ミスにんじん

ミスにんじんの画像・ジャケット写真

ミスにんじん / コン・ヒョジン

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ミスにんじん」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

パク・チャヌクが脚本・製作を務めたラブコメディ。中学校でロシア語を教えるミスクは、思い込みが激しくつい墓穴を掘ってしまう性格。最近何もかもがうまくいかないことを、可愛くて皆から愛される同僚教師・ユリのせいだと信じ込んだ彼女は…。

「ミスにんじん」 の作品情報

作品情報

製作年: 2008年
製作国: 韓国
原題: CRUSH AND BLUSH

「ミスにんじん」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

お嬢さん

サプライズ

ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ

ハピネス

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

役者たちの個性的な演技が光る

投稿日:2010/02/07 レビュアー:サランヘ

どちらかというと,シリアスな作品よりもコメディタッチの作品が好きな私ですが,なかなかお眼鏡にかなう作品にあたりませんね。しかも,ことコメディ作品に関しては,韓国での動員数なんて全く当てになりませんので,とにかく手当たり次第に見て,運が良ければビンゴですね。
そんな数打ちゃ当たるの中で本作は,主演のコン・ヒョジンssiと準主演のソウssi,ファン・ウスレssiの素晴らしい演技で,堪能させていただきました。ビンゴです。他にも,ジョンチョルを演じたイ・ジョンヒョクssi,ジョンチョルの妻を演じたハン・ウンジンssiの演技も見事で,役者の演技力が光る作品でした。
特にソウssi,本作では中学生役を演じていますが実際には23歳,違和感を全く感じさせないところがすごいですね。
とにかく奇想天外な展開なのですが,それもそのはず,“復讐三部作”でお馴染の,あのパク・チャヌク監督がプロデュースを担当していました。
そのままだと,パク・チャヌク風のマニアックでアクの強い作品となるところだったのでしょうが,イ・ギョンミ監督の女性の目が,ほどよい刺激に中和してくれて,ハートフルでコミカルなドラマに仕上がっています。
主演したコン・ヒョジンは大韓民国映画大賞主演女優賞を受賞,準主演クラスのソウも大韓民国映画大賞新人女優賞を受賞しています。また,監督のイ・ギョンミssiも青龍映画賞で新人監督賞,脚本賞受賞を受賞しました。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

・・・

投稿日:2010/02/05 レビュアー:エロエロ大魔神

面白そうだ!とりあえずレンタル候補に!
でも、ニンジンとどんな関係があるのか興味と妄想が膨れるばかりだ!

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

変化球を楽しめる方へ

投稿日:2010/02/07 レビュアー:ひよママ

 コン・ヒョジンの作品で、初めてハズレと感じた映画です。
彼女は、「変わり者」を演ずると最高に素敵な女優さんです。
しかしこの映画で演じている赤面症の教師役には、私は全然ついていかれなくて、、、。
コメディなら、もっとカラッと笑えるタッチならいいのだけれども、、、変化球ばっかりで、疲れてしまいました。
また、きわどい台詞が多かったので、子どもとは見ない方がいいと思います。
 主演二人のファンの方も、あまり期待しないで見てくださいませ。期待しすぎた私はちょっと失敗。


 

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

墓穴を掘るから穴を掘る??? ネタバレ

投稿日:2010/06/23 レビュアー:ステファニー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 期待して見なかったけどそれでもウーンとなる作品でした。。彼女に共感できないからかもしれませんが…

 何かあるとすぐに顔が赤くなる赤面症に困っているヤン・ミスク!!
 彼女がずっと4年間思い続けているソ先生(イ・ジョンヒョク)『ソ先生は、私の事を好きなのは確実』と変な勘違いと思い込みが激しい性格のミスクだが…その思い込みはどんどん誰にも止められない状態に。。。
 高校でロシア教師をしていたミスクだが、ある日突然ロシア教師は人気がないので2人要らないと言われ美人で若いユリ先生が残り、ミスクは中学校の英語教師へ。。。
 そして、ユリ先生とソ先生は不倫の関係がありユリの為に離婚するとソ先生の娘ジョンヒ(ソウ)から聞き、ミスクは全て悪いのはユリのせいだと思うのだが…

 彼女の行き過ぎた行動に最初から着いていけない私!!ジョンヒと一緒にユリとソ先生の仲を阻止しようとする為に夜な夜なソ先生に偽って卑猥なメールを送る彼女達に最初こそ純潔を守ろうとしていたユリも乗って来てと。。

 これを見ていてヤン・ミスクの思い込みの激しさに思いっきり引き気味の私。
 言わなくていいこともついつい言ってしまうミスクは、必ずその時は校庭の庭で穴を掘る!!
 墓穴を掘る=穴を掘るシーンにはある意味面白いと思いましたが…

 この映画で主演女優賞を受賞したコン・ヒョジン!!この映画で『最後の作品になるかもしれないほど、この役を演じるのが心配でした。』というのが分かるほど、ヤン・ミスクの行き過ぎた役に嵌っていました!!

