コネクテッド スペシャル・エディション

コネクテッド スペシャル・エディションの画像・ジャケット写真

コネクテッド スペシャル・エディション / ルイス・クー

全体の平均評価点:(5点満点)

30

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「コネクテッド スペシャル・エディション」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

グレイスはロボット設計士でシングルマザー。突然見知らぬ男たちに誘拐、監禁される。何故誘拐されたのか?娘と自分の命を脅かされる恐怖の中、粉々に壊された電話回線を懸命に修復し助けを求める。奇跡的に電話が繋がり、出たのは息子を見送りに空港に向かう最中のアボン。「もしもし、助けてください!電話を切らないで!」<BR>たった1台の携帯電話だけでつながった、グレイスとアボン。グレイスが頼れるのは、この通話だけ。ただし、アボンはヒーローでも警察でも何でもない、普通のサラリーマン。やむなく、助けると約束するが、その懸命さが新たな危機を呼び起こす。誘拐犯人の狙いは?警察を巻き込んでの捜索は思いも寄らない“ある秘密”を呼び起こす。果たしてアボンはグレイズ親子を助けられるのか?自分の息子に逢えるのか。絶体絶命の危機連発!予測不可能な最悪の展開が2人を待ち受ける!!<BR>この電話だけが最後の頼み。絶対に切れない―。 JAN:4907953037168

「コネクテッド スペシャル・エディション」 の作品情報

作品情報

製作年: 2008年
製作国: 香港/中国
原題: 保持通話/CONNECTED

「コネクテッド スペシャル・エディション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝

マイ・キングダム

ホワイト・ストーム

マジック・クレーン

ユーザーレビュー:30件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全30件

90点(文句なし) ネタバレ

投稿日:2011/03/03 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本当に本当の「ノンストップ」これだけで高評価だぁ^^

何者かに拉致監禁された女が、壊された電話機を何とか繋ぎ見知らぬ男へ電話。
男は悪戯と思うも信じるようになり必死に手伝いをするのだが悪党が強敵で・・
この携帯が切れたらどこにいるか分からない女の救出は不可能になる。
やがて女の娘も弟も拉致され、男は策も無しに危険な勝負に出てしまう・・

「セルラー」のリメイク版なので内容は知っている。
中国香港らしく大げさに色んな物をぶっ壊しながらの展開や
携帯の充電器を買いに行った店での出来事に笑いも出たが
次第にスリル感も増し、原作よりも遥かにオモシロ味を感じた。

一瞬たりとも目が離せない!(これがホラーだったらな〜ぁ^^

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

元ネタより面白い リメイク成功作 ネタバレ

投稿日:2010/02/22 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

04年ハリウッド製作の携帯電話が唯一の命綱というアイディアで突っ走った「セルラー」のリメイクです。
オリジナルの舞台はLA、香港という地形を逆手にとり、起伏に満ちたロケーションを生かしたシーンでは、垂直に近い山から転げ落ちるシーンとか、密室劇をうまく使ったりと、誘拐されたヒロインと娘を助けようとする男を共に子持ちにして、「子を思う親」という共通点を追加。
人と人との絆を大切にした人間ドラマとしての側面を強調したのが、良かったのかもしれません。

誘拐されたシングルマザーからのSOSを偶然繋がった携帯電話で受け取ったために事件に巻き込まれることになる男の物語は、元ネタ以上にアクション濃度とドラマ濃度が増量されていました。

電話の向こうのシングルマザーのために、あり得ないほど派手なカーアクションです。どれだけの人を巻き込んでも気にしない展開は、突っ込みどころ満載ですが、アクシデントに続くアクシデントで、下手をすれば人質以上の人をも殺し兼ねないという何台もの車がクラッシュし、とにもかくにも、パワフルに押しまくります。

特に悪役で出て来るリウ・イエが個性的で、驚きました。
あんな役もできるのですね。今までは、純情な青年ばかり演じていたので、最初は分からなかったです。
携帯の会社を皮肉って作品のキーポイントにもなっていて、携帯のバッテリー購入のギャグには笑いました。

