キルショット

キルショットの画像・ジャケット写真
キルショット / ロザリオ・ドーソン
全体の平均評価点:
(5点満点)

22

  • DVD
ジャンル:

「キルショット」 の解説・あらすじ・ストーリー

冷静沈着な殺し屋アーマンド(ミッキー・ローク)とアメリカ全州で銀行を襲うことが念願のリッチー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、ある不動産屋から金を脅し取る計画を立てている。その不動産屋に勤務するカーメン(ダイアン・レイン)は、鉄骨工の夫ウェイン(トーマス・ジェーン)とオフィスにいる時に、恐喝しに来たアーマンドたちと鉢合わせになるがウェインがこれを追い払う。<BR> 顔を見られたアーマンドたちは夫妻を殺す機会を毎日窺う。そこでカーメンたちは住居と名前を変えて新天地で生活するという政府の”証人保護プログラム”を受けることにするのだが…。

「キルショット」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: KILLSHOT

「キルショット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キルショットの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
95分 日本語・吹き替え 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/2.0chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP10009 2010年01月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:22件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全22件

良いではありませんかぁ〜ネタバレ

投稿日:2010/02/17 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

かつてのミッキーは超合金・超ワル・超怖い・超格好良いイメージでしたが
今やその面影はあるものの、すっかりオジ様になられました。

本作ではダイアン・レインを襲いますが、かつての彼らしいラストを飾ってくれています。かっけえ〜!
内容はどうであれミッキーなんだから良いではありませんかぁ〜皆さ〜ん!

改めてイントロダクションを見ると、主人公はミッキーORダイアンかと思いきやエッ?違うのぉ?
ロザリオ?ハル?って誰だぁ?
まあ、ん、確かにツタヤ独占・・

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

思わず納得!?ネタバレ

投稿日:2010/02/11 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この作品は更に「TSUTAYA独占」って銘打ってあります。
セルもレンタルもTSUTAYAオンリーってことなんでしょうかね。
特に日本未公開作品ってことなので下手すれば出合ってもいない
作品でもあるわけです。DISCASに感謝w

作品はというと、思わず納得。何がって日本未公開ってところがw
配給会社もこれには手を出さないでしょう。
タイトル(原題もKILLSHOT)とミッキーロークってとこから
連想するともっとハードボイルドなイメージだけどそうでもない。
ダイアン・レインもよくわからない役で魅力のかけらも見出せてませんし。。

しょぼい理由で組織に追われ、ネイティブアメリカンっていう問題をからめてる
ようなからめてないようなどうにもこうにも中途半端。
95分という尺がせめてもの救いなんだけど、たっぷり二時間以上見たような
疲労感に教われました。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ミッキー・ロークvs.ダイアン・レインネタバレ

投稿日:2010/01/10 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 TSUTAYA独占というのは、TSUTAYAが(というかカルチュア・パブリッシャーズが)自ら販売するDVDで、他のレンタルショップなどでは借りられないということみたいですね。amazonにもこの作品はないし。なんにせよ、未公開のこういう豪華なキャストな作品が観られるというのは嬉しいです。
 ということで、期待したんですが、うーんいまひとつ、という感じでした。未公開も仕方ないかな。
 エルモア・レナードの原作(邦訳あり)は読んでいないのですが、彼の作品としてはそれほど評価の高いほうではないと思います。『野獣の街』『五万二千ドルの罠』といったハードなクライム・サスペンスや、『ラブラバ』『キャットチェイサー』みたいにいろいろおかしな悪党が入り乱れるオフビートな犯罪小説は一時期好きで読んでいたのですが、あんまり映画化して面白くならないんですね。タランティーノの『ジャキー・ブラウン』もレナードの原作で、あまり評判よくはないですが、もっともレナードらしいかもしれません。どこかズレたヘンてこなキャラクター、一筋縄ではいかない、予想の難しい展開。
『キルショット』は、原作が発表された20年前には新しさが感じられたかもしれませんが、オフビートの大安売りを経験した今では、いたって普通に思えてしまいます。普通の夫婦(ダイアン・レインとトーマス・ジェーン)が、ひょんなことからネイティブ・アメリカンの殺し屋(ミッキー・ローク)とチンピラ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)のコンビに追われるというもの。
 プロットには意外なほどひねりがないので、この映画を魅力的にするにはキャラクターの面白さが大事と思うのですが、ロークもレインもとても詰まらない。ロークは『レスラー』がなかなか良かったのですが、本作ではとても凡庸。長い後ろ髪を編んでいて、雰囲気だけはあるのですが、孤高の存在なのかチンピラなのか、自分のルールは守るのか守らないのか、生き延びたいのか破滅願望があるのか、ちっとも分かりません。なんか、どうでもいいヤツなんですよ。ダイアン・レインはメイクも淡いし、薄い下着一枚で身体の線をあらわしての熱演ですが、それでも普通の主婦が殺し屋相手に銃をとるということに少しもサスペンスもドラマも生まれない。ただ、痛々しいだけにしか見えません。これは俳優というより、演出する側の問題ではないかと思います。
 ゴードン=レヴィット、トーマス・ジェーンのふたりはそれほど悪くないと思いますが……『恋に落ちたシェイクスピア』(未見)と同じ監督だそうですが、あまりこういう作品には合っていないんじゃないでしょうか。2時間ドラマ? くらいの期待感でどうぞ。30点。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

