クヒオ大佐の画像・ジャケット写真

クヒオ大佐 / 堺雅人

全体の平均評価点:(5点満点)

81

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「クヒオ大佐」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

カメハメハ大王の末裔のアメリカ人パイロット“クヒオ大佐”と名乗り、何人もの女性を騙し続けた実在の結婚詐欺師の物語を、「ジェネラル・ルージュの凱旋」「南極料理人」の堺雅人主演で映画化。監督は「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の吉田大八。自称36歳のアメリカ人、ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐は、デタラメな経歴とベタな変装で女性たちを騙しては金を貢がせる結婚詐欺師。弁当屋の女社長・永野しのぶはそんなクヒオ大佐の虚言を信じて目前に迫った結婚の準備に勤しむ日々。一方クヒオ大佐は、博物館学芸員の浅岡春、さらには銀座のホステス須藤未知子をもターゲットに捉え、彼女たちに言葉巧みに近づいていく。

「クヒオ大佐」 の作品情報

作品情報

製作年:

2009年

製作国:

日本

「クヒオ大佐」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

半沢直樹 ―ディレクターズカット版―

SO−RUN MOVIE(ソーラン・ムービー)

ふたりっ子 総集編

たべるダケ

ユーザーレビュー:81件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全81件

テンポ良い笑いと 終盤の切なさ ネタバレ

投稿日:2010/03/15 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

英語も話せない純ジャパ男が、米軍パイロットの制服を着て、女性を騙すなんてありえない!なんて思っていたのですが、何と実話らしいですね。
1984年に逮捕された結婚詐欺師をモデルにした小説を「腑抜けども悲しみの愛を見せろ」の吉田大八監督が映画化です。

クヒオと名乗る男の、あまりにも稚拙な騙しのストーリーと話術。決して天才的な能力があるわけでもなさそうです。なのに、すんなりと信じてしまう女性たち。どうして彼女たちは騙されてしまったのでしょう?
弁当屋社長のしのぶ(松雪泰子)から結婚をエサにお金を引き出し、しのぶをキープしながら、次に狙ったのは、博物館の学芸員春(満島)。

クヒオが最初に登場した姿から実に怪しげです。付け鼻の特殊メイクが笑えます。
しかし堺演じるクヒオがあの微笑のせいでしょうか?心底から悪人には見えません。自分のこだわりについて、熱く語るところは男らしくて、女性の気持ちの隙間にするりと入り込むその存在が上手いです。

クヒオは、子供の頃、父親から暴力を受けていたという描写が出てきます。彼の生い立ちの描写に彼自身の説明が痛く感じます。
アメリカ軍人という仮面の姿を借りて、彼は辛い過去を否定し理想の自分になろうとしていたのかもしれません。
こういう虚構の中でしか生きられない彼は、ちょっと可愛そうとも思えてしまうのでした。

春の「どうして私なの?」という台詞に、しのぶが代わりに答えてくれた内容が救いです。金銭だけが目的じゃないクヒオの行動がそこはかとなく哀しさを表すのも絶妙でした。



このレビューは気に入りましたか? 20人の会員が気に入ったと投稿しています

世界平和ノ為ニ。

投稿日:2010/04/16 レビュアー:みみあて

カタコト日本語で偉そうにしゃべるクヒオもさいこう。
弟とミチコさんに翻弄されるクヒオもさいこう。
ベッドに横たわる松雪泰子もさいこう。

ほんと、くだらな過ぎて最高で、相当笑わせてもらいました。


中学の時、同じクラスに居ましたよ、クヒオ大佐。
女の子だったけど。
自分を良く見せたくて、お金持ちと思われたくて、自分のおうちまで偽装していました。
(下校時、自宅の近所の大きいおうちに颯爽と入っていき、庭に身を潜めて、誰も見てないのを確認して自宅に帰るんです。)
でも彼女、明るくて社交的で、しかも可愛い。
きっかけは忘れたけど、なぜか一番仲良しになっていた。
わたしは何度も何度も騙されて嘘をつかれました。
でもまた騙されてしまうんです。
わたしも相手にしなきゃいいのに、嘘か誠か分からない話をなぜか聞いてしまうんですね。
なぜか聞いてしまうんです。

あたしって・・・・・バカ?