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

US版、HK版、両方面白いです♪

投稿日:2011/03/22 レビュアー:MM3

ハリウッド映画「セルラー」の香港リメイクと知った上での鑑賞。

オリジナルが面白かったので期待半分不安半分で観始めましたが、
こちらも面白かったです♪

これはリメイク成功作だと思います。

電話をかけるほうもうけるほうも必死!
本作では電話を受けたのが人のよさそうなサラリーマン(笑
(米版はチャラいにーちゃんが見かけによらず大奮闘だったけど)
このマジメだけど気の弱そうなサラリーマンが、
銃を持って、ビクビクしながら「充電器よこせ」は笑えます。

それと、警察の対応とか、学校の先生の対応とか、
携帯屋さんの店員の対応とか・・・
超マニュアル対応で、イライラしますねえ〜
急いでるときにあれやられたら、そりゃイラッとしますわ。

携帯電話の特徴、メリット・デメリットをうまくストーリーに取り込み
かつスピーディで飽きさせない展開になっています。

サスペンスですが、難しいことは全く無く、画面を追っていくだけで
ハラハラドキドキとともに楽しめる1本です。

オリジナル、本作、両方面白いです。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

大災難PTA ネタバレ

投稿日:2010/01/26 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『サイドウェイ』の日本リメイクは大層評判が悪かったですが、こちら『セルラー』の香港版リメイクはなかなか面白く仕上がっていました。
 もともとトリッキーでどこかコミカルなプロットに、香港のがちゃがちゃした街並みや、『インビジブル・ターゲット』が面白かったベニー・チャンらしいクンフーアクション(ニック・チョン担当)がよく合っています。
 岡の上のススキの中の追跡劇は撮影もいいし、そのあと車が崖から落ちそうになるところは、ベタですけどやっぱりドキドキしました。
 主人公の気弱なお父さん、ルイス・クーがとてもいいと思いました。『エレクション』『プロテージ』『意外』などの近作はどれも面白い。どこか『踊る大捜査線』の織田祐二めいたハーフコートはダサいのですが、オリジナルのラテンなお兄ちゃんよりも僕にはしっくりくる。
 ラスト素人ながら犯人グループに挑むあたり、顔が強張っている感じがいいと思うし、ついに初めて会う携帯電話の相手バービー・スーとも、「あー。どうも」なんて感じで、PTAのあいさつみたいでおかしいし、心地よい。肉食なオリジナルは、なんだかすぐベッドに行きそうな終わり方だったから(笑)。
 ただ、クーが息子との関係がうまくいっていないというあたりだけは、ちょっと要素を盛り込みすぎたかな、と思う。クーがふいにかかってきた電話に答えて、娘を小学校に迎えに行くのは、自分も子供がいるから親の心情が分かるような話になっているけれど、ちょっと理に落ち過ぎたような気がして残念。この映画、残念なことに子役はあまり良くなかった。クーの息子の話はなしにして、誘拐されるバービー・スーの娘ティンティン役に、この映画でスターになるような子役を配していれば、もっと魅力的になったんじゃないかと思う……。
 ともあれ、すごい目新しさはありませんが、最後まで楽しめる充実したエンタテインメント。オリジナルが持っていた、どこかエロな感じはなくなりましたが、見事に香港映画に生まれ変わっています。70点。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

平凡な会社員アポン、実は正義の味方バットマンだった!? ネタバレ

投稿日:2011/05/10 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

平凡な会社員でシングルファーザーのアポンが、誘拐されたグレイスを助けるため死に物狂いで奮闘します。
今日は、留学する息子の見送りに必ず行くと約束をした日です。しかし、「誘拐されている助けて欲しい」と言う悲痛な電話を受けてしまったアポン。息子との約束はどんなことがあっても守らなくてはいけないのだが・・・。
グレイスは誘拐され廃屋に閉じ込められた。必死で壊れた携帯を修理しやっと繋がったのがアポンだったのです。
誰が何の目的でグレイスを誘拐したのか、何も分からないままグレイスの指示通り動くアポン。巻き込まれ型サスペンス&アクションに突入するも、息もつけぬほど危険なカーチェイスと時折コメディタッチなシーンもありで目が離せません。
クライマックスシーン、どうも敵か味方なのかがはっきりしない。国際警察と市警ですか・・・で、アンタどっち!?実はこっち、と思ったがあっち!?観客も騙されてしまう。でも悪人はあいつらだーーー。アポン頑張れ!!
ラスト、アポンは九死に一生を得た正義の味方バットマンだったのです。息子を抱きしめるアポンの目に涙が・・・。
グレイス役のバービー・スーは、どっかで見たことがあると思ったら「流星花園〜花より男子〜」の牧野つくし役の女優さんでした。童顔のせいもありますが、可愛い女の子だったのが大人の女性になっていました。最初は気がつきませんでした。演技派女優なので、これからも楽しみです。
☆彼女は2011年3月22日に資産210億円の資産家の御曹司と中国で披露宴を行い、そのご祝儀をすべて東日本大震災の被災者のために寄付することを発表したそうです。もう日本に届けられていると思います。因みに入籍したのは昨年末だそうです。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全30件