レビット君には申し訳ないけど、気持ち良すぎるアノ一発!!

投稿日:2011/10/03 レビュアー:パンケーキレンズ

『メタルヘッド』に続いて、俳優としての新しい可能性を広げつつあるレビット君が観れるコチラ♪
素晴らしいですね〜、イッちゃってますね〜
前半はなかなかコメディさながらのドタバタ加減で、吹いてしまうくらい面白いw

ミッキー・ロークとレビット君の師弟関係
の、結末がアレですもんね・・・
観てるコッチのストレスも最高潮
の、アノ一発!
ビックリしたけど気持ちよすぎるよ♪
ってことは、好演なんですよ♪

ストーリーは別にハラハラって程でもなく・・・
“証人保護プログラム”か・・・『噂のモーガン夫妻』だな♪
の、シリアスバージョンだな
とんだコラテラルダメージだな、こりゃ
可哀相だな、ホント
ミッキーにあんなことされたら、おっしこちびるわ・・・私

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スキルナシヲ

投稿日:2011/08/25 レビュアー:ビンス

ミッキー・ローク。
ダイアン・レイン。
ロザリオ・ドーソン。
ジョセフ・ゴードン=レビット。
結構豪華です。
ミッキー・ロークが殺し屋ってんだから、そりゃあ期待してしまう。
その期待に罪はないハズだ。
でもこの通称ブラックバード、本名アーマンド(ミッキー・ローク)。
技術がないんです。
能力が低いんです。
言うことはステキなんだけど。
言ってることに、行動が伴ってないんです。
選択の過ちが多すぎる。
だから滑稽に見えてくる。
銃の腕前もビミョーだし。
冒頭からちょっと「ええぇぇぇぇぇ〜・・・・」でした。
そのミスはないでしょう。
ミッキー・ローク大好きなのに・・・・・
くそう・・・・・・・
しかも今回はネイティヴ・アメリカンの設定なので、髪型が・・・・・・
似合ってない。
カツラ感がハンパない・・・・・
グラサン付けて、少し遠目から見ると、一瞬「セガール?」って思っちゃう・・・
ミッキー・ローク大好きなのに・・・・
くそぅ・・・・・・・・

ジョセフ・ゴードン=レビット。
こういう役もやるんだなぁ。
「500日のサマー」や「インセプション」で彼のことが大好きになりました。
だから正直こういうワイルドで浅はかで、軽薄なキャラが似合うとは思わなかった。
流石ですねぇ。

ダイアン・レイン。
キレイすぎる。
カワイすぎる。
めちゃめちゃ好き。
ステキな年齢の重ね方してる。
うっとりしてしまいますねぇ。
ずっと観てたくなる・・・・・・
まさかあんな○○○はいてるなんて・・・・
その意外性が○。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全22件

キルショット

月額課金で借りる

都度課金で借りる