そんな騙されやすいわたしは、彼女にとってどんな存在だったのかな?

卒業後も何か困るとわたしを頼って突然現れて、やっぱり嘘をついて帰って行きました。

確かに彼女、お父様を亡くしていて、きっとわたしには分からない日々を綴ってきたんだと思う。
だからといって、許されざる行為を積み重ね続けた先には、あまりにも哀し過ぎる結末が待っているんだと思います。
哀し過ぎますよ。


かなり笑わせてもらったんだけど、彼女との思い出とリンクして、ちょっと重くなっちゃいました。
相当笑ったんだけど、複雑な心境です。

でもすっごくおもしろかったです。

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

男がバカなのか、女がバカなのか…。 ネタバレ

投稿日:2010/06/09 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

クヒオの言ってる事なんて、別段凄い!!って思ったりする事ないんですがねw
それでも、女は惚れちゃうと見えなくなるんですよね。何もかもww 男もかw
そこにつけ込んだクヒオが凄いってなるのか(^_^;)

自分の事は、いまいち見えなくても、人の事はよーく見える。
友達がヘンテコな男と付き合ってても、私は基本反対しない。
「うちの彼氏、どう?」と聞かれたら正直に言いますが
「それは私的意見やから」と言います。どれだけダメダメな人だったとしても、
惚れちゃってたら聞く耳をもってくれない。それが女性の心理なんだと思うから。
で、最終的に別れた時に「あんたの言ってた通りやったわ」と。やっぱりね(-_-)
でもね、さすがに、クヒオを連れて来たら…猛反対しますね(。-`ω´-)

永野しのぶ(松雪泰子)なんて、典型的な騙され女ww
ここまで綺麗に騙されてくれちゃって( ̄∇ ̄) またまた弟も出来が悪い(呆
負を背負い込んでる人には負の要素を抱え込んだ人しか集まらないんだね(-_-;)
そもそも、全ての支払いを女に出させ、それ以外にお金まで要求する男なのに
ホイホイ出してしまう、女も女だ(汗 好きだからって言ってしまえばそれまでだけどw
でも、これは第三者にしか分からないもの。難しいようで難しくないんだけどねw
バレるまで、幸せだったんならいいじゃない。って言うしかないよ(^_^;)

クヒオもバレないように、嘘に嘘を重ねて、ちょっとアタフタしちゃうんですが、
何となくすり抜けれてたところを見ると、意外と詐欺の才能?はあったのかもw

なかなか面白くはありましたが、爆笑まではしなかったかな(ーー;)
しのぶの弟との電話はそこそこ笑えましたけど…w
それよりも、クヒオが殴られて倒れた時に見えた、
鼻の穴の大きさには、ビックリ笑いしましたがね( ̄∇ ̄)

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

結果としてコメディだよね。 ネタバレ

投稿日:2010/07/20 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

実在の結婚詐欺師、クヒオ大佐。
彼が逮捕されたのは1984年のこと、およそ20年間に及んで女性を騙し続けて
いたらしい。映画化された内容はほぼ事実のようで、ビジュアルだけが大きく
違い、実物はとても米国人には見えずお世辞にも格好良いとは言えない風貌。
されど、どこか憎めない不思議な雰囲気があったのかもしれない。

コメディとして作ったわけではないのだろうが、十分すぎるコメディだ。
イスラエル上空からの電話なんてコントのネタそのものだし、せめてスペルは
間違わないようしなきゃね名刺なんだからw

女性の描き方は意外とうまくて演じる松雪泰子は存在感を自由に出し入れする
見事な演技。堺雅人と松雪泰子という共演が作品をしめている。
それにしても堺雅人、最近出すぎだなぁ。
しかも役どころが実にバラエティだ。
これは邦画に悪いところでもあるような気がする。
ちょっと上手い役者にはどんどんいろんな役がきてイメージがぐちゃぐちゃに。
役者としてはどんな役もできるってことでいいのかもしれないけど、映画って
知らず知らずのうちに先入観あるからイメージつくりは重要。
堺雅人はクールで一見冷酷な役があってると思うけどね。
ちなみにジェネラル・ルージュがベストマッチ。
ただ、独特のニヒル(っていうのか!?)な笑みが詐欺師には合ってたけど。
最後の仮想ヘリの中での指令を出しているところが彼の演技の本質かと。