コネクテッド スペシャル・エディション

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:30件

90点(文句なし)

投稿日

2011/03/03

レビュアー

ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本当に本当の「ノンストップ」これだけで高評価だぁ^^

何者かに拉致監禁された女が、壊された電話機を何とか繋ぎ見知らぬ男へ電話。
男は悪戯と思うも信じるようになり必死に手伝いをするのだが悪党が強敵で・・
この携帯が切れたらどこにいるか分からない女の救出は不可能になる。
やがて女の娘も弟も拉致され、男は策も無しに危険な勝負に出てしまう・・

「セルラー」のリメイク版なので内容は知っている。
中国香港らしく大げさに色んな物をぶっ壊しながらの展開や
携帯の充電器を買いに行った店での出来事に笑いも出たが
次第にスリル感も増し、原作よりも遥かにオモシロ味を感じた。

一瞬たりとも目が離せない!(これがホラーだったらな〜ぁ^^

元ネタより面白い リメイク成功作

投稿日

2010/02/22

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

04年ハリウッド製作の携帯電話が唯一の命綱というアイディアで突っ走った「セルラー」のリメイクです。
オリジナルの舞台はLA、香港という地形を逆手にとり、起伏に満ちたロケーションを生かしたシーンでは、垂直に近い山から転げ落ちるシーンとか、密室劇をうまく使ったりと、誘拐されたヒロインと娘を助けようとする男を共に子持ちにして、「子を思う親」という共通点を追加。
人と人との絆を大切にした人間ドラマとしての側面を強調したのが、良かったのかもしれません。

誘拐されたシングルマザーからのSOSを偶然繋がった携帯電話で受け取ったために事件に巻き込まれることになる男の物語は、元ネタ以上にアクション濃度とドラマ濃度が増量されていました。

電話の向こうのシングルマザーのために、あり得ないほど派手なカーアクションです。どれだけの人を巻き込んでも気にしない展開は、突っ込みどころ満載ですが、アクシデントに続くアクシデントで、下手をすれば人質以上の人をも殺し兼ねないという何台もの車がクラッシュし、とにもかくにも、パワフルに押しまくります。

特に悪役で出て来るリウ・イエが個性的で、驚きました。
あんな役もできるのですね。今までは、純情な青年ばかり演じていたので、最初は分からなかったです。
携帯の会社を皮肉って作品のキーポイントにもなっていて、携帯のバッテリー購入のギャグには笑いました。

US版、HK版、両方面白いです♪

投稿日

2011/03/22

レビュアー

MM3

ハリウッド映画「セルラー」の香港リメイクと知った上での鑑賞。

オリジナルが面白かったので期待半分不安半分で観始めましたが、
こちらも面白かったです♪

これはリメイク成功作だと思います。

電話をかけるほうもうけるほうも必死!
本作では電話を受けたのが人のよさそうなサラリーマン(笑
(米版はチャラいにーちゃんが見かけによらず大奮闘だったけど)
このマジメだけど気の弱そうなサラリーマンが、
銃を持って、ビクビクしながら「充電器よこせ」は笑えます。

それと、警察の対応とか、学校の先生の対応とか、
携帯屋さんの店員の対応とか・・・
超マニュアル対応で、イライラしますねえ〜
急いでるときにあれやられたら、そりゃイラッとしますわ。

