30デイズ・ナイト

30デイズ・ナイトの画像・ジャケット写真
30デイズ・ナイト / ジョシュ・ハートネット
全体の平均評価点:
(5点満点)

97

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「30デイズ・ナイト」 の解説・あらすじ・ストーリー

サム・ライミ製作によるサバイバルホラー。冬になると30日間太陽が昇らない日が続くアラスカ州・バロウ。その初日、突然停電が発生する。街の保安官夫婦・エバンとステラが発電所に向かうとそこには管理人の死体があり…。※2月3日より発売日変更※R15+

「30デイズ・ナイト」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: 30 DAYS OF NIGHT

「30デイズ・ナイト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

30デイズ・ナイトの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
113分 日 吹 英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 PCBG71523 2010年10月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
30枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:97件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全97件

漁船

投稿日:2010/10/26 レビュアー:AVANZSUR

ライミ&ジョシュなら誰が見逃すものかと、発売延期をものともせず、本作品の動向を逐次漏らさず・・・なんて、私にとっては待ちに待ってた作品!
はい、ハードル上がるの必死に抑えてましたw

さて、本編ですが久々に”獣臭”を画面一面に放つ「人に似て非なる」バンパイアの登場で映画に集中することが難しい性格の私がすぐ入り込めるほどの素晴らしい造形に、一声上げながらのめり込んで行きましたw

最近のヴァンパイアに関してはスタイリッシュなあの作品含めて、図式としてはヴァンパイア=怖く無いモンスターが出来上がってたのを本作では一蹴!
で、モンスターとしての怪力度も破格につり上げマンツーマンの肉弾戦では勝てない強靭なパワーを持たせ、バトルアクションを見どころとせず、サバイバルホラーに徹した意外性にも個人的には大満足♪

勿論、怪力自慢だけじゃなく、性格も獣そのもので30日間太陽の陽射からお預けをくらう”暗闇の世界”を刈り場としてエグイ程の屠殺ぶりを披露し、跳梁跋扈する姿はまさに異世界の獣人。
蒼い画面に、雪が降り積もる白い地面の上に、屠殺された跡が物語る赤い染みを、俯瞰させた画面で見せられると絶望感がひしひしと伝わります。
このカメラワークもヴァンパイアの徹底した無慈悲で獰猛・狡猾な獣ぶりを際立たせるのに成功してます。

また、極寒の町が舞台なら屋外はブリザードが壁となり閉鎖空間の役目を果たす演出が多い中、本作ではしんしんと降雪する中、壁が無いため遠くまで見通せてしまう演出も面白いですね。

30日間ヴァンパイアのつり上がった黒目の部分が多い邪視から逃れて再び温かな太陽の陽射を浴びることが出来るのか?
このサバイバルレース酷いですw
もう絶望感しか無いですから。
ジョシュの決断も、パワーアップさせたヴァンパイの造形にしたことによって繋がっていくのも良く練られてます。

ライミの名前と発売延期(レンタル延期)など、ホラーファンをやきもきさせてハードルを無意識に上げさせた効能wのせいか酷評目立ちますが、個人的には大満足の一品。
モンスターとの派手なバトルより真綿で首を徐々に締め上げるような展開の方がじっくり腰を据えて観れるんで、個人的にはOKです。

大体が本作の監督・Dスレイドの前作『ハードキャンディ』を観賞済みの方なら、本作が派手なバトルを回避して精神的にいたぶる展開に走った事も理解できるんじゃないでしょうかw
あのおっさんも酷い目に遭いましたからw

まぁ、派手な目を引くハリウッド産ジェットコースターホラーを期待せず、久々におぞましき古典的なヴァンパイアの無慈悲な屠殺っぷりを楽しまれれば宜しいかと。
多少の粗も目立ちますが、それを補っても余りある凍えた世界での何等温もりを感じさせない寒々とする張り詰めた空気感を味わえるんでOKです♪
勿論超おススメです!

このレビューは気に入りましたか? はい 28人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お帰りDVDネタバレ

投稿日:2010/11/29 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ビジュアルが非常に好み、これのみで私にとってはありな作品
字幕があろうが無かろうが大よそ把握できる単純ストーリーも良い
逆に字幕でがっかりな部分もあったけど、半メジャーなのが功を奏したかな。

何度日本版は延期されたっけ?
それだけで期待値上がりまくりなんが、皆さんのレビューを読んでも分かる
完成品で制作上の都合って字幕?、販売上のトラブル以外理由があるんかいな(笑)
ま、そんなことは置いといて
私的には非常に好み、極夜なんて堪らん設定やん
24時間暗闇に支配されるって怖い、もうヴァンパイア天国
逆に人間は太陽光の恩恵を受けられず気力体力共に低下
この対比が無意識に恐怖を誘う、極夜って怖ぇ〜(笑)
そしてなんと言ってもキャスティングとヴァンパイアのビジュアル
欲望剥き出しな凶暴性に嫌悪感を誘う演技は素晴らしい
皆さんが書かれてる通り、ゾンビ的な行動や立ち姿も面白い
不死身に見えて首チョンパで絶命なんはやはり生物なんやね
彼らが何処から来たんかや、明確な目的は詳しく語られんけど
この町を選んだ理由は断片的に語られるんで脳内補完でおk
ボスヴァンパイアが一瞬語る台詞
「ヴァンパイアの存在を消すのに時間が掛かった」
これが全てなんやろね、彼らも生きるのに必至って(笑)
そして終盤ジョシュがヴァンパイアウィルス注射で一気に武器を手に入れる
この流れは面白いけど、これしかないとも言える
ボス対決が殴り合いのショボさなんは不満もあるけど
いきなりド派手な超人バトルより、雰囲気保ってて合ってるかな
ラストシーンはなかなか良い雰囲気
灰にならんところは続編への含みなんやろかね
いや、ヴァンパイアはまだ複数残ってるか(笑)

