宮本武蔵 −双剣に馳せる夢−

宮本武蔵 −双剣に馳せる夢−の画像・ジャケット写真
宮本武蔵 −双剣に馳せる夢−
全体の平均評価点:
(5点満点)

11

  • DVD
ジャンル:

「宮本武蔵 −双剣に馳せる夢−」 の解説・あらすじ・ストーリー

巨匠・押井守の原案・脚本を基に、Production I.Gが剣豪・宮本武蔵の真実の姿に迫る異色の歴史ドキュメンタリー&剣戟アクション・アニメーション。後世になって様々に脚色を施された“宮本武蔵像”とは距離を置き、彼の記した『五輪書』に立ち返り、その生涯と剣法の真髄を新たな解釈を加えアニメーションの多彩な表現を通して明らかにしていく。ヴォイスキャストを排し、迫力の剣戟シーンでは人気浪曲師の国本武春が映像に合わせて臨場感溢れる三味線弾き語りを披露。監督は数々の押井作品で演出を手掛ける西久保瑞穂。

「宮本武蔵 −双剣に馳せる夢−」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: 日本

「宮本武蔵 −双剣に馳せる夢−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 西久保瑞穂

「宮本武蔵-双剣に馳せる夢-」の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
72分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBG71509 2010年02月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

なぜ、今なのか?ネタバレ

投稿日:2010/09/28 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

皆さんかなり高評価ですが私的にアニメである必要性を感じない
と言ってしまえば西久保瑞穂&押井守が組んだ意味すら問われるが
「新説○○」なる某国営放送の二番煎じにしか思えず
彼らに求める真新しさという点では「?」やった
Production I.Gなんで海外も視野に入れたとうことなんかな。

要の内容やけど、押井氏が日頃から疑問やった部分や
不明やった接合部を想像したもので、新説というよりは補完に近いかな
前半の騎兵隊からの件やけど笑える、この辺はらしさが嫌らしい
もっともらしいけど、掘り下げるという作業自体の説得力任せ感が強い
アニメパートとCGキャラの解説パートの構成でこれは正解
アニメのみなら押井氏だけに押し付けがましく感じたかも(笑)
宮本武蔵という人物が押井氏にとってヒーローなのは間違いなく
文献にも記されてない接合部分を、こうあって欲しいで繋げた内容
私的には数多の新説ものの一つとしか感じんかったけど
ラストの「なぜ巌流島の勝利を語ろうとしなかったのか?」
ま、これはネタバレせん方が良いかオチやしね(笑)

なんか面白ないと言ってる感じのレビューになってる(笑)
決してそんなことはないんやけど、なんか幼稚さを感じるんよね
押井守って意外と、、、って感じの楽しみ方は出来たけど
宮元武蔵はフィルター越しでラストに登場させた方が良かったんでは?
と私的には思った鑑賞でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

『立喰師列伝』より、ちょっとだけ間口広がりました。

投稿日:2010/02/13 レビュアー:ぶわつ

 trygunさんのおっしゃるとおり、完全に『立喰師列伝』のノリです。
 監督は西久保瑞穂氏ですが、原案・脚本が押井守なんで、押井節全開!
 けれど、さまざまな虚構に覆われた宮本武蔵像を「五輪書」に基づいて考察するという視点はちょっと興味深かったし、考察がいきなり西洋の騎士論から始まるのも意表を突かれたし、またなかなか面白かった。
 宮本武蔵が前面に出てくるドラマではなく、犬飼喜一という宮本武蔵研究家の親父がただひたすらウンチクを垂れる形で宮本武蔵像が語られて、その語り口がまさに押井節なわけですが、テーマが宮本武蔵なだけに『立喰師列伝』を観て、「これはムリ」と思われた方でも大丈夫・・・かも。上映時間も72分ですしね。
 エンディングで流れる主題歌「生まれ落ちた者へ」を歌っているのが泉谷しげるというのも、微妙にいい感じです。

 宮本武蔵といえば、何よりもまず井上雄彦の『バガボンド』が浮かんでしまうのですが、それだけに『バガボンド』ではない宮本武蔵がちょっと新鮮に感じたりもしました。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

無理に映画にしなくても、、、、ネタバレ

投稿日:2010/02/10 レビュアー:trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

プロダクションIGによる新武蔵解釈。
面白いのですが、教養番組として某国営放送の特集番組でもいいような内容。映画館で観たらちょっと怒っていたかも。ビデオで観る分ではいいですが。

ただ武士道の考えが日露戦争中に普及したことや武蔵の剣術が馬上での戦いをまざしたものとは知りませんでした。脳みそのしわ、増えました。

多くの漫画、ゲーム、小説で扱われていた武蔵。「バカボンド」の武蔵が好きです。

「立喰い師列伝」シリーズが好きな人はいけるんじゃないかな?

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何じゃこりゃ!?!?

投稿日:2010/12/07 レビュアー:BEEFジャーキー

* 宮本武蔵が出てくるアニメかと思っていたら…
ほとんど出てこない……!?
それどころか、普通のアニメじゃなかった……が〜ん( ̄■ ̄;)

 アニメーションはほんのちょこっと、大部分はナレーションが占めていた!?
しかも、そのナレーションが、めちゃめちゃ長い!!!
ダラダラダラダラ……、これでもかという位、文章が続く…(×_×)

 それでも、頑張って最後まで見た。
?????
 結局、<宮本武蔵はこういう人物だったのではないか?>という想像を延々と聞かされただけだった…(-_-)zzz…
ちっとも、面白くなかった!!!
ただ退屈で苦痛なだけだった…(×_×) (×_×) (×_×)

 もうちょっとナレーションを短くして、
もっとテンポよく展開していってくれたなら…、
まだ見れたと思う………。

 はぁ〜、疲れた……。

 もしも、私と同じようにアニメと思っている人がいたら、注意してください!!
 アニメではなく、宮本武蔵という人物についての講義でした…。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

つまらん

投稿日:2010/02/09 レビュアー:てんてん

つまらない。
歴史品?の実写+白黒モドキアニメで、
宮本武蔵に関する歴史の講義みたいな作品
これは教育用って感じだね。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全11件

宮本武蔵 −双剣に馳せる夢−

月額課金で借りる

都度課金で借りる