セントアンナの奇跡

セントアンナの奇跡の画像・ジャケット写真
セントアンナの奇跡 / デレク・ルーク
全体の平均評価点:
(5点満点)

59

  • DVD
ジャンル:

「セントアンナの奇跡」 の解説・あらすじ・ストーリー

ジェームズ・マクブライドの原作を、スパイク・リー監督が映画化した感動ドラマ。ニューヨークの郵便局で起きた不可解な殺人事件。罪を犯した局員・へクターの部屋からは行方不明になっていた彫像が発見され…。

「セントアンナの奇跡」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ/イタリア
原題: MIRACLE AT ST. ANNA

「セントアンナの奇跡」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

セントアンナの奇跡の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
163分 日本語・吹き替え 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 GNBR8468 2010年01月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
28枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:59件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全59件

チョコレートの巨人と少年の織り成す奇跡ネタバレ

投稿日:2010/01/23 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第二次世界大戦下のイタリアで起きたナチスによる民間人虐殺と歴史的名橋の爆破事件と、米国人黒人舞台の最前線派兵という3つの史実をモチーフに、現地の少年と黒人兵たちの心温まる交流を綴った映画です。
物語は、1983年NYで定年間近の善良な郵便局員が窓口に現れた客を突然射殺。この不可解な事件の引き金となった1944年、対ドイツ戦の最前線であるイタリア北部に派遣された米国黒人部隊の4人と彼らが爆破の中から救出した不思議な力を持つ少年との奇跡を回顧し謎解きする形で進んでいきます。

ドイツと同盟国のはずのイタリアに侵攻したドイツ軍は、パルチザン協力者としてセントアンナの村人全てを虐殺したドイツ兵に見落とされて助かった少年アンジェロ。彼は今度は米軍黒人部隊の4人に命を守られます。

黒人部隊を指揮する将校の無能ぶりは、きっと痛烈な人種差別に対する監督の批判ですね。
黒人差別を知らないトスカーナの村人に受け入れられ、彼らの交流が心温まります。
要するに個人の心次第で、命を大切にする人たちは敵味方など関係ないし、少年が黒人の大男をチョコレートの巨人と呼んで甘える姿は微笑ましかったです。

クライマックスシーン、助ける少年の描き方とこの物語の奇跡もそんな優しい人間から奇跡は生まれるのだと希望の感じるラストに寓話的要素なのでしょうが、上手く調和していたと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アイテム多すぎネタバレ

投稿日:2010/01/23 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 戦争映画をつくることはかくも難しいということを感じた、残念な作品。あれもこれも欲張って、アイテムが盛りだくさんで散漫になった。
 それなりに意味も持つアイテムだけでも、
・トレインがフィレンツエで拾った石像の頭
・少年に渡される十字架の首飾り
・ヘクターに渡されるルガー
 がある。これに、
・無垢な兵士トレインの神がかった言動
・少年が見る幻
・眠る男の伝説
 というファンタジックな要素が加わり、全体としては、キリスト教に深く関係している。
 さらに戦争ドラマとしては、
・イタリア住民の世代間でのムソリーニ評価の違い
・パルチザンの裏切り
・イタリア人女性レナータをめぐるさや当て
・捕虜のナチ兵士をめぐる問題
・ナチの住民虐殺
 といった要素があり、全体としては、故国アメリカでは差別され続けている黒人兵士の思いが貫かれている。
 ……ふう。

 2時間40分かけてもこれらアイテムは消化しやすい形にはならず、胸やけを起こしてしまった気分。そんな僕を、『ショーシャンク』なラストで無理やり丸めこもうとしたように思えて、憮然とした。

 この映画を劇場で観た後、『ディファイアンス』を観て、そして年末に『イングロリアス・バスターズ』などを観てしまうと、一気に印象が薄れてしまう。『インサイド・マン』を観ても思うのだけれど、スパイク・リーは方向性を見失っているような気がしてならない。いっそ『ドゥ・ザ・ライト・シング』のころに戻ったほうが面白い作品ができるかもしれない、と思った。やっぱり、描きたいのはそこにあるんじゃないだろうか。20点。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