実際はパトカーの中だったんだけどね(笑

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

お弁当と世界平和 ネタバレ

投稿日:2010/04/08 レビュアー:ひろぼう

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アメリカ空軍クヒオ大佐を語り、結婚詐欺師を働いた実在の日本人をモデルにした物語。
映画は見せかけ上の2部構成を装う風に見せ、その実、本当に2部構成であるという非常に凝った筋書き。あくまでも軽くクヒオと女達を笑い飛ばすかに見せ、軽やかに日本とアメリカの国の関係までも言及してみせる、実に素晴らしいコメディだと思いました。

堅実経営がモットーのような市井の弁当屋の女社長が松雪さん。クヒオ堺は仕事でいっぱいいっぱいの彼女に、言葉巧み、ではなく、如何にもな容貌と同様なヘンに真剣な言葉で近付き手玉に取ってしまいます。それには、精一杯生きる人の寂しさに付け込んだ、夢を見たい騙されたい女があり、騙すことのみが目的ではなくクヒオであることを認めさせたい、クヒオになりたかった男がいたからなのでしょう。
松雪さんにあんなことやこんなことをしてなおかつ金をせびり取るクヒオは、学芸員の彼女や銀座の女にさえ近付きます。学芸員に近付いた目的は終盤明らかにされるのですが、そう思えばクヒオは彼女と共にいる時には素の自分を割りと出していたような気がするし、金の無心も行わなかったような。銀座の女は百戦錬磨、へなちょこなクヒオを簡単に見破るのですが、それには彼女が夢を見る必要がなく既に持っているという理由があるからなのでしょう。

日々こつこつと弁当を作り稼いだ金を、クヒオの語る壮大な世界平和のために捧げる松雪さん。感謝されるわけではなく当然のように思われて、半ば嘘を確信しつつも目のまにちらつかされる甘い餌に飛び付き、壮大な希望を叶えてやろうとする。この男女関係には、アメリカの威信に添い遂げようとして尊大な態度にも目をつむってしまう、第1部での政治家の姿、日本とアメリカという国の関係さえも重なって見えてくるのでした。

物語はクヒオと、立ち位置のちがう3人の女達の、もつれ合いを実にコミカルに描き続け、奇想天外な閉幕を迎えます。
あの描写は、“クヒオ少年”の夢が叶ったということなのでしょうねぇ。★5−

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全81件

クヒオ大佐

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:81件

テンポ良い笑いと 終盤の切なさ

投稿日

2010/03/15

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

英語も話せない純ジャパ男が、米軍パイロットの制服を着て、女性を騙すなんてありえない!なんて思っていたのですが、何と実話らしいですね。
1984年に逮捕された結婚詐欺師をモデルにした小説を「腑抜けども悲しみの愛を見せろ」の吉田大八監督が映画化です。

クヒオと名乗る男の、あまりにも稚拙な騙しのストーリーと話術。決して天才的な能力があるわけでもなさそうです。なのに、すんなりと信じてしまう女性たち。どうして彼女たちは騙されてしまったのでしょう?
弁当屋社長のしのぶ(松雪泰子)から結婚をエサにお金を引き出し、しのぶをキープしながら、次に狙ったのは、博物館の学芸員春(満島)。

クヒオが最初に登場した姿から実に怪しげです。付け鼻の特殊メイクが笑えます。
しかし堺演じるクヒオがあの微笑のせいでしょうか?心底から悪人には見えません。自分のこだわりについて、熱く語るところは男らしくて、女性の気持ちの隙間にするりと入り込むその存在が上手いです。

