊細に描いてるんやけど、ARATAの心の動きとキャラクター(意味するもの)の不鮮明さが、非常に違和感があるっすねー・・・

非常にノイズを感じる・・・

ノイズを感じるから非常に深く考えさせられる・・・

それは狙いなんやろか?


完全なる映画は不完全なるものを内包する・・・


そういうこと(観客に考える隙間を与える)なんやろか・・・

□■□■□

観終わった後、非常に深く考えさせられる・・・

これは多分狙いなんやろう!不完全さを観客が埋めることでこれは完全な映画として完成するに違いない・・・

そしてその完成した映画は、観た観客一人一人に全て違う姿を見せるだろう・・・

個人的満足度 74点! オススメ度 75点!

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

B+  設定は不条理だが中々のヒューマンドラマ

投稿日:2010/12/20 レビュアー:かづしげ

 ラブドールが心を持つ。生きる喜びを見つけたことが迷い悩む苦しみの始まりで、例え行き着く先が空虚に近かったとしても生きることに意味を見出した? そんな物語。ずしんと来るか、じわっと来るか……

 ぺ・ドゥナは役柄より10歳ほどずれているが、そこそこ好い線行ってるかも。ARATAの翳りは持ち味が生きてる。板尾も好いね。オダギリも後半に少ししか出て来ないがぴったりだね。ラストはショッキング、、、
 

※レーティングは、A+,A,A->B+,B,B->C+,C,C- の9段階。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全93件

空気人形

月額課金で借りる

都度課金で借りる