 でもこんな女の人が居たら絶対ヤダなと思っちゃいました!!

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

良く理解できなかった作品!

投稿日:2014/02/21 レビュアー:kadai

主演のコン・ヒョジンは演技派の好きな韓国女優の一人だが、この作品に関してだけは映画にした理由が分からなかった。大変、残念ながら途中で十数分眠った。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

ミスにんじん

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

役者たちの個性的な演技が光る

投稿日

2010/02/07

レビュアー

サランヘ

どちらかというと,シリアスな作品よりもコメディタッチの作品が好きな私ですが,なかなかお眼鏡にかなう作品にあたりませんね。しかも,ことコメディ作品に関しては,韓国での動員数なんて全く当てになりませんので,とにかく手当たり次第に見て,運が良ければビンゴですね。
そんな数打ちゃ当たるの中で本作は,主演のコン・ヒョジンssiと準主演のソウssi,ファン・ウスレssiの素晴らしい演技で,堪能させていただきました。ビンゴです。他にも,ジョンチョルを演じたイ・ジョンヒョクssi,ジョンチョルの妻を演じたハン・ウンジンssiの演技も見事で,役者の演技力が光る作品でした。
特にソウssi,本作では中学生役を演じていますが実際には23歳,違和感を全く感じさせないところがすごいですね。
とにかく奇想天外な展開なのですが,それもそのはず,“復讐三部作”でお馴染の,あのパク・チャヌク監督がプロデュースを担当していました。
そのままだと,パク・チャヌク風のマニアックでアクの強い作品となるところだったのでしょうが,イ・ギョンミ監督の女性の目が,ほどよい刺激に中和してくれて,ハートフルでコミカルなドラマに仕上がっています。
主演したコン・ヒョジンは大韓民国映画大賞主演女優賞を受賞,準主演クラスのソウも大韓民国映画大賞新人女優賞を受賞しています。また,監督のイ・ギョンミssiも青龍映画賞で新人監督賞,脚本賞受賞を受賞しました。

・・・

投稿日

2010/02/05

レビュアー

エロエロ大魔神

面白そうだ!とりあえずレンタル候補に!
でも、ニンジンとどんな関係があるのか興味と妄想が膨れるばかりだ!

変化球を楽しめる方へ

投稿日

2010/02/07

レビュアー

ひよママ

 コン・ヒョジンの作品で、初めてハズレと感じた映画です。
彼女は、「変わり者」を演ずると最高に素敵な女優さんです。
しかしこの映画で演じている赤面症の教師役には、私は全然ついていかれなくて、、、。
コメディなら、もっとカラッと笑えるタッチならいいのだけれども、、、変化球ばっかりで、疲れてしまいました。
また、きわどい台詞が多かったので、子どもとは見ない方がいいと思います。
 主演二人のファンの方も、あまり期待しないで見てくださいませ。期待しすぎた私はちょっと失敗。


 

墓穴を掘るから穴を掘る???

投稿日

2010/06/23

レビュアー

ステファニー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 期待して見なかったけどそれでもウーンとなる作品でした。。彼女に共感できないからかもしれませんが…

 何かあるとすぐに顔が赤くなる赤面症に困っているヤン・ミスク!!
 彼女がずっと4年間思い続けているソ先生(イ・ジョンヒョク)『ソ先生は、私の事を好きなのは確実』と変な勘違いと思い込みが激しい性格のミスクだが…その思い込みはどんどん誰にも止められない状態に。。。
 高校でロシア教師をしていたミスクだが、ある日突然ロシア教師は人気がないので2人要らないと言われ美人で若いユリ先生が残り、ミスクは中学校の英語教師へ。。。
 そして、ユリ先生とソ先生は不倫の関係がありユリの為に離婚するとソ先生の娘ジョンヒ(ソウ)から聞き、ミスクは全て悪いのはユリのせいだと思うのだが…

 彼女の行き過ぎた行動に最初から着いていけない私!!ジョンヒと一緒にユリとソ先生の仲を阻止しようとする為に夜な夜なソ先生に偽って卑猥なメールを送る彼女達に最初こそ純潔を守ろうとしていたユリも乗って来てと。。

 これを見ていてヤン・ミスクの思い込みの激しさに思いっきり引き気味の私。
 言わなくていいこともついつい言ってしまうミスクは、必ずその時は校庭の庭で穴を掘る!!
 墓穴を掘る=穴を掘るシーンにはある意味面白いと思いましたが…

 この映画で主演女優賞を受賞したコン・ヒョジン!!この映画で『最後の作品になるかもしれないほど、この役を演じるのが心配でした。』というのが分かるほど、ヤン・ミスクの行き過ぎた役に嵌っていました!!

 でもこんな女の人が居たら絶対ヤダなと思っちゃいました!!

良く理解できなかった作品!

投稿日

2014/02/21

レビュアー

kadai

主演のコン・ヒョジンは演技派の好きな韓国女優の一人だが、この作品に関してだけは映画にした理由が分からなかった。大変、残念ながら途中で十数分眠った。

1〜 5件 / 全5件