クヒオは、子供の頃、父親から暴力を受けていたという描写が出てきます。彼の生い立ちの描写に彼自身の説明が痛く感じます。
アメリカ軍人という仮面の姿を借りて、彼は辛い過去を否定し理想の自分になろうとしていたのかもしれません。
こういう虚構の中でしか生きられない彼は、ちょっと可愛そうとも思えてしまうのでした。

春の「どうして私なの?」という台詞に、しのぶが代わりに答えてくれた内容が救いです。金銭だけが目的じゃないクヒオの行動がそこはかとなく哀しさを表すのも絶妙でした。



世界平和ノ為ニ。

投稿日

2010/04/16

レビュアー

みみあて

カタコト日本語で偉そうにしゃべるクヒオもさいこう。
弟とミチコさんに翻弄されるクヒオもさいこう。
ベッドに横たわる松雪泰子もさいこう。

ほんと、くだらな過ぎて最高で、相当笑わせてもらいました。


中学の時、同じクラスに居ましたよ、クヒオ大佐。
女の子だったけど。
自分を良く見せたくて、お金持ちと思われたくて、自分のおうちまで偽装していました。
(下校時、自宅の近所の大きいおうちに颯爽と入っていき、庭に身を潜めて、誰も見てないのを確認して自宅に帰るんです。)
でも彼女、明るくて社交的で、しかも可愛い。
きっかけは忘れたけど、なぜか一番仲良しになっていた。
わたしは何度も何度も騙されて嘘をつかれました。
でもまた騙されてしまうんです。
わたしも相手にしなきゃいいのに、嘘か誠か分からない話をなぜか聞いてしまうんですね。
なぜか聞いてしまうんです。

あたしって・・・・・バカ?

そんな騙されやすいわたしは、彼女にとってどんな存在だったのかな?

卒業後も何か困るとわたしを頼って突然現れて、やっぱり嘘をついて帰って行きました。

確かに彼女、お父様を亡くしていて、きっとわたしには分からない日々を綴ってきたんだと思う。
だからといって、許されざる行為を積み重ね続けた先には、あまりにも哀し過ぎる結末が待っているんだと思います。
哀し過ぎますよ。


かなり笑わせてもらったんだけど、彼女との思い出とリンクして、ちょっと重くなっちゃいました。
相当笑ったんだけど、複雑な心境です。

でもすっごくおもしろかったです。

男がバカなのか、女がバカなのか…。

投稿日

2010/06/09

レビュアー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

クヒオの言ってる事なんて、別段凄い!!って思ったりする事ないんですがねw
それでも、女は惚れちゃうと見えなくなるんですよね。何もかもww 男もかw
そこにつけ込んだクヒオが凄いってなるのか(^_^;)

自分の事は、いまいち見えなくても、人の事はよーく見える。
友達がヘンテコな男と付き合ってても、私は基本反対しない。
「うちの彼氏、どう?」と聞かれたら正直に言いますが
「それは私的意見やから」と言います。どれだけダメダメな人だったとしても、
惚れちゃってたら聞く耳をもってくれない。それが女性の心理なんだと思うから。
で、最終的に別れた時に「あんたの言ってた通りやったわ」と。やっぱりね(-_-)
でもね、さすがに、クヒオを連れて来たら…猛反対しますね(。-`ω´-)

永野しのぶ(松雪泰子)なんて、典型的な騙され女ww
ここまで綺麗に騙されてくれちゃって( ̄∇ ̄) またまた弟も出来が悪い(呆
負を背負い込んでる人には負の要素を抱え込んだ人しか集まらないんだね(-_-;)
そもそも、全ての支払いを女に出させ、それ以外にお金まで要求する男なのに
ホイホイ出してしまう、女も女だ(汗 好きだからって言ってしまえばそれまでだけどw
でも、これは第三者にしか分からないもの。難しいようで難しくないんだけどねw
バレるまで、幸せだったんならいいじゃない。って言うしかないよ(^_^;)

クヒオもバレないように、嘘に嘘を重ねて、ちょっとアタフタしちゃうんですが、
何となくすり抜けれてたところを見ると、意外と詐欺の才能?はあったのかもw

なかなか面白くはありましたが、爆笑まではしなかったかな(ーー;)
しのぶの弟との電話はそこそこ笑えましたけど…w
それよりも、クヒオが殴られて倒れた時に見えた、
鼻の穴の大きさには、ビックリ笑いしましたがね( ̄∇ ̄)