賛否は置いておいて、私的にはビジュアルと雰囲気のみで良かった
『遊星からの物体X』ヴァンパイア版で事足りるんやけど
極夜に閉鎖空間の逃げ場の無さが全てやから素直に楽しむのが吉かな。

このレビューは気に入りましたか? はい 23人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

A級100点(文句なし)ネタバレ

投稿日:2010/10/07 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あ〜らあらホヨさん、期待して大当りした映画に、出会った〜ぁ^^

さあ、何発撃っても死なないヤツらは一体何者なんだ!?コカインでもやってんのかぁ!?
異国の言語を発するヤツらはヴァンパイアか!
人を喰う急患レベルのゾンビか!または獣顔のウルフマンか!
ちょいと一飛びで数mのジャンプ力、走行車にも追いつく足の速さ
車を持ち上げる強靭な腕力、長く汚い爪、鋭く汚い歯、真っ黒な目!
こんな最凶極悪無敵怪物みた事ねえ!!!
あれ?イントロ見たらヴァンパイアって書いてある。「肉」を喰ってたのにぃ?????

極夜(1ケ月間夜)の日、極寒の地アラスカ最北端の小さな町が修羅場と化す!
雪の生地が血でマダラ模様を描く。
全く成す術無しの保安官ジョシュハーネットの決死の革命的攻略法とは??
いや〜格好良かったぜジョシュ!
太陽が昇る迄の1ケ月間のサバイバル極貧生活、生き残るは果たして主人公だけなのか?

理由は分からぬが日本でのDVDリリースが禁止された程の騒ぎだったので
益々観たくて仕方なかった。それが一転して解禁した理由も分からぬ。
実際に映画を観た限りでは別に大した理由は無さそうだ。
「ヒルズハブアイズ」をツタヤで取り扱わない程度のちゃちい理由?

充実した内容に丁重丁寧な演出。
リモコンに一度も触れる事なくジ〜ックリ観れた。めっっちゃガッツキました!

このレビューは気に入りましたか? はい 20人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アイ・アム・レジェンド

投稿日:2010/11/23 レビュアー:JUCE

 難破船?謎の男のアップから始まる展開はかなり期待を持たせる良い滑り出し。徐々に何かが起こりそうな予感がする。暗闇に包まれていく街の喧騒や人間模様がさらに緊張を高めていく。
 しかし、敵の正体が完全に見えた段階で、デジャヴが・・・。何かに似てる。おおそうだ、こいつはダーク・シーカーだ。凶暴性、目付き、習性なども似ている。
 余談ですが、リチャードマシスンの「地球最後の男(アイ・アム・レジェンド)」 は『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』 の元ネタになったと言われているので、この映画のヴァンパイア達があるゾンビに似ているのもある意味当然なのかもしれません。
 これはちょっと穿った見方をすれば、これはマシスンの「地球最後の男」の4度目の映画化かと言えるくらいのシノプシス。アレンジを加えていけばこれくらいのバリエーションになっても不思議では無いと思います。最後も「アイ・アム・レジェンド」ですからね。ウィル・スミス版は「アイ・アム・レジェンド」の意味を取り違えていると思って納得出来てませんが。

 この映画かなり残念なところが多いのですが、一言で言えばスリリングでは無いのです。ヴァンパイアは圧倒的すぎて、アクション的な攻防に見所があるわけでなく、サバイバルを主眼に置いている割には、徐々に人が減っていくという緊迫感も少ない。まあ残念さで言えばタイトルにもなっている「30日」というリミットの数字を全く生かせていないところでしょう。「30日間隠れ通せれば生き残れる」という設定をなぜ有効に使わなかったのか不思議で仕方ありません。

 デヴィッド・スレイド 監督は「エクリプス/トワイライト・サーガ」 も監督しているそうですが、ちょっと悪い意味で興味が湧いてきました。でも「エクリプス/トワイライト・サーガ」 、女子高生には受けがいいのか、私の娘は2回も劇場に行ってます。私も娘に一緒に行くかと誘われましたが、興味がわかず断ってしまいました。



 
 体温の低いヴァンパイアなのに、薄着で極寒の地で身体は凍らないのでしょうか?(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

30日間も太陽が出ない、吸血鬼にとってはパラダイス?ネタバレ

投稿日:2010/10/11 レビュアー:ホラーいいよネ〜

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いや、これは吸血鬼なんだろうか?でも太陽(紫外線)の光に弱いのは吸血鬼の証。
でも、血だけ吸わずに人肉までむさぼる所はゾンビっぽい。
そんな進化した吸血鬼が30日間も陽が昇らない小さな町を餌場とする。弱点でもある太陽が昇らないので、“奴ら”はやりたい放題・・・あっという間に町は荒廃していく。
タイムリミットは太陽が昇るまで・・・それまで生き残る事が出来るかのサバイバル。

進化した吸血鬼のメイクは最近の流行りでしょうか・・・ゾンビでも悪霊が憑依してもこういう感じになりますね。黒目になり肌がパサつき歯が汚い!!(ゾンビでいいんじゃないの?)
そんな“奴ら”を倒すには頭チョン斬るか、脳天ブッ放すか、全身粉々にするか・・・。(もうゾンビでいいんじゃないの)

人間も紫外線の光を試したら、十字架とニンニクも試せば良かったのにね・・・意外と効いたかもょ。

普通に楽しめた作品です。(ゾンビだろ!“奴ら”)しつこい!!

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全97件

30デイズ・ナイト