チョイス!

チョイス!の画像・ジャケット写真
チョイス! / ケビン・コスナー
  • DVD
ジャンル:

「チョイス!」 の解説・あらすじ・ストーリー

アメリカの田舎町に暮らすしがないアル中の男が、愛娘の仕業で大統領選を決する大事な一票を握ってしまったことから大騒動に巻き込まれていくコメディ・ドラマ。

「チョイス!」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: SWING VOTE

「チョイス!」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

チョイス!の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DZ9425 2010年02月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
15枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:22件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全22件

父親の再生 と 政治への風刺

投稿日:2010/07/03 レビュアー:蒼生


元『コメディは基本観ない派』としましては
(最近、いつのまにか観ちゃってるので“元”です)
こんな状況ありえるの?な設定にすごくツッコミたかったです。
コメディだからってだけじゃなく
アメリカどころか、日本の選挙事情のこともよくわからないので
ツッコミようがないかとは思いながらも。

しかし、一民間人の名前を本人の許可なくTVで流しちゃっていいのか。
アメリカではいいんですかー?

元『コメディは基本観ない派』ですが、
コメディっぽいアクションも、コメディっぽいホラーも、大丈夫なんです。
コメディっぽいハートフルも大丈夫なんです。
でもこの作品は、
ある時点まで私には、コメディがハートフルテイストより
過半数超えてるように感じられました。

大統領候補者たちのバドのご機嫌取り合戦もまったく楽しめず、
どちらかというと気分が悪くて、
(多分日本の政治家たちの姿に重なって見えてしまったのでしょう)
途中でやめたかったんですが、最後が気になるので我慢して観ました。

つまり、相当適当な感じで観てたんです。
そうしたら、いつのまにか、結構真面目な展開になってて、
ハートフルな感じになってて、
感動的ラストシーンに辿りついてました。

人生に疲れて、世俗に汚れて、いい加減に生きてる大人を
純粋で正しくて、まっすぐな子どもが、
目覚めさせ、原点へ立ち返らせる様子に
汚れた大人は、純粋に感動してしまいました。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

出来の良い娘とダメ親父

投稿日:2011/01/11 レビュアー:はらぺこ

謀らずして大統領選の1票の運命を握ってしまう男の話です。
彼を巡って候補者陣営が右往左往する様や、マスコミの騒ぎ立てようをコミカルに描いており、面白い出来になっています。

背景としては親子愛がテーマとして存在しており、出来の良い娘とだらしない父親の設定がハートフルな感じでとても観やすい作品でした。
また、選挙に対する考え方や、雇用問題の取り上げ方、ちょっとした社会風刺などが、鼻につかない程度に散りばめられており好感が持てます。

良かった部分は、娘の理知的な部分が上手く出ていたところと、離婚した母親に会いに行くエピソードを通して子供らしさが出ていたところ。
この辺がバランス良く描かれており、彼女の魅力が引き立っていると同時に、ダメ親父が、少なくとも娘の事を大事に思っている父親としての愛情が上手く表現されていました。

設定とストーリーの概要だけで、ある程度面白くて感動的な感じが見て取れますし、ある意味期待通りの作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

その一票が鍵を握るネタバレ

投稿日:2010/03/15 レビュアー:パープルローズ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ちょっとした運命のいたずらから、大統領を決める最後の一票を握ることになったバド。
テキサスの田舎町に住む、政治になんて全く興味のない、冴えないオッサンが、ある日突然「時の人」となる。

そして、バドの最後の一票を手にいれるため、両陣営はあの手この手の懐柔作戦。
バドの考えなしのひとことに振り回され、自分の信念を曲げてまで、およそ実現不能な公約を乱発する両候補。

前回の大統領選挙の直前にアメリカで公開されていたようで、一票の大切さや政治参加の重要性を説くという、いささか説教臭い内容です。
しかしアメリカの選挙制度下では、確かに(確率はとてもとても低いけれども)こういうことも起こりうるということに気づき、それってすごいことだなあと思いました。
総理大臣を直接選ぶ権利が国民にはない、日本の選挙制度では100%起こらないことですものね。

飲んだくれてうだつのあがらない、汚いケビン・コスナーは、往年のファンの悲嘆が聞えてきそうなほど。最後にはスーツで決めてくれますけど。
こんな父親には「出来すぎではないか?」と思うほどの賢い娘との泣かせの場面は、映画のテーマからすると余計だなと思いつつも、ウルウルしてしまいました。

結局バドがどちらの候補を選んだのか、そこを明かさず映画は終わってしまいます。
アメリカでも日本でも指導者は新しくなりましたが、結局何も変わらないという諦めムードが漂う今見ると、一生懸命考えて選んでも、結果はあまり変わらないんじゃないかという気分になってしまうのは、なんだか皮肉です。

もう少し短い方がよかったのではないかと思いますが、なかなかおもしろかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ケビンコスナーはハズレが多い?