結果としてコメディだよね。

投稿日

2010/07/20

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

実在の結婚詐欺師、クヒオ大佐。
彼が逮捕されたのは1984年のこと、およそ20年間に及んで女性を騙し続けて
いたらしい。映画化された内容はほぼ事実のようで、ビジュアルだけが大きく
違い、実物はとても米国人には見えずお世辞にも格好良いとは言えない風貌。
されど、どこか憎めない不思議な雰囲気があったのかもしれない。

コメディとして作ったわけではないのだろうが、十分すぎるコメディだ。
イスラエル上空からの電話なんてコントのネタそのものだし、せめてスペルは
間違わないようしなきゃね名刺なんだからw

女性の描き方は意外とうまくて演じる松雪泰子は存在感を自由に出し入れする
見事な演技。堺雅人と松雪泰子という共演が作品をしめている。
それにしても堺雅人、最近出すぎだなぁ。
しかも役どころが実にバラエティだ。
これは邦画に悪いところでもあるような気がする。
ちょっと上手い役者にはどんどんいろんな役がきてイメージがぐちゃぐちゃに。
役者としてはどんな役もできるってことでいいのかもしれないけど、映画って
知らず知らずのうちに先入観あるからイメージつくりは重要。
堺雅人はクールで一見冷酷な役があってると思うけどね。
ちなみにジェネラル・ルージュがベストマッチ。
ただ、独特のニヒル(っていうのか!?)な笑みが詐欺師には合ってたけど。
最後の仮想ヘリの中での指令を出しているところが彼の演技の本質かと。

実際はパトカーの中だったんだけどね(笑

お弁当と世界平和

投稿日

2010/04/08

レビュアー

ひろぼう

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アメリカ空軍クヒオ大佐を語り、結婚詐欺師を働いた実在の日本人をモデルにした物語。
映画は見せかけ上の2部構成を装う風に見せ、その実、本当に2部構成であるという非常に凝った筋書き。あくまでも軽くクヒオと女達を笑い飛ばすかに見せ、軽やかに日本とアメリカの国の関係までも言及してみせる、実に素晴らしいコメディだと思いました。

堅実経営がモットーのような市井の弁当屋の女社長が松雪さん。クヒオ堺は仕事でいっぱいいっぱいの彼女に、言葉巧み、ではなく、如何にもな容貌と同様なヘンに真剣な言葉で近付き手玉に取ってしまいます。それには、精一杯生きる人の寂しさに付け込んだ、夢を見たい騙されたい女があり、騙すことのみが目的ではなくクヒオであることを認めさせたい、クヒオになりたかった男がいたからなのでしょう。
松雪さんにあんなことやこんなことをしてなおかつ金をせびり取るクヒオは、学芸員の彼女や銀座の女にさえ近付きます。学芸員に近付いた目的は終盤明らかにされるのですが、そう思えばクヒオは彼女と共にいる時には素の自分を割りと出していたような気がするし、金の無心も行わなかったような。銀座の女は百戦錬磨、へなちょこなクヒオを簡単に見破るのですが、それには彼女が夢を見る必要がなく既に持っているという理由があるからなのでしょう。

日々こつこつと弁当を作り稼いだ金を、クヒオの語る壮大な世界平和のために捧げる松雪さん。感謝されるわけではなく当然のように思われて、半ば嘘を確信しつつも目のまにちらつかされる甘い餌に飛び付き、壮大な希望を叶えてやろうとする。この男女関係には、アメリカの威信に添い遂げようとして尊大な態度にも目をつむってしまう、第1部での政治家の姿、日本とアメリカという国の関係さえも重なって見えてくるのでした。

物語はクヒオと、立ち位置のちがう3人の女達の、もつれ合いを実にコミカルに描き続け、奇想天外な閉幕を迎えます。
あの描写は、“クヒオ少年”の夢が叶ったということなのでしょうねぇ。★5−

1〜 5件 / 全81件