雑然としてるからこそ伝わってくるものがあるのかもしれない・・・

投稿日:2010/02/10 レビュアー:KASPAR

劇場公開時から気になってたけど、あまりの長さに観に行くのを断念したスパイク・リー監督の戦争映画『セントアンナの奇跡』を観ました♪

おいおい!なかなかおもろいやんけー♪

戦争映画と長時間ものにはむちゃくちゃ厳しい自分ですが、77点つけておこう(°∀°)b

□■□■□■□■□

まぁ、正直長すぎるのは間違いないし、ちょっと雑然としていて詰め込みすぎでまとまりを欠いてるのも間違いない・・・

戦争という愚かな行為を主題としつつ、宗教、差別、人種、友情、家族・・・様々な要素を取り込みながら"人"としての在り方を問う・・・

雑然としてて散漫・・・観る側はある種の混乱を起こされてしまうが、だからこそ伝わってくるものがあるのかもしれない・・・

□■□■□■□■□

163分という長さでありながら最後まで魅せ切るパワーはさすがスパイク・リー監督っつーとこかも♪

娯楽性とメッセージのバランスが崩れてもーてる感じはあるけれども、せやからこそ人間的で魅力がある作品に感じるのは自分だけやろか?

個人的満足度 77点!!!

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

442部隊ネタバレ

投稿日:2010/01/30 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

と言いますのは ヨシヨシニと呼んで第二次大戦のときの日系人の戦闘部隊です この映画での92師団と同じで軍隊内差別も同じように強いられたのですね 昔「少年サンデー」だか何かで愛読してたのを思い出しました この映画はハリウッドで左翼であることを隠さないスパイク・リーの スピルバーグともイーストウッドとも視点の違う戦争映画です 冒頭「史上最大の作戦」からジョン・ウェインのエピソードが皮肉に流れて びっくりします

原作の未消化から来るのか なんともテーマが分裂した作品でどっちらかった印象があります 例えば最初の川における戦闘シーンは演出が下手糞で音楽も変に感傷的で映画に乗れません その後の子供の登場に及んで物語が何処に行くのか見当もつきません 

しかし奇妙に退屈しない退屈さでこれが悪くない だんだんとお話が焦点を結びだすにつれて良くなるんですね そして後半 石畳と石の家で出来た急斜面の山村に舞台が移り ここが大団円の戦闘の舞台になる予感が充ち始めると俄然面白くなって 映画に集中できます まるでこの黒人兵四人がペキンパー「ワイルドバンチ」の四人に思えてくるわけです それに加えてこの村のファシストの親父の役で なんと「エル・スール」のオメロ・アントヌッティが登場し見事に射殺されるので うるうるしてしまいます 弛緩した川の戦闘シーンから 石の村の戦闘シーンは手に汗握る恐ろしいものに変貌しています

この戦争映画に見れるある種の混乱は 白人資本の娯楽映画の中で スパイク・リーのようにある種の主張を持った映画作家が その主張をどう盛り込むか またその語り方を再考しなければいけない 2010年代アメリカ映画の映画作家達がはっきりと対峙してる問題と 同じ難問に突き当たっている姿なのであると思います

この映画の面白いところは色々あるんですが 中でも白人と白い石膏?で出来た美術品の頭部が 物語の進行の中でなかば無視され続けるのですが それは白いからってわけではないのでしょうが 白人はともかくとして この白い頭部のほうは物語をただ機能させるためにあるマクガフィンであると共に 後で考えると分裂した物語を芯として支える役割でもあったとゆう奇妙な存在になってるのが面白いですね 単なる美術品に収まってないのです 最後を締めてくれますよ

 

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ひとつの側面☆☆☆ネタバレ

投稿日:2010/03/04 レビュアー:カメラ湯ミカミラ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

郵便局で突如、発砲し、殺人の罪に問われた男。
男の部屋からは謎の彫像が・・・。
その殺人の動機とは・・・。

戦時中のアメリカのひとつの影。
国の為に戦いながらも差別の中にいる黒人兵士達。
出兵先のイタリア・・・。
そこには「黒人」を差別する習慣がなかった。
少年との出会い、イタリアの小村での束の間の差別からの解放。
しかし、迫り来る戦火。ある裏切り。

ラストに向けての奇跡所以は確かに泣かされる。
だけど、どこか予定調和な感じがしなくもない。

ただ、国家の戦いの下でも、差別という敵とも戦い続けなければならなかった兵士達。
そんな戦争に命を落としていった兵士達。
それは、とても切なく心に残る。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全59件

セントアンナの奇跡

月額課金で借りる

都度課金で借りる