携帯電話の特徴、メリット・デメリットをうまくストーリーに取り込み
かつスピーディで飽きさせない展開になっています。

サスペンスですが、難しいことは全く無く、画面を追っていくだけで
ハラハラドキドキとともに楽しめる1本です。

オリジナル、本作、両方面白いです。

大災難PTA

投稿日

2010/01/26

レビュアー

よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『サイドウェイ』の日本リメイクは大層評判が悪かったですが、こちら『セルラー』の香港版リメイクはなかなか面白く仕上がっていました。
 もともとトリッキーでどこかコミカルなプロットに、香港のがちゃがちゃした街並みや、『インビジブル・ターゲット』が面白かったベニー・チャンらしいクンフーアクション(ニック・チョン担当)がよく合っています。
 岡の上のススキの中の追跡劇は撮影もいいし、そのあと車が崖から落ちそうになるところは、ベタですけどやっぱりドキドキしました。
 主人公の気弱なお父さん、ルイス・クーがとてもいいと思いました。『エレクション』『プロテージ』『意外』などの近作はどれも面白い。どこか『踊る大捜査線』の織田祐二めいたハーフコートはダサいのですが、オリジナルのラテンなお兄ちゃんよりも僕にはしっくりくる。
 ラスト素人ながら犯人グループに挑むあたり、顔が強張っている感じがいいと思うし、ついに初めて会う携帯電話の相手バービー・スーとも、「あー。どうも」なんて感じで、PTAのあいさつみたいでおかしいし、心地よい。肉食なオリジナルは、なんだかすぐベッドに行きそうな終わり方だったから(笑)。
 ただ、クーが息子との関係がうまくいっていないというあたりだけは、ちょっと要素を盛り込みすぎたかな、と思う。クーがふいにかかってきた電話に答えて、娘を小学校に迎えに行くのは、自分も子供がいるから親の心情が分かるような話になっているけれど、ちょっと理に落ち過ぎたような気がして残念。この映画、残念なことに子役はあまり良くなかった。クーの息子の話はなしにして、誘拐されるバービー・スーの娘ティンティン役に、この映画でスターになるような子役を配していれば、もっと魅力的になったんじゃないかと思う……。
 ともあれ、すごい目新しさはありませんが、最後まで楽しめる充実したエンタテインメント。オリジナルが持っていた、どこかエロな感じはなくなりましたが、見事に香港映画に生まれ変わっています。70点。

平凡な会社員アポン、実は正義の味方バットマンだった!?

投稿日

2011/05/10

レビュアー

mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

平凡な会社員でシングルファーザーのアポンが、誘拐されたグレイスを助けるため死に物狂いで奮闘します。
今日は、留学する息子の見送りに必ず行くと約束をした日です。しかし、「誘拐されている助けて欲しい」と言う悲痛な電話を受けてしまったアポン。息子との約束はどんなことがあっても守らなくてはいけないのだが・・・。
グレイスは誘拐され廃屋に閉じ込められた。必死で壊れた携帯を修理しやっと繋がったのがアポンだったのです。
誰が何の目的でグレイスを誘拐したのか、何も分からないままグレイスの指示通り動くアポン。巻き込まれ型サスペンス&アクションに突入するも、息もつけぬほど危険なカーチェイスと時折コメディタッチなシーンもありで目が離せません。
クライマックスシーン、どうも敵か味方なのかがはっきりしない。国際警察と市警ですか・・・で、アンタどっち!?実はこっち、と思ったがあっち!?観客も騙されてしまう。でも悪人はあいつらだーーー。アポン頑張れ!!
ラスト、アポンは九死に一生を得た正義の味方バットマンだったのです。息子を抱きしめるアポンの目に涙が・・・。
グレイス役のバービー・スーは、どっかで見たことがあると思ったら「流星花園〜花より男子〜」の牧野つくし役の女優さんでした。童顔のせいもありますが、可愛い女の子だったのが大人の女性になっていました。最初は気がつきませんでした。演技派女優なので、これからも楽しみです。
☆彼女は2011年3月22日に資産210億円の資産家の御曹司と中国で披露宴を行い、そのご祝儀をすべて東日本大震災の被災者のために寄付することを発表したそうです。もう日本に届けられていると思います。因みに入籍したのは昨年末だそうです。

1〜 5件 / 全30件