投稿日:2010/02/02 レビュアー:エロエロ大魔神

チョイス・ミスだった!

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

79pts. 【主演】ケビン・コスナーネタバレ

投稿日:2012/04/12 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なるほどねぇ。と思わせる政治コメディ映画。

もし、一人の意見で大統領が決まったら?
ある意味、民主主義とは?
を問う映画だと思う。

何も政治的な信条のない人が、
ある意味、一番多いというのは、
日本も同じだろう。

娘が学校での宿題で、
親の投票行動を聞くようなそんな宿題が出る。

娘、モリーは、ケビン・コスナー演じる、
一度も投票に行ったことがないような、
飲んだくれの労働者である父に、なんとか、
投票に行ってもらおうとする。

投票日の学校の帰りに、
投票所で待ち合わせするが、
父バドは、投票所には来ずに、酒場で飲んでいた。
娘は、投票監視員が居眠りしているのを見て、
自分で、父のところにサインし、
投票しようとする。

投票機に、自分の投票用紙を挿入し、
投票しようとしたら、清掃員が電源コードを引っかけてしまい、
投票機の電源が落ち、自分の投票用紙を取り返せなくなる。

モリーは、投票の確認票だけを切り取り、
そのまま、投票できずに、投票所から出る。
そのあと、全国で開票が進むが、
なんと、投票数は、全く同じで、
しかも、ドラマの舞台、ニューメキシコ州は、
5人の選挙代理人を選ぶのだが、これまた、同数。

で、ニューメキシコ州で、投票が無効だった人を探したら、
彼が、投票行動の途中で、投票が受け付けられていないことが判明。

州の法律で、再投票が認められているため、
彼は、再投票を行う権利を行使することができるが、
この再投票は、事実上、大統領を彼が選ぶという、
事態になる。

田舎の飲んだくれの労働者が、アメリカ大統領を選ぶ。

その事態に、アメリカ中、全世界から、
この田舎町にマスコミが押し寄せる。
というストーリー。

現実問題として、こんなことが起こる確率は、
天文学的数字的な、確率で、ほとんどないのだが、
映画は、ある意味、思考実験の舞台だと、私は思うから、
選挙とは何か?
民主主義とは何か?
を考えるうえで、とても、よくできたテーマだと思う。

二人の候補者は、彼に取り入ろうと、
彼が軽はずみにする発言に、政策を振り回される事態となる。
ある意味、政治家とは、
世の中がどうあるべきかを、具現化するのか、
世間がどうあったほしいと願っているか? を具現化するのか?
前者とするならば、
投票により、大統領を選ぶという、
民主主義という制度は、本当に、世の中をよくするのか?
後者の典型的な例として、
極端な、一人が大統領を選ぶという、事態を描き、
その愚かさと、でも、ほかに方法があるのか?
という面と、、、
最後に、大統領と、バドが、
砂漠で、二人で飲むシーンがあり、
大統領は、選挙参謀の作戦で、仕事を紹介しようとするが、
結局、しないというシーンが、
ある意味、この映画の一番の主張なんだろうと私は感じる。

チャーチルだっただろうか、
”民主主義は最悪の政治形態であると言える。
ただし、これまで試されてきたいかなる政治制度を除けば”

をコメディで、うまく表した映画とも言えると思う。

ただ、その前者が、成り立つ選挙は、
きわめて、難しく、政治家も、そうありたいと思っても、
できない場合のほうが多い。
それを、とても、面白く、興味深く描いた映画だと思った。
今、橋下大阪市長の政策が注目を浴びていて、
ある意味、前者のような形になっているが、
それが選挙となると、後者が大きくなる面は、あるだろう。

もちろん、民主主義が間違っているとは思わない。

民主主義で選んだ人は間違いは犯すが、
じゃ、ほかに制度があるかとういうと、
なかなか、難しい。

最後に、この映画で意見が分かれるのは、ラストだろう。
ネタバレになるが、
結局、彼が投票する前に、話が終わってしまう。

何を選ぶのか・・・

それは、もちろん、この映画の主題ではないが、
テーマ提起に対して、
この終わり方は、やや、拍子抜け。
どう終わるのがいいのかは、難しいが、
ちょっと、このやり方は、弱いなという感じがした。
最後に・・・
この映画は、娘役、モリーのマデリン・キャロルの
ちょっと、こまっしゃくれた大人びた演技が、
面白くて、そこも魅力だったと思った。

もっと、最後に・・・
あんな、投票機なんですね。
日本だと、すべて、投票は手動だから、、、
起こりえない映画ですけど、
今後、投票機はなくとも、
電子投票みたいなのは、ありえるようになると、
こういう問題はあるのかもしれませんね。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全22件

チョイス!

月額課金で借りる

都度課金で借りる